Samurai Goal

フローニンゲン


スポンサード リンク





<板倉滉>フローニンヘン入団会見で意気込み「日本とはゲームスピードや球際の激しさが違うなと感じました」  

20190117-00449992-nksports-000-13-view




1: 2019/01/19(土) 20:26:27.19
Jリーグ・川崎フロンターレからプレミアリーグ、マンチェスター・シティへ完全移籍したうえで、オランダ・エールディビジのフローニンヘンに期限付きで加入した板倉滉。イングランドでサインを済ませた翌日にはオランダ入りし、現地16日に入団会見が行なわれた。

 板倉は現在21歳で、来年に迫った東京五輪で主軸として期待されている存在だ。会見には、板倉と同様に新加入選手の2名、ハンス・ニーラントGM、ロン・ヤンスTDが出席。板倉は自身の紹介VTRが流れると、照れ臭そうに表情を緩めた。

 ヤンスTDは板倉獲得について、「実は我々は当初、マンチェスター・C(U23チーム所属)のウリエル・アンテューナに興味を持って問い合わせをした。そして話し合いをしているなかで、板倉の名前が上がった。(堂安)律に『板倉について知っているなら教えてくれ』と訊ねると、彼の答えは非常にポジティブで、板倉が優秀なフットボーラーであることが分かった」と経緯を明かした。

 また、「板倉は過去6か月間、DFとしてプレーしていたが、フローニンヘンとしてはMFと考えている。非常に背が高く、右足の技術も良く、テクニカルな選手だ」と、起用法にも言及している。

 一方、板倉はオランダ語での簡単な挨拶の後、「小さい頃からの夢でもあったヨーロッパでのプレーを、このフローニンヘンでスタートさせることができて、とてもうれしく思います。もちろん、マンチェスター・Cにも感謝しています。自分の力を精一杯出して、フローニンヘンのためにベストを尽くします。よろしくお願い致します」と、日本語で述べた。

 チームメイトとなる堂安には、事前に色々なことを訊いたという。

「良い街だと聞いているので、楽しみなことがたくさんです。言葉とか難しいことはあると思いますが、律の助けも借りて、なるべく皆とコミュニケーションをとって、早く適応したいです。

 オランダのリーグは、これまでテレビで観てきましたが、日本とはゲームスピードや球際の激しさが全然違うなと感じました。このリーグで、少しでも自分を高めていけたらと思います」

 マンチェスター・Cからのレンタル期間は1年半。背番号は「17」になることも、併せて発表されている。海外初挑戦となる板倉の奮闘に期待しよう。

1/17(木) 6:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00052906-sdigestw-socc

板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ  

1: 2019/01/15(火) 05:11:50.11
1/15(火) 5:03配信
板倉滉がマンCからのレンタルでフローニンゲンに加入!!堂安と東京五輪コンビ結成へ

 オランダ・エールディビジのフローニンゲンは14日、マンチェスター・シティからDF板倉滉(21)がレンタル移籍で加入することを発表した。

 昨季、川崎フロンターレからベガルタ仙台に期限付き移籍していた板倉。川崎Fからマンチェスター・Cに完全移籍したうえで、2020年夏までの期限付き移籍でフローニンゲンに加入することになった。

 フローニンゲンは公式サイトに板倉が英語で話す動画も掲載。「偉大なクラブであるフローニンゲンに加わることができてとてもうれしいです」と笑顔で話す板倉は15日にオランダに到着する予定だという。

 東京五輪世代の板倉はセンターバックだけでなく、ボランチもこなすユーティリティープレイヤー。186cmの長身を生かした対人の強さには定評がある。フローニンゲンには日本代表MF堂安律も所属しており、オランダで東京五輪世代コンビが誕生することになった。

 川崎Fの下部組織出身の板倉は15年にトップチームに昇格。16年にJ1で2試合、17年にJ1で5試合に出場し、昨季は期限付き移籍先の仙台で24試合出場3得点を記録した。各年代別代表にも名を連ね、17年のU-20W杯、昨年のAFC U-23選手権、アジア競技大会にも出場した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-18439400-gekisaka-socc
no title

板倉滉 マンC移籍!川崎Fの東京五輪世代MF、移籍金は1億4000万円  

1: 2019/01/15(火) 04:27:28.60
1/15(火) 4:05配信
板倉 マンC移籍!川崎Fの東京五輪世代MF、移籍金は1億4000万円

 川崎FのU―22日本代表MF板倉滉(21)が、プレミアの名門マンチェスターCに移籍することが14日、分かった。現地メディアによれば移籍金は100万ポンド(約1億4000万円)で複数年契約。同クラブが世界中の若手有望株を集結させるプロジェクトを推進する中、20年東京五輪の主力候補にも大きな期待が寄せられている。当面は労働許可証の関係で他チームで武者修行する予定だ。

 東京五輪のホープに、世界屈指の名門から白羽の矢が立った。川崎Fの下部組織で育った板倉は、早くから将来を嘱望され、昨季期限付き移籍した仙台でその才能が一気に開花。身長1メートル86を誇る大型ボランチで、センターバックもそつなくこなす。約1年半後に控える東京五輪では、主軸として活躍が期待されている。関係者によると、マンチェスターCは「将来性を高く評価している」という。地元メディアによれば、移籍金は100万ポンド(約1億4000万円)と高額で、まさに期待値の高さが表れた形だ。

 マンチェスターCはいわずと知れたプレミアの強豪。昨季も名将のグアルディオラ監督のもと、通算5度目のリーグ優勝を果たした。08年にはシティーフットボールグループを創設。14年には横浜の一部株を取得するなど、世界的なブランド確立を目指している。現在は世界中の若手有望株を集結させる一大プロジェクトも推進中で、板倉は多くの名前が記されたリストから厳選されたという。

 板倉はA代表経験がないため、プレミアリーグでプレーするために必要な英労働許可証が取得できない可能性が高い。今後は他リーグに武者修行する可能性が高いが、川崎Fアカデミー出身のあふれる才能が、まずは世界的名門の扉をこじ開けた。

 ◆板倉 滉(いたくら・こう)1997年(平9)1月27日生まれ、横浜市出身の21歳。川崎Fの下部組織出身で15年にトップ昇格。16年8月6日の甲府戦でJリーグデビューを果たした。17年にはU―20W杯に出場。18年は期限付きで仙台に移籍、24試合に出場し3得点をマーク。J1は31試合で3得点。本職のボランチの他にセンターバックもこなす。1メートル86、75キロ。利き足は右。

 ▽マンチェスター・シティーFC 1880年創設で1894年から現名称。同じマンチェスターを本拠地とするユナイテッドとは対照的に、98~99年に3部へ降格するなど低迷期が続いたが、08年に新オーナーとなったUAE王族の豊富な資金をバックに大型補強でチーム強化。昨季は就任2年目のグアルディオラ監督の下、4季ぶり5度目のリーグ制覇。主なタイトルはFA杯とリーグ杯が5回ずつ、欧州カップウィナーズ杯1回。チームカラーは水色。ホームはエティハド・スタジアム(5万5017人収容)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000004-spnannex-socc
no title

<日本代表・堂安株高騰!>移籍金25億円?  

thumb-12195-147628-magazine




1: 2018/12/18(火) 17:37:35.07 _USER9
森保ジャパンのエース候補が欧州で超モテモテだ。来年1月の移籍市場の解禁を前に、オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律(20)を巡る動きが騒がしくなってきた。名だたる欧州ビッグクラブに加え、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルも争奪戦に加わるという。各クラブの綱引きで移籍金も高騰し、一気に2000万ユーロ(約25億6000万円)まで跳ね上がりそうだ。

 英紙「クロニクル」(電子版)は13日に、FW武藤嘉紀(26)の所属するニューカッスルが堂安獲得に動いていると報じた。スカウトが数か月にわたって日本人MFを調査した結果として「両サイドでプレーできる」と、トップの即戦力として十分に出場機会が得られるとの見解を示した。

 昨季公式戦10ゴールをマークした堂安は、今季もリーグ戦16試合すべてに先発出場し、4ゴール2アシストと自慢の決定力を見せつけている。9月には日本代表にも選出され、MF南野拓実(23=ザルツブルク)、MF中島翔哉とともに若手“三羽ガラス”として、チームをけん引する立場になった。

 そんな20歳の俊英に、欧州各クラブも熱視線を注いでいる。同じオランダのアヤックスやPSV、イングランド・プレミアリーグ昨季王者のマンチェスター・シティーもリストアップ。英「BBC」は「アトレチコ・マドリードやユベントスも加わる可能性がある」とスペインとイタリアの名門が争奪戦に参加すると報じ、ドイツ1部ドルトムントが移籍を希望するMF香川真司(29)の代役として獲得に乗り出すとの噂も現地で取り沙汰されている。

 火花散る大乱戦の展開になりそうだが、そうなると、移籍金の相場も急騰必至だ。ある公認選手代理人は「獲得を狙うクラブが増えて争奪戦になるようだと、当然のことながら移籍金は高騰していく。クラブ間の交渉がまとまらなければ、移籍できないわけだし、そうなると、相場は青天井になる」と指摘する。

 堂安を巡っては、今夏にロシア1部CSKAモスクワが提示した移籍金800万ユーロ(約10億2000万円)をフローニンゲン側が拒否したことから1000万ユーロ(約12億8000万円)が最低ラインとみられるが、各クラブ間で競り合いとなれば、移籍金も2000万ユーロ以上になる可能性は高いという。

 森保ジャパンでブレーク中の若武者は、新天地をどこに求めるのか。ビッグクラブの参戦が確実視されており、歴代の日本人選手の中でも屈指の巨額マネーが動くことは間違いなさそうだ。

12/18(火) 16:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000039-tospoweb-socc

【サッカー】<堂安律は「世界のトップ選手になる」>フローニンゲン監督の見解をオランダ紙が報道!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544969007/

堂安律は「世界のトップ選手になる」フローニンゲン監督の見解をオランダ紙が報道!  

036125cf-d866-ee0a-4ab1-4a20a602e7ae




1: 2018/12/16(日) 23:03:27.34 _USER9
フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、オランダ2年目の今季もリーグ戦全15試合に出場して4得点2アシストの結果を残すなど主力として君臨している。マンチェスター・シティやアトレチコ・マドリード、ユベントス、ドルトムントなど数多くのビッグクラブが獲得に興味を示しているとされるなか、ダニー・バイス監督は20歳のレフティーが世界のトッププレーヤーになれると考えているようだ。現地メディアが報じている。

 堂安は昨夏にガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍すると、加入1年目からリーグ戦29試合で9ゴール4アシストをマーク。完全移籍した今季、背番号が「25」からひと桁の「7」へと変更され、15節終了時点で4ゴール2アシストと存在感を放っている。

 今年は待望の日本代表デビューも果たし、10月16日のウルグアイ戦(4-3)ではA代表初ゴールもマーク。フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が新設した21歳以下を対象とする最優秀若手選手「コパ・トロフィー」では、最終候補10人に選出されるなど、世界的な知名度も高まっている。

 オランダ国内ではアヤックスやPSV、その他にもシティやアトレチコ・マドリード、ユベントス、ドルトムント、ニューカッスルなどが獲得に関心を示していると伝えられており、堂安は今冬の移籍市場の注目株の一人だ。オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」は、「バイスはセンセーショナルなドウアンをファン・ペルシとヴァイナルダムと比較」と特集。オランダ人指揮官のコメントを紹介している。

「ドウアンはハキム・ジイェフの代わりになることができる。現時点で、おそらくドウアンはジイェフほどのレベルではないが、彼はその可能性を秘めている。周りに良い選手がいれば、さらに良くなるだろう。私はユース時代にロビン・ファン・ペルシと、その後ジョルジニオ・ヴァイナルダムとプレーした。私はあえて、ドウアンは当時の彼らと同じレベルにあると言っている」

つづく

12/16(日) 21:10 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00154792-soccermzw-socc

堂安危険タックルに「インスタにあげてやろうと」 

20181211-00416021-nksports-000-7-view

日本代表新エース堂安律(20)伊メディアが絶賛「中村俊輔の左足と中田英寿のダイナミズムを持ったタレント」 

1: 2018/12/05(水) 18:33:29.59 _USER9
中村俊輔の左足と中田英寿のダイナミズムを持った選手としてイタリアは高評価

フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が今年から新設した21歳以下の最優秀選手に
贈られる“若手版バロンドール”の「コパ・トロフィー」は、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが受賞した。

最終候補10人にノミネートされていたフローニンゲンの日本代表MF堂安律は9位だったが、
イタリアメディアは20歳のレフティーを日本が誇るレジェンド二人を“足して2で割った存在”と評している。

オランダ挑戦1年目でいきなり9得点4アシストをマークした堂安は、今季もここまで全14試合に出場して4得点2アシスト。
現地時間2日のエールディビジ第14節NAC戦では、同点ゴールを含む計4得点に絡む大活躍でチームを5-2の大勝に導いた。

今年から新設された「コパ・トロフィー」の最終候補10人に残っていたなか、
現地時間3日のバロンドール発表の場でムバッペの受賞が発表され、堂安は最終的に9位だった。
しかし、海外メディアは依然として熱視線を送っている。

イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、「リツ・ドウアン:フローニンゲンの男はパリで9位」と特集。

「左利きのナカムラとダイナミズムを持った偉大なヒデトシ・ナカタの中間にいるリツ・ドウアンは、
アジアでベストタレントの一人だと考えられている」と記し、かつてイタリアでプレーした元日本代表MF中村俊輔(現ジュビロ磐田)
と元日本代表MF中田英寿氏を“ミックス”したタレントだと評している。

「21歳以下のバロンドールでは9位だったが、その人気は再び上昇するだろう。
得点力はまだ粗削りだが、テクニックはヨーロッパの同僚に引けを取らず、フローニンゲンで実証している」

記事では、今後その才能は洗練され、評価を高めていくと分析された堂安。
森保一監督率いる日本代表でも攻撃の中核として活躍しており、世界が注目する存在に飛躍している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181205-00152244-soccermzw-socc

森保一体制の初陣で代表デビューを飾ったMF堂安
no title

エールディビジ第14節 堂安律が今季4点目。1アシスト含む3得点関与。5-2の大勝に貢献  

20180416_ritsu-doan9469




1: 2018/12/03(月) 02:45:43.82 _USER9
【フローニンゲン 5-2 NAC エールディビジ第14節】

現地時間2日に行われたオランダ・エールディビジ第14節でフローニンゲンはNACと対戦し、ホームで5-2の勝利を収めた。堂安律はフル出場し、1得点1アシストを記録している。

下位に低迷する2チームの対戦。今後残留争いのライバルになり得るチームを相手に、どちらも勝ち点3が欲しいゲームとなった。

先制したのはホームのフローニンゲン。6分、堂安が敵陣右の浅い位置から左足でゴール前にパスを送ると、マヒがダイレクトボレーで合わせてリードを奪った。

しかし、16分に同点弾を許したフローニンゲンは、56分にセットプレーの対応をミス。逆転弾を決められてしまう。

それでも、その直後に堂安がチームを救った。右サイドからのグラウンダーのクロスを相手GKが弾き、さらにDFにボールが当たると、こぼれ球を堂安が詰めてゴール。
堂安の今季4点目で2-2とした。

76分には堂安のパスを起点にゼーファイクがゴールを挙げて逆転に成功。85分には堂安のパスを受けたマヒが一度はGKに止められながらも押し込んで4-2となる。
90分にはメミシェビッチにゴールが生まれ、終わってみれば5-2の大差となった。

【得点者】
6分 1-0 マヒ(フローニンゲン)
16分 1-1 ロスフフェル(NAC)
56分 1-2 テ・フレーデ(NAC)
58分 2-2 堂安律(フローニンゲン)
76分 3-2 ゼーファイク(フローニンゲン)
85分 4-2 マヒ(フローニンゲン)
90分 5-2 メミシェビッチ(フローニンゲン)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00299647-footballc-socc
12/3(月) 2:38配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11156228
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/2
得点ランキング

「堂安律はスアレスと同じ道を辿れ」。フローニンゲン監督が移籍先を助言 

20181128-00299096-footballc-000-1-view

堂安律がダービー戦でゴール!小林祐の目の前で芸術ミドル、フローニンゲンの2連勝に貢献 

20180812_ritsu-doan9540-1




1: 2018/11/11(日) 22:13:42.16 _USER9
エールディビジは11日に第12節が行われ、フローニンゲンとヘーレンフェーンが対戦した。

開幕から2勝1分8敗と苦しみ、最下位のフローニンゲン。前節エクセルシオール戦では久しぶりの勝利を挙げたが、この試合でゴールを決めた堂安律はもちろん先発出場。いつも通り右サイドで、12試合連続の先発出場を果たした。

対するヘーレンフェンは、3勝5分3敗で9位に。小林祐希も12試合連続のスタメン入りを果たし、“北部ダービー”で日本人対決が実現した。

試合は両チームとも主導権を渡さず、前半半ばまでは膠着状態が続く。それでも27分、フローニンゲンが先制。マヒのアシストから、ヴァーメルダムが頭で決めた。

勢いに乗るフローニンゲンは、38分に追加点。マヒのパスを受けた堂安は、得意のドリブルから左に持ち運んでシュートコースを作ると、美しい弧を描くシュートを決めた。前節にもゴールを奪っていた堂安は、2戦連発となった。前半はフローニンゲンが2点リードして折り返す。

後半は、好プレーを見せる堂安への当たりが激しくなり、ピッチにうずくまる回数が増える。それでも、背番号7は右サイドで存在感を放ち、鋭いパスなどでチャンスを演出する。

劣勢のヘーレンフェーンは、57分に小林を下げてファン・ベルゲンを投入。状況の打開を測る。それでもフローニンゲンペースは変わらず、主導権を渡さない。堂安は引き続き右サイドで躍動し、得意のドリブルや懸命の守備でチームを牽引する。

試合はこのまま終了。フローニンゲンは、堂安の活躍もあって2連勝を記録。最下位を脱出し、16位に順位を上げた。

■試合結果

フローニンゲン 2-0 ヘーレンフェーン

■得点者

フローニンゲン:ヴァーメルダム(27分)、堂安(38分)

ヘーレンフェーン:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000022-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索