Samurai Goal

フリット


スポンサード リンク





「日本のチームに行く話もあった」 オランダの英雄フリット、Jリーグ創設時の噂に言及 

1: 2020/06/09(火) 08:15:41.84
「BBC」でチェルシーに移籍した1995年当時を回顧

 元オランダ代表FWルート・フリット氏が、イタリアからイングランドに渡ったのは25年も前のことだ。
当時はセリエAが世界最高峰のリーグであり、プレミアリーグは現在ほどの盛り上がりを見せていなかった。
キャリアの晩年でチェルシーへ移籍したフリット氏が、英公共放送「BBC」で当時を振り返っている。

フリット氏は自身がイングランドに渡った1995年が、プレミアリーグにとって一つの転機になったと語っている。

「あの夏は、もしかしたらプレミアリーグが現在のように変わっていく第一歩だったかもしれない。
当時はイタリアが王様だった。最高の選手は、みんなそこにいた。
イングランドは欧州でトップレベルに戻るために、海外から多くの選手を獲得しようとした。
デニス・ベルカンプ、ダビド・ジノラ、ジュニーニョ(・パウリスタ)は、私と同じ時にイングランドに来たんだ。

 私個人としては、冒険という感覚だったね。もうすぐ33歳になる時で、長きにわたってトップでプレーを続け、多くのものを勝ち取ってきた。
なかには、引退後に備えて年金を稼ぎに来たと思った人もいたかもしれない。でも、彼らは間違っていたね」

 1995年というと、日本のJリーグができて間もない頃。
欧州ではフリットの日本行きも噂されていたという。
だが、「チェルシーはパラダイスだった」というフリット氏は、他クラブとの交渉が進展していなかったことを明かしている。

「新聞では、いろいろな国のいろいろなチームへの移籍が報じられた。
バイエルン・ミュンヘンは一つだったし、ガラタサライもあった。モナコ、フェイエノールト、さらには日本のチームへ行くという話さえ出ていたね。

でも、どのクラブとも話し合いをしていない。1995年の5月にミラノで(当時チェルシー監督の)グレン(・ホドル)と会い、契約することを決めたんだ」と、説明している。

選手年俸の高騰にも意見 「多くの金額を貰い過ぎている選手がいる」

それまで黄金時代を過ごしたACミランやサンプドリアでは、攻撃的なポジションでプレーしていたフリット氏だが、
チェルシーではスイーパーの位置でプレーした。これは、彼自身の提案によるものだったという。

「チェルシーでスイーパーとしてプレーするように言ったのは、グレンじゃないんだ。
あれは加入する際、私が提案したんだ。攻撃的MFとしてプレーしていたイタリア時代とは異なり、後ろでプレーしたかったんだ。キャリアの最初は、あのポジションを務めていて大好きだったからね」

 だが当時、“キック・アンド・ラッシュ”が主流だったイングランドで、ボールをつなぐことを望むフリットのスタイルは、受け入れられなかったという。

「問題は、私は当時のプレミアリーグであのポジションを務めるには、適していなかったんだよ。
ロングボールがペナルティーエリア内に蹴られてくると、私はそれを胸でトラップして、そこから組み立てようと周囲を見渡すんだ。
するとグレンに『ルディ(フリットの愛称)、ノー、ノー、ノー。
君がやりたいことは理解できるよ。でも、他のDFが困ってしまうんだ』と、注意されたんだ。
今のプレミアリーグのDFは、最終ラインから組み立てようとしているから、現在なら機能しただろうけどね」

 その後、チェルシーで選手兼監督を務め、解任された後には、ニューカッスルを率いたフリット氏は、新型コロナウイルスによる被害拡大は、クラブが経営面を見つめ直すタイミングだと感じているという。

「私からすると、今のイングランドには、それほど上手くもないのに、あまりにも多くの金額を貰い過ぎている選手がいる。
大スターが、大金を得るのはOKだ。でも、そこにかすりもしない者も、大金をもらっている。
お金はプレミアリーグを良い意味で変えてきた。
でも、こうした事態が再び起きて、現在と同じ金額を使い続けていれば、多くのクラブは破産するだろう。気を付けなければいけないし、やり方を変えるべきかもしれないね」

 イングランドのサッカー界に、少なくない影響を与えたフリット氏。「イングランドに行ったことを少しも後悔していないよ」と言う彼が、もしJリーグに来ていたら、日本のサッカーの歴史も、また変わっていたかもしれない

https://news.yahoo.co.jp/articles/efd0480eb060a48cd8175ddb1835f593cf1ea671

6/9(火) 7:30配信

no title


https://image.middle-edge.jp/medium/

ルート・フリット「ファン・ハールは屋根から作り始めている!クレイジーだ!!」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 15:00:23.66 ID:???0.net
「ファン・ハールは屋根から作り始めている」

今季公式戦わずか1勝と早くも低迷するマンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が
オランダの伝説的名手からチーム作りを「クレイジー」と酷評された。英地元紙デイリー・エクスプレスが報じている。

現役時代にオランダ代表の伝説的名手として鳴らし、引退後はチェルシーの監督も務めたルート・フリット氏は21日に
マンチェスター・Uが2部昇格直後のレスター・シティに3-5で敗れたことを受け、さすがに同じオランダ出身の指揮官を擁護しきれない様子だった。

オランダワールドカップ終了後からマンチェスター・Uの指揮を取ることになったファン・ハール監督の手腕を、
フリット氏は「クレイジーだと思う」とバッサリ切り捨てている。

「家を建てる時にはみんな土台から作り始めるものだ。だが、ファン・ハールは屋根から作り始めている。だから、彼らは崩壊している。私にはよく理解できないよ」
マンチェスター・Uはレスター相手に3-1とリードしながら、そこから4連続失点を喫し、ほぼ手中に収めていたはずの勝利を失った。

「なぜ守備から始めようとしないのか理解できない」

 ファン・ハール監督は就任前から最大の弱点と言われていた最終ラインとボランチの補強よりも、戦力が充実していた前線のタレント獲得に注力し、
1億5000万ポンドもの巨額資金を移籍市場に投入。

15日のQPR戦の4-0大勝で今季初白星を記録した後は「今季リーグ最多ゴールを記録したい」と宣言していたが、
レスター戦の90分間の失望の後ではDF面の整備が疎かになっていると批判されても仕方のない状況だ。

フリット氏の目には、ファン・ハール監督が土台も築かず、表層的な部分から名門再建に着手しているかのように映っている。

「なぜ守備から始めようとしないのか理解できない。今、彼はそこに着手する必要がある」

錯乱する同胞をいさめるようにフリット氏は軌道修正の必要性を訴えている。

Soccer Magazine ZONE web 9月23日(火)12時37分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140923-00010003-soccermzw-socc

フリット氏がマンU・ファンハール監督の3-4-1-2システムを酷評 4-2-3-1に移行ならば香川にはチャンス? 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 13:02:20.75 ID:???0.net
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファンハール新監督は公式戦初陣となる16日のプレミアリーグ開幕戦でスウォンジーにまさかの1-2の敗戦を喫した。
マンUにとっては1972年以来、42年ぶりとなるホーム開幕戦黒星。この屈辱的な結果に、オランダ人指揮官は同胞のレジェンドから3-4-1-2システムを酷評されている。

英国営放送BBCのサッカー番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」に登場した元オランダ代表のエースで、チェルシー監督を務めたこともあるルート・フリット氏は
「ファンハールは大変な仕事を手に入れた。プレミアリーグは異質だ。試合を見て、ユナイテッドの選手がどのポジションにいるべきか悩んでいる様子が目についた」と話している。

ブラジルワールドカップでオランダ代表を3位に導いた後、マンUの新監督に就任したファンハール監督は米国で行われたギネス・インターナショナル・チャンピオンズカップで
優勝を果たすなど、プレシーズンマッチ無敗で公式戦に突入したが、迎えた本番で苦杯をなめた。豊富なキャリアを誇るファンハール監督自身初となるプレミアリーグ初戦で、
選手がポジショニングに戸惑いを見せながら戦っていたことをフリット氏は手厳しく指摘している。

「ろくなディフェンダーのいなかった我がオランダ代表で3-5-2システムで戦うことは必然だった。もしも、スウォンジーの選手なら、あのラインナップを警戒するだろうか?」

守備力に不安があったオランダ代表では守備時には5バック気味でスペースを消し、バイエルンMFアリエン・ロッベンを中心とした高速カウンターを狙った。
だが、昨年7位に終わったとはいえ、マンUはマンU。しかも、ホームで本来格下ともいえるスウォンジーを相手にディフェンシブにも見える戦術を敷いたことに対し、
フリット氏は違和感を覚えたようだ。

実際に後半開始時にメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスとポルトガル代表FWナニを入れ替え、
フィル・ジョーンズとアシュレー・ヤングをサイドバックにシフトする4-2-3-1システムに変更した後、攻撃は活性化した。

ファンハール監督が米国遠征中に定番にすると明言していた3-4-1-2システムに今後もこだわるのか。それとも、1試合で見切りをつけるのか。

ベンチ入りしたMF香川真司に出番は訪れなかった。香川に3-4-1-2システムのウイングバックの適正を求めるのは難しいが、
4-2-3-1システムになれば、1トップ下の攻撃的MFの出場枠は1から3に広がる。初戦で痛恨の黒星スタートとなった戦術家の今後の一手に注目したい。

Soccer Magazine ZONE web 8月17日(日)12時45分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140817-00010001-soccermzw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索