Samurai Goal

フランス代表


スポンサード リンク





【珍事】終電を逃したカンテがファンの家でカレーをご馳走になる出来事が!!! 

キャプチャ
1 2018/09/18(火) 14:35:29.67 _USER9
チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、終電を逃し、ファンの家で一夜を過ごしたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が17日に伝えている。

 9月15日、チェルシーはプレミアリーグ第5節でカーディフと対戦。カンテは先発フル出場を果たし4-1勝利に貢献していた。

 試合後の夜遅く、カンテはパリに向かう予定で家を出発。しかし、ロンドンから出発するユーロ・スターの最終列車を逃したという。そして、カンテがそこで時間を潰していると、チェルシーの一人のファンが終電を逃したカンテに気づき、家に招待したようだ。

 ファンの家に訪問した今年のワールドカップ優勝者カンテは、まずカレーのディナーをごちそうになり、その後ファンの友人グループとビデオゲームをし、テレビのハイライトで自分のパフォーマンスを見て一夜を過ごした。

 カンテを家に招待したファンはツイッターで次のようにカンテの来訪を報告している。

「ワールドカップ優勝者であり、プレミアリーグ最優秀選手であり、2度のプレミアリーグ覇者は、地元のモスクを訪れた後、MOTD(Match of The Day)を僕らと一緒に観て楽しんだ。彼こそ本当の“謙虚”だったよ。なんて男だ!」

 なお同メディアによると、結局カンテは真夜中のパリ行きの電車に乗ることをやめ、タクシーで帰宅したという。

 チェルシーは20日にヨーロッパ・リーグ(EL)初戦のPAOK戦を控えている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00833002-soccerk-socc

【衝撃】フランス代表GKロリスが飲酒運転で逮捕!20ヵ月免停+罰金725万円 

2a5cae45db5d2
【AFP=時事】飲酒運転で逮捕されたサッカーフランス代表GKのウーゴ・ロリス(Hugo Lloris)は12日、収監を免れたものの、20か月の免許停止と5万ポンド(約725万円)の罰金処分を言い渡された。

  サッカー史上最悪、8年間53試合で八百長した欧州1部クラブサッカー史上最悪、8年間53試合で八百長した欧州1部クラブ

イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)に所属するロリスは、自身の振る舞いについてすでに「許されない」と述べており、今回6か月間の収監を免れ、裁判官から軽度の罰則を言い渡された。

〈続き〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000020-jij_afp-socc

UEFAネーションズ、フランスが“ムバッペ&ジルー弾”でオランダを撃破!! 

GettyImages-1029965346-800x533
1 2018/09/10(月) 05:44:46.81 _USER9
UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第2節が9日に行われ、フランス代表はホームでオランダ代表 ロシア・ワールドカップを制して以来、初のホーム戦となったフランスは、14分にキリアン・ムバッペの得点で先制したが、67分にライアン・バベルのゴールでオランダに追いつかれる。それでも75分にジルーがボレーを沈め、凱旋マッチを勝利で飾った。

【スコア】
フランス代表 2-1 オランダ代表

【得点者】
フランス代表:ムバッペ(14分)、ジルー(75分)
オランダ代表:バベル(67分)

【スターティングメンバー】
フランス代表(4-2-3-1)
アレオラ;パヴァール、ヴァラン、ユムティティ、リュカ(62分 メンディ);カンテ、ポグバ;ムバッペ、グリーズマン(81分 エンゾンジ)、マテュイディ;ジルー(89分 デンベレ)

オランダ(3-4-3)
シレッセン;デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント;テテ(82分ヤンマート)、プレパー、F・デ・ヨング、バベル(88分 L・デ・ヨング);プロメス、デパイ、ワイナルドゥム(76分 フォルマー)

9/10(月) 5:37配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00828254-soccerk-socc

グリーズマンがFIFAに苦言!!『W杯王者から選出されないなんて…』 

20180910-00828135-soccerk-000-1-view

「優勝国を封じ込める事が出来た」UEFA“フランス戦”についてドイツ代表レーヴ監督がコメント 

キャプチャ
1 2018/09/08(土) 18:27:49.73 _USER9
ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が、フランス戦の感想を語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が7日に伝えている。

 UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第1節が6日に行われ、フランス代表とドイツ代表が対戦。“新旧W杯王者”の一戦はスコアレスドローに終わった。

 レーヴ監督は試合を振り返り、チームのパフォーマンスを評価した。

「我々がどのような戦いをするのかが重要だった。チームとしていいパフォーマンスができたと思っている。しかし、確実に得点のチャンスはあった。守備面は非常によかった。ワールドカップ優勝国を封じ込めることができた」

「今日はベストを尽くし、全力で取り組めていた。しかし、今日の試合でワールドカップの埋め合わせができたとは思っていない。名誉挽回の機会は次の大会だけだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827580-soccerk-socc

「フランス×ドイツ」がUEFAネーションズリーグで対決!結果はスコアレスドローに!! 

1 2018/09/07(金) 06:03:00.90 _USER9
UEFAネーションズリーグは6日にリーグAの試合が行われ、グループ1ではドイツとフランスが対戦した。

今夏新たに設置されたUEFAネーションズリーグ。およそ10カ月かけて欧州の頂点を決めるUEFAの新たな戦いは、現W杯王者と前W杯王者の激突という、世界屈指の好カードで幕を開けた。

ロシアW杯で20年ぶりの優勝を飾ったフランスは、クロアチアとの決勝戦からのメンバー変更は1人のみ。負傷離脱している守護神ロリスに代わり、アレオラがゴールマウスに入った。ムバッペやグリーズマン、ポグバらが軒並み先発している。

対するブラジルW杯王者ドイツは、主将ノイアーの他、フンメルスやボアテング、ミュラー、クロースなど重鎮メンバーが先発。代表引退したエジルらの代わりに、ギンターやゴレツカなど若いメンバーがスタメン入りしている。

試合は、やはりドイツがボールを握って激しいプレッシャーをかけ、フランスがカウンターをねらう展開となる。アレオラがヴェルナーのシュートをセーブし、ノイアーがジルーのヘッドを防ぐなど、両守護神もゲームを引き締め、前半はスコアレスで折り返す。

後半はドイツが主導権を握る展開に。フンメルスやロイス、ギンターが決定機を迎え、何度も枠内シュートを放つものの、フランス守護神アレオラが好セーブを連発。ゴールを許さない。

結局、試合はスコアレスで終了。記念すべきUEFAネーションズリーグ・リーグA開幕戦は、0-0に終わった。

■試合結果

ドイツ 0-0 フランス

 

9/7(金) 5:38配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000020-goal-socc

写真
no title

【激震】フランス代表“守護神”ウーゴ・ロリスが逮捕!!! 

cb405a93-a83a-408e-b4ea-95764293608a
1 2018/08/24(金) 23:05:34.63 _USER9
ロシアW杯で最後尾に君臨したロリス、ビッグセーブ連発で20年ぶり2度目の優勝に貢献

今夏ロシア・ワールドカップ(W杯)で20年ぶり2度目の優勝を飾ったフランス代表の正GKウーゴ・ロリス(トットナム)が、飲酒運転で逮捕されたと英公共放送「BBC」が報じている。

 31歳のGKは今夏のロシアW杯で不動の守護神として君臨し、ビッグセーブを何度も披露するなど最後尾からチームを支え、W杯制覇に大きく貢献。代表を20年ぶりの優勝へと導き、国民からも祝福の嵐となった。

 2012年からイングランド1部トットナムに在籍し、キャプテンも務めるロリスは24日、パトロールしていたロンドンの警察官によって車の停止を命じられ、飲酒運転の罪で逮捕された。現在は釈放され、9月11日にウェストミンスター裁判所を訪れる予定だという。

 トットナムはプレミアリーグ開幕戦でニューカッスルに2-1と勝利し、フルハムにも3-1と2連勝。27日にマンチェスター・ユナイテッドとのビッグゲームを控えるなか、守護神の逮捕というニュースが好調のチームに水を差す形となってしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00130579-soccermzw-socc

2018年度“ゴールデンボーイ賞”はエムバペが最有力候補に! 

e906a5c43ee2ca7b8bf1899be3e8856c_content
イタリア紙『Tuttosport』は2018年のゴールデンボーイ賞の候補者100選手を発表した。
同賞は昨シーズン、活躍した21歳以下の最優秀若手サッカー選手に贈られる。

昨年の同賞受賞者で今夏、フランス代表の一員としてワールドチャンピオンに輝いたキリアン・エムバペも再びノミネートされており、パリ・サンジェルマン(PSG)とフランス代表の両方で素晴らしいパフォーマンスを披露した事から今年も最有力候補として見られている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00010017-sportes-socc

元フランス代表・エブラまでもが“孫悟空”に!次の移籍先は見つかるのか? 

patrice-evra-juventus_5uze73kjuymg1bquf6cf9zytq
 現在フリーエージェントとなっている元フランス代表DFパトリス・エブラが公式インスタグラムを更新。
ファンが人気漫画「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空をモチーフにしたイラストになりきった“モノマネ”画像をアップし、「僕は本物よりもイカしてるよ!」と笑いを誘っている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00125831-soccermzw-socc

FIFAにノミネート選出されなかったフランス代表カンテ!無尽蔵のスタミナは選出に値する!! 

5e876fcb-12b1-4e02-b8ea-03e1b40813ff
 国際サッカー連盟(FIFA)が発表した「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2018」のノミネート10名に、ロシア・ワールドカップでフランス代表の優勝に貢献したエンゴロ・カンテは惜しくも選出されなかった。W杯で上記の10名に勝るとも劣らない活躍を見せたカンテのパフォーマンスを、データとともに振り返る(数字は全てFIFAを参照)。

 カンテの最大の持ち味といえば、無尽蔵のスタミナにある。総走行距離では今大会で全選手中4番目に多い68.5キロメートルを記録。決勝戦で55分に途中交代したこと、上位3人が延長戦を3度戦ったクロアチアの選手であることを踏まえると驚異的な記録だ(1位はイヴァン・ラキティッチとイヴァン・ペリシッチの72.5キロメートル、3位はルカ・モドリッチの72.3キロメートル)。


<続く>

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00802357-soccerk-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索