Samurai Goal

フランス


スポンサード リンク





<フランス女子W杯>大会過去最多の視聴者数を記録!世界で11億人以上が観戦...  

1: Egg ★ 2019/10/19(土) 10:36:33.27 ID:L9mzOJZc9
2019 FIFA女子ワールドカップ フランスの視聴者が大会史上最多となる約11億2000万人を記録したことがわかった。FIFA(国際サッカー連盟)が18日に公式サイトで発表した。

 この夏に行われた女子W杯フランス大会は、前回女王のアメリカが初の決勝進出を果たした欧州女王のオランダに2-0で勝利して、2大会連続4回目の優勝で幕を閉じた。なでしこジャパンも2大会ぶりの優勝を目指したが、決勝トーナメント1回戦でオランダに敗れてベスト16敗退となった。

 発表によると、今大会はテレビやインターネットなどでの視聴者が全世界で約11億2000万人を記録し、過去最多を更新した。また、テレビ観戦だけでも全世界で約9億9350万人に達し、2015年のカナダ大会で記録した約7億6400万人から約30パーセント増加したという。

 決勝戦はこれまでの女子W杯において最も視聴された試合となった。ライブの平均視聴者数は約8218万人で、約5256万人を記録した前回のカナダ大会から56パーセント増加。決勝戦を1分以上視聴した人数は、約2億6362万人に達したという。全52試合のライブの平均視聴者数は全世界で約1727万人となり、前回大会の2倍以上を記録した。

10/19(土) 6:43配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00990376-soccerk-socc

写真no title

フランス代表、EURO2020予選に臨むメンバーを発表。負傷離脱中のポグバは選外に  

20191004-00341303-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/04(金) 20:33:08.88 ID:DnlyruYT9
フランスサッカー連盟(FFF)が現地時間の3日、EURO2020予選のアイスランド代表とトルコ代表戦に臨むフランス代表メンバー23名を発表した。

現在負傷離脱中のマンチェスター・ユナイテッドに所属するMFポール・ポグバとマンチェスター・シティに所属するDFエメリック・ラポルトは招集外となった。

一方、怪我から復帰したチェルシーMFエンゴロ・カンテ、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ、トッテナムMFタンギ・エンドンベレがメンバー入りした。
その他、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマンやレアル・マドリーDFラファエル・ヴァランなどが順当に招集されている。

EURO予選グループHで2位につけているフランス代表は、現地時間の11日に3位のアイスランド代表と、同14日に首位のトルコ代表と対戦する。
今回招集されたフランス代表メンバーは以下の通り。

▽GK
アルフォンス・アレオラ(レアル・マドリー)
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
スティーブ・マンダンダ(マルセイユ)
▽DF
リュカ・ディーニュ(エバートン)
レオ・デュボア(リヨン)
リュカ・エルナンデス(バイエルン)
プレスネル・キンペンベ(PSG)
クレマン・ラングレ(バルセロナ)
バンジャマン・パバール(バイエルン)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)
クルト・ズマ(チェルシー)
▽MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー)
ブレーズ・マテュイディ(ユべトス)
タンギ・エンドンベレ(トッテナム)
ムサ・シソコ(トッテナム)
コランタン・トリッソ(バイエルン)
▽FW
ウィサム・ベン・イェデル(モナコ)
キングスレイ・コマン(バイエルン)
オリビエ・ジルー(チェルシー)
アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)
ジョナタン・イコネ(リール)
トマ・ルマル(アトレティコ・マドリー)
キリアン・ムバッペ(PSG)

フットボールチャンネル編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00341303-footballc-socc
10/4(金) 20:20配信

フランス1部クラブで衝撃の事態! 18歳の逸材FWがエース候補の高級時計を窃盗。最悪の場合は解雇も  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 07:41:52.30 ID:HC99V3og9
フランスの年代別代表に選ばれてきた逸材が…

衝撃の真相が明らかになった。

現地時間9月26日、フランス紙『Nice Martin』をはじめとする複数のメディアは、
今月16日にリーグ・アンのニースに所属するデンマーク代表FWキャスパー・ドルベアが所持していた900万円相当の高級腕時計が、
クラブ施設の更衣室で盗まれた事件の犯人が「見つかった」と大々的に報じた。

ニースの地元紙『Nice Martin』によれば、なんと犯人はチームメイトで、センターフォワードのポジションを争うラミヌ・ディアビ・ファティガだったという。

現在18歳のディアビ・ファティガは、フランスの年代別代表に招集されてきた有望株で、「過去10年でも指折り才能を持つストライカー」とも称され、将来を嘱望されている。

今年4月に右足首を痛めた影響で、長期離脱を余儀なくされていたが、今月初めにチームのトレーニングに復帰。
そんななかで起こした騒動は波紋を広げている。

フランスの全国紙『L'Equipe』によれば、ニースは、地元警察の協力を得ておこなった監視カメラの映像解析で、犯人を突き止めという。
近々で聴聞会を開き、最悪の場合は、ディアビ・ファティガを解雇する可能性もあるようだ。
ちなみに当人は弁護士とともに練習場を訪れ、パトリック・ヴィエラ監督とチームに謝罪をしているという。

何はともあれホッとしているのは、“被害者”となったドルベアだろう。

今夏の移籍市場でニースにやってきたばかりのエース候補は事件発覚当時、クラブの首脳陣に対して、
「犯人と時計の所在が明らかになるまでプレーしたくない」と気を落としていただけに、胸をなでおろしているはずだ。
同僚の中に犯人がいたというショックも、小さくないかもしれないが……。

ディアビ・ファティガの処遇とともに、“相棒”が戻ってきたドルベアのパフォーマンスにも注目したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00010002-sdigestw-socc
9/27(金) 5:50配信

no title

<女王アメリカ>W杯8大会連続のベスト4進出!…開催国フランスの猛反撃振り切る  

1: Egg ★ 2019/06/29(土) 06:28:06.43 ID:f0t9AyhV9
FIFA女子ワールドカップフランス2019の準々決勝が28日に行われ、フランス女子代表とアメリカ女子代表が対戦した。

試合は立ち上がりの5分、連覇を狙う女王アメリカが先制する。左サイドのFKで、ミーガン・ラピノーが低めの鋭いボールをゴールに向かって蹴り込むと、これがそのままゴールネットを揺らした。

開催国のフランスも猛攻を見せたが、65分にアメリカが再びスコアを動かす。トビン・ヒースがエリア右に抜け出して折り返すと、ボールはファーに流れてフリーのラピノーが右足で流し込み、大きな追加点を挙げた。

2点差とされたフランスも意地を見せる。81分、左サイドのFKで187センチの長身DFワンディ・ルナールがヘディングシュートを叩き込んで一矢報いた。その後もフランスが猛反撃を見せたが、アメリカは1点を守りきって2-1で勝利。

8大会連続の準決勝進出を果たした。敗れたフランスは2大会ぶりのベスト4入りを逃した。

勝ち上がったアメリカは、7月2日に行われる準決勝でイングランドと対戦する。

【スコア】
フランス女子代表 1-2 アメリカ女子代表

【得点者】
0-1 5分 ミーガン・ラピノー(アメリカ)
0-2 65分 ミーガン・ラピノー(アメリカ)
1-2 81分 ワンディ・ルナール(フランス)

6/29(土) 5:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00952944-soccerk-socc

写真
no title


【サッカー】<ホワイトハウスなんて行かない>米女子代表のコメントにトランプ大統領が怒りのツイート! しかしその後に修正…なぜ?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561636543/

日本は勝利を奪われた!「滑稽なPK判定」残酷な敗退も…なでしこJが開催国フランスを魅了! VARの議論も白熱  

36cc9_1429_b28d09fa_c7e9f2e1[1]




1: Egg ★ 2019/06/26(水) 19:38:17.02 ID:Ja8Afezh9
現地時間6月25日夜、女子ワールドカップの開催国であるフランスのメディアは、決勝トーナメント1回戦で残酷な敗北を喫した日本女子代表の話題でもちきりになった。
この日も、ライブ中継局は『Canal+』。実況アナとゲスト解説者の顔ぶれも、グループリーグ第3戦のイングランド戦と同じく、ステファン・ギーとジェシカ・ウアラ=ドゥモーさんだった。
その2人が叫び声をあげたのが43分。1点を先制された日本が、同点に追いついた場面だった。

「なんとマニフィック(壮麗)なアクション! 小さなスペースで動き回り、イワブチ(岩渕真奈)の素晴らしいパスと、ハセガワ(長谷川唯)の素晴らしいシュートで決めました!」と、まずジェシカさんが興奮。
その後も「ワンタッチ、ツータッチで、トライアングル・プレーを展開しましたね。これこそが以前からの日本の強み。その典型パターンです!」とまくし立てた。

ステファン・ギーはと言えば、「コレクティブなアクションから決めたゴールでは、今大会開幕以来、最も美しいゴールです」と称え、後半に入っても
「スガサワ(菅澤優衣香)、イワブチ、ハセガワのあのアクションは、きわめて高級なものでした」と振り返り続けた。

後半の会話はすっかり日本中心に。ジェシカさんは「2011年と2015年の(ワールドカップの)日本を見ているような気がしてきました」「またマニフィック! イワブチのタロナード(ヒールパス)、
素晴らしいです」「スギタ(杉田妃和)やミウラ(三浦成美)といったミッドフィルダーまでゴール前に出現してきていますよ」と叫び、ステファン・ギーも「スタジオではちょっと日本を過小評価していましたね」と皮肉を挟みながら、
「サメシマ(鮫島彩)のすごい仕事ぶりです」「モミキ(籾木結花)のなんという入り方!」と、刻々とアナウンスしていった。

それだけに終了間際の熊谷紗希のハンド直後には、「彼女に意図的なものはまったくなかった」(ステファン・ギー)、「わたしにはあまりにも滑稽に見えます。これはひどい。
これでオランダがPKを入れて勝ったとしたら、オランダはまるで勝利に値していなかったと言っていいと思います!」(ジェシカさん)と、審判の笛に異議を唱えた。

そしてその通りの結果になると、「ジャポネーズ(注・日本女性を意味するフランス語)にとってなんとキツイことか! 彼女たちが後半に見せたレベルは巨大なクオリティーだったのに、本当に残酷です」と締めくくった。
だが「なでしこ」の話題はその後も止まらなかった。夜の人気討論番組『L’EQUIPE DU SOIR』の最初のお題は、「日本は勝利を盗まれたと思うか」。

これで激論を戦わせたのは、いずれもTVジャーナリストのヨアン・リウーとカリーヌ・ガリ女史。リウーは、「残酷さがひどすぎる。VARもおかしいし、PKとイエローの二重制裁などもってのほか。恥もいいところだ!」と激怒した。
これに対してガリ女史は、「VARにも二重制裁にも反対だが、この程度のハンド判定はいくらでもある。それより日本がチャンスを決め切れなかったことが敗因だ」と反論した。

ここで断固トーンを上げたのが『L’EQUIPE』紙のスター記者、ヴァンサン・デュリュックだ。

「VAR導入以来、PKが急増している。審判が、怪しくてもとりあえず笛を吹いてしまおう、どうせVARが判定してくれるから、という心理傾向になっているからだ。フットボールのエモーションもVARに殺されている」と重要な議論も提示しながら、
「勝利を盗まれた」日本を擁護した。このお題の視聴者投票の結果は、62%を獲得したリウーの勝利だった。

ところが次のお題も日本。「今大会で最も美しい試合に立ち会ったと思うか」だった。

2019年6月26日 12時0分 サッカーダイジェストWeb
https://news.livedoor.com/article/detail/16679425/

女子W杯決勝T1回戦 開催国フランス女子がブラジル女子撃破し準々決勝へ!主将アンリが延長後半に決勝弾  


20190624-43468588-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/24(月) 10:14:46.75 ID:em3ZWySQ9
女子ワールドカップは23日に決勝トーナメント1回戦2日目を開催。開催国フランス女子代表はブラジル女子代表と対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。

 グループリーグを首位通過したフランスは3位で突破したブラジルと激突。フランスがチャンスをつくるが、得点を決め切れずに0-0で前半を折り返す。すると後半7分、FWカディディアトゥー・ディアニがPA右からクロスを放つと、FWバリエリー・ゴウバンが絶妙な動き出しでスライディングシュート。待望の先制点が生まれた。

 しかしブラジルも少しずつ反撃に出る。後半18分、MFデビーニャが右サイドからクロスを放ち、相手DFに当たってこぼれたところをMFタイーザが押し込んだ。直後にはデビーニャのオフサイドと判定が出るも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によりオフサイドラインを越えていないことが判明。主審は改めてブラジルのゴールを認めた。

 試合は1-1のまま延長戦に突入する。延長前半終了間際にはブラジルが決定機を迎えるが、フランス守備陣が体を張ってゴールを死守。するとフランスは延長後半開始1分、右サイドからのFKでPA内にボールが放り込まれると、主将のMFアマンディーヌ・アンリが左足ダイレクトで押し込み、値千金の勝ち越し弾となった。

 試合はそのまま終了し、開催国フランスが2-1で勝利。28日の準々決勝ではスペイン対アメリカの勝者と対戦する。同じくイングランドは1回戦でカメルーンに3-0で勝利し、27日にノルウェーと相まみえる。

 日本女子代表(なでしこジャパン)は日本時間26日4時に決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦する。

【決勝トーナメント1回戦】
6月22日(土)
ドイツ 3-0 ナイジェリア [グルノーブル]
ノルウェー 1-1(PK4-1)オーストラリア [ニース]

6月23日(日)
[3]イングランド 3-0 カメルーン [バランシエンヌ]
[4]フランス 2-1(延長)ブラジル [ル・アーブル]

6月24日(月)
[5]スペイン 25:00 アメリカ [ランス]
[6]スウェーデン 28:00 カナダ [パリ]

6月25日(火)
[7]イタリア 25:00 中国 [モンペリエ]
[8]日本 28:00 オランダ [レンヌ]

【準々決勝】
6月27日(木)
(A)ノルウェー 28:00 イングランド [ル・アーブル]

6月28日(金)
(B)フランス 28:00 [5]の勝者 [パリ]

6月29日(土)
(C)[7]の勝者 22:00 [8]の勝者 [バランシエンヌ]
(D)ドイツ 25:30 [6]の勝者 [レンヌ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-43468588-gekisaka-socc

<「現地発」女子W杯>フランス戦は国内1000万人超が視聴! 予想を裏切り、国内では男子並みのフィーバーに  

1: Egg ★ 2019/06/14(金) 18:15:01.16 ID:X0OEAnRa9
 女子ワールドカップ開催国のフランスが、女子では史上初となる盛り上がりを見せ、選手たちもメディアもビックリ仰天している

 最初の驚きは、大会開幕戦(フランス4-0韓国)だった。

 男子フランス代表マッチの中継で知られるフランス最大の民放局「TF1」が、思いがけず視聴者数約1000万人を記録したのだ。しかも同時中継した有料局「Canal+」も、約100万人が観戦。合計で約1100万人という数字が飛び出した。

 これはフランス総人口(6699万人)の6分の1。人口が倍近い日本に当てはめれば、2000万人が一斉にTVで観戦した勘定になる。男子の記録1400万人には及ばなかったものの、それに匹敵する人気だった。このためTF1は嬉しい悲鳴を上げ、選手たちもすっかり目を丸くした。

 これに続くように、有名全国紙『L’EAUIPE』も、史上初の試みを打ち出したから面白い。

「男子代表と同じ扱い」を断固標榜し、試合前後のメーン記事を、男子と同じヴァンサン・デュリュック記者が担当したことで、全国のフットボールファンを「あっ」と驚かせたのだ。同様に、コラムも男子と同じビセンテ・リザラズが担当。開幕日は、計16ページを女子ワールドカップに割き、その後もすさまじいページ数で詳細な報道と分析を続けている。

 もっとも人々は、こうした熱狂も「開幕戦だからだろう」と想像した。ところが、フランス第2戦会場となったニースの「アリアンツ・リヴィエラ」も、早々と満員御礼になる。6月12日夜に行なわれたこのノルウェー戦までもが、「TF1」で約1000万人の視聴者数を叩き出してしまった。

 こうしたなか、元フランス代表のヴィカシュ・ドラソは、昼間の討論番組『L’EQUIPE D’ESTELLE』で、「男子と女子の勝利ボーナスがあまりに違いすぎ。大問題だ。連盟は是正すべき!」とぶち上げて、波紋を呼ぶ一幕があった。

 しかもこの議論は、夜の討論番組『L’EQUIPE DU SOIR』にも持ち越され、女性のメリザンド・ゴメズ記者(『L’EQUIPE』)が、「議論にもならない! 同一職場の同一ポストで男女同一賃金を要求するのは当然だが、今回のは別もの。男子フットボールは巨大なカネが動く特殊経済システムで、連盟に巨額をもたらしている。女子はそこにすがっている存在なのだ」と大反論した。

6/14(金) 16:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00059995-sdigestw-socc

写真no title

【女子サッカー】開催国フランス、強豪ドイツが2連勝…韓国はナイジェリアに敗れ2連敗/2019女子W杯  

20190613-00010004-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/13(木) 13:22:19.41 ID:b1kYAOn29
現地時間12日『2019 FIFA女子ワールドカップ』のグループA&B計3試合が行われた。

グループAの第2節では、初戦でともに敗れたナイジェリアと韓国が激突。29分にナイジェリアが相手オウンゴールにより先制すると、75分にはアシサト・オショアラがゴールエリアで相手GKをかわし、角度のないゴール右側からグラウンダーのシュートを流し込んで2-0に。ナイジェリアが2-0で韓国を下し、今大会初勝利をマークした。

フランスvsノルウェーの一戦は2-1で決着し、開催国フランスが2連勝。勝ち点を6に伸ばし、グループA勝ち抜けをほぼ手中にしている。

グループBのドイツvsスペインはボール支配率こそスペインが上回ったが、42分にドイツ代表のサラ・デブリッツがネットを揺らすなど、決定的な場面をものにしたドイツが1-0で競り勝ち2連勝。ドイツの勝ち抜けもほぼ確実となった。

■2019女子W杯
グループA
ナイジェリア 2-0 韓国
フランス 2-1 ノルウェー

グループB
ドイツ 1-0 スペイン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00010004-goal-socc

<世界王者フランス>トルコに敗れる!トルコ、ベルギー、イタリアが3連勝/ユーロ2020予選  

20190609-00946045-soccerk-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/09(日) 07:15:13.35 ID:uV/tvz3k9
 EURO2020予選・グループH第3節が9日に行われ、トルコ代表とフランス代表のグループH上位2チームが対戦。2-0でホームのトルコが勝利を収めた。

 試合は30分、トルコがフリーキックを獲得すると、ジェンギズ・ウンデルのクロスをペナルティエリア右のマームト・テクデミルがゴール前に頭で折り返す。カーン・アイハンはヘディングでゴール中央に押し込み、トルコが先制に成功した。

 さらにトルコは40分、高い位置でドルクハン・トキョズがこぼれ球を拾うと、右サイドに上がってきたウンデルに展開。ウンデルはペナルティエリア右からゴール左に流し込み、トルコが追加点を挙げる。

 豪華メンバーを揃えたフランスはその後も得点を奪うことができず、このまま試合終了。2-0でホームのトルコがフランスに勝利した。

 次節は12日に行われ、トルコはアイスランド代表とアウェイで、フランスはアンドラ代表とアウェイで対戦する。

【スコア】
トルコ代表 2-0 フランス代表

【得点者】
30分 1-0 カーン・アイハン(トルコ代表)
40分 2-0 ジェンギズ・ウンデル(トルコ代表)

【スターティングメンバー】
トルコ代表
ギュノク;カルドゥム、デミラル、アイハン、チェリク;カラマン、カフヴェジ(80分 トゥファン)、M・テクデミル、D・トキョズ(90分 オミュル)、C・ウンデル(85分 ヤズジェ);ユルマズ

フランス代表
ロリス;ディニュ(46分 メンディ)、ユムティティ、ヴァラン、パヴァール;マテュイディ(46分 コマン)、ポグバ、グリーズマン、シソコ、ムバッペ;シルー(72分 ベン・イェデル)

【第3節終了時点でのグループH順位表】
1位 トルコ(勝ち点9/得失点差8)
2位 フランス(勝ち点6/得失点差5)
========予選突破========
3位 アイスランド(勝ち点6/得失点差-1)
4位 アルバニア(勝ち点3/得失点差0)
5位 モルドバ(勝ち点3/得失点差-6)
6位 アンドラ(勝ち点0/得失点差-6)

6/9(日) 6:54配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00946045-soccerk-socc

<2019女子ワールドカップが開幕>初戦でホスト国フランスが韓国を4発圧倒!  

1: Egg ★ 2019/06/08(土) 09:27:16.17 ID:pDkjgzIf9
現地時間7日、2019 FIFA女子ワールドカップが開幕し、グループA初戦のフランスvs韓国が行われた。

ホスト国フランスとアジア第5代表韓国の対戦となった開幕カードは、前半9分にウジェニー・ル・ソメが先制ゴールを決めると、フランスは35分、45分にも追加点を決め、前半だけで3-0とリード。

後半にも1点を加えたフランスが韓国を4-0と圧倒し、開幕戦を制している。ボールポゼッションは60-40%、シュート本数21-4(枠内8-1)という内容だった。

なお、同大会で2大会ぶりの頂点を目指す日本はグループDに属しており、現地時間10日にパリのパルク・デ・プランスでアルゼンチンとの初戦に挑む。

6/8(土) 6:54配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010001-goal-socc

写真
no title


FIFA
https://www.fifa.com/womensworldcup/matches/match/300438238/#match-lineups



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索