Samurai Goal

フランクフルト


スポンサード リンク





今季初G鎌田大地をフランクフルト地元紙が絶賛「素晴らしいソロ…クリエイティブな資質」 

スクリーンショット 2020-10-04 17.54.14

<鎌田大地>泥臭く今季初ゴール!全2得点に絡む活躍で逆転勝利に貢献、フランクフルトは暫定首位に浮上 

スクリーンショット 2020-10-04 8.13.26




1: 2020/10/04(日) 00:32:01.27 _USER9
[10.3 ブンデスリーガ第3節 フランクフルト2-1ホッフェンハイム]

ブンデスリーガは3日に第3節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホッフェンハイムに2-1で競り勝った。
鎌田と長谷部は開幕から3試合連続で先発起用され、鎌田はトップ下、長谷部はリベロの位置でプレー。鎌田は今季初ゴールを挙げ、2得点に絡む活躍で逆転勝利に貢献した。

序盤はフランクフルトがチャンスを創出したが、ホッフェンハイムが最初のチャンスを仕留めた。前半18分、DF陣に囲まれながらもFWアンドレイ・クラマリッチが技ありの左足シュートをゴール左隅に沈めた。
クラマリッチは3戦6発と好調をキープ。フランクフルトは43分、鎌田のCKからDFマルティン・ヒンテレッガーが頭で合わせたが、シュートはGKの正面を突いた。

0-1で折り返した後半、フランクフルトの反撃が実る。まずは後半9分、左サイドからMFシュテフェン・ツバーがクロスを入れると、FWバス・ドストがポストプレーからラストパス。
後方から猛然と走り込んだ鎌田が体ごとゴールに押し込み、今季初ゴールを挙げた。

試合を振り出しに戻すと、後半26分には鎌田がドリブルで潜り込み、ペナルティエリア内に侵入。守備網を切り裂いて打ったシュートは相手DFにブロックされたが、ドストの逆転ゴールにつながった。
鎌田は後半42分までプレーし、長谷部はフル出場。フランクフルトは2-1で逃げ切り、暫定首位に浮上した。

10/4(日) 0:25配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5886bcc736a7eb4a8a398f4a134b6ad680abb6ff

<鎌田大地>2アシストでフランクフルトの今季リーグ戦初勝利に貢献!長谷部誠とともにフル出場 

1: 2020/09/26(土) 09:26:19.00 _USER9
現地時間25日、ブンデスリーガ第2節ヘルタ・ベルリンvsフランクフルトの一戦が行われ、鎌田大地が2アシストの活躍を見せ、チームを今季リーグ戦初勝利に導いた。
金曜開催のこの一戦では、長谷部誠、鎌田大地はそろって先発出場。29分にフランクフルトはPKを得ると、アンドレ・シウヴァがこのチャンスを冷静に沈め、0-1とアウェーのフランクフルトが先制する。

直後の37分にはゴールエリア右から鎌田がFKを放り込むと、長身FWバス・ドストがヘディングでゴールへとねじ込み、スコアは0-2となる。
後半に入り、71分には鎌田のはたいたボールをセバスチャン・ローデがゴールエリア外から左足でゴール左へ決め、フランクフルトはアウェー戦ながら3点をリード。

78分にはオウンゴールで1点を失ったが、試合は1-3でフランクフルトに軍配。今季リーグ戦初勝利をマークしている。この試合で長谷部と鎌田はそろってフル出場を果たした。

■ブンデスリーガ第2節
ヘルタ・ベルリン 1-3 フランクフルト
得点者
ヘルタ・ベルリン:OG(78分)
フランクフルト:A・シウヴァ(30分/PK)、ドスト(37分)、ローデ(71分)

9/26(土) 7:43配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/796e467bcf4af2d83f5b0d482be9164b0d0b58df

写真
no title

堂安、インサイドハーフでドイツデビュー! 長谷部、鎌田のフランクフルトとドロー 

スクリーンショット 2020-09-20 2.06.24




1: 2020/09/20(日) 01:17:59.55 _USER9
ドイツ1部リーグが現地18日開幕し、ビーレフェルトのMF堂安律(22)は、アウェーでDF長谷部誠(36)、MF鎌田大地(25)を擁するフランクフルト戦に先発し、同リーグデビューを果たした。日本人対決となったこの試合、堂安は4―3―3のインサイドハーフ、長谷部は3―5―2の3バック中央、鎌田はトップ下で先発。試合は堂安、鎌田がともにチャンスメークに絡むと、長谷部も安定感のある守備でチームに貢献した。試合は1―1で引き分け、2部から昇格して12季ぶりの1部を戦うビーレフェルトは上々のスタートを切った。

 堂安は序盤こそ慣れないポジションの戸惑いをみせるようなプレーもあったが、試合が進むにつれて存在感を発揮した。前半23分には中盤で相手をはがし、相手ゴール付近まで単騎ドリブルで突進してクロス。同43分にも右サイドを抜け出し、ゴール前に正確なラストパスを供給するなど、チャンスを演出した。最もゴールに近づいたのは後半5分。左足を振り抜いてミドルを放ったが、シュートはゴール左にわずかに外れた。

 試合は後半6分にビーレフェルトが先制し、同17分にフランクフルトが追いつく展開。堂安は後半26分に途中交代した。一方、フランクフルトの鎌田も後半43分に交代するまで、攻撃の中心としてプレー。長谷部もビーレフェルトのエースで昨季2部得点王のFWクロスをほぼ完ぺきに封じ、さすがのプレーをみせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92f4b73d55c8734f6148f892131657294958f382

鎌田大地 Eフランクフルトとの契約延長が「難航」した理由 

スクリーンショット 2020-09-17 11.19.15

鎌田大地、ついにフランクフルトと契約延長へ!独主要紙が報道「数週間に及ぶポーカーの末…」 

スクリーンショット 2020-09-16 13.21.05




1: 2020/09/16(水) 11:13:09.21 _USER9
日本代表MF鎌田大地は、フランクフルトとの契約延長が近づいているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。

昨季フランクフルトで公式戦48試合に出場し、10ゴール9アシストを記録した鎌田。ポジションを勝ち取るなど飛躍の1年となったが、クラブとの契約延長交渉は難航。現行契約は2021年までとなっていたため、今夏の退団も噂されていた。

しかし、フランクフルトとの契約延長が合意に迫っているようだ。『ビルト』は、「数週間に及ぶポーカーの末、アイントラハトは日本人選手と合意に達しようとしている。シーズン終了で切れる契約を延長する」と伝えた。

また交渉が長引いた理由として、2人のアドバイザーの見解の違いを指摘。ドイツ人のトーマス・クロート氏は当初からフランクフルト残留を勧めていたものの、もう1人の代理人であるロベルト佃氏は他のオファーを待っていたという。しかし、「今ではすべてのサイドが一致した」と、間もなく新契約に合意するだろうとの見解を示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f01e17f8d8d073758fd3919f6dd46ce67f46a386

未だ交渉が進まない鎌田大地、フランクフルトSDは残留を望む「チームを去るなら残念なこと」 

スクリーンショット 2020-09-02 21.03.01

鎌田が強烈先制弾 EフランクフルトがPSV破る 

スクリーンショット 2020-08-23 12.33.02

フランクフルト、トップ下・鎌田大地のライバルを放出…ホッフェンハイムとトレードが成立 

スクリーンショット 2020-08-05 18.24.40

膝の遊離体除去手術を受けたフランクフルト・長谷部誠がチーム練習合流 

1: 2020/07/30(木) 17:46:32.93 _USER9
7/30(木) 17:35
スポーツ報知

膝の遊離体除去手術を受けたフランクフルト・長谷部誠がチーム練習合流
長谷部誠
 4日に膝の遊離体除去手術を受けたドイツ1部フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(36)が29日、チームの全体練習に合流した。

 ヒュッター監督(50)はクラブの公式サイトで「長谷部は通常通り、すべてのトレーニングを行うことができている」とコメント。チームは8月6日に欧州リーグ決勝トーナメント2回戦・バーゼル(スイス)戦が控えており「(バーゼル戦がある)来週木曜日のオプションになる」と起用を示唆した。3月12日の第1戦は0―3で敗れているが、指揮官は「ひっくり返すことができると確信している」と話した。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200730-07300177-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索