Samurai Goal

フランクフルト


スポンサード リンク





フランクフルト指揮官、来季ボルシアMG入りで合意か…監督に対するリーグ史上最高違約金10億円が発生 

スクリーンショット 2021-04-13 6.04.00

長谷部誠がフランクフルトと1年の契約延長! 今季はブンデス20試合出場、上位争いに貢献 

スクリーンショット 2021-03-09 5.58.34




1: 2021/03/09(火) 02:14:48.08 _USER9
フランクフルトは8日、元日本代表MF長谷部誠との契約を2022年6月30日まで延長したと発表した。

 長谷部は昨季終了時に契約を更新した際、「引退後もブランドアンバサダーとしてフランクフルトに残留する」とアナウンスされており、今季限りでの現役引退が有力と見られていた。しかし、今季もここまでチームの主力として活躍を続けていることで、現役をもう1年続行することを決意したようだ。

 現在37歳の長谷部は浦和レッズでデビュー後、2008年1月にヴォルフスブルクへと完全移籍。2008-09シーズンにはヴォルフスブルクでブンデスリーガ優勝を達成した。一方、2013-14シーズンを過ごしたニュルンベルクでは2部への降格も経験している。フランクフルトでは2014年夏からプレーしており、ここまで公式戦通算228試合に出場。2017-18シーズンにはDFBポカール優勝を経験した。

 今季は開幕からセンターバックとしてフル出場を続けていたが、第8節から第11節にかけてはベンチで過ごす時期も経験した。それでも、第12節から再び先発に返り咲くと、2021年に入ってからは守備的MFとしてプレーしている。また、キャプテンを務めていたダビド・アブラーム氏が1月途中に現役を引退してからは、腕章を引き継いで出場している。

 フランクフルトは長谷部やMF鎌田大地らの活躍もあり、ブンデスリーガ第24節を終えた時点でチャンピオンズリーグ出場圏内の4位と好調を維持している。

 長谷部は発表に際して自身の公式インスタグラム(@makoto_hasebe_official)を更新し、「チームと2022年6月30日までの契約延長に合意し、本日サインをしてきました。クラブやサポーターからの信頼を強く感じ、とても幸せに感じています。プロサッカー選手としてのこの時を大切に、一瞬一瞬を噛み締めながら引き続き頑張ります!」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/07fffe6385bc019a59d6679f4aa434c3248c228e

バイエルン戦勝利に貢献の長谷部誠、現地メディアから「あと1シーズン続けなければ」と契約延長求める声 

スクリーンショット 2021-02-21 14.56.38




1: 2021/02/21(日) 10:28:39.83 _USER9
フランクフルトのMF長谷部誠、MF鎌田大地はバイエルン・ミュンヘン戦で現地メディアから高評価を受けている。

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第22節でバイエルンと対戦。12分に鎌田が先制点を挙げると、31分にはアミン・ユネスがスーパーゴールで追加点を奪う。フランクフルトはその後、バイエルンの反撃を1点に抑え、2-1で王者から勝ち点3をもぎ取っている。

地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では、1ゴール1アシストの鎌田には「よくできました」の評価に。寸評では「彼は3点すべてに関わった。1点目は自ら決め、2点目はアシストし、相手のゴールの前にはボールを失った。非常に勤勉で、ときにはずさんなこともあった。アイディアが豊富でよくやっている」と記された。

フル出場の長谷部も「よくできました」という評価に。寸評では「頭脳明晰で、ボールの扱いも明晰で、思考力もある戦略家だった。彼はあと1シーズン続けなければならない」と契約延長を求める声も上がっている。

なお、チームはリーグ戦11試合負けなしと好調を維持し、4位としている。

https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/hasebe-kamada-bayern-2021-02-21/1x0q9nqddm8jhz3foadwkf0dn

鎌田大地のアシストは“ラッキー”ではなかった…フランクフルト幹部「ちゃんと見れば分かる」 

スクリーンショット 2021-02-17 20.48.33

長谷部フル出場の好調フランクフルトが4連勝! 鎌田が今季7アシスト目を記録 暫定で3位に浮上 

スクリーンショット 2021-02-15 5.52.58




1: 2021/02/15(月) 01:38:17.67 _USER9
SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/d15306966c558c08ebf7b5864d74c433a8351cb8
【スコア】
フランクフルト 2-0 ケルン

【得点者】
1-0 57分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
2-0 79分 エヴァン・ヌディカ(フランクフルト)

 ブンデスリーガ第21節が14日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属する5位フランクフルトは、ホームで14位ケルンと対戦した。長谷部はリーグ戦10試合連続の先発出場となり、5試合ぶりにフル出場を果たした。鎌田はリーグ戦4試合連続の先発出場となり82分までプレーした、

 立ち上がりから主導権を握るフランクフルトは23分、右サイドに流れたアンドレ・シウヴァのクロスに鎌田が頭で合わせたが、相手GKティモ・ホルンの好セーブにも阻まれてネットを揺らせない。30分にはポストプレーでボールを収めたA・シウヴァの落としから鎌田が右足を振り抜いたが、強烈なシュートはまたもホルンに防がれる。45分にはフィリップ・コスティッチのクロスにA・シウヴァが頭で合わせたが、これは枠を捉えられない。

 スコアレスで折り返すと、フランクフルトは57分に先制する。枠の外からエリック・ドゥルムがミドルシュートを放つと、ボールは鎌田に当たってA・シウヴァの元にこぼれる。相手GKホルンもすかさずカバーに入ったが、A・シウヴァは瞬時の判断でループシュートを成功させてネットを揺らし、今シーズンのリーグ戦で18点目を記録した。なお、鎌田にはラッキーな形で今季7アシスト目が付くことになった。

 すると79分、フランクフルトがリードを広げる。コスティッチが右コーナーキックからニアサイドにピンポイントのボールを入れると、頭で合わせたエヴァン・ヌディカがゴール左に流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、フランクフルトは4連勝でリーグ戦10試合無敗となり、暫定で3位に浮上した。ケルンはリーグ戦3試合ぶりの黒星で今季10敗目となった。次節、フランクフルトは20日にホームでバイエルンと、ケルンは同日にMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。

好調フランクフルトの中心となった鎌田大地、「監督とほとんど話さない」理由とは? 

スクリーンショット 2021-02-13 22.16.52

37歳でも日本人でも…長谷部誠「フランクフルト不動の軸」である理由 

スクリーンショット 2021-02-10 16.57.55

37歳長谷部誠、フランクフルトとの契約延長決定とドイツ報道。現役続行へ 

1: 2021/02/02(火) 19:29:43.81 _USER9
フットボールチャンネル編集部

ドイツ1部のフランクフルトに所属する長谷部誠は、クラブとの契約をもう1年延長することが決まったとみられいてる。独紙『ビルト』が報じたとしてドイツ複数メディアが伝えた。

 昨年5月に延長された長谷部とフランクフルトとの契約は今季末までの1年間。引退後のアンバサダー就任が同時に決定されたこともあり、今季が現役ラストシーズンになる可能性が高いとも予想された。


 アディ・ヒュッター監督が今季限りでの引退の見通しに言及したこともあったが、長谷部自身は引退決断を否定。1月で37歳となった今季も主力として活躍を続けていることもあり、ドイツメディアでは契約を延長すべきだという声も上がっていた。

 新たな報道によれば、フランクフルトと長谷部の間では契約をもう1年延長することが決まったという。だが正式なサインを急ぐことはなく、春頃までに完了させる見込みであるとも伝えられている。

 長谷部は今季ブンデスリーガでも19試合中15試合に先発出場。11月から12月にかけて4試合を欠場したが、その後は再び8試合連続でスタメンに名を連ねている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210202-00408821-footballc-socc
no title

フランクフルト5発快勝、キャプテンマーク巻いた長谷部誠はチームの成長に手応え「間違いなく今成長している」 

スクリーンショット 2021-01-24 19.45.11

鎌田大地が今季9つめのアシスト! 長谷部誠も先発のフランクフルト、堂安律のビーレフェルトに5点大勝 

スクリーンショット 2021-01-24 5.22.17




1: 2021/01/24(日) 01:35:06.06 _USER9
 現地時間1月23日、ブンデスリーガの第18節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地を擁するフランクフルトは、堂安律が在籍するビーレフェルトとアウェーで対戦した。

【動画】鎌田大地がヨビッチの5点目をアシスト! コスティッチと守備を切り崩した見事なクロスはこちら
https://twitter.com/skyperfectv/status/1353013571882422273

 日本人選手3人が先発したこの試合で、早々にペースを握ったのはフランクフルト。25分にアンドレ・シウバ、27分にセットプレーからフィリップ・コスティッチが立て続けに得点。33分にもA・シウバがネットを揺らし、早くも3点のリードを奪う。

 対するビーレフェルトは堂安を中心に攻め入り、36分にセルヒオ・コルドバが1点を返し、前半を終える。

 しかし51分、鎌田、コスティッチ、シウバらの崩しからエリア内に持ち込むと、ビーレフェルトDFのミスを誘い、オウンゴールに。スコアは4-1とフランクフルトが突き放す。さらに66分にはルカ・ヨビッチを投入し、さらに得点を奪いに出た。

 そして75分、左サイドから崩しにかかった鎌田とコスティッチがふたりで切り崩し、最後はDFラインの裏に抜け出た鎌田から、中央にマイナスのクロスを送る。これを中央で待ち構えていたヨビッチがワントラップで左足を振り抜き、ゴール右にシュートを突き刺した。
 
 試合はこのまま終了。長谷部は71分、鎌田は77分にピッチを退き、堂安はフル出場だった。5-1と快勝したフランクフルトは、暫定でリーグ6位に浮上している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00b254c6c087bfe5082f139a57ece4e3dba2306a
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索