Samurai Goal

フランクフルト


スポンサード リンク





僅か1年でフランクフルト退団危機!!“売却候補”になった鎌田に移籍先はあるのか 

1   2018/05/25(金) 18:42:21.33 _USER9
鎌田大地、わずか1年でフランクフルト退団の可能性が浮上…地元メディアでは「売却候補」に
5/25(金) 18:23配信 GOAL
no title


フランクフルトに所属するMF鎌田大地は1シーズンで同クラブを去ることになるのだろうか。地元メディア『ヘッセンシャウ』は、放出候補の1人として伝えている。

昨夏サガン鳥栖から日本代表MF長谷部誠がプレーするフランクフルトに渡った鎌田。新天地ではプレシーズンマッチでゴールを決めるなど順調な出だしを見せ、ニコ・コバチ監督もその技術やポジショニングを褒め称えていた。

しかし、シーズン開幕戦では先発起用されるも、フィジカル面の課題が指摘され、前半戦は公式戦4試合の出場にとどまることに。さらに昨年12月以降は一度もメンバー入りを果たせなかった。

フランクフルトは、バイエルン・ミュンヘン行きが決まっているコバチ監督の後任としてヤングボーイズからアディ・ヒュッター監督を迎える。だが、新体制の下にも鎌田の居場所はないという。

『ヘッセンシャウ』は、鎌田はDFタレブ・タワタ、FWダニー・ブルム、ブラニミル・フルゴタと同様、新シーズンに向けて放出されると予想。この4人は「売却候補」として伝えられている。

フランクフルトはバイエルンに勝利し30年ぶりにDFBポカール制覇を達成。来季のヨーロッパリーグ出場が決定したため、冬季中断期まで26試合を戦うことになる。だが、地元メディア曰く、選手層を厚くする必要があったとしても鎌田らは構想に含まれていないようだ。

【動画】長谷部誠“神ディフェンス”フランクフルトの優勝に貢献!! 

1   2018/05/20(日) 05:39:59.43 _USER9
DFBポカール決勝が19日に行われ、バイエルンとフランクフルトが対戦した。フランクフルトの日本代表MF長谷部誠はアンカーの位置で先発出場し、MF鎌田大地はメンバー外。なお、長谷部は、ひじ打ちで出場停止処分を受けていたため、公式戦4試合ぶりの出場となった。

 2年ぶりの優勝を狙うバイエルンは、シーズン途中に復帰したユップ・ハインケス監督のラストマッチ。チームを見事に立て直し、ブンデスリーガ6連覇に導いた指揮官を、2冠達成の花道で送り出したいところ。一方のフランクフルトも、ニコ・コヴァチ監督がバイエルンの次期監督に決まっており、これが最後の試合。指揮官を引き抜いた相手を倒しての30年ぶりの大会制覇を目指す。

 バイエルンは開始8分、エリア手前のFKでロベルト・レヴァンドフスキが直接狙うが、強烈なシュートはクロスバーに嫌われた。難を逃れたフランクフルトは11分、アンテ・レビッチが敵陣でハメス・ロドリゲスからボールをカットすると、こぼれ球を拾ったケヴィン・プリンス・ボアテングが素早く前線へスルーパス。そのまま走り上がったレビッチがシュートをゴール左隅に決めて、先制点を奪った。

 先制を許したバイエルンは25分、レヴァンドフスキがエリア内左に抜け出してシュートを放ったが、これは枠を捉えられず。フランクフルトは44分、マリウス・ヴォルフがヘディングシュートで追加点を狙うが、これは枠の左に外れた。

 試合が再び動いたのは後半の53分。ジョシュア・キミッヒがニクラス・ズーレのスルーパスでエリア内右に抜け出し、マイナスに折り返す。これに反応した中央のレヴァンドフスキがゴール右隅に流し込み、バイエルンが同点に追い付いた。

 その後も攻勢を続けるバイエルンは69分、キミッヒの鋭いグラウンダークロスを、エリア内中央に走り込んだコランタン・トリソがフリーで受けるが、ここは長谷部の懸命のスライディングに阻まれる。80分にはCKでマッツ・フンメルスがヘディングシュートを放ったが、これもクロスバーに直撃した。

 一方のフランクフルトはカウンターで相手ゴールを狙う。80分にはボアテングのスルーパスでレビッチが抜け出し、エリア手前からミドルシュートを打つが、わずかに枠の右に外れる。すると直後の82分には、ダニー・ダ・コスタのクリアボールに、レビッチが反応。一気にエリア内へ抜け出し、GKとの1対1で冷静に右足シュートを沈めた。バイエルンはハンドを主張したが、ビデオ判定の結果、ゴールが認められ、フランクフルトが勝ち越しに成功した。

 さらにフランクフルトは終了間際、相手CKのこぼれ球を拾ったミヤト・ガチノヴィッチが独走で持ち上がり、無人のゴールに流し込んで勝負あり。フランクフルトが3-1でバイエルンを破り、30年ぶり5度目の優勝で、さらに来シーズンのヨーロッパリーグ本戦出場権も獲得した。なお、長谷部はフル出場で勝利に貢献し、ヴォルスブルク時代にリーグ優勝をした2008-09シーズン以来、9年ぶりのタイトル獲得となった。

【スコア】
バイエルン 1-3 フランクフルト

【得点者】
0-1 11分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-1 53分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
1-2 82分 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
1-3 90+6分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

サッカーキング 5/20(日) 5:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00760861-soccerk-socc

写真
no title

《レッドカード・長谷部》出場停止4試合の処分により今シーズン終了!! 

1   2018/04/24(火) 20:20:48.47 _USER9
フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。

フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

今回の処分により、3試合を残して今シーズンの公式戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。

4/24(火) 20:07配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00747815-soccerk-socc

写真
no title

長谷部フル出場 PO第1戦はドロー 先制許すもガチノヴィッチのゴールで追いつく! 

1: 名無しさん 2016/05/20(金) 07:31:13.40 ID:CAP_USER9
SOCCER KING 5月20日(金)5時21分配信

ニュルンベルク戦に臨んだ長谷部(中央) [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ残留昇格プレーオフファーストレグが行われ、日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトとニュルンベルクが対戦した。長谷部は中盤でスタメン出場を果たしている。

 14日に行われたブンデスリーガ最終節でブレーメンに敗れたフランクフルト。この結果16位に順位を落とし、プレーオフに回ることとなった。1部残留に向けたファーストレグには、チームトップスコアラーのドイツ人FWアレクサンドル・マイヤーや、スイス代表FWハリス・セフェロヴィッチなどが先発起用された。

 一方、2013-14以来の1部昇格を目指す2部リーグ3位のニュルンベルクは、37歳のドイツ人GKラファエル・シェーファーなどがスタメンに名を連ねた。2試合合計スコアで上回ったチームが、来シーズン1部リーグで戦うこととなる。

 最初にチャンスを迎えたのはフランクフルト。右サイドを駆け上がったティモシー・チャンドラーのクロスにシュテファン・アイグナーが右足で合わせた。しかしこれはGKシェーファーが素早く反応し、ボールを弾いた。

 その後も試合を支配するフランクフルトは41分、左サイドから斜めのパスを受けたセフェロヴィッチが、混戦から右足でミドルシュートを放った。しかしこれは枠の左へわずかに外れる。

 直後の43分、押され気味だったニュルンベルクが先制する。右サイドでFKを獲得すると、セバスティアン・カークが左足で弾道の高いクロスボールを供給。するとこのボールがフランクフルトのマルコ・ルスの右足に当たってコースが変わり、そのままゴールへ吸い込まれた。このままニュルンベルクリードでハーフタイムを迎える。

 1点を追うフランクフルトだが、後半に入ってもチャンスを作れない時間が続く。

 それでも65分、フランクフルトが同点に追いつく。チャンドラーからのクロスボールをエリア内でミヤト・ガチノヴィッチがDFを背負いながらトラップ。そのまま反転し、右足を振りぬくと、ボールはゴール左隅へ突き刺さった。

 さらに77分、フランクフルトはショートコーナーからマルク・シュテンデラがクロス。これにファーサイドでフリーになったガチノヴィッチが頭で合わせるが、GKシェーファーが何とかセーブし、チームを救った。

 83分には、ゴール前で長谷部が倒されFKを獲得する。このチャンスでシャボルツ・フシュティがキッカーを務めるが、シュートは枠をとらえることができなかった。

 結局、試合はこのままタイムアップ。フランクフルトが攻め込むシーンを多く作ったが、ファーストレグは1-1のドロー決着となった。なお、長谷部は試合終了までプレーした。セカンドレグは23日にニュルンベルクのホーム、グルンディッヒ・シュタディオンで行われる。

【スコア】
フランクフルト 1-1 ニュルンベルク

0-1 43分 オウンゴール(マルコ・ルス)(ニュルンベルク)
1-1 65分 ミヤト・ガチノヴィッチ(フランクフルト)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00444691-soccerk-socc
no title

【フランクフルト×ドルトムト試合結果】ドルトムント、ボールを支配するも得点を奪えず1-0敗戦!!長谷部アシスト![全ゴール動画有] 


ブンデスリーガ 2015/2016 第33節
フランクフルト 1-0 ドルトムント

■ 得点:
1-0 シュテファン・アイグナー(前半14分)

▽キックオフ:2016/05/07(土) 15:30 │ 日本時間 05/07(土) 22:30
▽スタジアム:Commerzbank-Arena(Frankfurt am Main) 
▽主審:D. Siebert ▽副審:J. Seidel、F. Heft

Ch29YVrWUAAhnCt
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【フランクフルト×ドルトムト前半終了】長谷部、先制弾をアシスト!フランクフルト1-0リードで前半終了[全ゴール動画有] 


ブンデスリーガ 2015/2016 第33節
フランクフルト 1-0 ドルトムント

■ 得点:
1-0 シュテファン・アイグナー(前半14分)

▽キックオフ:2016/05/07(土) 15:30 │ 日本時間 05/07(土) 22:30
▽スタジアム:Commerzbank-Arena(Frankfurt am Main) 
▽主審:D. Siebert ▽副審:J. Seidel、F. Heft

Ch29YVrWUAAhnCt
動画がリンク切れする場合があります。ご了承下さい


【速報】フランクフルト×ドルトムント スタメン発表!香川、長谷部共にスタメン! 

★: 名無しさん

Ch1FyF4VIAAWUW9



香川対策か!?フランクフルト監督がドル戦での長谷部ボランチ起用を名言! 

230: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/12(土) 09:30:48.25 ID:jC7xNum9.net


no title

フランクフルト 宇佐美らリストアップ!長谷部は“幹部候補” 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 05:25:23.41 ID:???*.net
日本代表MF長谷部が所属するフランクフルトが、新たな日本人選手の獲得に動いていることが分かった。

6日、ヒュブナー・スポーツディレクター(SD)が「チーフスカウトが8日前に日本に行ってJリーグの試合を見た。
獲得を考えている選手が2、3人いる」と明言。具体的な選手名は避けたが、視察時期は10月31日のナビスコ杯決勝と重なっており、
G大阪FW宇佐美、鹿島MF柴崎ら代表クラスの若手をリストアップしたものとみられる。

ヒュブナーSDは「長谷部はもう1人のスカウト。興味を持った(日本人)選手について意見を聞いている」とその評価を重視していると説明。
さらに長谷部について「模範的な選手でクラブの誰からも愛されている。
現役が終わった後もクラブと関係を持てないか考えている」と引退後は“幹部候補”として検討していることを明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000140-spnannex-socc
スポニチアネックス 11月8日(日)5時1分配信

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151107-00000140-spnannex-socc.view-000
フランクフルトは新たな日本人選手の獲得で宇佐美(右)らをリストアップ。現在所属する長谷部は“幹部候補”となっている

【ドルトムント×フランクフルト試合結果】香川の2戦連続ゴールなどでドル快勝!香川、長谷部はフル出場、乾は途中出場[全ゴール動画有] 

★: 名無しのSamurai

ブンデスリーガ 2014/2015 第30節
ドルトムント 2-0 フランクフルト

■ 得点:オーバメヤン(前半24分)香川真司(前半32分)
警告:キッテル(前半25分)ベンダー(前半27分)ムヒタルヤン(前半42分)ザンブラーノ(前半42分)パパスタソプーロス(後半1分)マドルンク(後半13分)
退場:

▽キックオフ:2015/04/25(土) 15:30 │ 日本時間 04/25(土) 22:30
▽スタジアム:シグナル・イドゥナ・パーク(Dortmund) 
▽主審:M. Weiner ▽副審:N. Grudzinski、H. Henschel

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627245
http://www.sanspo.com/soccer/europe/germany/2014_2015/25093/game/20150425/7724/com/detail.html

CDcKtdxW0AAFbai




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索