Samurai Goal

フラメンゴ


スポンサード リンク





「その痛みは想像しがたい」フラメンゴDFが股間を踏まれて涙の退場。メディアも哀れむ“悲劇” 股間が血で染まる 

qem6X10m




1: 2020/10/20(火) 06:18:08.63 _USER9
接触プレーで起きた悲劇

激しく火花を散らすバトルのなかで起きた“悲劇”が話題を集めている。

 事の発端となったのは、現地時間10月18日に行なわれたブラジル全国選手権の第17節、コリンチャンス対フラメンゴの一戦で起きたアクシデントだ。

フラメンゴが先制して迎えた35分だった。接触プレーで股間を踏まれてピッチに倒れたフラメンゴのブラジル人DFグスタボ・エンリケがベンチへ交代を訴えたのだが、その股間が血で染まっていたのだ。

 自力で立ち上がり、ロッカールームへと去っていったグスタボ。
試合後にフラメンゴは「彼は睾丸に裂傷を負った」と声明を出したが、自らの股下の“惨状”と痛みから涙を流していた去り際は、まさに目も当てられない痛々しい状態であった。

 27歳のブラジル人DFを襲った悲劇に各国メディアからも同情の声が上がっている。ブラジルのあらゆるスポーツ情報を発信しているポータルサイト『UOL』は、「グスタボはトラウマになる苦しみを味わった」とレポートした。

「フラメンゴのDFの白いパンツは真っ赤に染まり、彼は退場するしかなかった。その汚れたユニホームが彼の痛みと苦しみを表している」

 また、ペルー紙『Libero』は、「ブラジル人が悲痛な怪我を負った」と痛々しい状態をエモーショナルに説明した。

「グスタボは激しいプレーからあまりの痛みを伴う怪我を負った。彼は相手に睾丸を踏まれ、涙ながらにピッチを去った。その時の感情は、説明のしようがなく、想像しがたいものだ。自力で歩いた彼の逞しさを称えるべきだろう」

 フラメンゴの発表によれば、今週中に再検査を受けるというグスタボ。彼が再びピッチに戻ってくることを願うばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f03b3f2beaee246e70ea48ac61c6d564a09e06c0
10/20(火) 6:09配信

南米王者フラメンゴ指揮官から新型コロナ陽性…クラブは活動停止発表 

20200317-00010008-goal-000-1-view




1: 2020/03/17(火) 12:13:09.51
フラメンゴのジョルジェ・ジェズス監督が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

【随時更新】新型コロナ関連まとめ|各国の状況・対応

現在、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。その影響は南米大陸にも及び、徐々に被害を広げている。フットボール界では、欧州のほとんどのリーグ戦で延期が決まり、南米サッカー連盟も3月のワールドカップ予選の中止を発表。ブラジルサッカー連盟も主催大会の中断を決定していた。

そんななか16日、昨年にコパ・リベルタドーレスとブラジル・セリエA制覇、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝にフラメンゴを導いたジェズス監督から新型コロナウイルスの“弱い陽性反応、もしくは不確定の結果”が検出されたことをクラブが発表。確定的な診断を下すために2度目の検査を行っているようだ。

一方のジェズス監督は、自身の『Instagram』で「陽性が出たことは事実で、私の調子が何も変わらないことも事実だ。この1カ月、1年や2年、3年前と今日の体調はまったく同じだ。症状はないが、検査結果は陽性だ。ただし、これから隔離されることになる。1週間か2週間かわからないが、神の許しがあれば、いつも通りに戻れるだろう」と自身の状態について綴った。

なお、指揮官から陽性反応が出たことを受け、フラメンゴのファーストチームとユースチームはトレーニングを1週間にわたり中止。また、同日にリオデジャネイロ州選手権は15日間の中断を発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00010008-goal-socc

レアルマドリーの新たな宝石、U-23ブラジル代表ヘイニエル(18)が入団会見「クラブの歴史の一部になりたい」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/20(木) 06:46:13.42 ID:GA/EdYpR9
レアル・マドリーは18日、フラメンゴから獲得したU-23ブラジル代表MFヘイニエル(18)のお披露目会見を実施した。クラブ公式サイトが伝えている。


先月20日に3500万ユーロ(約41億6000万円)と言われる移籍金でマドリー入りが発表されたブラジルの新たな宝石は、東京オリンピックの南米予選で無事に出場権を獲得し、今回の入団会見に臨むことになった。

フロレンティーノ・ペレス会長と共に契約書にサインしたヘイニエルは、貴賓席で入団会見を実施。さらに、サンティアゴ・ベルナベウのピッチ上ではエルブランコの新たなユニフォームを身にまとい、恒例のリフティングではさすがのテクニックを披露した。

テレビゲームで常に選んでいた憧れのチームへの加入を果たした18歳は、「このクラブの歴史の一部になりたい」と、新天地での意気込みを語った。

「みなさん、こんにちは。今日は子供の頃の夢を叶えた一日であり、僕にとってすごく幸せな日だ。会長、クラブ幹部の方々、またいつも僕のそばにいてくれた家族に感謝しているよ。彼らなしにここまでやって来ることはできなかったのだからね」

「このクラブの歴史の一部になりたいと思っているよ。アラ、マドリード!」

2017年にフラメンゴへ加入したヘイニエルは、足元の技術、フィジカル、キック精度を武器にトップ下を主戦場とする生粋のファンタジスタ。次世代のカカとの呼び声も高く、昨季のブラジル・セリエAでは14試合で6ゴール2アシストを記録していた。

なお、ヘイニエルはヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスら同胞の先達と同様に、まずはレアル・マドリー・カスティージャでプレーすることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200219-00370425-usoccer-socc
2/19(水) 18:15配信

no title

https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2020/01/GettyImages-1200633737-e1579766664460.jpg
https://www.realmadrid.com/img/galeria-marca/47437720942_c02a5f75a0_o_20200120045846.jpg

J1復帰の柏、MFマテウス・サヴィオが完全移籍に移行!今季夏にレンタル加入で7発 19試合7得点3アシスト  

20191221-00010015-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/21(土) 15:02:58.20 ID:PcLT7roR9
柏レイソルは21日、今季ブラジルのフラメンゴより期限付き移籍で加入していたMFマテウス・サヴィオが、完全移籍に移行することを発表した。

 ブラジル出身のM・サヴィオは1997年生まれの22歳。7月に柏へ期限付き移籍で加入すると、明治安田生命J2リーグで19試合に出場し、7ゴールをマーク。柏のJ1復帰に大きく貢献した。

 柏は20日にサガン鳥栖からDF高橋祐治、ジュビロ磐田からDF大南拓磨を獲得。来季J1復帰に向けて着実な補強を進めている

12/21(土) 14:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191221-00010015-goal-socc

リバプールがクラブ世界一🏆に! 南米王者フラメンゴを延長戦の末1-0で下す  

no title



1: 豆次郎 ★ 2019/12/22(日) 05:09:07.13 ID:PBpcweyz9
FIFAクラブワールドカップ
決勝

リバプール 1-0 フラメンゴ

フラメンゴ、ジーコ以来38年ぶりの世界制覇へ前進! アジア王者に大苦戦も地力を見せつけて逆転勝利  

20191218-00067883-sdigestw-000-4-view[1]




1: 幻の右 ★ 2019/12/18(水) 04:51:26.06 ID:qo+1xIui9
後半に豹変した南米王者

 現地時間12月17日、カタールで行なわれているクラブワールドカップの準々決勝が開催され、南米王者のフラメンゴ(ブラジル)とアジア王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)が対戦した。

 試合は戦前の下馬評を覆す展開でスタートする。アジア王者が、ACLの決勝で浦和レッズを翻弄したサイドアタックから均衡を破るのだ。18分、右サイドを攻め上がったアル・ブライクが絶妙なクロスをマイナスに供給すると、アル・ドーサリが豪快な一撃を突き刺したのである。

 先手を取ったアル・ヒラルは、その後も積極果敢なフォアチェックを徹底し続けては、鋭いカウンターを展開して、南米王者を大いに苦しめる。

 反撃に出たいフラメンゴだったが、アル・ヒラルのアグレッシブなスタンスに苦戦が続き、スタメン11人のうち9人が国内リーグのベストイレブンに選出された実力派揃いのスカッドが鳴りを潜め、頼みのブラジル代表FWガブリエウも存在感が希薄なまま、完全に抑え込まれてしまう。

 結局、前半はフラメンゴがビッグチャンスを創出できないまま、アル・ヒラルが1点をリードして終了した。

 迎えた後半、前半に劣勢に立たされたフラメンゴが鮮やかなパスワークから、あっさりと同点弾を奪う。

 49分、ガブリエウのスルーパスをエリア内で受けたB・エンリケが中央へ折り返すと、これをフリーとなっていたデ・アラスカエタが冷静に沈めた。

 ようやく本来の攻撃の形を見せ、なおも攻勢を強めたフラメンゴは、51分にガブリエウが惜しいシュートを放つなど、前半と打って変わっておもしろいようにチャンスを創出していった。

 相手の攻勢を前に、やや押し込まれたアル・ヒラルだったが、守備は大きく乱れず。受け身になっても冷静沈着に対応し続けた。

 その後は一進一退の攻防戦が続いたなかで、次点をもぎ取ったのは、地力に勝る南米王者だった。78分、右サイドをオーバーラップしたラフィーニャがピンポイントのクロスを蹴り込むと、B・エンリケがドンピシャのヘディングで合わせてゴールをこじ開けた。

 ようやく逆転に成功したフラメンゴは、緊張の糸が切れたアル・ヒラルからトドメの一点を奪う。82分にB・エンリケのクロスが相手DFアル・ブライヒに当たってゴールに吸い込まれたのだ。

 何とか食い下がりたいアル・ヒラルだったが、3点目を失った直後の83分にペルー代表FWのカリージョが相手にレイトタックルを見舞って一発退場を命じられ、万事休すとなった。

 序盤戦に苦しめられながらも、見事な修正力を見せ、ジーコを擁した1981年のトヨタカップ優勝以来、38年ぶりの世界制覇に向けて、歩を進めたフラメンゴは、現地時間12月21日にモンテレイとリバプールの勝者と対戦する決勝へ進出した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

12/18(水) 4:23
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-00067883-sdigestw-socc

アル・ヒラルがアフリカ王者破り駒を進める…準々決勝でフラメンゴと対戦  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/15(日) 01:02:32.35 ID:haG4cTXE9
SOCCER KING12/15(日) 1:00配信
アル・ヒラルがアフリカ王者破り駒を進める…準々決勝でフラメンゴと対戦

 FIFAクラブワールドカップ準々決勝が14日に行われ、アフリカ王者のエスペランス(チュニジア)と、AFCチャンピオンズリーグ決勝で浦和レッズを破ってアジア王者となったアル・ヒラル(サウジ・アラビア)が対戦した。

 前半はアル・ヒラルがボールを支配して試合が進む。しかし、エスペランスのGKモエズ・ベン・シェリフィアの好セーブなどでなかなか得点は生まれない。

 スコアレスのまま後半を迎えると、57分にアル・ヒラルのDFがクリアしたボールが危うくゴールの方向へ。なんとかGKアブドゥラー・アル・マイウフが掻き出してアル・ヒラルは難を逃れる。

 すると73分、アル・ヒラルがついに均衡を破る。バフェティンビ・ゴミスが巧みなボールコントロールでDFを交わすと、右足でゴール左に突き刺し先制に成功した。

 アル・ヒラルは85分にモハメド・カンノが2枚目のイエローカードを受けて退場。10人での戦いを強いられることとなった。それでも1点を守り切ったアル・ヒラルが勝利。準決勝へと駒を進めた。

 アル・ヒラルは準決勝で南米王者のフラメンゴと対戦する。試合は日本時間18日午前2時30分にキックオフを迎える。

【スコア】
エスペランス 0-1 アル・ヒラル

【得点者】
0-1 73分 バフェティンビ・ゴミス(アル・ヒラル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-01009331-soccerk-socc
no title

ブラジル国内人気No1はフラメンゴ!国民の20%が支持。2位はコリンチャンス(14%)。3位はサンパウロ(8%)  

20190919-00010002-nikkey-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/20(金) 09:06:13.92 ID:PT4lI/cE9
ブラジルの世論調査ダッタフォーリャによると、ブラジル国民の20%はフラメンゴファン(フラメンギスタ)で、14%はコリンチャンスファン(コリンチアーノ)であることがわかった。
 
 どのサッカーチームを応援しているかに関する調査は、8月末に国内175市在住の2878人を対象に行われた。3位はサンパウロFC(8%)で、4位がパルメイラス(6%)、5位には4%でヴァスコ・ダ・ガマ、クルゼイロ、グレミオが並び、8位タイは3%のインテルナシオナルとサントスFCだった。
 また、「どこのチームも応援していない」と答えた人も全体の22%いた。
 白人限定ではコリンチャンスが16%で、フラメンゴが13%、黒人限定ではフラメンゴが24%で、コリンチャンスは11%、褐色(パルド)ではフラメンゴが23%で、コリンチャンスが4%だった。
 ブラジルを、北部、北東部、中西部、南東部、南部に分けると、リオ州のフラメンゴ、サンパウロ州のコリンチャンスが共に属する南東部ではコリンチャンス18%に対し、フラメンゴが17%で拮抗した。北部、北東部、中西部では、フラメンゴが1位で、コリンチャンスが2位だった。
 南部だけは、南部に属するグレミオが1位。同じく南部に属するインテルナシオナルが2位。コリンチャンスは3位だった。

ホーム平均観客動員も唯一の5万人台

フラメンゴの人気はホームゲームの平均有料入場者数にも表れている。全国選手権全38節の半分にあたる19節までを消化した15日現在の平均観客動員数は、フラメンゴが5万694人で1位。2位のコリンチャンスは3万6621人、3位はサンパウロFCの3万6336人で、4位はパルメイラスの3万2475人だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010002-nikkey-socc

【衝撃】ブラジル“二台巨頭”の公開練習がハンパないww 

page-32

 ブラジルメディア『エスポルチ・インテラチーヴォ』は今月20日、公開練習における入場者数ランキングを発表した。そもそも日本のJリーグクラブは試合前日などを除いて基本的に練習を公開していて、練習後には気軽にサインや写真撮影に応じてくれる。ブラジルは普段から練習を公開しているクラブと公開していないクラブに分かれおり、特に大都市のビッグクラブは非公開のケースが多い。そのため公開練習には多くのサポーターが集結するのだ。

 そのランキングの1位はフラメンゴ、2位はコリンチャンスだった。この両クラブはブラジル全土で圧倒的な人気を誇るいわば“二台巨頭”。人気はもちろんのこと実力も兼ね備えており、ブラジル全国選手権第3節を終了した時点では、このランキングと同様に1位がフラメンゴ、2位がコリンチャンスとなっている。そこで両クラブの公開練習の模様をクラブの公式SNSを引用しながら紹介したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00750343-soccerk-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索