Samurai Goal

フッキ


スポンサード リンク





フッキ、ブラジル復帰決定。アトレチコ・ミネイロが加入を発表 

スクリーンショット 2021-01-30 11.40.59




1: 2021/01/30(土) 10:30:52.07 _USER9
 元ブラジル代表のFWフッキが、ブラジルのアトレチコ・ミネイロに加入することが決まった。現地時間29日、クラブの公式サイトで発表されている。

 かつて日本でも活躍したフッキは、2016年に中国の上海上港に加入。先月8日、契約満了により退団することが発表されていた。


 クラブの発表によると、34歳の同選手は数日中に現地入りし、メディカルチェックを終えた後、2022年までの契約にサインをする予定だ。

 フッキには複数のオファーがあったと言われているが、母国復帰が決まっている。フッキがブラジルのクラブでプレーするのは、2005年2月の川崎フロンターレ加入前以来のこと。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ffcd6237d398d915658d254df49a44f8f69b714f
1/30(土) 8:54配信

https://www.youtube.com/watch?v=dlaCgfyuuxs

フッキ「Jリーグ無理」

「あんたとは終わりだ!」横浜戦で交代指示にブチギレたフッキの“造反”に中国で非難殺到!「日本ですら…」 

スクリーンショット 2020-12-01 14.39.39




1: 2020/12/01(火) 10:06:56.90 _USER9
3日間も練習やミーティングをボイコット

横浜戦では相変わらずのパワフルさで存在感を示したフッキ。だが、チームの和を乱したことで非難の声が上がっている。

 かつてJリーグでも異彩を放ったストライカーの動向が注目を集めている。元ブラジル代表FWのフッキだ。

 現在34歳のフッキは、2005年2月から約3年間に渡って、川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、東京ヴェルディでプレー。その後にポルトへと移籍し、セレソンにも名を刻んだ名手だ。16年6月から上海上港に在籍していたが、契約満了となる今月31日に退団する意向を示していた。

 そうした状況でフッキが見せたある振る舞いが物議を醸している。現地時間11月25日にカタールで開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第6節の横浜F・マリノス戦で、ヴィトール・ペレイラ監督に悪態をついたシーンである。

 68分にリカルド・ロペスとの交代を命じられたフッキはこれに激高。ピッチサイドで握手を求めたポルトガル人監督に「あんたとはこれで終わりだ!」と言い放って、そのままロッカールームへと下がっていったのだ。

 これがキッカケとなり、フッキとチームの間には大きな亀裂が生じているようだ。中国メディア『Titan』によれば、怒りの収まらない元セレソン戦士は3日間にわたって練習とミーティングへの参加をボイコット。夕食時にしかチームメイトと顔を合わさない「非常に危険な状態にあった」という。

 同メディアは、11月30日に行なわれた練習でフッキがようやく合流したと報道。ペレイラ監督との確執も「解けている」としながら、「フッキの招いた狂気がチームに悪影響を及ぼした」と伝えている。

「フッキとの騒動の後に大きな批判にさらされたクラブは横浜に2-1と勝利した。だが、彼らは再び問題に直面している。16強に進出するためにあと一歩のところにいるが、和を乱しかねないフッキを再びプレーさせる責任を負い、そのリスクを犯すのか。ペレイラは決断を下さなければならない」

 また、『Titan』によれば、中国版ツイッターとして知られる『微博(ウェイボー)』では、「フッキを再びプレーさせることに反対する声が渦巻いている」とし、コメントの一部を紹介している。

「どんな偉業を成し遂げようとも、クラブ以上の存在はない」
「悪質なリーダー」
「いつしかフッキは傲慢になってしまった」
「厳しく罰するべき。中国で稼ぎ過ぎておかしくなった」
「彼は権威を持ち過ぎた。監督を脅すのも楽なこと」
「鍛えすぎた年寄りだ」
「このワガママなベテランを誰が欲しいの?」
「もう日本に行くことすらできない」

 今年いっぱいでの退団を発表した際には、自身のSNSで「中国サッカー界に対し、誇りや愛情、感謝、リスペクトの気持ちを表わしたい」と綴っていたフッキだが、ファンに愛想をつかされての喧嘩別れは避けられなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/90444a9e3744d8a41a1d507aef6cbf1387ec6a89
12/1(火) 5:40配信

https://www.youtube.com/watch?v=dlaCgfyuuxs

フッキ「Jリーグ無理」

ACL第4節 横浜FMも今大会初黒星…フッキ不在の上海上港を崩せず、クラブ史上初のGL突破決定お預け 

スクリーンショット 2020-11-29 6.35.29




1: 2020/11/28(土) 23:57:42.46 _USER9
[11.28 ACLグループH第4節 横浜FM1-2上海上港 アルジャノブ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は28日、第4節を行い、横浜F・マリノスが上海上港(中国)に1-2で敗れた。同日のヴィッセル神戸に続いて今大会初黒星で、今節でクラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めることはできなかった。12月1日の次節ではグループ3位の全北現代(韓国)と対戦する。

 コロナ禍による中断期間を経て、カタール・ドーハでのセントラル開催で9か月ぶりの再開を迎えたACL。ここまで3連勝し引き分け以上でグループ突破の決まる横浜FMは、再開初戦となった25日の第3節上海上港戦(○1-0)から、GKオビ・パウエル・オビンナ、DF和田拓也、FW前田大然を除く先発8人を入れ替えて臨んだ。

 対する上海上港は前節の途中交代時にベンチに戻らず、ロッカールームに直行していた元ブラジル代表のFWフッキがベンチ外。前節でPKをオビに止められたMFオスカル、豪州代表のMFアーロン・ムーイもベンチに控える中、中国人選手主体で試合に入った。

 ところが、先に試合を動かしたのは上海上港だった。前半14分、左コーナーキックを起点とした攻撃から左サイドをFWチェン・ビンビンが駆け上がると、左足で高速クロスを供給。これがピンポイントでファーサイドに届き、MFカイ・フイカンが強烈なヘディングシュートを突き刺した。

 それでも横浜FMはここから反撃に出た。失点直後のセットプレーで相手を押し込むと、前半21分に早くも同点ゴール。MF喜田拓也が右サイドに展開し、DF松原健の相手最終ラインのギャップを突いたスルーパスにFW仲川輝人が抜け出すと、グラウンダークロスにFWオナイウ阿道が走り込む。シュートはコースが甘く、相手GKに触れられたが、こぼれたボールがゴールマウスに入った。

 横浜FMはその後、前節で劇的な決勝ゴールを決めたMF天野純が左サイドに開き、仲川のスピードを生かすようなパスを連発。一方の上海上港はセットプレーから力強い攻撃を見せ、次の1点を狙った。それでも両チームともゴールは遠く、1-1のままハーフタイムを迎えた。

 上海上港は後半開始時、一気に3人を交代。オスカル、ムーイ、DFワン・シェンチャオを投入し、攻撃的な采配に出た。すると10分、右サイドでのスローインをFWリカルド・ロペスが収め、背中で相手を制しながらオスカルとのワンツーで最終ラインを突破。最後はオビとの1対1を落ち着いて制し、勝ち越しのゴールを奪った。

 ビハインドとなった横浜FMは後半20分、天野と仲川に代わってMFマルコス・ジュニオールとMF水沼宏太を投入。それでも5バックで守備を固める相手に苦しみ、なかなかチャンスをつくれない。34分には左サイドをドリブルで仕掛けたDF高野遼の折り返しにオナイウがフリーで反応するも、左足ダイレクトシュートは大きく枠外。そのままタイムアップを迎え、決勝トーナメント進出決定はお預けとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e03b4eb7bca3fce310636c73e5e785130e518ed

Jリーグでも活躍した元ブラジル代表FW#フッキが上海上港を退団か 

スクリーンショット 2020-11-13 18.04.52




1: 2020/11/13(金) 14:42:40.08 _USER9
11/13(金) 14:11配信
東スポWeb

 J1川崎や札幌、J2東京Vでも活躍した元ブラジル代表FWフッキ(34)が、現在所属する中国スーパーリーグ・上海上港を今季限りで退団することが濃厚となった。ブラジル紙「グロボ」が報じた。

 フッキは同リーグで100試合出場を達成した後に自身のインスタグラムを更新。「4年半、僕が一緒に仕事をしたクラブの全員に感謝したい。神の恵みがありますように。本当にありがとう」などとつづり、これが事実上、クラブへの別れの言葉と見られている。

フッキは今年末で上海上港との契約が満了。すでに欧州や米国からもオファーが届いているとされている。Jリーグで驚異のパワーとスピードを見せた〝超人〟はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の舞台でも日本勢の壁となって立ちはだかってきたように、日本にとってはなじみの深い選手。新天地がどこになるのか注目される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0bd93e8af0d791f31c347a17b74ea4384fe4d82d

<フッキ>“衝撃の再婚”に前妻が激怒「彼女を生き埋めにするべきだった」 

1: 2020/09/11(金) 23:52:00.30 _USER9
上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキの前妻イラン・アンジェロさんが、フッキの“衝撃の再婚”について言及し、怒りをぶちまけた。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

フッキは12年に渡って連れ添ったイランさんと昨年7月に離婚し、今年3月に再婚を発表した。衝撃的だったのは、再婚相手が前妻イランさんの姪にあたるカミラ・アンジェロさんだったこと。
離婚からわずか3か月後の昨年10月から交際をスタートさせていたことが明らかになった。

フッキは交際当初にカミラさんの両親や兄弟に電話で報告し、了承を得たと報じられていた。しかし、前妻イランさんがこの件について沈黙を破った。怒りの矛先は娘のように愛していたという姪に向けられ、『レコード』に胸の内を語っている。

「何が起こったのか理解できない。強い苦痛を感じたし、心が折れそうになる」
「あの子は私にとって娘のような存在だった。私はあの子にすべてを捧げて、彼女の夢を叶えるために自分の夢の一部を諦めた」
「あの子は私の弱さや痛み、恐れを知っているはず。彼女を生き埋めにするべきだったとすら感じる」

一方、フッキはインスタライブを行い、「イランと離婚した理由はカミラじゃない。結婚していた時にカミラと関係はなかった」と主張。

「あの結婚生活は幸せじゃなかった。その理由はいくらでもある。結婚生活の全てはイランへの裏切りに費やしたし、独身の生活をしていた感覚だ。
彼女は“フッキの嫁”というステータスを得たかっただけだということはよく分かっている」と前妻への不満をぶちまけた。

イランさんとの間には3人の子どもがいるが、フッキは「付き合って一か月も経たないうちに彼女が妊娠して、『問題ない』と言ったが、あの結婚に愛情や情熱は一切なかった。
彼女が妊娠したのはアクシデントで、男として責任を取っただけだ」と強調。「イラン、君はメディアが好きで、ブロガーになりたくて、カミラが裏切ったなんて嘘をついている。あまりにも聞くに堪えないからここに来た」などと訴えていた。

9/11(金) 20:53配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a30c13e185880171feca4efb83cb6e1894c9587

写真
no title

J電撃復帰は!? フッキが今季限りでの上海上港退団を決断「これ以上に中国でプレーはしたくない…」 

Soccerking_1012606_cd5e

フッキが上海上港と契約更新せず「もう中国ではやりたくない」「お金は優先事項ではない」 

20200715-00380839-footballc-000-4-view

Jリーグで育ったブラジル代表。 フッキが日本で最も悩まされたことは? 

20200527-00894830-sportiva-000-5-view

「フッキは馬鹿げていた…」元ポルトガル代表MFが日本からきた“怪物”を回想「サッカーを分かってなかった」 

1: 2020/04/29(水) 20:54:33.09
最初の練習で見せたフッキのプレーは…

Jリーグで異彩を放った助っ人外国人たちは枚挙に暇がない。そのなかでも記録よりも記憶に残るストライカーとして、
ファンに巨大なインパクトを残したのが、かつて川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌、東京ヴェルディを渡り歩いたフッキだ。

鍛え上げた筋骨隆々な肉体を武器にしたパワフルかつアグレッシブなプレーで、
2005年からおよそ3年間に渡ってJリーグを沸かせたスターは、その才能を買われ、08年7月にポルトガルの強豪ポルトへステップアップしていった。

だが、欧州へ渡った当初の彼は粗削りで、チームメイトからも驚かれていたようだ。
現地時間4月28日にポルトの公式メディア『Porto TV』で、元ポルトガル代表MFのラウール・メイレレスが語っている。

その当時、ポルトのレギュラー格だったメイレレス。ポルトガル代表にも名を連ねていた名手にとって、東京Vからやってきたフッキは「驚きのあった選手だった」という。

「ポルトに加入してきた選手の中には、『何しに来たんだ』って思ったヤツもいたよ。

とくに驚きがあったのはフッキだね。あいつは馬鹿げていた」

メイレレスは、練習時のエピソードを面白おかしく振り返ってもいる。

「ポルトでの最初のトレーニングで、フッキは自分が何をすればいいのか、サッカーが何なのかをまるで分かっていなかったんだ。

とにかくボールを受けたらターンして突き進むのみ。あとはボールを蹴り飛ばすだけだったな」

その後、欧州でも指折りの名門で、粗削りなプレーが洗練されていったフッキ。
09年の9月にブラジル代表に選出され、同年11月のイングランド戦でデビューを飾り、瞬く間に飛躍していった。

フッキの他にもラダメル・ファルカオ(コロンビア代表FW)やルイス・ゴンサレス(元アルゼンチン代表MF)といった後のスターたちの欧州初挑戦の場に居合わせたメイレレスは、彼らとのプレーをこうまとめた。

「ファルカオも加入したばかりの頃は“迷子”だったね(笑)。ルチョ(ルイス・ゴンサレス)やパウロ・アスンソン、フェルナンドも恥ずかしくなるようなことをしていた。
でも、フッキもそうだけど、彼らはやってきた時はシャイだったのに、素晴らしい進化を見せたんだ」

10-11シーズンにはポルトガル・リーグで得点王を獲得するなど活躍したフッキ。1
2年9月から加入したロシアの強豪ゼニトで活躍した後、16年6月からは中国に活躍の場を移している“怪物”は、今後どのようなキャリアを辿るのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00010003-sdigestw-socc
4/29(水) 15:40配信

no title

no title

https://qoly.jp/files/344f9e5c-25a6-4e1b-a4c0-4c9f28fd2118.view

https://www.youtube.com/watch?v=dlaCgfyuuxs


フッキ「Jリーグ無理」

元JリーガーFWフッキが将来的な古巣復帰願望を明かす「僕の心の中にある」 

1: 2020/04/24(金) 23:54:24.43
上海上港の元ブラジル代表FWフッキが、自身の将来について言及した。ポルトガル『レコルド』が伝えている。

かつては北海道コンサドーレ札幌や川崎フロンターレ、東京ヴェルディでプレー。

その後はポルト、ゼニトでプレーし、2016年7月から中国スーパーリーグの上海上港でプレーしている。

中国スーパーリーグでは3シーズン半プレーし、84試合で44ゴール37アシストと驚異的な数字を残しているフッキ。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも26試合で18ゴール12アシストを記録し、その能力の高さを遺憾なく発揮している。

フッキは初めての欧州挑戦となったポルトの公式番組に出演し、いつの日かポルト復帰を望んでいることを明かした。

「たくさんの友情があり、多くの愛情を受けられる場所に戻りたいと思うのは普通のことだ。

ポルトは僕の心の中にあるし、戻ることは夢だよ。それはとても幸せだ。僕は油断せず、前よりも優れているし、素晴らしいプロであることに挑んでいる」

「移籍してきたときは正面から入ってきたし、出ていくときも正面から出て行った。どこに行ってもしっかりと仕事をこなし、クラブの移籍金レコードでゼニトへ行った」

「周囲の人間に不信感を抱いたが、常にピッチの上の結果で打ち勝ってきた。中国でも同じだ。僕たちは初めてのタイトルを勝ち取り、僕は初めてトロフィーを掲げたキャプテンだった。できる限り長くプレーを続けることを望んでいる」

33歳を迎えたフッキと上海上港の契約は2020年までとみられており、その後にポルトガル復帰というプランもありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200424-00373698-usoccer-socc
4/24(金) 18:55配信

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=dlaCgfyuuxs


フッキ「Jリーグ無理」

https://www.youtube.com/watch?v=wVYxs4HHKrQ


長友佑都 Jリーグ 時代 東京ダービー FC東京 vs 東京ヴェルディ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索