Samurai Goal

フェルナンド・トーレス


スポンサード リンク





ビッグネームが次々参戦!口コミが日本行きを後押し?日本ほど安心な国はそうない  

1: 2018/12/08(土) 18:38:09.73 _USER9
no title

(左から)トーレス、ポドルスキ、イニエスタ、ビジャ、ジョー

元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸への移籍が発表された。プレーするのは来季からだが、これで神戸は元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ビジャとワールドカップ優勝経験者を3人擁することになる。

 スペイン代表の最多得点者であるビジャは、バレンシアやバルセロナなどでプレーした後、ニューヨーク・シティFCの契約第1号選手となり、2015~18年まで4シーズンにわたってプレー。124試合で80ゴールと、37歳となった今も得点力は衰えていない。

 神戸の3選手以外にも元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)、元ブラジル代表FWジョー(名古屋グランパス)と立て続けにビッグネームがJリーグに参入している。来季から外国籍選手の登録が無制限(J1の試合出場上限は5人)になることもあり、こうした流れは今後も続きそうだ。

 1993年にJリーグが開幕した頃は、海外から「年金リーグ」と揶揄されていたものだ。元イングランド代表FWギャリー・リネカー(名古屋)、元ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー(ジェフユナイテッド市原/当時)、元アルゼンチン代表FWラモン・ディアス(横浜マリノス/当時)、元ブラジル代表MFジーコ(鹿島アントラーズ)など、すでに第一線を退いたスターたちが集結していたからだ。

 当時のJリーグは好景気で、年俸が高かった。イニエスタについては破格だが、現在は年俸なら中国のほうがJリーグよりもはるかに好待遇である。つまり、かつてとは外国籍選手にとってのJリーグの魅力も違ってきているのだ。

欧州第一線から退いた選手にとって大切なのは、家族が快適に暮らせる環境

 移籍で見逃せないのは「環境」だ。選手が単身赴任で日本に来るわけではなく、大抵は家族も一緒である。あまり表には出ないかもしれないが、奥様方の意向は無視できない。いや、むしろかなりのウエイトを占める。すでにヨーロッパの第一線から退いたスタープレーヤーにとって、お金はそこまで重要ではない。それよりも家族が快適に暮らせる環境が第一と言っていいかもしれない。

 元デンマーク代表MFのミカエル・ラウドルップが1996年に神戸へ移籍してきた時、「一つ階段を下りる」と話していた。ヨーロッパのトップレベルから少し楽にプレーできる場所として、Jリーグを選んでいる。階段を下りるといっても二段も三段も下りるのではなく、ヨーロッパほど厳しくはないが、そこそこのレベルではプレーしたい。過度のプレッシャーからも解放されたい。そういう選手にとって、Jリーグはちょうど良いわけだ。ラウドルップは神戸からオランダのアヤックスに移籍して再びヨーロッパに戻っているが、もう一度階段を上りたいと思う選手はそんなにはいないだろう。

 家族が生活する場として、日本ほど安心して暮らせる国はそうない。オーストラリアは快適そうだがAリーグのレベルが落ちる。中国の年俸は素晴らしいが、家族が住む環境としては微妙だ。そうなると現在は、アメリカか日本かという選択になるわけだ。

 日本は治安も良く、サッカーに対する過度のプレッシャーもない。億万長者のスターにはあまり関係ないかもしれないが、最近は物価も安い。リーグやクラブのオーガナイズもしっかりしている。言葉の問題はあっても、あまりストレスなく暮らせるはずなのだ。

 Jリーグには元々ブラジル人選手が多い。どの国のリーグにもブラジル人は多いのだが、日本とブラジルの関係の良さもあるのだろう。さらにスーパースターのジーコが、かつてプレーした国というイメージもある。そうしたなかで、意外と馬鹿にできないのが「口コミ」なのだ。

つづく

12/8(土) 18:30 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/152887

相対して初めてわかる凄み…F・トーレスとのマッチアップに昌子源「ちょっとヤバいなと」 

GettyImages-685574828-800x533




1: 2018/12/01(土) 22:22:54.73 _USER9
明治安田生命J1リーグ最終節が1日に開催された。鹿島アントラーズはサガン鳥栖と県立カシマサッカースタジアムで対戦し、0-0の引き分けに終わった。試合後、鹿島の日本代表DF昌子源がコメントを残している。

AFCチャンピオンズリーグ出場権を争う鹿島と、残留に向けて気が抜けない鳥栖の対戦。試合は、ゴールレスドローで終了し、両者が最低限の目的を達成した。

試合後、鳥栖戦を振り返った昌子は「難しい試合になりました。最初は鳥栖さんの勢いっていうのもありましたし、自分たちのサッカーが思う通りにいかなかった。途中から、なんとなく鳥栖さんが0-0を狙ってる雰囲気もありました。それでちょっとまた難しい展開になってしまったかな」と、それぞれ大事なものが懸かる中で生み出された独特の緊迫感を口にした。

この試合では、フェルナンド・トーレスと相対した昌子。経験豊富な元スペイン代表FWの印象については、「正直、顔が小さいし、そんなガッチリしている印象はなかったんですが、ファーストプレーで後ろからアプローチに行った時に強くて、『これ、ちょっとヤバいな』と思いましたね。

くさびのボールがずっと見えなかった。『あ、これちょっと違うな』という感じを2回目ぐらいのコンタクトで気づきました。そこから自分も、わざとトラップさせたりとか、(間合いなど)工夫を考えました」と語り、競り合って初めてわかる圧力があったと強調した。

そんな中でも、「もちろん全盛期に比べたらスピードとか落ちてるかもしれないですけど、ああいう体を当ててくるタイミングとかは、やっぱりすごかった。本当に楽しかった」と。強敵相手との好勝負を楽しんだ様子だった昌子。

「優勝逃したことも、もちろん悔しいですし、今日勝てなかったっていうのが僕の中では一番悔しかった」と語る男は、「次、浦和戦もすぐにホームでの試合が来る。実質次が最後のホーム最終戦。本気で21冠を取ろうとしてるのかっていうところに、自分たちにもう一度問いかけるべき」と5日に同会場で行われる天皇杯準決勝の浦和レッズ戦に向けて気を引き締めていた。

12/1(土) 20:56配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010034-goal-socc

<F・トーレス(サガン鳥栖)の告白!>「残留争いは人生で初めての経験だ」 

20180812_Fernando-Torres-1




1: 2018/11/30(金) 12:56:58.31 _USER9
11月24日、ベストアメニティスタジアム。サガン鳥栖はJ1残留を争う横浜F・マリノスとの一戦を戦っていた。1-1で迎えた78分。ストライカーを象徴する9番を背負ったフェルナンド・トーレスは、大観衆を最高の陶酔に導くゴールを決めている。

 センターバックとして頭角を表す高橋祐治のインターセプトから、前線の金崎夢生がパスを受け、そのボールをトーレスへ。トーレスは相手ディフェンダーに行く手を塞がれたものの、巧みなボールコーントロールによってシュートコースを作り出し、体をたたみ、右足を鋭く一閃した。その動作はしなやかで艶やかだったが、ボールの軌道も美しかった。ボールはゴールのファーサイドに導かれるように入っている。

 結局、このゴールが決勝点になった。負けたら自動降格の危険性もあった一戦。トーレスはその実力と度胸のよさを正念場で見せつけた。

 トーレスはここまでリーグ戦16試合出場で3得点目。入団以来、大きく注目された世界的ストライカーとしては決して満足のできる数字ではない。スペイン代表として欧州王者に輝き、W杯でも頂点に立った選手なのだ。

 この日も後半、決勝点を決める前にはオフサイドの判定に不満を覚え、足もとのボールをゴール裏の看板に向かってぶつけている。フラストレーションを抱えているのは明らかだった。

「いつも穏やかで落ち着いている」

 そう言われるトーレスらしくない取り乱し方だった。その胸中に迫るものは何なのか。

 試合後のミックスゾーンで、トーレスは20人近い記者たちに囲まれていた。英語の通訳を介して、質疑が続いた。ゴールを祝するのは当然だろう。しかし、そこに至る心理状態はどうだったのか。

 スペイン語で直接、質問をぶつけた。

――ゴールするまでの2、3本は、決定的シュートが完全に”当たって”いなかった。あなたのような選手でも、やはりプレッシャーを感じるものなのか?

 日本人の記者の質問に、一瞬、面食らったような表情を彼は浮かべた。日本では、シュートを外そうが入れようが、そこまで厳しい質問は浴びないのだろう。

「残留を争うというのは、自分にとって人生で最初の経験だから」

 彼は少し苦味のある笑みを洩らして言った。世界最高峰の欧州チャンピオンズリーグで優勝を争い、リーガ・エスパニョーラやプレミアリーグ、セリエAで覇権を争ったゴールゲッターの告白だ。

「このプレッシャーの感覚は、新しいものだよ。降格しないように戦うというのは、僕にとっても初めての経験なんだ」

 彼はそう言いながら、すでに余裕を取り戻していた。冷徹に物事を見極められる性格なのだろう。

「でも、そもそも全部のシュートを入れることはできないんだよ。それもフットボールの一部なのさ。(外したシュートも含めて)すべてが、チームを助けることになった重要なゴールにつながっているんだ」

 10月、鳥栖が降格圏の17位に転落すると、イタリア人のマッシモ・フィッカデンティ監督が解任され、U―18を率いていた金明輝監督に交代した。以来、4試合で3勝1引き分けと、その好転は結果に如実に表れている。

つづく

11/30(金) 6:21配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00010000-sportiva-socc

イニエスタとトーレス、Jリーグ公式動画で語り合う「何年も日本に滞在しファンを喜ばせ続けたい」 

iniesta_and_torres_1_line_tw_aflo




1: 2018/11/28(水) 23:38:09.77 _USER9
Jリーグは11月27日、公式サイトとSNSで最新の公式動画を投稿。神戸のアンドレス・イニエスタと
鳥栖のフェルナンド・トーレスが日本や日本サッカーについて語り合う動画を公開している。

スペイン代表でともに一時代を築いたふたりの盟友が、Jリーグの舞台で再会。「Jリーグについて、日本での新生活について、
そして未来について語ります」という内容で、ふたりのクロストークが約4分間にわたって繰り広げられている。

冒頭で軽く挨拶をかわすと、イニエスタは「故郷から遠く離れた日本で一緒になるなんてね。彼とはスペインの育成組織にいたころから親しい友人だから特に感慨深い」
と、トーレスとの日本での再会に特別な感情を抱いていることを吐露。

一方のトーレスは、「アンドレスがJリーグに魅力を感じ、日本に来る決意をしたのは大きかった」と、イニエスタのJリーグ入りが自身の決断にも大きな影響を与えたとしている。

日本での生活について、トーレスは「日本は素晴らしい国で、見どころがたくさんあることを伝えたい。安全かつ穏やかな国で、精神的に充実した暮らしを送れる」と言及。
対してイニエスタは「例えば日本の寿司はバルセロナで食べられるものとは違う。ラーメンも、いろいろ試している」と日本での食生活について語った。

また、自身が今季から戦いの舞台とするJリーグについて、イニエスタは「例えば上位にいる川崎フロンターレやサンフレッチェ広島、浦和レッズや柏レイソル、鹿島アントラーズも同じで、
優秀なプレーヤーが揃っており、しのぎを削っているのがJリーグの魅力だ」と語り、競争力の高いリーグであることを主張。

一方のトーレスは、「日本のサポーターは勝っても負けても声援を送ってくれる。
と、Jリーグのファン・サポーターに好感を抱くとともに、長期の日本滞在を視野に入れる発言もあった。

その他、ふたりはJリーグの未来やサッカー選手としての今後のキャリア、サッカー選手としての自身の使命感について熱く語っている。

2018年11月27日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50801

動画
https://www.youtube.com/watch?v=IQ9nRUTP1PY


鳥栖を救ったF・トーレス「“最後の試合”だと考えて入った」 

20181124-06384211-gekisaka-000-1-view

【J1速報】鳥栖がトーレス弾で逆転! 

20181124-00010004-goal-000-4-view

<小柳ルミ子>イニエスタ対トーレス生観戦のため神戸前乗り「個人的には勿論…」 

iniesta_torres-800x533




1: 2018/11/09(金) 22:48:19.88 _USER9
サッカー通で知られる歌手の小柳ルミ子(66)が9日、公式ブログを更新し、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレス、2度目の激突となるJ1、ヴィッセル神戸-サガン鳥栖戦(10日、ノエビアスタジアム神戸)を観戦するためこの日、神戸に前乗りすることを明かした。

 今季、神戸にイニエスタ、鳥栖にトーレスが加入し、8月22日の天皇杯4回戦で国内初対決が実現。トーレスが来日初ゴールを放ち、3-0で鳥栖が快勝している。

 小柳は「14:00~KOなので前乗りします」と明かし、「仕事ですよぉ~」と付け加えた。

 「元リーガで何度もマッチアップして来たバルサのイニエスタとアトレティコのトーレス そして2人共元スペイン代表 どちらに軍配が上がるか 個人的には勿論 トーレスも良い選手なんだけど彼のウィークポイントは…感情をコントロール出来ず切れやすい所があるから ヴィッセル神戸の選手達よ そこをついてイライラさせればレッドで退場…もあるかも…よ 何度も見て来たから 両チーム共良い試合を見せてほしい!!」と、試合の見どころと期待をつづっている。

 小柳はイニエスタが所属していたバルセロナの熱烈なファン。今年7月22日にはイニエスタの日本デビュー戦を生観戦するため、神戸を訪れている。

11/9(金) 17:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000108-dal-ent

<サガン鳥栖の“主将”トーレス>J1残留争いでの激怒した姿に海外注目!「最も温厚な選手が…」 

1: 2018/11/05(月) 13:01:29.74 _USER9
長崎との大一番でキャプテンマークを巻いたトーレス 判定に不満示すシーンも…

サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、4日に行われたJ1第31節のV・ファーレン長崎戦にキャプテンとして先発出場し、1-0の勝利に貢献した。一方、試合中に苛立ちを露わにした姿に海外メディアが注目している。

 熾烈な残留争いを演じる最下位の長崎をホームに迎えた大一番で、鳥栖は後半15分に生まれたMF原川力のゴールを守り抜き、勝ち点3を獲得。トーレスは左腕にキャプテンマークを巻き、先発フル出場を果たした。

 前線で奮闘するなか、この一戦では普段クールな振る舞いを見せるトーレスには珍しい一面も覗かせた。前半34分にファウルを取られた際には険しい表情で主審に抗議すると、後半26分に今度はトーレスが自陣で転倒させられると怒りを爆発。

ファウルした相手に体をぶつけ、顔を近づけて詰め寄った。その3分後には左サイドから仕掛ける場面でブロックに入った相手選手を手で振り払いファウルの判定。直後に足もとのボールを相手ゴール方向に蹴り出すとイエローカードが提示され、この判定にも不満のジェスチャーを示した。

 苛立ちを露わにしたトーレスについて、海外メディア「Be Soccer」は「トーレスが激怒し、ショッキングなチャレンジを敢行」と伝え、「世界のサッカー界でも最も温厚な選手の一人と見なされているが、Jリーグファンに棘のある一面を見せた」と説明している。

苛立ちを募らせるもチームの勝利に歓喜爆発

 また、フランスメディア「Football365」も「トーレスにとっては悪い日に」と綴ると、スペイン紙「スポルト」は「トーレスが白熱した抗議」と、怒りを爆発させた姿を紹介している。

 トーレス自身はゴールに絡まなかったものの、鳥栖は長崎戦の勝利によって残留圏内の15位に浮上。自身の公式インスタグラムでも「とても重要な勝ち点3」と喜びのメッセージを投稿していた。思うようなプレーができずに苛立ちを募らせたものの、チームの勝利には満足しているようだ。

11/5(月) 11:55配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00145968-soccermzw-socc

写真
no title

F・トーレス(サガン鳥栖)長崎との残留争い直接対決を制し喜び爆発!「権田さんが本当に頑張った」 

1: 2018/11/04(日) 21:57:37.23 _USER9
サガン鳥栖FWフェルナンド・トーレスが、V・ファーレン長崎戦の勝利に喜びを爆発させた。

鳥栖は4日に行われた明治安田生命J1リーグ第31節で最下位・長崎に1-0で完封勝利。2連勝とし、降格圏を脱出した。
この試合でフル出場したF・トーレスは、「厳しい条件にもかかわらず勝ち点3が取れたので本当に嬉しい」と喜んだ。

「試合の前から、今日の試合は絶対勝たなきゃいけないということをみんな分かっていた。今日の試合はファイナル、決勝戦みたいな。頑張ったので嬉しい」

16位vs18位、まさにシックスポインターのゲームでキャプテンマークを巻いたF・トーレス。コーチから主将について聞かれ、他の選手やスタッフのことを考えて「一度は断った」が、最終的にはその重責を担った。
「(主将を務めることは)私にとって本当に嬉しいこと。責任感も持っていましたし、自分にとっての誇り」と振り返った。

試合は原川力の執念が実ったゴールで競り勝つ厳しい一戦だった。F・トーレスは「特にGKの権田さんが本当に頑張ったので、それで試合に勝てた」と、守護神に惜しみない賞賛の言葉を送った。

対戦相手の長崎には同じスペイン出身のファンマが出場していた。F・トーレスは長崎のエースと「日本での生活とか、サッカーのやり方」を会話したという。
その上で「長崎もそうだけど、今降格圏にいるので、お互いに頑張りましょうと」健闘を称え合ったことを明かした。

これで鳥栖は、マッシモ・フィッカデンティ前監督から金明輝監督にバトンタッチして2連勝。元スペイン代表ストライカーは最後に「残り試合全部勝たなきゃいけない。頑張ります」と、闘志を燃やしていた。
鳥栖は次節、F・トーレスと同じく長らくスペイン代表として、名を馳せたアンドレス・イニエスタ擁するヴィッセル神戸と10日にアウェイで対戦する。

11/4(日) 20:27配信 -goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000023-goal-socc

写真
no title


動画
https://www.youtube.com/watch?v=v9TkWSXYs6w



【サッカー】<F・トーレス(サガン鳥栖)>Jリーグで出会った新しいサッカー「日本のサッカーからたくさんのことを学んでいます」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541291260/

キャリア初の残留争いに巻き込まれるトーレス。“神の子”は今何を思うのか? 

20181103-00010001-goal-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索