Samurai Goal

フェライニ


スポンサード リンク





肘打ち乱発の危険な“アフロマン“フェライニがチームメイトに要求!「もっとアグレッシプにならないと!」 

1: 名無しさん 2016/09/12(月) 19:04:10.32 ID:CAP_USER9
激しさが大事だと説く

10日にホームでマンチェスター・シティに敗れたマンチェスター・ユナイテッドは、何が足りなかったのか。この試合でもアレクサンダル・コラロフの歯を折るなど相変わらず激しいプレイをしていたMFマルアン・フェライニは、こうした激しさこそチームに欠けていたものだと考えている。

英『METRO』によると、フェライニはセカンドボールを拾うためにアグレッシプになる必要があったと主張。もっと激しくボールを奪いにいくべきだと語った。

「セカンドボールを拾うためにもっとアグレッシプにならないといけないよ。問題は、それができていなかったということさ。後半には改善されたけどね。前半はアグレッシプじゃなかった。次の試合に集中し、勝たないとね」

フェライニはダーティなプレイヤーとの認識がついてしまっているが、この試合で最も体を張っていたのは間違いない。フェライニはこの試合で空中戦に7度勝利し、インターセプトも7度成功。タックルもチーム最多の5回を記録している。

フェライニがチームメイトに激しさを求めるのは少しばかり面白いが、マンUに欠けていたのはフェライニのような闘志だったのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160912-00010018-theworld-socc
no title

マンU、得点力不足解消の鍵はフェライーニ!ファン・ハール監督「ストライカーとしてプレーできる!」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 17:02:02.15 ID:???*.net
マンチェスター・ユナイテッドは26日、チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ2ndレグで、クラブ・ブルージュと対戦する。
ルイス・ファン・ハール監督は前日会見で、MFマルアン・フェライーニの存在が得点力不足を騒がれているチームの解決策になり得ると述べた。

プレミアリーグ開幕から3試合で2得点、うち1得点はオウンゴールというユナイテッド。

FWウェイン・ルーニーはまだゴールがなく、ストライカーの得点力不足が騒がれている。
バルセロナFWネイマールやバイエルンMFトーマス・ミュラーへの関心が報じられるのも、ユナイテッドのゴール不足が理由かもしれない。

だが、ファン・ハール監督は補強をしなくてもフェライーニが問題を解決できると考えているようだ。
クラブ・ブルージュとの1stレグで、終了間際に貴重な3点目を奪って3-1の勝利に貢献したフェライーニについて、指揮官は次のように語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「彼は9番の位置でも、10番でもプレーできる。6番も8番もできるが、今季はより9番や10番でプレーするだろう。ほかの位置には別の選手たちがいるからだ」

一方、会見に同席したフェライーニ本人は、次のように語った。

「以前に10番や9番の位置でプレーしたことはある。だから、その位置でもプレーできるよ。チームを助けることができるはずだ。
中盤でプレーするのと、ストライカーをやるのは別物だ。でも、僕は自分がプレーできるすべてのポジションを楽しむよ」

また、ファン・ハール監督は1stレグで3-1と勝利しているとはいえ、気を緩めることはできないと強調している。

「我々はまだ予選を突破したわけではない。非常に重要な試合だ。選手たちも簡単にとらえていることはないと思う。
我々は先週と同じ準備をしてきた。彼らのアプローチが先週と違うということはないだろう。
フェライーニのゴールは大きかったね。より自信を持って2ndレグを始められる」

http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=213927&page=0

no title

マンU監督がフェライニの攻撃ポジションでの起用を明言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00997484-gekisaka-socc

スカパー
http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

【画像】フェライニ兄弟が東京のあちこちで出没中!!! 

1: 名無しのSamurai

no title

【画像】来日中のフェライニが寿司屋で記念撮影!フェライニが2人いるんだけどwww 

1: 名無しのSamurai

no title

恩師・モイーズの解任に心を痛めたフェライニ 「涙を流した」 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 13:52:07.86 ID:???*.net
マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、
元監督のデイビッド・モイーズ氏が解任されたときに涙を流したと明かしている。

エヴァートンでモイーズ氏の指導を受けたフェライニは、2013年夏にユナイテッドに加入した。
アレックス・ファーガソン氏の引退でユナイテッドの指揮官に就任した恩師を追ったフェライニだが、
ユナイテッドは低迷し、モイーズ氏はシーズン終了を待たずして解任の憂き目に遭っている。

フェライニは『So Foot』の中で、恩師の解任に心を痛めたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

「彼が去ったときは悲しかった。エヴァートンに敗れた後、僕らはメディアで(モイーズ氏の解任の噂を)耳にしていたんだ。
事実どうか分からなかった。そして次の日、練習場で彼がジャージじゃなく、スーツを着ていたのを見て思ったんだ。終わりだ、とね」

「おかしな感じだったよ。食事をしてから、監督は僕をオフィスに呼んで、(解任を)知らせてきた。これがサッカーなんだ。
泣いたよ。普通のことだ。僕は人間なんだよ。彼と6年仕事をしてきたんだ。彼は2番目の父親というわけじゃない。でも、それに近いものだ。すごく助けてくれた人なんだよ」

モイーズ氏と同じように、フェライニもユナイテッドでの1年目は苦しみ、批判を浴びせられた。

「チームも良いパフォーマンスをしておらず、僕はスケープゴートにされた。すべてがフェライニの責任だったんだ。
そういう(批判の)すべてに気を配ると、沈んでしまう。あらゆる面で壊された」

昨年夏に移籍が取りざたされたフェライニだが、最終的にはルイス・ファン・ハール監督が率いるチームに残った。

「(ファン・ハール)監督が来たときに、難しくなることは分かっていた。昨季の僕はスケープゴートにされていたからね。
でも、言い聞かせたんだ。失うものは何もないとね」

「ワールドカップが終わって、今季の最初に監督と話した。僕のポジションには多くの選手がおり、自分を証明できるかどうかは自分次第だと言われたよ。
でも、何度か練習してから、僕はうまくいくと感じていたんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000007-goal-socc
no title

モイーズ監督がマンUに苦言 昨季のフェライニの不振はフロントの補強ミスが原因? 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 10:32:28.49 ID:???*.net
■昨シーズンの古巣の補強戦略に不満を漏らす

レアル・ソシエダのデイビット・モイーズ監督は今季マンチェスター・ユナイテッドで大活躍しているベルギー代表MFマルアン・フェライニが昨季不振に喘いだ理由を、
チームの補強戦略にあると分析している。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。
 
 2002年から11年間エバートンを率いていたモイーズ監督は、2013年にサー・アレックス・ファーガソン氏の後任としてマンUの監督就任。
序盤から低迷が続き、欧州チャンピオンズリーグ出場権を逃す失態を犯すと、昨年4月にマンチェスターから追い払われる格好となった。

 フェライニも同年の2013年にエバートンから恩師モイーズ監督の希望で、2700万ポンド(約48億円)の移籍金でマンUに移籍。
加入1年目は思うようなパフォーマンスが発揮できず、チーム不振の元凶として批判を集めた。

今季開幕時には放出リストに挙げられていたほどだが、圧倒的なフィジカルの強さを生かし、ルイス・ファン・ハール監督はクロスのターゲット役として重宝。
今季リーグ5得点の活躍で、リーグ3位躍進のキーマンとなっている。

モイーズ監督は、フェライニの獲得をプラス要素にできなかったのは、ユナイテッドのフロント陣に問題があったと不満を漏らした。

「我々は当時、他のプレイヤーたちも獲得したかった。しかし、補強は進展せず、望むような船出にできなかった。
フェライニを確保できたのは唯一の救いだったが、彼を活かすような人員補強ができなかった」

■愛弟子の活躍を誇るモイーズ監督

今季開幕前にファン・ハール監督は270億円の補強費を投じ、ワールドクラスのタレントを一気に補強した。
これがフェライニの覚醒の呼び水になったとモイーズ監督は考えている様子。

その一方で、長年の教え子が名門復活の立役者となっていることに満足感を示している。

「私はフェライニの活躍に驚いてはいない。前々から彼はイングランドに大きなインパクトを残すと思っていたからね。
彼は今でも頻繁に私にメールで相談してくる。私は彼にどうすれば向上するのかを伝えている。彼の姿勢は素晴らしいよ」

 現在でもフェライニと良好な関係を築いているというモイーズ監督は、愛弟子の大活躍をスペインから誇らしげに見守っていた。

http://www.soccermagazine-zone.com/archives/8836
no title

ルーニー 「フェライニは必要以上にスケープゴートにされていた!ポストプレーはおそらく世界一!!」 

1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/15(水) 02:07:34.06 ID:???*.net
マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーは、12日のダービーマッチでゴールも決めたMFマルアン・フェライニの活躍を称賛している。

エヴァートンから加入1年目の昨シーズンは活躍を見せられず、高額の移籍金が支払われたこともあって厳しい批判を受けたフェライニ。
ルイス・ファン・ハール監督が就任した今季も苦しいシーズンとなることが予想されたが、徐々に状況が変化してきた。

チームが終盤戦に向けて調子を上げる中、ユナイテッドに欠かせない存在となってきたフェライニは、
マンチェスター・シティとの大一番でもゴールを決めるなど4-2の勝利に貢献。

チームメートをたたえるキャプテンのコメントをクラブ公式サイトが伝えた。

「DFたちにとってはマークするのが大変な選手だ。僕らは後ろからつないでいくプレーを好んでいるけど、相手チームがプレスをかけてくれば、彼という選択肢もあるんだ」

「ボールを落として、僕らがプレッシャーをかわして前に上がれるようにすることに関しては、彼はおそらく世界のサッカー界で最高の選手じゃないかな。
監督のやり方に慣れてきているし、ゴールとパフォーマンスで監督の信頼に応えているよ」

昨シーズンはチーム全体が低迷する中、フェライニは必要以上にスケープゴートにされていたとルーニーは語る。

「今の彼はエヴァートンでやっていたことを見せて、なぜユナイテッドが獲得したのかを証明している。
クオリティーの高い選手だということをピッチ上で見せ始めているんだ」

「彼にとっては大変だったけど、チーム全体が彼をサポートしていた。去年は彼だけが苦戦していたんじゃなく、僕らのほとんどがそうだった。
そのことで彼ばかりが責められていたんだ。監督が彼を信頼したのは良かったね」

GOAL 4月14日(火)21時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150414-00000018-goal-socc
no title

フェライニ「昨季はひどいシーズンをだった。選手の足を地につけさせる監督が必要だったんだ」 

945: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/03/26(木) 18:44:54.56 ID:Hyh/zy2v0.net
フェライニ

昨季のプレミアリーグで7位に終わった名門は、復活を期してファン・ハール監督を招へいした。出だしでつまずいたが、ようやく調子は上がりかけてきたように見える。

その流れをつくり出したのは、やはり指揮官だったとフェライニは考える。イギリス『デイリー・ミラー』に以下のように語った。

「監督はとても厳格だけれれど、良いことだと思うよ。僕らにはこういう監督が必要だった」

「昨季はひどいシーズンをだった。僕らはヨーロッパの大会も逃してしまった。選手の足を地につけさせる監督が必要だったんだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150325-00000017-goal-socc
no title

フェライニ「香川はフィジカルをつける必要はない!あのテクニックを試合で出せば、結果が出ないわけがない」 

543: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/02/09(月) 19:44:39.57 ID:cu/z0R6h0.net
「香川はパワーを補おうとする必要なんてない」

 話が脱線するが、インタビューを進めていくと、フェライニは香川の状況を訊いてきた。

「香川は移籍先で試合に出られているのか? もし僕が何か言えるとしたら、自分の力を信じればいいということだ。パワーを補おうとして、フィジカルをつける必要なんてない。あのテクニックを試合で出せば、結果が出ないわけがない」

 昨季、フェライニは新天地のマンチェスター・ユナイテッドにおいて、香川と同じく不遇の1年をすごした。だからこそかつての同僚の現状が気になるのだろう。

http://number.bunshun.jp/articles/-/822609?page=2
no title


アフロええ奴や

フェライニ「昨季はユナイテッドのスケープゴートにされた」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 17:57:00.61 ID:???*.net
マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、昨シーズン低迷したチームの中で、
スケープゴートとして批判の的にされたと感じている部分もあるようだ。

昨季のチームを率いたデイビッド・モイーズ監督指揮下のエヴァートンで活躍した選手でもあり、
多額の移籍金で加入したこともあって期待の大きかったフェライニ。だがチームが7位と低迷する中、その期待に応えられなかったとして批判を受けた。

昨季のチームの不調のスケープゴートにされたと感じるかどうかとのメディアからの質問に、フェライニは次のように答えた。イギリス複数メディアが同選手のコメントを伝えている。

「それは少しあるだろうね。難しい質問で、答えるのは難しいことだけどね」

「僕は自分自身への自信を失わなかった。サッカーでは意識の強さが必要なんだ。メンタリティーが重要だし、僕にはその力があるから続けていくことができる」

フェライニは家族からの支えが重要だったことを強調するとともに、準々決勝進出を果たしたブラジル・ワールドカップ(W杯)でのベルギー代表としての戦いも自信につながったと述べた。

「監督からは、プレーしたいのなら戦うべきだと言われていた。僕はそのとおりに戦って、必死に練習した。チャンスが得られたときには自分の力を見せて、ベストを尽くそうとしたよ」

「去年は僕にとって難しいシーズンだった。W杯は大きな助けになったね。代表チームの監督や選手たちがすごく助けてくれて、全員にとって素晴らしい経験だったよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00000014-goal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索