Samurai Goal

フェイエノールト


スポンサード リンク





小野伸二は「守備も上手かった」 フェイエノールト元監督が当時の“天才ぶり”を回想 

20200510-00261047-soccermzw-000-1-view




1: 2020/05/10(日) 10:07:06.15
ファン・マルワイク元監督は「信じられないほど良かった」と最大限の賛辞
 元日本代表MF小野伸二(FC琉球)は、日本サッカー界の歴史において指折りの天才として知られている。かつて所属したオランダの名門フェイエノールトでの輝かしいプレーの数々は今もなお鮮明に刻まれているが、当時の監督は「前からの守備も上手かった」と評価している。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」が報じた。

【動画】“天才ぶり”を元指揮官も称賛 MF小野伸二、フェイエノールト時代の「トップ10ゴール」

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、4年目の2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍し、すぐさまスタメンに定着すると2001-02シーズンのUEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。2004-05シーズン以降は故障が増え、06年1月に浦和へ復帰している。

 当時監督だったオランダ人指揮官のベルト・ファン・マルワイク氏が、オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」でファンを魅了し続けた日本のレジェンドについて語った。

「信じられないほど素晴らしかった。彼は誰もが思っていたよりもはるかに良い選手だった。クールなテクニシャンとして記憶されているが、前からの守備も上手かった」

 小野はフェイエノールト入り前の1999年7月、シドニー五輪アジア1次予選フィリピン戦で悪意に満ちたタックルを食らって、左膝靭帯断裂という重傷がその後のキャリアにも大きな影響をもたらした。しかし、オランダでも足首の故障や疲労骨折を経験。2006年のドイツ・ワールドカップ出場を優先し、日本への帰国を決断することになるが、ファン・マルワイク監督は代表活動における「酷使」も要因の一つになったと考えているようだ。

「彼ら(日本代表)は毎回、彼を呼び戻した。時差(7~8時間)や12~13時間のフライトについて指摘するようになった。これは彼のキャリアで長きにわたって怪我に影響をもたらすことになる。この派遣義務がなければ、彼はもっと素晴らしい選手へ進歩を遂げていたと思っている」

 ファン・マルワイク監督はかねてから「シンジは今まで見てきた選手の中で最高の選手」とその才能を高く評価していただけに、世界トッププレーヤーに上り詰める姿を見たかったという思いが強いのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00261047-soccermzw-socc

小野伸二人気はいまだ健在! 蘭メディアがフェイエノールトの“カルトな英雄イレブン”に選出「ファンからも認められ…」 

20200508-00010002-sdigestw-000-1-view

<小野伸二>オランダ紙の“フェイエノールト歴代ベスト11”選出!「ベルベットタッチに…」 

1: 2020/04/06(月) 20:13:11.96
在籍5年間で112試合19得点を記録し、UEFAカップ制覇にも貢献
no title



オランダ1部のフェイエノールトは、リーグ優勝10回、国内カップ戦優勝12回、UEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝1回、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を誇る強豪だ。これまで日本人選手では元日本代表の2人、MF小野伸二(FC琉球)とFW宮市亮(ザンクト・パウリ)が在籍したが、オランダメディアが独自に“歴代ベストイレブン”を選出。天才・小野がオランダの名手たちとともに名を連ねている。

【動画】元日本代表MF小野伸二、オランダ人記者も魅了した魅惑のベルベットタッチ
https://www.football-zone.net/archives/255682/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=255682_6

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、4年目の2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。すぐさまスタメンに定着すると、UEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。2004-05シーズン以降は故障が増え、疲労骨折も経験。06年1月に浦和へ復帰することになった。

 フェイエノールト在籍5シーズンで112試合19得点。数字もさることながら、プレーでも魅せる選手だった。

 オランダ紙「De Gelderlander」は「史上最高のフェイエノールト」というテーマで、これまで所属した選手たちを対象にベストイレブンを選出。2001年からフットボールライターを務めるマーテン・ウィジュフェルス氏は、4-3-3の攻撃的MFに小野を配置した。

「たくさんの選択肢があるが、私のフットボール魂は、世紀の変わり目直後(2001年)のシンジ・オノと彼のベルベットタッチによって息づき始めた。ストライカーの頭に合わせてフリーキックを送る技術、ボールを収めて左右両足でシュートする能力とも素晴らしい。小野がいるところには安心感があった」

 そのほかには元オランダ代表MFジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、3トップにはFWロビン・ファン・ペルシー、FWピエール・ファン・ホーイドンク、“ミスター・フェイエノールト”と呼ばれたFWクーン・ムーラインといったクラブ史に名を残す選手たちが名を連ねており、改めて小野の偉大さを感じさせる選出結果となっている。

4/6(月) 19:30配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200406-00255682-soccermzw-socc

本田圭佑、森保監督に「アドバイス、連絡してほしい」  

20191209-12090019-nksports-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/12/09(月) 01:31:10.23 ID:qPWmHOKN9
日刊スポーツ12/9(月) 0:43配信
<オランダリーグ:フィテッセ0-0フェイエノールト>◇8日◇オランダ・アーネム

【アーネム=エリーヌ・スウェーブルス通信員】フィテッセMF本田圭佑(33)は、ホームでのフェイエノールト戦でベンチスタートになり、0-0の後半35分から途中出場した。


チームを勝利に導くことはできなかったが、強豪相手に、チームはリーグ戦の連敗を5で止めた。

試合後、本田は公言するオーバーエージ枠での東京五輪出場&金メダル獲得のため、五輪代表を率いる森保一監督からの連絡、アドバイスを希望した。

森保監督は、東アジアE-1選手権(韓国)の日本代表メンバー発表で、本田について聞かれ「プレーについてのコメントは控えさせてもらいます」としつつ「(本田の)出場試合は全てチェックしています」と明かした。

さらに「全ての選手は選考の対象であると考えている」とも口にし、招集の可能性を否定しなかった。

試合後、この発言について聞かれた本田は「(東京五輪)そのために今、やっている。オリンピックでまず試合に出て勝つために、今、自分が(そういう存在に)ならないといけない。トレーニングメニューを考えながら、プレースタイルも変えながらやっている。そのモチベーションしかないです。森保さんも、うまい感じでコメントをされてますけど、見ているなら、見ているで、僕はもう(東京五輪に)出たいといってわけなんで、何が必要なのか、アドバイス、連絡してほしい」と口にした。

本田と森保監督は、選手とコーチとしてW杯ロシア大会をともに戦っている。韓国にいる森保監督は、果たして、オランダからのこの熱いラブコールに、何とこたえるのだろう?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-12090019-nksports-socc

菅原由勢(AZ)フェイエノールト戦で初アシスト、勝利に貢献!開幕戦以来となるリーグ戦2度目のフル出場も達成  

1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:24:45.92 ID:1xpiMPph9
オランダ1部・エールディビジ第7節のフェイエノールト対AZが現地時間26日に行われた。試合はアウェイのAZが3-0で勝利した。AZのDF菅原由勢は先発でフル出場し、1アシストを記録している。

 39分に先制したAZはリードして折り返すと迎えた50分、右サイドでボールを受けた菅原がゴール中央でフリーのステングスにパス、ワントラップから左足で打ったシュートはゴール左下に決まる。これが菅原にとってリーグ戦初のアシストとなった。

 ボール支配率で上回るAZは終了間際にもダメ押し点を決め敵地で貴重な勝ち点3を獲得、3位で1位アヤックスと2位PSVを勝ち点1差で追っている。なお菅原は開幕戦に続きリーグ戦2度目のフル出場を果たした。

9/27(金) 5:55配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00340118-footballc-socc

写真
no title

<名手ファン・ペルジ>現役を引退!マンU移籍で物議を醸すも…  

20190513-00058546-sdigestw-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/13(月) 21:26:31.17 ID:iM1USzY89
 偉大なストライカーが、18年に渡る現役生活に別れを告げた。

 5月12日に開催されたエールディビジ第33節、ホーム最終戦となるADO戦で、現役最後のピッチに立ったのがフェイエノールトのロビン・ファン・ペルシだ

 試合は0-2で敗れ、有終の美は飾れなかったものの、愛するファンの前で92分間出場。後半アディショナルタイムに、大歓声を浴びながらベンチへ退いた。

 35歳の元オランダ代表FWは、16歳の時にこのフェイエノールトでプロデビューを果たした。04年にアーセナルに引き抜かれると、アーセン・ヴェンゲル監督の下で、世界屈指のアタッカーに成長。当初はウインガータイプの選手だったが、徐々に点取り屋として才能が開花し、2011-12シーズンには30ゴールを挙げて、プレミアリーグの得点王に輝いた。

 翌シーズン、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドへ移籍して物議を醸したが、雑音に振り回されることなく2年連続のトップスコアラーに。ユナイテッド最後のプレミアリーグ制覇の原動力となった。

 15年夏にそのユナイテッドを退団し、フェネルバフチェでの2年半を経て、フェイエノールトに復帰したのが昨年1月。そして10月に、今シーズン限りで引退する旨を発表していた。
 
 オランダ代表でも102試合で50ゴールと圧倒的な決定力を見せけた名ストライカーは、ADO戦後に行なわれたセレモニーで、次のようなメッセージを送った。地元紙『AD』が伝えている。

「ここで現役を終えることができる。このクラブに戻れて幸せだった。ここで引退できるのは、僕にとって大きな意味がある。僕のゴールでみんなをハッピーにしたかった。(クラブの)成功を祈っているよ。本当に楽しかった、ありがとう!」

 本拠地デ・カイプのファンから、割れんばかりのスタンディングオベーションが起こったのは言うまでもない。

5/13(月) 20:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190513-00058546-sdigestw-socc

写真no title

<堂安律>アヤックスOBがステップアップ移籍に太鼓判!「トップクラブでプレーする準備は整っている」  

54287_ext_04_0




1: Egg ★ 2019/02/18(月) 18:18:11.62 ID:hNsywLFn9
「今のエールディビジで優れた選手のひとり」

フェイエノールト戦でも右サイドハーフで出場し、勝利に貢献した堂安。クラブOBも上位クラブへの移籍を後押ししている。 (C) Getty Images
現地時間2月17日に開催されたオランダ・エールディビジ第22節、フローニンヘン対フェイエノールトの一戦は、1-0でホームのフローニンヘンが勝利した。

 日本代表MFの堂安律は先発出場。26分、GKのクリアボールを堂安がドリブルで運び、左サイドを駆け上がったミムン・マヒにパス。モロッコ代表FWは、さらに外側をオーバーラップしていた新加入のトマス・ブルンスにつなぐと、そこからのクロスが敵のオウンゴールを誘った。

 フローニンヘンはこの1点を守り切り、強豪フェイエノールトを倒す大金星を挙げている。この快挙はオランダ・メディアもこぞって報じ、堂安もホームスタジアムを埋めたサポーターとともに喜びを分かち合った。

 そんななか、オランダのサッカー専門メディア『VOETBAL ZONE』は、この試合を見守っていた元オランダ代表DFピーター・ボエブ氏に取材を敢行。かつてアヤックスやフィテッセでプレーし、指導者としてズウォーレなどの監督を歴任したボエブ氏は、「堂安はエールディビジでプレーする選手のなかでも、非常に優秀な選手のひとり」とコメントしている。

「“少年”は非常にクリエイティブで、ボールを保持する力も優れている。彼のテクニックはフェイエノールトの守備陣にとっては厄介なものだったことは間違いないので、できればゴールが見たかったところだね。それでも、彼の市場価値はさらに高まるだろうし、素晴らしい才能の持ち主だ。堂安は十分にオランダのトップクラブでプレーするに値すると確信しているよ」

 だが、移籍に関してネックとなるのは「”カネ”だろう」とボエブ氏は指摘している。

「問題は、彼を獲得するために必要なカネを支払うことができるのは誰か。金額は分からないが、堂安にはすばらしい”値札”が付いているんだろう。おそらく、アヤックスが彼を獲得することは難しくないが、フェイエノールトには不可能なのではないかな」

 また、堂安のプレースタイルについてはひとつ、アドバイスを残している。

「彼にボールが頻繁に集まることによって、チームにとってチャンスは増えるだろう。だが、堂安はアウトサイドでキープするプレーをやりすぎているので、もっとDFラインの間で仕掛けるようなプレーをするべきだと思った。そうすれば彼の資質、クオリティはさらに良くなるはずだ」

 今シーズン初の3連勝を達成し、リーグ9位に浮上したフローニンヘン。次節は現地時間2月23日に、リーグ最下位のNACとホームで対戦する。

2/18(月) 17:56 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=54287

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/54287_ext_03_0_1550476951.webp?v=1550480332

【動画】まさに日本の誇り!欧州タイトル獲得…天才小野伸二の“エンジェルパス”に再脚光 

20181214-00154156-soccermzw-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索