Samurai Goal

フィンク監督


スポンサード リンク





<ヴィッセル神戸>フィンク監督の電撃退任を発表「このクラブの監督であったことを誇りに思います」 

1: 2020/09/22(火) 17:47:22.66 _USER9
ヴィッセル神戸は22日、トルステン・フィンク監督(52)が21日付で退任したと発表した。クラブによると、監督本人の意向によるものだという。後任は発表されていない。

フィンク監督はクラブを通じて「神戸で素晴らしい時間を過ごせました。二つのタイトルという成功を収めることもできました。
これは歴史に残ることですし、我々を永遠に結びつけるものです。この街、このチーム、そしてこのサポーターに別れを告げるのは簡単ではないですし、非常に寂しく思います。

我々は一つになって大きな目標を達成することもできましたが、私は家族の下に戻るという決断をしました。まだリーグ戦でも良い結果を残せると思いますし、
アジアチャンピオンズリーグという大きな大会もまだあるので、今後の幸運を祈ります。遠くからも見守るつもりですし、応援しています。このクラブの監督であったことを誇りに思います」とコメントしている。

フィンク監督は昨年6月から監督に就任。今年1月1日には天皇杯優勝に導き、クラブに初のタイトルをもたらした。
なお、セバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチもあわせて契約解除となった。

9/22(火) 17:19配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/03d8556b3063a0266254a0ecd44ce696a76e65f0

写真
no title


【サッカー】<神戸フィンク監督>日本サッカーを称賛!「日本のサッカーは戦術的に優れている」 欧州に連れていくなら「攻撃的な選手」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600432406/

<神戸フィンク監督>日本サッカーを称賛!「戦術的に優れている」 欧州にいくなら「攻撃的な選手」 

1: 2020/09/18(金) 21:33:26.75 _USER9
19年6月から神戸を率いるフィンク監督 「日本のサッカーは戦術的に優れている」

神戸のフィンク監督が日本サッカーについて語っている

ヴィッセル神戸を率いるドイツ人のトルステン・フィンク監督が、日本サッカーについて「日本のサッカーは戦術的に優れている」と評した一方、
「もし私が監督としてヨーロッパで働くなら…」と欧州に連れて行きたい選手について語っている。ドイツのサッカー情報サイト「Fussball Transfer」が伝えた。

フィンク監督はオーストリアのFKアウストリア・ウィーン、ドイツのハンブルガーSV、スイスのFCバーゼル、キプロスのAPOELニコシアなどで指揮。
2019年6月から神戸を率いるなか、昨季はリーグ戦を8位でフィニッシュし、天皇杯でクラブ初タイトルを獲得するなど手腕を発揮している。

日本を含め5か国のクラブで指導してきたフィンク監督は、「日本のサッカーは非常に速く、戦術的に優れている。後ろに立つだけのチームはほとんどないし、日本では攻撃的なサッカーが展開されている」と評価した。
また「個人的には、もし私が監督としてヨーロッパで働くなら、日本のディフェンスを連れて行くことはないかもしれない。ミッドフィールダーや攻撃的な選手だろう」と明かしている。

日本のディフェンス陣よりもアタッカー陣を高く評価しているフィンク監督だが、「もちろん、3バックの中央で活躍するような長谷部(誠/フランクフルト)のような選手もいる。スピードと技術があり、巧みにプレーする戦術家もいるけどね」と持論を展開した。
フィンク監督が欧州のクラブで再び指揮を執った時、日本人アタッカーの補強も選択肢の一つとして挙がりそうだ。

9/18(金) 7:10配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/4238b4862cbc943891c75fbfb45164719f4d8590

写真
no title

<神戸フィンク監督>今季限りで退任か「家族が日本に居られなくなり私を難しくした」 

1: 2020/09/13(日) 22:30:53.39 _USER9
ヴィッセル神戸のトルステン・フィンク監督(52)だが、今シーズン限りで退任する意向があるようだ。ドイツ『SPOX』が伝えた。

現役時代はドルトムントやバイエルンなどでプレーしたフィンク監督は、ザルツブルクやインゴルシュタット、バーゼル、ハンブルガーSVなどでプレー。
2019年途中からフアン・マヌエル・リージョ監督の後任として神戸の指揮官に就任した。

Jリーグ有数の戦力を誇る神戸を指揮したフィンク監督は、2019シーズンの天皇杯で鹿島アントラーズを下しクラブに初タイトルをもたらし、今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場していた。
フィンク監督はドイツ『SPOX』で自身のキャリアについてコメントし、今シーズン限りで切れる契約を持って退任する意向を示し、家族の問題もありヨーロッパに戻りたいと語った。

「今の所、長期計画はない。もちろん、12月に契約が終了するので、ヨーロッパに戻るという目標もある。2つのタイトルを獲得した。履歴書は良いものになるだろう。
自分にプレッシャーをかけたくない。ここで良い仕事をしたいし、クラブは「監督にとってよかった」と言ってくれるだろう」

「家族が日本に居られなくなり、それは私を難しくした。7カ月家族と会っていない。子供たちが15歳と14歳であり、簡単なことではない。家族だけでなく、クラブを落胆させたくもない」
「私がアジアに留まるのなら、家族は私と一緒にいなければならない。再びそれはしないだろう」

9/13(日) 21:10配信 超WORLDサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/9793b50fb227c19b012e42d35bf72d0de08fdd98

写真
no title

<ヴィッセル神戸>6失点大敗にフィンク監督「0-6で1度負けた方が、0-1で6度負けるよりは次に向けていい」 

1: 2020/09/02(水) 22:43:42.60 _USER9
<YBCルヴァン杯:神戸0-6川崎F>◇準々決勝◇2日◇ノエスタ

昨季の天皇杯王者ヴィッセル神戸が、大会2連覇を狙う川崎フロンターレに惨敗を喫した。8月26日のJ1リーグ戦は互いに譲らない、2-2の白熱の引き分け。わずか1週間で同じ対戦カードとは思えない、神戸の姿だった。
試合後の会見で、フィンク監督は肩を落とすしかなかった。

「こういった大差負けでカップ戦が終わったのは、非常に残念。前半の序盤でパスミスなどが多すぎて、相手をゴールに招待している状態だった。うまく乗り越えて、先にあるもの(J1リーグ戦やACL)に集中しないといけない。
0-6で1度負けた方が、0-1で6度負けるよりは次に向けていい」

前半から自陣で球を喪失したり、パスカットもされた。対人プレーで競り勝つ部分も少なく、0-3で折り返した。だが、後半1分にはGK飯倉のミスから失点してしまい、事実上勝敗は決まった。
自身も決定的な場面で球を失う場面があったMF山口は、声を振り絞った。

「川崎Fは全員が球にかかわり連動していた。うちはサポートがなく、孤立する場面が多かった。基本的に0-3だったので、後半は前から点を取りにいく中で、ミスからの失点は想定外だったし、うまくリズムに乗れなかった。

自分たちを見つめ直すことがたくさんある」

FW藤本も「うちがやりたいことを全部やられた感じ。前からのプレスもはまななかったし、相手ははまってショートカウンターでやられた。
(1週間前の)J1リーグ戦は、自分たちが優位に立って試合を運べて、いい部分をたくさん出た試合だったのに」と悔しがった。

今回はタイトルに直結するトーナメント初戦だっただけに、右足首を痛めて欠場が続いていたMFイニエスタを公式戦4試合ぶりに復帰させた。だが4点を追う後半途中からの出場では効果はなかった。
後半ロスタイム、イニエスタがFW古橋に縦パスを通したが、そこから連動ができなかった。指揮官によると、イニエスタが先発しなかったのは、フィットネスに不安があったからという。

これでホームでは公式戦6試合勝ちがない。J1リーグ戦とこの試合で、最近9試合で23失点という守備の崩壊が目立つ。
「ハーフタイムでは、1点ずつ取っていこうと思っていた中で、後半の頭で0-4になると、できることはなかった。

過密日程なので選手を休ませるか、誰かを入れ替えるか、ということを考えていた」とフィンク監督。不毛な時間を耐えしのぐしかなかった。
J1リーグ戦の次々節9月9日には三たび、川崎Fと対戦する。3週連続の水曜日対決は、神戸のプライドを懸けたリベンジ戦になる。【横田和幸】

9/2(水) 22:30配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6d1e8adaeae99bec1398a76a4f9cab1cc5e355f

写真
no title

神戸フィンク監督、日本人のコロナ対応に驚き「誰もパニックになっていない」 

20200323-00010002-goal-000-3-view

<神戸を率いるフィンク監督>衝撃を受けたエピソードを告白!日本人の“神対応”に感銘「欧州では起きない」 

1: 2020/03/23(月) 09:17:11.68
写真
no title


J1ヴィッセル神戸を率いるドイツ人のトルステン・フィンク監督は、昨季途中の6月からチームを率い、今季で2シーズン目に突入している。現役時代にバイエルンで活躍し、指導者として欧州4カ国で指揮したドイツ人監督は、日本人の驚くべき“神対応”に感銘を受けたと明かしている。ドイツメディア「ドイチェ・ヴェレ」が報じた。

 フィンク監督は現役時代にバイエルンで数々のタイトルを獲得し、指導者転身後は母国のインゴルシュタット04やハンブルガーSV、スイスのFCバーゼルやグラスホッパー・クラブ・チューリッヒ、キプロスのAPOELニコシア、オーストリアのFKアウストリア・ウィーンで指揮を執った。

 2019年6月、低迷する神戸の新監督に就任したフィンク氏は徐々にチームを立て直し、リーグ戦を8位でフィニッシュ。今年元日の天皇杯では鹿島アントラーズを撃破し、初タイトルをチームにもたらす手腕を発揮している。さらなる飛躍が期待される今季は、チーム初出場のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で開幕2連勝を飾りグループ暫定首位をキープ。リーグ開幕戦では横浜FCに1-1とドローのスタートを切っていた。

 来日から10カ月近くが経つなか、フィンク監督は早くも日本人の国民性に見せられているという。ドイツメディア「ドイチェ・ヴェレ」は「フィンクは日本に着いた後、ほとんど日本語を話せず、『ありがとう』『こんばんは』などの基本的な言葉しか知らない。しかし彼が港町に住んでいる間、特にATMにお金を置き忘れた時に、信じられないほど親切だったと彼は説明する」と伝え、フィンク監督は自らの言葉でその時のエピソードを振り返っている。

「私の後ろにいた人が、機械にお金を忘れていると言って、お金を私に手渡してくれた。それはドイツや欧州では起きない。ここにいる日本人はとても立派で、自分の自転車に鍵をかけずに離れることだってできるんだ」

 衝撃を受ける出来事だったと語るフィンク監督。新型コロナウイルスの影響でJリーグ再開は不透明な状況が続くが、日本での生活は良い意味で驚きの連続のようだ。

3/23(月) 7:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200323-00253039-soccermzw-socc

神戸のフィンク監督が語るJリーグのレベルの高さの証拠「何処だろうと勝つ可能性があるので最高に楽しい」  

1: Egg ★ 2019/11/08(金) 13:53:28.83 ID:kri64fTd9
ヴィッセル神戸率いるドイツ人指揮官のトルステン・フィンク監督は、母国メディア『t-online.de』のインタビューに応じ、そのなかでJリーグのレベルを高く評価。アジアに向かう欧州の選手などについても話している。

今年6月に神戸指揮官に就任した現在52歳のフィンク監督は、第15節FC東京戦(1-0)から現在まで神戸でのリーグ戦における成績は7勝3分け6敗。就任当時は13位に位置していたチームは一時は9位に浮上したが、第30節消化時点は勝ち点38の10位となっている。

フィンク監督はそんな現状について、「最初から今年は残留を目指すことになると決まっていたし、今は来シーズンに向けての準備も進めているところだ」と言及。また、「今年はもう一つの目標を残している。天皇杯の優勝だ。準決勝に勝ち上がっているので、期待は大きい」と明かすと、「それによってアジアのチャンピオンズリーグへの出場権を得られる」とも指摘し、「もちろん1部には必ず残りたいし、今年は1桁の最終順位を手にしたいと考えている。来年の目標はトップ3だ」と今後に向けた意気込みを語っている。

来日してから約5カ月間の同監督はJリーグのレベルに関しては次のような印象を受けている。

「試合展開はとてもスピーディーだ。選手は戦術面、技術面において非常に良い教育を受けている。最初は余裕で一緒になってプレーできると思うかもしれないが、そんなことはない。各チームは攻撃的で前方へとプレーし、どのチームでも相手が何処だろうと勝つ可能性があるので最高に楽しい。最近、下から2番目のサガン鳥栖というチームが首位のFC東京に2-1で勝っている。非常に均等で、それはリーグ全体のレベルが本当に高いことを証明する」

一方、スター選手の獲得について以前、「ここでリラックスしながらお金を稼ぎたいと思っている選手を求めていない」といった考えを述べた同監督だが、今回のインタビューでは金銭目的で日本に移籍する選手とそうではない選手を見分ける必要性にも触れた。

「これはアジアサッカーが直面する根本的な問題だ。(現ボルシア・ドルトムントの)アクセル・ヴィツェルも当時、競技面の成長のために中国に行ったわけではないだろう。彼はそれに気が付いたけれどね。もちろん、特に現役キャリアがそろそろ終わるという選手たちに関しては、金銭の状況を考慮して、それと引き換えにより低い生活水準を我慢するのは間違っているわけではない。だが、日本は別。生活水準がとても高く、競技面でもたくさん成し遂げられるものが存在する」

ドイツ人指揮官は「それでもいつも代理人たちからメッセージを受けて『こういう選手がいるが…』と話しかけられている」と代理人からの売り込みを受けていることを示唆。「だが、年齢は高くても、まだ上を目指していて、新しい挑戦に興味を持つ選手たちも十分いる。我々が求めているのはそういった選手たちだよ」と今後のスター選手を獲得する際の留意点を挙げた。

元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキや現役ベルギー代表DFのトーマス・フェルマーレンらが所属する神戸。フィンク監督が来シーズンにあたって掲げる「トップ3」の目標を達成するにあたって、クラブは今後どのようにチーム作りに取り組むのか、注目が集まる。

ちなみに家族がドイツに住むフィンク監督だが、「妻も子供を連れてここに引っ越したがっているけど、我々はこれに関して慎重でいなければね。監督としてはどのくらいの時間を一つの場所に過ごすのか分からないのでね(笑)」としばらくは単身赴任生活が続く模様。「子供たちももう4回も引っ越しているので、『取りあえずドイツに残って欲しい』と話している。もう少し待って、1月にはここでの状況を見てもう一度考えたい」とこの先家族とともの神戸生活を送る可能性を示唆した。

11/8(金) 12:15配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010012-goal-socc

写真
no title


【サッカー】<英国人記者が見たJリーグの現在地>「5~6年前は成長が止まっていた」「2~3年で再びポジティブな方向に進んでいる」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573174678/

神戸、GK飯倉を横浜Mから完全移籍で獲得へ!さらに酒井高徳をリストアップ!クラブ幹部「間違いない」  

1: Egg ★ 2019/07/25(木) 09:11:59.65 ID:EFyqfkXR9
神戸が、ドイツ・ハンブルガーSVの元日本代表DF酒井高徳(28)の獲得に動いていることが24日、分かった。

取材に応じたクラブ幹部は「スカウティングリストに入っていることは間違いない」とリストアップを認め、フィンク監督(51)もドイツ紙に「検討している選手の一人」とコメントしている。

酒井は14年ブラジル大会、18年ロシア大会でW杯日本代表に選出された。

 また、韓国代表GK金承奎(28)に韓国・蔚山現代から獲得オファーが届いていることも判明。韓国で同クラブと交渉にあたっているとみられ、退団することが濃厚だ。

7/25(木) 6:08配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000362-sph-socc

写真no title


J1神戸が今夏の新戦力としてJ1横浜MのGK飯倉大樹(33)を完全移籍で獲得することが24日、分かった。複数の関係者によると、既にクラブ間合意に達しており、近日中にも正式発表される。

 今季は出場機会を失っている飯倉だが、GKながら足元の技術に優れ、横浜Mでも高いフィード能力を発揮しており、ボール保持を指向する神戸のスタイルにも合致する。

 神戸は韓国代表GK金承奎が古巣でもある韓国Kリーグ蔚山への復帰が決定的となっている。この日、神戸市内で行われた練習にも姿を現さず、関係者によると、既に韓国入りしているという。16年の神戸加入から君臨してきた正守護神の流出を新たな実力派GKで補う。

7/25(木) 6:01配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000018-dal-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索