Samurai Goal

フィテッセ


スポンサード リンク





本田圭佑、森保監督に「アドバイス、連絡してほしい」  

20191209-12090019-nksports-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/12/09(月) 01:31:10.23 ID:qPWmHOKN9
日刊スポーツ12/9(月) 0:43配信
<オランダリーグ:フィテッセ0-0フェイエノールト>◇8日◇オランダ・アーネム

【アーネム=エリーヌ・スウェーブルス通信員】フィテッセMF本田圭佑(33)は、ホームでのフェイエノールト戦でベンチスタートになり、0-0の後半35分から途中出場した。


チームを勝利に導くことはできなかったが、強豪相手に、チームはリーグ戦の連敗を5で止めた。

試合後、本田は公言するオーバーエージ枠での東京五輪出場&金メダル獲得のため、五輪代表を率いる森保一監督からの連絡、アドバイスを希望した。

森保監督は、東アジアE-1選手権(韓国)の日本代表メンバー発表で、本田について聞かれ「プレーについてのコメントは控えさせてもらいます」としつつ「(本田の)出場試合は全てチェックしています」と明かした。

さらに「全ての選手は選考の対象であると考えている」とも口にし、招集の可能性を否定しなかった。

試合後、この発言について聞かれた本田は「(東京五輪)そのために今、やっている。オリンピックでまず試合に出て勝つために、今、自分が(そういう存在に)ならないといけない。トレーニングメニューを考えながら、プレースタイルも変えながらやっている。そのモチベーションしかないです。森保さんも、うまい感じでコメントをされてますけど、見ているなら、見ているで、僕はもう(東京五輪に)出たいといってわけなんで、何が必要なのか、アドバイス、連絡してほしい」と口にした。

本田と森保監督は、選手とコーチとしてW杯ロシア大会をともに戦っている。韓国にいる森保監督は、果たして、オランダからのこの熱いラブコールに、何とこたえるのだろう?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-12090019-nksports-socc

本田圭佑も東京五輪「選考の対象」 森保監督「出場試合は全てチェック」  

20191204-00010058-chuspo-000-1-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/12/05(木) 00:03:54.65 ID:qF3c32LP9
日本サッカー協会は4日、東アジアE―1選手権(10日開幕、韓国・釜山)に臨む日本代表メンバー22人と、
国際親善試合のU―22ジャマイカ代表戦(28日・長崎)に臨む東京五輪世代のU―22日本代表メンバー19人を発表した。
 
 森保監督は、24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で東京五輪出場を熱望している本田圭佑(フィテッセ)に関し、
評価こそ避けながらも「出場している試合は全てチェックしている」と、オランダリーグでのプレーを注視していることを明かした。経験値と存在感だけを見れば、群を抜く。
指揮官は「五輪を目指してプレーしている選手であれば、全ての選手が選考の対象だと考えている」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010058-chuspo-socc

本田圭佑への影響は? リーグ戦5連敗でフィテッセ監督が電撃辞任  

20191130-00350582-footballc-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/30(土) 07:05:34.07 ID:Ja9sJ4OW9
 本田圭佑が所属するオランダ1部リーグのフィテッセを率いるレオニド・スルツキ監督が辞任を表明した。現地時間29日、オランダメディアが伝えている。

 フィテッセはこの日、ヘーレンフェーンと対戦した。リーグ戦4連敗中のフィテッセは2点をリードして連敗ストップに向かっていたが、その後の3失点で逆転負け。リーグ戦5連敗となっている。

 この試合を終えたあと、スルツキ監督は『FOXスポーツ』で「私のキャリアで5連敗は初めてだ。私はベストを尽くしたが、クラブやファンのことも考えなければいけない。状況を変えることができないのであれば、ほかの誰かが軌道を修正できるかもしれない」と語り、監督の座から退くことを発表した。

 さらに同指揮官は、「1ヶ月前まではヒーローだったが、サッカーの世界において、ヒーローから地に落ちるまでの距離は短い。それは選手にも言ったことだ。オランダもファンも素晴らしい。私はオランダが大好きで、ここで素晴らしい時間を過ごした。素晴らしい経験をさせてもらった」と別れを惜しんでいる。

 ロシア人のスルツキ監督は、本田をフィテッセに連れてきた指揮官だ。2009年から2016年にかけてCSKAモスクワを指揮した際、本田を指導した経験がある。その後、ロシア代表、ハル・シティ(イングランド)を率い、2018年からフィテッセを指揮していた。

 しばらくフリーとなっていた本田との再会を望み、フィテッセに迎え入れたスルツキ監督。2試合続けて先発で起用した指揮官はクラブを去ることになったが、本田にはどのような影響があるだろうか。

フットボールチャンネル編集部 11/30(土) 7:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00350582-footballc-socc

本田がボランチでフル出場も…2点先行のフィテッセ、逆転負けで5連敗  

20191130-43474548-gekisaka-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/30(土) 06:24:17.55 ID:Ja9sJ4OW9
[11.29 エールディビジ第15節 ヘーレンフェーン3-2フィテッセ]

 オランダ・エールディビジは29日、第15節を開催し、MF本田圭佑が所属するフィテッセがヘーレンフェーンのホームに乗り込み、2-3の逆転負けを喫した。2試合連続先発の本田は、加入後初のフル出場を果たしている。

 前節のスパルタ戦で先発でフィテッセデビューを飾った本田は、2試合連続でスターティングメンバ―に名を連ね、4-2-3-1のボランチの位置に入った。前半8分に早々とスコアを動かしたのはアウェーのフィテッセだった。右サイドでボールを受けたMFナバロン・フォールのスルーパスから抜け出したFWティム・マタフズが右足のシュートでネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 さらに前半21分にはGKレムコ・パスフェイルのロングパスからFWブライアン・リンセンが抜け出す。飛び出したGKワーナー・ハーンよりも先に触れたリンセンがゴールを陥れ、フィテッセがリードを2点差に広げた。しかし、同42分にヘーレンフェーンにPKを献上すると、MFヒチャム・ファイクに沈められて1点差に詰め寄られてしまう。

 2-1とフィテッセがリードしたまま後半を迎えると、同11分に約25メートルの位置で得たFKを本田が直接狙うも、GK手前でワンバウンドさせたボールはハーンに弾き出されてしまった。1点のビハインドを背負うヘーレンフェーンが同14分に2枚替えを行うと、同18分にFWミッチェル・ファン・ベルゲンに決められて同点に追い付かれ、同24分にはFWイェンス・オドゴーアにネットを揺らされ、逆転を許してしまう。

 何とか反撃に出ようとするフィテッセだが同点に追い付くことはできず。2-3の逆転負けで5連敗を喫した。

ゲキサカ 11/30(土) 5:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-43474548-gekisaka-socc

<本田圭佑>新天地デビュー敗戦も強気「神ではない」  

1: Egg ★ 2019/11/25(月) 17:11:46.04 ID:+WvF7+8i9
オランダ1部フィテッセに加入した元日本代表MF本田圭佑(33)が24日、アウェーのスパルタ戦に攻撃的MFで先発して新天地デビューを果たした。0―1の後半36分に交代し、チームは0―2で敗れて4連敗を喫した。

 本田の公式戦出場は前所属メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)のラストゲームとなった5月22日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広島戦以来約6カ月ぶり。オランダでプレーするのは2008~09年のVVVフェンロ以来、約10年ぶりとなり、シュートを放つ場面もあったが、得点にはつながらなかった。

 トップ下に入り、前半9分には敵陣右サイドで得たFKで直接ゴールを狙ったが、GKにキャッチされた。深い位置まで下がり組み立てへ参加する場面が多くみられ、後半11分には、ペナルティーエリア内中央で左足で狙うがGKの好セーブでゴールを阻まれるなどした。

 試合後、本田は「もちろん結果には満足していないし、ビッグチャンスで得点できなかった。チームが3連敗の悪い雰囲気を引きずっていると感じたので、難しい試合になった」とし、「自分のことは分かっているし、どうやってチームの力になれるかも分かっている。自分は神ではないので、自分にできることに集中しないといけない。例えば今日だと随所で試合をコントロールすること。このような相手には試合を支配しないといけない」と話した。

 4連敗からの立て直しについては「個人的には心配していない。大丈夫。チームは1週間くらいあれば問題を解決できる。自分はまだ1週間くらいしかチームと練習していないので、まだチームメートの癖や長所、弱点を把握できていない」と言い、「時間が必要。これから経験豊富な選手と話し合っていく。若手ではなく。彼らだけでこの状況を変えるのは早すぎる。だから自分のプロジェクトを少しずつ始めていく。選手として、もしかしたらコーチ(監督)のアシスタントとして」と話した。

11/25(月) 10:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000156-spnannex-socc

写真
no title

本田圭佑、新天地デビュー!決定機迎えるも活かせず…フィテッセは0-2敗戦で4連敗  

20191125-00349679-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/25(月) 02:40:31.35 ID:eUbfh6hi9
【スパルタ 2-0 フィテッセ オランダ・エールディビジ第14節】

 オランダ・エールディビジ第14節、スパルタ対フィテッセが現地時間24日に行われた。試合はアウェイのフィテッセが0-2で敗戦を喫した。

 フィテッセに加入したMF本田圭佑はトップ下で先発出場し、81分までプレーした。オランダリーグに10年ぶりの出場となった。本田は決定的なシーンを迎えるなど見せ場はあったが、ゴールを奪うことはできなかった。

 前半の本田はボランチの位置まで落ちて攻撃を組み立てようとしていた。また、デビュー戦でありながらも、セットプレーのキッカーを任された。

 フィテッセは9分にペナルティエリア手前の右でFKを得ると、キッカーを務めるのは本田。ゴール前の味方に合わせたボールは、そのままGKの手におさまった。

 先制したのはスパルタだった。30分、素早いリスタートのショートCKからファーサイドでユルゲンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 1点を失ったフィテッセだったが、後半は主導権を握る。本田のFKなどセットプレーからチャンスを作るが、中々得点に結びつかない。だが56分、ベロが相手ペナルティエリア手前でボールを奪い、こぼれ球になる。これを本田がペナルティエリア中央から左足でゴール左を狙うが、GKの好セーブに阻まれた。

 さらに71分、左サイドのクロスからファーサイドで本田がヘディングで合わせるも、相手DFに当たってしまう。本田は相手DFのハンドをアピールするも、判定は覆らなかった。

 今度は逆にスパルタにチャンスが訪れる。83分、カウンターから右サイドを抜け出したアブドウが中央にマイナスのパス。これをダイレクトでスメーツが合わせ、ゴールネットを揺らした。

 フィテッセは最後まで得点を奪うことができず、0-2でスパルタに敗戦を喫した。敗れたフィテッセは4連敗となっている。

【得点者】
30分 1-0 ユルゲン(スパルタ)
83分 2-0 スメーツ(スパルタ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00349679-footballc-socc

本田、東京五輪へ「自信はある」 オランダ・フィテッセ加入で会見  

20191121-00000177-kyodonews-000-2-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/11/22(金) 00:18:24.36 ID:5mky+qAb9
【アーネム(オランダ)共同】サッカーのオランダ1部リーグのフィテッセに加入した元日本代表の本田圭佑が21日、
アーネムのクラブハウスで記者会見し「新しい挑戦を楽しみにしている。若い選手より経験があるのでさまざまな面でチームに貢献できると思う」と抱負を語った。

 昨季限りでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)を退団し約半年、公式戦から遠ざかっている。
オーバーエージ(24歳以上)枠での東京五輪出場を目指す33歳のベテランは「3人しかない枠に選ばれないといけない。大きな挑戦だが自信はある」と話した。

 24日にアウェーで行われるスパルタ戦でのデビューを目指す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000177-kyodonews-spo

本田圭佑、24日スパルタ戦でデビューへ!フィテッセが就労ビザ取得及び選手登録の完了を報告  

20191121-00010000-goal-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/21(木) 07:00:14.76 ID:/LXLCRx59
今年5月以来の公式戦へ

フィテッセは現地時間20日、MF本田圭佑が就労ビザを取得し、選手登録の手続きが完了したことを報告。これにより、同選手は現地時間24日に行われるエールディビジ第14節スパルタ・ロッテルダム戦が出場可能となった。

練習参加を経て、今月6日に元CSKAモスクワのレオニード・スルツキ監督が率いるフィテッセ入りを果たした本田が、ついにオランダ再挑戦のスタートラインに立った。クラブは20日、公式ツイッターを通じて「労働許可を取得し、これから試合に出場することが可能になりました」と報告している。

これにより、11月のインターナショナルウィーク中はカンボジア代表の実質的監督としてイラクや香港との対戦に立ち会った本田は、24日のアウェーマッチ、スパルタ戦での出場が可能に。今年5月末にオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーの一員として臨んだAFCチャンピオンズリーグのサンフレッチェ広島戦以来となる、半年ぶりの公式戦に出場することになるかもしれない。

なお、2019-20シーズンはリーグ戦10試合で7勝2分け1敗と好スタートを切っていたフィテッセだが、ここ最近は3連敗と大きく失速。順位表では5位と上位につけるも、周囲から不満の声が上がりつつある中、スルツキ監督の本田の起用法に注目が集まる。

GOAL 11/21(木) 5:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00010000-goal-socc

久保&堂安との共存に自信 OA枠狙う東京五輪でボランチ”志願”の本田圭佑「僕が彼らを生かすのが理想」 

20191109-00010004-chuspo-000-1-view[1]

圧倒的存在感…この男の正体は? 蘭メディア「控えめに言って目立ちすぎ」 

20191109-43473713-gekisaka-000-6-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索