Samurai Goal

フィテッセ


スポンサード リンク





圧倒的存在感…この男の正体は? 蘭メディア「控えめに言って目立ちすぎ」 

20191109-43473713-gekisaka-000-6-view[1]

本田圭佑(フィテッセ)東京五輪OA枠出場は実現可能なのか?  

1: Egg ★ 2019/11/09(土) 08:25:57.74 ID:WIuJBo429
写真

新チームをスタンドから観戦。人目を避けるような格好でピッチに視線を注いだ。
no title



オランダ・エールディビジのフィテッセへの加入が決まった本田圭佑が8日夜、インターネットテレビ局の『AbemaTV』のニュース番組「Abema Prime」にオランダからの生中継で出演した。

 フィテッセ入りを決断するまでの経緯や、33歳の年齢にちなんで新天地での背番号を「33」にしたことを明かすなど、30分以上にわたって単独インタビューに応じた。そのなかで昨夏から表明してきた、オーバーエイジで東京五輪に出場したい気持ちにいまも変わりがないことを、東京五輪世代の若手たちのなかで自らが具体的に生きる役割をイメージしながらこう語っている。

「テクニックがあって、よく走れて、球さばきがいい選手は多いんですけど、ボールをためられる選手は少ないかな、という印象を見受ける。そこのクオリティーというのはまだまだ、チームに対してプラスな部分を提供できるんじゃないかな、と」

 5月にメルボルン・ビクトリーFC(オーストラリア)を退団。その後は無所属状態が続いていた本田が、ようやくプレーする環境を得た。しかし、オーバーエイジ枠での招集へ向けて、フィテッセへの移籍を介して視界が良好になったのかと問われれば、残念ながら答えは「依然として厳しい」となる。五輪代表を率いる森保一監督のなかで、オーバーエイジ構想がすでに固まりつつあるからだ。

 6日に発表されたフル代表の11月シリーズに臨むメンバーを注視すると、両方のカテゴリーを兼任する森保監督の方針がおぼろげながら見えてくる。キルギス代表とのカタールワールドカップ・アジア2次予選(14日、ビシュケク)から、ベネズエラ代表とのキリンチャレンジカップ2019(19日、パナソニックスタジアム吹田)へ臨む過程で、23人のメンバーのうち9人が入れ替わる。

 キルギス戦後に代表チームを離れ、所属クラブへ戻るのはいずれもヨーロッパ組の面々となる。DF長友佑都(ガラタサライ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF南野拓実(ザルツブルク)らをベネズエラ戦の招集メンバーから外した理由を、森保監督はこう説明している

11/9(土) 5:05配信THE PAGES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00010000-wordleafs-socc

本田圭佑 新背番号は33歳だから33 第一希望はスペインも「僕の実力を見誤ってオファーくれなかった」  

20191108-00000211-spnannex-000-4-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/11/08(金) 21:26:37.29 ID:Zr2IjRZI9
11/8(金) 21:22配信
 オランダ1部フィテッセ加入を6日に発表した元サッカー日本代表MF本田圭佑(33)が7日、インターネットテレビ局「Abema TV」のニュース番組「Abema Prime」(月~金曜、後9・00)にオランダからの生中継で緊急出演。移籍先決定後、日本のメディアとしては初となる単独取材に答え、「33歳ということを表す数字として選びました」と新背番号として「33」を選んだことを明かした。

 フィテッセを移籍先に選んだ理由を聞かれると「練習参加だけするつもりだった」としながらもCSKAモスクワ(ロシア)時代の指揮官だったスルツキ氏が監督だったことからトントン拍子に話がまとまったといい、移籍先の希望だったスペインなどからは「僕の実力を見誤ってなかなかオファーをくれなかった」とも。

 Jリーグ復帰の選択肢はなかったのかと聞かれると「ない…ですよね、残念ながら」とキッパリ。その理由については「日本でプレーしなくても、今、僕のプレー見れるじゃないですか」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000211-spnannex-socc

「人としての自分のショボさに苛立ってる」新天地が決まった本田圭佑がつぶやいた”意外”な言葉にファン大反響  

20191107-00066381-sdigestw-000-6-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/08(金) 20:20:19.17 ID:zHGYNNwR9
 現地時間11月5日にオランダ・エールディビジのフィテッセと、今季終了の2020年6月末までの正式契約を結んだ本田圭佑。11月7日に自身のSNSを更新し、現在の心境を綴った。

「周りの人や環境に感謝しつつ、人としての自分のショボさに苛立ってる。そしてこの状態を維持できるように意識していけたらなと。。。#精進します」

 今年6月にオーストラリアのメルボルン・ビクトリーを退団後、本田はフリーの立場が続いていた。カンボジア代表の実質的な指揮官を務める一方で、先月には名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファー、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となっていた。

 そんな本田の移籍発表後の投稿だったが、「ショボい」という言葉に反応したファン・サポーターからは、「全然、そんな事ないですよ」「本田圭佑さんは謙虚ですね。でも、誰よりも熱い男です」「ジョボくないです。変わらずに居て下さい」といったフォローの言葉とともに、数々のコメントが寄せられた。
 
「真っ直ぐな、言葉ですねぇ」
「今のケイスケホンダをショボいと思うケイスケホンダに改めて惚れ直しました」
「本田さんのなかでショボいって思える部分があるということは、それはまだ強くできるってことなのかなと。東京五輪OA出場へ向けて新たなスタート、楽しんでください」
「フィテッセでのプレー楽しみにしてます」
「謙虚ですね。期待しています!」
「意識が高くて本当に素敵です」
「常にチャレンジする姿勢に敬服します」
「引退にならなくてホッとしました。まだまだ飛翔して、勇気と元気を与え続けてください」
「本田さんが自分に苛立つなんて…自分との差に言葉が出ねえw」
「見返す為に最低限必要な舞台にやっと立てる権利を得ただけ。言うだけやったら誰でも出来る‼全世界に見せたれ、関西人の底力‼」
「感謝ができる人は素晴らしいと思います。尊敬します。私も周りの方に感謝しながら日々過ごせるよう精進します」

 本田は早ければ代表ウィーク明けの11月24日から出場できるという。約4か月間のフリー期間を経て、動き出した日本のカリスマから目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066381-sdigestw-socc

「ホンダがやった!」「あらゆる手を使って…」本田圭佑のフィテッセ加入を欧州メディアはどう報じた?  

20191107-00066373-sdigestw-000-5-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/07(木) 23:30:28.37 ID:NLXUWInV9
 11月6日、本田圭佑のフィテッセ加入が正式に決定した。

 メルボルン・ヴィクトリーを退団して以降、フリーとなっていた本田は、次の舞台がなかなか決まらずに注目されていた。名門マンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランにツイッターで逆オファーしたことや、声が掛からないことに疑問を投げかけた投稿も話題となった。

 かつてセリエAでプレーした本田とあり、これらのツイートやフィテッセのトレーニング参加が決まったことは、イタリアのメディアでも紹介されていた。ただ、今回の正式契約を伝える記事は、大手紙の電子版では見当たらない。

「ホンダがやった! 元ミラン選手が契約を見つける」と報じたのは『EUROSPORT』だ。「彼はあらゆる手を使って試したが、契約を見つけられていなかった。それがターニングポイントを迎えた」と伝えた。

「ケイスケ・ホンダが待ち望んでいた日が訪れた。ようやく、日本人選手は契約を見つけた。2020年6月までフィテッセとサイン」
 
 また、ミラン専門サイト『Il Milanista』は「今シーズン途中にユナイテッドやミランに売り込んでいたが、良い返事をもらえていなかった。だが今、ホンダは新たな契約にサインした」と報じている。

 そのほか、『itasportpress』は「ホンダにとって新たな冒険」、移籍専門記者アルフレード・ペドゥッラーのサイトは、「ようやく自分に賭けてくれるチームを見つけた」と伝えた。

 約10年ぶりにオランダを舞台に戦うことが決まり、早ければ24日から出場できるという本田。来年の五輪出場を目指す中で、イタリア・メディアが大きく取り上げるような活躍を見せられるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066373-sdigestw-socc

本田圭佑、フィテッセ加入決定!世界のメディアもファンも熱狂!「皇帝がやってきた!」契約は今季終了まで 

1: Egg ★ 2019/11/07(木) 09:35:11.95 ID:miS0Cqfc9
オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

11/6(水) 23:03配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11061135-nksports-socc

フランス全国紙『L'Equipe』が、「ケイスケ・ホンダがようやく拠点を見つけた。彼は1週間に渡るテストに受かった」と報じれば、メキシコ・メディア『Record』は「幸運がケイスケ・ホンダに微笑んだ。彼はオランダでプレーを再開させる」と紹介した。

 もちろん、オランダ国内のメディアでも本田のフィテッセ入りは、大きく取り上げられている。日刊紙『Algemeen Dagblad』は、「フィテッセとホンダの契約が完了した」と銘打った記事のなかで、次のように伝えている。

「夏にメルボルンを退団して以来、所属クラブのなかったホンダとフィテッセの関係を結んだのは、(レオニド・)スルツキ監督との友情があったからだ。このロシア人監督がすぐさまアクションを起こし、獲得に向けて多大なる努力を注いだことが大きく影響した」

 当然、フィテッセ・ファンの期待値も高い。クラブの公式ツイッターには「非常に大きく、重要な契約だ」「レジェンドが帰ってきた」「VVVのカイザー(皇帝)がやってきた」など好意的なコメントが相次いでおり、早くもフィーバーを巻き起こしている。

 現在フィテッセはエールディビジで、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ予選プレーオフ出場圏内である2位に勝点2差の5位につけている。そんな欧州カップ戦行きを狙うチームに、本田はいかなる化学反応をもたらすのか。そのパフォーマンスに注目したい。

11/7(木) 5:20配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00066349-sdigestw-socc

写真
no title


1 Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573050264/

【サッカー】<本田圭佑>英語でメッセージ!「たった今、フィテッセと契約しました」「東京五輪に出たい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573055570/

<本田圭佑>英語でメッセージ!「たった今、フィテッセと契約しました」「東京五輪に出たい」  

1: Egg ★ 2019/11/07(木) 00:52:50.54 ID:06syJEpC9
サッカーのオランダ1部リーグ、フィテッセと契約した元日本代表の本田圭佑(33)は6日夜、自身のツイッターで「オランダのフィテッセでプレーします! さー気張ってきます!」(原文まま)とツイートした上で、動画で英語のメッセージを発表した。以下、日本語訳の全文。

 「みなさん、本田圭佑です。たった今、フィテッセと契約しました。クラブの一員となれて、大変光栄です。ベストを尽くしますし、できるだけ早く試合に出たいと思っています。本当に待ちきれません。

 みなさんご承知のように、私は2020年東京五輪でプレーしたいと思っています。いいプレーを見せなければ、(代表には)選ばれません。だから、できる限りハードに練習をし、最大限のパフォーマンスを発揮したいと思います。スタジアムで会いましょう。ぜひ見に来てください」

11/6(水) 23:50
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010065-chuspo-socc

写真
no title


【サッカー】<本田圭佑>フィテッセ加入決定!契約は今季終了まで
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573050264/

<本田圭佑>フィテッセ加入決定!契約は今季終了まで  

no title




1: Egg ★ 2019/11/06(水) 23:24:24.27 ID:5m9IaJcW9
オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリーを退団後、所属先のなかった本田圭佑(33)6日、ツイッターで「プレイするクラブ決めました!」とツイートした。

【写真】久々のゴールで柄になく大喜びする本田圭佑

その後、本田が10月31日から練習参加していたオランダ1部のフィテッセが加入を正式に発表した。契約は今季終了まで。

来年の東京五輪に24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で出場し、金メダルを獲得するという大目標へ向け、現在リーグ5位のフィテッセが新天地に決まった。

<本田圭佑>フィテッセの恩師スルツキ監督が正式契約を熱望「決断を待っている」  

20191104-00345981-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/04(月) 14:44:39.72 ID:HL7hwwI29
オランダ1部のフィテッセを率いるレオニド・スルツキ監督は、同クラブの練習に参加する元日本代表MF本田圭佑との正式契約を熱望しているようだ。オランダ『FOXスポーツ』『NOS』などが同監督のコメントを伝えている。

 新たな所属クラブが決まらず、SNSを通しての“就職活動”を行っていた本田は、フィテッセのトレーニング参加が決まったことを先日ツイッターで報告。CSKAモスクワに在籍していた際の恩師であるスルツキ監督から救いの手が差し伸べられる形となった。

 フィテッセは現地時間3日に行われたエールディビジ第12節の試合でエメンと対戦し、1-2の敗戦に終わった。その試合後に本田についてコメントしたスルツキ監督の言葉をオランダメディアが伝えた。

「彼は33歳だが、非常にプロ意識が強い。私は彼のクオリティーを疑ってはいない」とスルツキ監督。正式に加入すれば「双方にとって良いステップ」になるとして、「我々は彼の決断を待っている」「ボールは彼に委ねられている」と述べ、正式契約は本田側の決断次第だとしている。

 本田は2008年1月にオランダのVVVフェンロに加入して国外挑戦をスタートさせ、2010年1月にCSKAへ移籍するまでプレーしていた。約10年ぶりに再びオランダのピッチに立つことになるのだろうか。

11/4(月) 13:28配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00345981-footballc-socc

本田圭佑、オランダ1部フィテッセ入りか!?すでに家族も現地入り“持ってる男”の金メダルロードが始まるかも  

1: Egg ★ 2019/10/31(木) 16:06:41.69 ID:ox7wJBPm9
サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)がオランダ1部のフィテッセの練習に参加することが30日、決まった。自身の公式ツイッターで明かした。

 「あす(31日)からフィテッセのトレーニングに参加する。ありがとう。12年前にトライアウトした時と同じ気持ちだ」。08年1月に名古屋からVVVフェンロ(オランダ)に移籍した当時の心境と重ねてツイート。複数の関係者によると、本田と家族もオランダ入りしており、フィテッセ入りの可能性があるという。

 メルボルン・ビクトリーを昨季限りで退団した後は無所属。オーバーエージ枠での東京五輪出場を目指し、欧州クラブにこだわり、夏ごろからは古巣のVVVフェンロの練習施設でトレーニングを続けてすぐに動ける態勢を整えていた。

マンチェスターU(イングランド)やACミラン(イタリア)に自ら売り込みを掛け、25日にはツイッターで「なぜオファーしてくれない」と嘆いていたが、ここにきてCSKAモスクワ(ロシア)時代の恩師であるスルツキー監督が指揮を執るフィテッセが名乗りを上げた格好だ。

 東京五輪まで残り約9カ月。かつて「選んでもらうのではなく、選ばざるを得ない結果を残す」と豪語した。日本サッカー史上初のW杯3大会連続得点を記録した“持ってる男”の金メダルロードが、やっと始まるかもしれない。

 ▽フィテッセ 1892年創設のオランダの古豪。90年以降、1部に定着し3強(アヤックス、PSV、フェイエノールト)に次ぐ存在。今季も現在7勝2分け2敗で4位と好調。17年にはオランダ杯を初制覇し、クラブ初のメジャータイトルを獲得。かつては安田理大、太田宏介、ハーフナー・マイクも所属した。本拠はアーネムのヘルレドームで収容2万5000人。

10/31(木) 5:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000003-spnannex-socc&pos=4

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索