Samurai Goal

フィッカデンティ


スポンサード リンク





<信じられない>名古屋のフィッカ監督は同じ52歳カズがうらやましくてしょうがない…伊で同時期にプレー 

1: Egg ★ 2020/02/18(火) 22:01:33.79 ID:Z3R7pnTl9
名古屋グランパスの指揮官が、背番号11を羨望(せんぼう)のまなざしで見つめた。14日のJリーグキックオフカンファレンス、フィッカデンティ監督の取材中に現れたのは、カズ(横浜FC)。2人はお互いの存在に気付くと、笑顔で握手を交わした

 実は、同じ1967年生まれの52歳。同時期にイタリアでプレーしていた縁もあり、長く親交があるという。約20年前に現役を退いた指揮官は「信じられないよ。ずっと抱いていたサッカー選手になる夢が現実になっても、どれだけ続くのか、という話。その夢の期間にずっといられるというのは、うらやましくてしょうがない」と語った。

 一方でフィッカデンティ監督は「彼のような情熱は、私にもある」とも話した。監督とプレーヤーという立場の違いはあれど、サッカーを愛する気持ちは不変。情熱的な指揮官の下、復権を目指すグランパスの20年がいよいよ始まった。

2/18(火) 19:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010039-chuspo-socc

写真
no title

<名古屋グランパス>フィッカデンティ監督の続投を正式発表 !就任後1試合平均0・8得点の攻撃力強化が課題...  

1: Egg ★ 2019/12/20(金) 19:18:50.95 ID:PzhsrWZA9
名古屋グランパスは20日、マッシモ・フィッカデンティ監督(52)が来季もチームを指揮すると発表した。9月に風間八宏前監督(57)の後任として就任し、1勝3分け4敗でJ2降格を何とか回避。続投は決定的となっていた

 2018年のJ1復帰後は15、13位と低迷し、シーズン最終盤まで残留争い。クラブを取り巻く負のオーラを振り払うかのように、フィッカデンティ監督が強烈に所信表明した。「世界レベルでどのようなサッカーをするチームが勝つのかということをクラブ、選手たちと共に追求し続け、ファミリーの皆さまが誇りに思えるチームを作り上げていきたいと考えています。名古屋グランパスは常に強いチームであるべきです」

 残留が決定的だった最終節・鹿島戦前には「来季は私がやりたかった全く新しいサッカーを目にしていただける」と宣言。今季終盤は残留を主眼に置き、手堅く勝ち点を確保しにいった。来季続投となれば、抜本的に改革することを予告していたが、不安も尽きない。

 クラブは「攻守一体の攻撃的サッカー」をコンセプトに掲げるが、監督就任後の8試合では、1試合平均0・8得点止まり。新戦力獲得を含めた攻撃力の強化は上位進出に欠かせない。もうこれ以上サポーターを悲しませないためにも…。

12/20(金) 19:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00010039-chuspo-socc

写真
no title

名古屋グランパス、風間八宏監督を解任!後任はフィッカデンティ氏が濃厚...  

20190920-00000214-spnannex-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/20(金) 22:07:40.59 ID:/RlezmAy9
名古屋の風間八宏監督(57)が解任されたことが20日、分かった。後任はFC東京や鳥栖を率いたマッシモ・フィッカデンティ氏(51)の就任が濃厚。21日に行われるファン感謝デーで正式発表される見込みだ。

 関係者によると、20日の練習試合後に風間監督の解任が決定。風間監督は選手やスタッフにも挨拶を済ませたという。

 最近15試合で1勝5分け9敗、11位ながらJ2降格圏16位の鳥栖とは勝ち点4差。2年連続でJ1残留争いに巻き込まれている。フィッカデンティ氏はイタリア人らしく守備の構築に長けた戦術家で有名。リーグワースト5位の40失点を喫している守備陣の立て直しには打って付けの人物だ。とはいえ、目指す攻撃サッカーからは180度違った方針転換。指揮官だけではなく、クラブ強化部の責任も問われる。

9/20(金) 22:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000214-spnannex-socc

鳥栖フィッカデンティ監督も日本化のススメ!「ヨーロッパの真似しても日本サッカーは強くならない」 

1: 名無しさん 2016/09/11(日) 10:15:53.50 ID:CAP_USER9
日本の独自性を追求する姿勢が日本サッカーの向上につながると強調。

鳥栖のイタリア人指揮官が、日本サッカーに貴重なアドバイスを贈った。
 
試合後に行なわれた監督会見のなかで、マッシモ・フィッカデンティ監督は、
「今日は浦和が素晴らしかった」と上位対決を振り返るとともに、日本サッカーの強化の方向性にも示唆に富んだ発言をしている。
 
フィッカデンティ監督は、2010年に長友佑都(インテル)がセリエAのチェゼーナに移籍した際の指揮官で、
「日本のポテンシャルは、長友をイタリアに連れてきた国なので、すごく尊敬に値すると思っている」と発言、
「約30人の日本人選手がヨーロッパでプレーしているという点からもJリーグのレベルの高さを感じる」と、欧州組の増加を歓迎している。
 
しかし、その一方で、日本が世界でさらなる存在感を示していくには、他国のやり方に固執すべきでないと述べている。

「いろんな良いところを取っていくというのは日本の良さでもあり、悪さでもあるんですが、
日本人が(世界で)どうやって戦っていくかということを追い求めるなら、絶対に他の国の真似事をしても強くはならないと思う。

なので、ヨーロッパを真似ようとせず、日本人がやるべきことを国全体で取り組んでいくことが大切だと思う」
 
フィッカデンティ監督はこのように述べて、日本独自のサッカーを追求する姿勢が日本サッカーの向上につながるとした。
 
かつては、J1時代の千葉とドイツ・ワールドカップ後の日本代表を率いたイビチャ・オシム監督が
盛んに日本サッカーの「日本化」を標榜。

日本人の身体的・技術的、あるいは文化的な特性を生かしたサッカーの追求を試みたが、
鳥栖を率いるイタリア人指揮官もまた、日本サッカー界に同様の提言を示した。

SOCCER DIGEST Web 9月11日(日)9時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160911-00018803-sdigestw-socc

写真
no title

速報!サガン鳥栖新監督にフィッカデンティ!! 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 12:59:45.45 ID:CAP_USER*.net
J1鳥栖の新監督に、昨季までJ1のFC東京を率いたフィッカデンティ氏が就任することが分かった。

2016年1月4日 12時37分
http://this.kiji.is/56587330093531136?c=39550187727945729

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索