Samurai Goal

ファーガソン


スポンサード リンク





ルーニーが10年前のファーガソン采配を批判「ジダンも同じ考えだと思う」 

スクリーンショット 2020-08-04 6.45.48

「シンジに謝っていた」…名将ファーガソンが退任を伝えた日 

20200506-43480069-gekisaka-000-3-view

ファーガソンがC・ロナウド&ルーニーをキャプテンにしなかった理由 

news_300950_1




1: 2020/04/17(金) 19:24:28.88
20/4/17 19:17

 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏が、同クラブのキャプテンにまつわるエピソードを話した。

 1992年から2011年までクラブ歴代5位となる602試合に出場したユナイテッドのレジェンドであるG・ネビル氏。8度のプレミアリーグ優勝や2度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を経験した中で、2005年からは5年にわたって主将を務めた。

 ユナイテッドは2007-08シーズンに素晴らしい選手を揃えてCLを制覇するなど、隆盛を極めた。そんな中、自身の衰えを感じていたというG・ネビル氏は、キャプテンを務めることについて、「プレシーズンにサー・アレックス(ファーガソン)に会いに行った」という。当時の様子をイギリス『スカイスポーツ』で以下のように振り返っている。

「キャプテンとして貢献できていないように感じていたんだ。当時の我々には、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベス、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、マイケル・キャリック、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エブラ、エドウィン・ファン・デル・サールといった素晴らしい選手たちがいた」

「私はサー・アレックスに『自分はもうキャプテンではなくていいと思います。自分が率いるレベルのチームではないくらい素晴らしくなっています』と話したんだ。でも彼には、『君にキャプテンを続けてもらう。ギグスとローテーションしながらね』と言われたよ」

「彼は、『もしロナウドをキャプテンにしたら、ルーニーが追い出される。ルーニーにしたら、ロナウドが追い出される。ヴィディッチに託したら、ファーディナンドは幸せに思わないだろう』と話していた。そして、その後の3~4年、私とギグスがキャプテンを共有したんだ。それはドレッシングルームでの友情のためだった。サー・アレックスはチーム最優先で考えていたんだ」

 なお、G・ネビル氏の引退後、2011年から2014年まではヴィディッチがキャプテンマークを引き継いだ。その後はルーニー、マイケル・キャリック、アントニオ・バレンシア、アシュリー・ヤングが務め、今季途中からはハリー・マグワイアが主将に就任している。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300950-300950-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/301000/300950/news_300950_1.jpg

元マンU監督ファーガソン氏、手術成功し回復の兆し!! 

sir-alex-ferguson_1l4f384zg6ddn1h9iswupuhmz2
 脳出血で5日に緊急手術を受けた元マンチェスター・ユナイテッド監督アレックス・ファーガソン氏(76)は家族と会話をするなど、徐々に快方に向かっている。

 英『サン』によると、手術後、起き上がったファーガソン氏が家族に向かって最初に発した言葉は「ドンカスターの結果はどうなった?」だった。息子のダレン・ファーガソン氏(46)が率いるドンカスター・ローバーズFC(イングランド3部相当)は5日、ウィガンと対戦したシーズン最終戦を0-1で落としていた。

 関係者は「いつものアレックスだ。彼のサッカー談義を止めることはできない」と話している。ファーガソン氏は緊急手術を終えたばかりにもかかわらず、2週間後に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を観にキエフまで行くと話し、家族を驚かせている。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-01653590-gekisaka-socc

【悲報】元マンU監督、ファーガソン氏が脳出血で倒れる 宿敵からも応援メッセージ 

9f42707a

マンチェスター・ユナイテッドを長年率いてきたアレックス・ファーガソン氏が脳出血を発症したことを受け、ライバルのリヴァプールがコメントを発表した。

5日、76歳のファーガソン氏が脳出血を発症し、病院で緊急手術を受けたとのニュースが届いた。手術は無事に終わったようだが、依然として予断の許されない状況が続く中、フットボール界から多くのサポートの声が上がっている。

長年マンチェスター・Uとライバル関係にあるリヴァプールも、クラブの公式ウェブサイトで「元マンチェスター・ユナイテッド指揮官が病に倒れた一報を受け、リヴァプール・フットボールクラブの全員がサー・アレックス・ファーガソンと彼の家族のことを祈っている」と声明を発表。

「最大のライバルであり、最高の友人である彼は困難な時間を過ごしている。我々はサー・アレックスが無事に回復することを願っている。それと同時に我々はマンチェスター・ユナイテッドと彼の家族への全面的な支援を表明する」

1989年に起きた“ヒルズボロの悲劇”の後、当時からマンチェスター・Uを指揮していたファーガソン氏はライバル関係でありながらもリヴァプールへのサポートをいち早く表明。それ以降、リヴァプールはスコットランド人指揮官へ大きな敬意を抱いているようだ。


GOAL

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000007-goal-socc

UEFAが延長戦の廃止検討!…ファーガソン氏「疲れ果てた選手たちがピッチ上を歩き回る姿は見たくない」 

1: 名無しさん 2016/09/01(木) 12:40:56.38 ID:CAP_USER9
[ニヨン(スイス) 31日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)は31日、年次のエリートクラブ監督フォーラムを行い、欧州の一流クラブ監督らがUEFA主催大会での延長戦の廃止などについて議論した。

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)の元監督で、UEFAでコーチングアンバサダーを務めるアレックス・ファーガソン氏は、「疲れ果てた選手たちがピッチ上を歩き回る姿は見たくない」とし、延長戦で決勝ゴールが決まることは少ないと指摘した。

また、ら技術部長のヨアン・ルペスク氏は「最近の選手たちは過密日程をこなしている。今後も延長戦を実施することが、選手たちにとっていいことかどうか話し合った」と述べた。90分終了後、直接PK戦に突入するという形でもいいとの意見もあったという。

南米の主要大会、リベルタドーレス杯では90分を終えても決着がつかない場合も延長戦は行わない。

ロイター 9月1日 11時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160901-00000034-reut-spo
no title

【動画】クリロナに会いたくて首を長くして待つファーガソンが孫に会いに来たおじいちゃんみたいでかわいいwww 

300: 名無しさん 2016/07/11(月) 17:30:35.93 ID:Si3aXVN80
ガム爺、クリさんに会いたくて首を長くして待つ
https://youtu.be/P1q6sYFBUj4



no title

ファーガソンがサッカー日本代表に就任!!…… 

1: 名無しさん 2016/05/24(火) 17:40:29.026 ID:qGiN7QQd0
もし、こうなったらどうなの?

no title

ファン・ハールは悪くない! 英メディアが遺産を残せなかったファーガソンにも責任があると主張 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 21:48:03.63 ID:CAP_USER*.net
現代サッカーに近づけなかったファーガソン

6試合連続勝ち星なしと絶不調にあるマンチェスター・ユナイテッドは、指揮官ファン・ハールに批判が集中している。勝利した時にも守備的でつまらないと言われるのだから、マンUの指揮官は大変な職業だ。最近の成績からファン・ハールは無能な指揮官と言われているが、英『デイリー・メール』はファン・ハールだけが悪いと言い切るのはナンセンスと主張している。

同メディアはマンUでの仕事が非常に特殊だと指摘した。アレックス・ファーガソンが長期政権を築き、彼の後任に就いたデイビッド・モイーズとファン・ハールはどうしても偉大なファーガソンと比較されてしまう。しかし、思い返せば勇退する2012-13シーズンはリーグ制覇を達成したものの、ファーガソンはほとんど遺産を残せなかった。

ファーガソンは現代サッカーに歩み寄ることができず、ファーガソン流と呼ばれる独特なスタイルを残してクラブを去った。モイーズもファン・ハールもその独特なスタイルからの脱却に苦労しており、今の苦戦はファーガソンにも多少の非はある。過去に香川真司を獲得してスモールエリアを崩す現代サッカーに歩み寄ろうとはしたものの、結局香川を活かすスタイルは見つけられなかった。

悪く言えば古臭かったファーガソンのサッカーからの脱却を目指すファン・ハールは、かなり難しい仕事に直面している。それもモイーズが引っ掻き回した後ということもあって難しさは倍増していると言えるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010029-theworld-socc
no title

ファーガソンの告白 マンUで実現したかもしれない香川とクロップの師弟関係 

1: 依頼@Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 22:16:24.26 ID:???*.net
英メディアに語る 「モイーズ政権は消去法の産物」

マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督が、2013年夏に退任する際に、
現在リバプールの新監督候補に浮上しているユルゲン・クロップ氏の招聘(しょうへい)に動いていたことを告白。

ドルトムント時代のまな弟子だった日本代表MF香川真司と、
オールド・トラフォードでタッグを組んでいた可能性があったことが明らかになった。英BBCが報じている。

プレミアリーグ優勝13回、サーの称号を持つ男は2012-13シーズンのリーグ優勝後、オールド・トラフォードで華やかな指導者キャリアに幕を下ろした。
後任には同じスコットランド人で、エバートンで辣腕を振るっていたデイビッド・モイーズ監督を推薦。
だが、名将が期待を込めて任命したはずの後継者は、名門を浮上させることができず、1シーズンを持たずに解任された。

ファーガソン元監督は「我々の状況下では最高の選択をした。我々は正しい人間を選んだんだ。
私はチームがミスを犯したとは全く思わない。不運にも、デイビッドにとってはうまくいかなかった」と主張した。

だが、ユナイテッドの歴史であだ花となったモイーズ政権は、「消去法の産物」だったという。
.
サーの後任にクロップが就任していたら…

「ジョゼ・モウリーニョはチェルシーに復帰した。カルロ・アンチェロッティはレアル・マドリードに行ってしまった。
ユルゲン・クロップはドルトムントと契約を更新した。ルイス・ファン・ハールはワールドカップを目指すオランダ代表にいた」と、サーは説明した。

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督ともニューヨークで夕食をともにし、就任の打診を済ませていたファーガソン氏だったが、
世界屈指の名将や現職のファン・ハール監督に加え、リバプールの新監督に就任濃厚とされるクロップ氏を自らの後継者候補に入れて、人選を進めていたことを明らかにした。

香川はファーガソン氏の直々の説得で2012-13シーズン開幕前にドルトムントからユナイテッドに移籍。
だが、所属2シーズン目のモイーズ政権下では出場機会と試合勘を失い、昨夏にドルトムントに出戻る格好で復帰している。

ユナイテッドでの2年目に、もしもクロップ氏がサーの後任として就任していたら……。
失意のまま去ることになったマンチェスターの地で、香川には異なる未来が待ち受けていたかもしれない。

Soccer Magazine ZONE web 10月6日(火)16時13分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151006-00010014-soccermzw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索