Samurai Goal

ファン・ハール


スポンサード リンク





ファン・ハール「(マンUとトッテナムとの違いは)マンUには経験ある創造的な選手がいない!」 

1: 名無しさん 2016/04/20(水) 17:50:57.39 ID:CAP_USER*.net
マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は、ユナイテッドとトッテナムには、大きな差がないと主張する。20日に行われるクリスタル・パレス戦に向けた記者会見で、自身の考えを展開した。

5位のユナイテッドと2位のトッテナムの間には、「12」もの勝ち点差がある。10日に行われた直接対戦でもユナイテッドは0-3で敗れているが、オランダ人監督は自身のチームが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のチームと同じレベルにあると語った。

「私たちは(8月の対戦で)トッテナムに1-0で勝っている。70分までは私たちの方が良いチームだったが、コミュニケーションのミスが起こった」

「だから、私はトッテナムとマンチェスター・ユナイテッドの間に、大きな差はないと思っている。しかし、勝ち点では差が開いている。彼らはより多くの試合で勝利を収めた。彼らはより多くのゴールを挙げているからだ。なぜなら、彼らの方がよりクリエイティブな選手が多いからだ」

MFフアン・マタ、FWメンフィス・デパイ、FWアンソニー・マーシャルといった選手を抱えているファン・ハールだが、オールド・トラフォードでの試合では創造性を欠いたと強調する。

「私はこれまでもチームが前進するために必要なものを言ってきた。私の考えでは、私には経験のある創造的な選手がいない」

「すべての選手を獲得することは不可能だ。なぜなら、それは選手とクラブの考え、そしてマンチェスター・ユナイテッドがいくら払うかにもよるからだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160420-00000009-goal-socc
no title

チチャリート「V・ハールは本当に素晴らしい指揮官!サー・アレックスのような唯一無二の特別な存在になりえる」 

1: 名無しさん 2016/04/19(火) 15:09:59.18 ID:CAP_USER*.net
レヴァークーゼン(ドイツ)FW“チチャリート”ことハビエル・エルナンデスが、古巣マンチェスターU(イングランド)の
ルイス・ファン・ハール監督に言及。
「素晴らしい監督」と称賛し、マンU在籍時に2番手であることを正直に話してくれたことに「感謝している」と語った。
英タブロイド「ザ・サン」紙(電子版)が現地時間18日に伝えている。

 エルナンデスは、ファン・ハール監督がマンUの指揮官に就任した2014-15シーズンに、
レアル・マドリー(スペイン)に期限付き移籍。33試合9得点の成績を残したものの、完全移籍は実現せず。
結局マンUに戻ったが、そこでファン・ハール監督から構想外との評価を受け、
2015年8月末にレヴァークーゼンに完全移籍。新天地では1年目から爆発し、ここまで公式戦25得点を記録している。

 エルナンデスは自身を放出したファン・ハール監督について「正直に言って、本当に素晴らしい指揮官だ。
世界中のあらゆる監督同様に、自分のやり方を持っている」と語った。

 古巣マンUはアレックス・ファーガソン元監督の勇退以来、厳しい時期を過ごしており、
ファン・ハール監督も解任の可能性が何度も報じられている。
エルナンデスは「新たなサー・アレックスは今後50年、100年間には現れないだろう。
唯一無二の特別な存在だったからね」とコメント。
「ファン・ハール監督にもそれは可能だ。しかしサッカー界は結果がモノを言う。
ファン・ハール監督が特別かどうかは、時が経過しなければ分からない」と述べている。

 同選手はまた、マンU退団の経緯を改めて説明。
「ファン・ハール監督に、僕のプレーする機会は非常に限られると告げられた。
最初から正直に伝えてくれたことに感謝している。
あの時、監督はウェイン・ルーニーがレギュラーFWになるため、チャンスは少なくなると言ってくれた」と振り返っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160419-00000013-ism-socc
no title

ファン・ハール「(3失点完敗も)今後もトッテナムよりマンUの方がビッグクラブ」 

1: 名無しさん 2016/04/12(火) 19:17:16.71 ID:CAP_USER*.net
現地時間10日(以下現地時間)のイングランド・プレミアリーグで、トッテナムに0対3と完敗したマンチェスターU。
今季は順位上の上でもトッテナムの後塵を拝しているが、それでもマンUの方がビッグクラブであることは今後も変わらないと、
ルイス・ファン・ハール監督が主張した。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が11日に伝えている。

トッテナムとのアウェイ戦に臨んだマンUは、70分にデル・アリに先制点を奪われると、
その後立て続けにトビー・アルデルヴァイレルト、エリック・ラメラにも決められ、6分間で3失点。

そのまま敗れ、4位マンチェスターCとの勝ち点差が4に広がるとともに、2位トッテナムとの差は12ポイントにまで開いた。

2014年にトッテナムの指揮官に就任する可能性もあったというファン・ハール監督。この試合後、
同クラブでの仕事を引き受けなかったことを後悔しているかと問われると、
「資金力の点で、我々(マンU)は現在でも(トッテナムの)上をいく。それに、ここの方が大きなチャレンジだということを、言わなければならない」

「より大きなクラブの方が、挑戦も常に大きいものになる。トッテナムとダニエル・レヴィ会長には好意をもっているが、マンチェッスターUの方が大きなチャレンジだ。
そして、それはこれからも変わらないだろう」「トッテナムには申し訳ないが、今後もマンチェスターUの方がビッグクラブであり続けるだろう」と、
歴史的にイングランド最高の成功を収めてきたクラブの1つであるマンUの方が、今後もより重要な存在であり続けるとの見解を示した。

来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に黄信号が灯っているマンUだが、ファン・ハール監督はトップ4入りは可能だど主張。
「まだ6試合、18ポイント残っている。しかし、以前よりも難しくなった」と、逆転でのCL出場権獲得が難しいとしつつも、可能性は残されていると述べている。

ISM 4月11日(月)17時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000017-ism-socc

写真
no title

ファン・ハール監督が持論展開「欧州CLはリーグ王者だけが出場すべき」 

1: 名無しさん 2016/03/05(土) 13:01:27.70 ID:CAP_USER*.net
【AFP=時事】ルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督は4日、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)を
再び来季の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)出場争いに戻したが、
イングランド・プレミアリーグ4位という成績は欧州最高の舞台にふさわしくないと考えている。
現在4位のマンチェスター・シティ(Manchester City)と勝ち点で並び、得失点差で5位につけるユナイテッドは、
リーグ3連勝をかけて6日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(West Bromwich Albion、WBA)戦に臨む。
先日まで解任の危機に立たされていたファン・ハール監督だが、2季連続でユナイテッドにチャンピオンズリーグ出場権を
もたらすことができれば、今季の仕事は成功したとみなされる。
.
 しかし、オランダ・エールディビジのアヤックス(Ajax)でチャンピオンズリーグ制覇を経験している指揮官は、
1992年の裾野拡大により、各国から最低1チームが出場し、グループリーグが導入された現行の大会方式ではなく、
各国のリーグ王者のみが戦った以前のヨーロッパチャンピオンズカップ(European Cup)のフォーマットを支持している。
.
 そしてファン・ハール監督は、欧州の複数のクラブが提唱し、プレミアではユナイテッド、シティ、
リバプール(Liverpool FC)、チェルシー(Chelsea)、アーセナル(Arsenal)の「ビッグ5」が話し合っていたとされる
欧州スーパーリーグ(European Super League)の発足にも反対していることを明らかにした。

 ファン・ハール監督は4日、「私のキャリアを振り返ってくれれば、スーパーリーグやそれと同じような大会に
私が反対していることは明白だ」と語った。
.
「スポーツとはベストを決めるものだ。チャンピオンズリーグ発足時、リーグ戦の1位から4位のチームが出場すると知って、
私はナンセンスだと言った」

「大会はリーグ王者間で争われるべきだ。20年前にもそう主張したが、今でもその考えに変わりはない」
.
「(現行のシステムは)商業主義的な考えだ。商売という観点では正しいが、スポーツは勝つことが本来の目的であり、
2位や3位になることではない」

■「ヨーロッパリーグ制覇はファンタスティック」

 ユナイテッドは現在、ヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2015-16)でベスト16、イングランドFAカップ
(FA Cup 2015-16)で準々決勝に勝ち残っている。

 ファン・ハール監督は、アレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)元監督が退任した2013年にリーグ優勝を
果たして以来となるタイトルを本拠地オールド・トラフォード(Old Trafford)にもたらしたいと考えており、
チーム内の自信は高まりつつあるとの見解を示している。
.
「選手にはまず信じることだと言っている。私は信じているが、選手も信じなければならない。
今なら彼らもそれができると理解している」
.
「リーグ4位以内は今でもわれわれの目標だが、タイトル獲得も目標であり、そのタイトルとはヨーロッパリーグだ」
.
「ユナイテッドはヨーロッパリーグのタイトルを獲得したことがない。優勝はクラブとファンにとって
ファンタスティックなものになるだろう。FAカップも優勝からしばらく遠ざかっているので、
そこでもタイトルを獲得できればファンタスティックだ」
.
「タイトルは常にリーグ4位より大きな価値がある。しかし、チャンピオンズリーグ出場もわれわれの目標であり、
ヨーロッパリーグとリーグ戦の4位は等しく重要だ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00000010-jij_afp-socc&p=2
no title

香川真司は?英テレグラフ紙がファン・ハールのマンU『大放出』について査定! 

1: 名無しさん 2016/02/18(木) 18:22:33.01 ID:CAP_USER*.net
昨シーズン、デイヴィッド・モイーズの後を受け、マンチェスター・ユナイテッドの再建を託されたルイス・ファン・ハール。
見事に1シーズンでのUEFAチャンピオンズリーグ復帰を果たしたものの、今シーズンはグループステージ突破に失敗。
プレミアリーグでは現在5位だが、4位マンチェスター・シティとの勝ち点差は6に開いており、
来季のチャンピオンズリーグの出場権が非常に厳しい状況となりつつある。
来季はチェルシーを退団したジョゼ・モウリーニョの監督就任が濃厚と英国メディアが騒ぐなど、
ファン・ハールの首筋は寒くなりはじめている中、英国紙の『Telegraph』が気になる話題を提供している。
それは、「ルイス・ファン・ハールがマンチェスター・ユナイテッドからこれらの選手を放出したのは正しかったのか?」というものだ。
13人の選手たちの名前がリストアップされており、その中にはドルトムントに復帰した日本代表MF香川真司の名も含まれている。順にご紹介しよう。

パトリス・エヴラ
売却: 2014年
売却先:ユヴェントス
移籍金:120万ポンド

2014年の夏、ルイス・ファン・ハールが着任してすぐにユナイテッドを去った。
そして、ユヴェントスでは大きな成功を続けている。昨シーズンはこのイタリアのチームがチャンピオンズリーグの
ファイナルまで行くことの手助けをし、国内ダブルに貢献。今シーズンも継続性のあるフォームを続けている。
この週末、ファン・ハールは「ユナイテッドはサイドバックのいないクラブ」と嘆いていた。今エヴラがいたらどうしたであろうか。

裁定:ファン・ハールは彼が一緒にいたらと願っているはず

ダニー・ウェルベック
売却: 2014年
売却先:アーセナル
移籍金:1600万ポンド

地元で人気のあったウェルベックを売却したことでユナイテッドはファンの怒りを買った。
彼はアカデミー出身者であり、働きっぷりとクラブへの情熱は有名だったからだ。
故障によりアーセナルに戻れずにいたが、昨シーズンのオールド・トラッフォードにおけるユナイテッド戦での決勝ゴールと、
日曜日のレスター戦での決勝ゴールは、彼がフィットさえできれば本物の力を有していることを示している。

裁定:現時点では裁定不能

アンデルソン
売却: 2015年
売却先:インテルナシオナウ
移籍金:フリー

昨年、この恰幅の良いブラジル人がブラジルに戻ったとき、完全に笑い者にされていた。あえて言うならば、
このMFはインテルナシオナウで輝くことに失敗したのだ。彼は高所であるラ・パスで行われたデビュー戦で
体力を使い果たす前にPKに失敗し、その後イピランガとのドローゲームで退場してしまった。

裁定:良い放出

ダレン・フレッチャー
売却: 2015年
売却先:WBA
移籍金:フリー

フレッチャーがWBAに向かうまで、オールド・トラッフォードにおいて、フィットネスと健康の問題を抱え続けた。
今は恒常的にプレーできる状態に復帰しており、ユナイテッドでの絶頂期のレベルには無いが、
ソリッドなプレーを見せている。

裁定:彼を行かせてあげる正しいタイミングだった

no title

スコールズ「ファン・ハール監督のスタイルは「退屈」だ」→ファン・ハール「もっとポジティブに!」 

1: 名無しさん 2016/02/12(金) 19:14:36.73 ID:CAP_USER*.net
退屈なサッカーをしているとして、ポール・スコールズ氏から批判を受けているマンチェスターU(イングランド)の
ルイス・ファン・ハール監督が、同氏に「もっとポジティブに」との忠告を行なった。現地時間11日(以下現地時間)、
英『インディペンデント』紙(電子版)が報じている。

 消極的なサッカーをしているとファンから不満の声が上がっているマンU。これについては、クラブOBのスコールズ氏も
ファン・ハール監督のスタイルは「退屈」だと公然と批判している。チームが調子を落としていることもあり、痛い指摘だった。
しかし、ファン・ハール監督はスコールズ氏と元同僚で親しい関係のライアン・ギグス助監督に仲裁を頼むことは
考えていないという。

 ファン・ハール監督は同紙との特別インタビューで「ライアンにプレッシャーを掛け、スコールズとの友情に
影響を与えるようなことをする必要はない」とコメント。「人間、誰にでも自分の意見を表明する権利はある。
私がそれで困ることはないし、意見を言うのはいいことだと思う。ただ、そのせいで非常にネガティブな空気が
生まれるのなら、問題だ。その意味で、スコールズはもう少しポジティブになった方がいいと思う」と語った。

 公式戦で4連敗を喫した時期もあったマンUだが、直近の公式戦では9試合中8試合負けなしとしている。
ただ、引き分けに終わっている試合が多いのも事実で、7日のチェルシー戦では先制しながら終了間際の失点で
ドローとなった。

 ファン・ハール監督は「勝ち切る必要がある。チェルシー戦では非常に良いパフォーマンスを見せながら、
試合を決めることができなかった。さらに向上していく必要がある」とコメント。終盤で勝ち点を失った試合が
いくつかあるとし、勝ち切る方法を学ぶことが重要だと述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000019-ism-socc
no title

マンU…モイーズよりも勝てない! ファン・ハール政権の戦績がいよいよ最悪に 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 01:11:05.69 ID:CAP_USER*.net
クラブ史上最弱のチームの完成か

サポーターもこれほど勝てないマンチェスター・ユナイテッドの姿を見るのは初めてではないだろうか。23日のサウサンプトン戦にも敗れ、ついに首位レスター・シティとは勝ち点差10がついてしまった。

デイビッド・モイーズが率いていた2013-14シーズンも相当悪い成績だったが、ファン・ハールに率いられた今季はそれを上回る低調ぶりだ。

英『スカイ・スポーツ』は、今季のマンUが最悪であることを示すさまざまなデータを掲載している。

まず、23試合を消化した時点で勝ち点37しか取れていないのはマンU史上最低の数字だ。モイーズ政権下ですら勝ち点は40あり、ファン・ハールはそれをも下回るチームを作ってしまった。

アレックス・ファーガソンが率いていた2006-07シーズンには同時期に勝ち点57を稼いでいたため、10年もたたないうちに大きく成績が落ち込んでしまった。

また、相変わらず得点も決まらない。1999-2000シーズンには1試合あたり2.55点と高い得点率を記録していたが、今季は1.22とこちらも異常に落ちている。

すでに得点できなかった試合が8試合もあり、これまで得点が多く入る面白い試合をしていたはずのマンUが一気に退屈なチームへと変わってしまった。オールド・トラッフォードに行けば最低でも1点くらいは見られるだろうと考える時代は遠い過去のものとなったのだ。

ファン・ハールのチームはここまでリーグ戦で28得点挙げているが、過去には今以上に得点が奪えていない時代もあった。しかしそれはプレミアリーグ発足前のことで、1970年代はあまり点が取れないチームだった。そこから徐々に得点を奪えるチームに成長してきたのだが、逆戻りしてしまったような感覚すらある。

そして、ついにファン・ハールは勝率でもモイーズの50%を切る49.2%を記録してしまった。これではモイーズ以下と言われても反論はできない。マンUはどこまで落ちていってしまうのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160126-00010000-theworld-socc
no title

ファン・ハール監督が退任検討、ストレスが原因か…後任人事は流動的 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 18:01:44.40 ID:CAP_USER*.net
マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が退任を検討していることが明らかになった。
20日付のイギリス紙『インデペンデント』などが報じている。

 ファン・ハール監督は2016-17シーズンまでの契約を結んでいる。しかし同監督は、契約を満了することなく、
今シーズン限りでの退任を考えている模様。理由として、結果に対するプレッシャーを挙げているようだ。

 今シーズン、ここまでリーグ戦で5位にとどまり、チャンピオンズリーグではグループステージ敗退となるなど、
成績が芳しくないマンチェスター・U。厳しい状況の中、解任も噂されているファン・ハール監督には、
サポーターからも勝利へのプレッシャーをかけられている。

 こうした圧力はビッグクラブの宿命でもある。しかし同監督の友人によると、ファン・ハール監督は
プレッシャーからくるストレスや、家族に対する影響などの悩みを抱えているという。
現在、自身の進退について検討しているようだ。

 後任についてファン・ハール監督は、現アシスタントコーチのライアン・ギグス氏を推薦している。
しかし、クラブは昨年12月までライバルクラブのチェルシーを率いていたジョゼ・モウリーニョ氏の
次期監督就任を画策しているようだ。同氏の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏とマンチェスター・Uの間には
繋がりがあり、後任人事は流動的である。

 「クラブが私を解任する必要があるとは限らない。私が自分自身で終わらせることもできる」と退任を
示唆したこともあったファン・ハール監督。今後の展開に注目が集まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00393616-soccerk-socc
no title

ファン・ハール監督がついに認めた! 「チチャリート放出は間違いだった」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 00:55:59.42 ID:CAP_USER*.net
英紙報道 ユナイテッド攻撃陣は深刻なゴール欠乏症
 
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が今季開幕時にレバークーゼンに放出した
メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの放出を「失敗」とついに認めた。英地元紙「サン」が報じている。

チチャリートの愛称を持つエルナンデスはファン・ハール監督体制では出番がなく、
「1パーセントしか出場機会はない」と指揮官から非情通告を受けた。

だが、今夏にレバークーゼンへの移籍後、レギュラーとして大活躍。公式戦22試合19得点というゴールラッシュを披露している一方で、
ユナイテッドの公式戦は得点力不足に悩まされており、FWウェイン・ルーニー(7得点)、アンソニー・マルシアル(8得点)、
メンフィス・デパイ(5得点)というFW陣3選手を合わせたものとほぼ同数となっている。

 今季得点力不足に悩まされていることもあり、チチャリート放出を失策と批判する声が大きくなっていた。
そして、「チチャリート放出は間違いだったの?」との報道陣からの質問に、

ファン・ハール監督は「多分君が正しいだろうね。しかし、前もって知ることは不可能だ」と回答
結果論を強調しながらも、自身の失敗だったことをついに認めた。

リストラ対象がブンデス19得点「私はいつもこうした決断をしてきた」
 
開幕前にはチチャリートだけでなく、ロビン・ファン・ペルシー(フェネルバフチェ)、ラダメル・ファルカオ(チェルシー)など多くのストライカー陣を放出。
2年間で460億円補強の裏側で、25選手をリストラしているが、その理由については
「彼らみんなハッピーではなかった。彼らは出て行くことを望んだ。エルナンデスもその例だ。彼はプレーを望んでいた」と語った。

「放出は間違いだったのかもしれない。しかし、私は監督人生ではいつもこうした決断をしてきた。今いる選手たちも信頼している」

公式戦8戦勝ちなしという苦境に立つユナイテッド。大黒柱ルーニーの不調に加え、神童マルシアルも停滞気味で、
チチャリートは皮肉にもゴールラッシュを続けている。オランダ人指揮官の苦悩はまだまだ続きそうだ。

Soccer Magazine ZONE web 1月2日(土)12時14分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160102-00010002-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】止まらないチチャリート旋風! 2ヵ月連続でブンデス月間MVPに輝く
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451536668/

【サッカー】「チチャリートを手放すべきではなかった」ユナイテッドOBがファン・ハールの重大なミスだと指摘
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451388069/

マンU・GKバルデスは見捨てられたまま……今冬もマンUに残留すると英紙が報じる 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 10:11:30.13 ID:CAP_USER*.net
夏まで状況を改善できない!?

マンチェスター・ユナイテッドで指揮官ルイ・ファン・ハールと関係が悪化し、不当な扱いを受けてきた
元スペイン代表ビクトール・バルデス。キャリントンの練習場では自主トレーニングしか許されず、
トップチームの選手とも顔を合わせることが禁止されている。

バルデスは今冬の移籍市場でユナイテッドを離れられると思われていたが、今のところ次にプレイする
新たなクラブの見込みが立っていないようだ。英紙『デイリー・メール』は、
「ファン・ハールに追放され続けているが、夏まで自由の身にはなれない」と伝えている。

同メディアは、バルデスに対してトルコやメキシコのクラブが関心を示しているが、
彼はプレミアリーグに留まりたい考えでいるため、良いオファーが届いていない状況。
かねてから噂されていたニューカッスルへの移籍も望みが薄いという。

バルセロナで多くのタイトルと獲得してきたGKは、見捨てられたままマンチェスター・ユナイテッドで
あと半年過ごすのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00010031-theworld-socc

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索