Samurai Goal

ファン


スポンサード リンク





本田圭佑の敗退後のSNS発信にファンが猛反発、 「延長やPK戦がないトーナメントなんてみたことがない」 

20200707-43481596-gekisaka-000-4-view




1: 2020/07/08(水) 14:21:47.21
本田圭佑のボタフォゴは7月5日、リオデジャネイロ州選手権の準決勝をフルミネンセと戦った。この試合は本田にとって、ブラジルでの最初の真剣勝負と言ってもよかった。
これまでの試合はすべて中小チームとの対戦で、フルミネンセは彼が初めてぶつかった強豪だった。言い換えれば、彼が実力を見せる絶好の機会でもあった。  
本田は今回もキャプテンとして90分間プレー。しかし、その内容は皆が期待していたものとは程遠かった。特に前半はほとんど見るべきものはなかった。

簡単なボールタッチを39回しただけで、アシストもシュートもゴールも、特筆することは何もなかった。  
後半27分になってやっと見せ場が訪れた。本田がFWのブルーノ・ナザリオにピタリと合うパスを送り、ナザリオがシュート。しかし、残念ながらこれはゴールバーを叩いて終わった。
その後はまた膠着が続き、そのままゲームは0-0で終了。本田のモーターはフルスロットには遠い状態だった。  
他の選手よりは多少マシだったかもしれないが、W杯を三度も経験し、世界的にも名の知れた本田である。ここで何かやってくれるのではと思っていたサポーターは肩透かしを食らった形となった。

ただ、ピッチでは話題をさらえなかった本田も、ピッチの外では注目を浴びることとなった。原因は試合後のSNSへの投稿だ。  
試合結果は0-0のスコアレスドローであったが、ボタフォゴは選手権での敗退が決まった。リーグのルールでは、引き分けの場合、延長、PK戦はなし。1次リーグでポイントが高かったほうが勝利することになっているからだ。  

1次リーグでボタフォゴはグループAに所属し、1位はフラメンゴ(15ポイント)、2位がボタフォゴ(8ポイント)。グループBは1位フルミネンセ(10ポイント)、2位ヴォルタ・レドンダ(10ポイント。フルミネンセとは得失点差)だったため、フルミネンセが決勝に進出することになった。  

本田はどうやらそのルールに驚いたようだ。  彼のTwitterには英語で「フルミネンセおめでとう。彼らは勝利に値した。しかしこれだけは言っておきたい。このルールは変えられるべきだ。延長やPK戦がないトーナメントなんてこれまでみたことがない」の言葉があった。  この投稿がブラジルで物議を呼んだ。

最初の反応は「本田ってこれまでこのルールを知らなかったの?」だ。試合後のタイミングでこう発言をするということは、彼がルールを知らずにプレーしていた可能性も高い。
「ピッチに入る前にそれくらい勉強しておけよ」「ボタフォゴは、こういうルールであることを教えてくれなかったんですか?」......。もしそうだったら、本田は自分がチームと意思の疎通が取れていないと宣言したようなものである。  
また、もし彼がこのルールを知っていたとしたら、今度は「なぜこのタイミングで?」ということになる。「なんで敗退後に言うの?」「しょせん負け犬の遠吠え」という反応が相次いだ。  本田のパフォーマンスを揶揄する声もある。「嘆くのは自分がいいプレーをしてからにしろ」「やるべきこともやらないで、ルールをとやかくいう資格なし」......というわけだ。  
そして何より一番多かったのは「何様のつもり?」というものだった。本田はファンから見ればまたも過ちをしてしまった。  
>>2以降に続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/b864be592a1c0b6bcf0d3493aaad9e545d26a3f6?page=2

優勝喜ぶファン暴徒化 「全くもって許されない」 リバプールが非難 

20200628-00000021-jij_afp-000-3-view

「日本人ファンは顔を赤くした」韓国メディア、南野めぐり日本のメディアとファンの“温度差”指摘 

20200627-43481320-gekisaka-000-1-view

なぜ? 無観客のはずの欧州CLで1人の男性ファン観戦 海外感動「真の愛がそこに…」 

20200311-00107701-theanswer-000-3-view

バレンシアファン4人がコロナ感染か? アタランタ戦観戦のためにイタリア訪れる【欧州CL】 

20200226-00364429-footballc-000-3-view




1: 2020/02/26(水) 13:53:43.15
チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アタランタ対バレンシアの試合が現地時間19日に行われ、アタランタが4-1の勝利をおさめた。この試合を観るためにイタリアを訪れていたバレンシアファン4人に新型コロナウイルスに感染した疑いがあるようだ。25日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大しイタリアでは犠牲者が出ていた。欧州の中でイタリアは最も感染者が多く、特にアタランタが本拠地を置くベルガモのロンバルディア州は感染者が多発している。なお、試合はロンバルディア州のミラノにあるサン・シーロで行われていた。

 同メディアによると、バレンシアファン4人が新型コロナウイルスの兆候を見せているとのこと。現時点で新型コロナウイルスと断定されていないものの、自宅に留まるよう命じられているという。最近になってセリエAの試合が延期、または無観客試合になることが決定したが、アタランタ対バレンシアの試合はそういった対策が本格化する前に行われていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364429-footballc-socc

Jリーグ公式戦中止&延期はファンのため…村井チェアマンが最後まで拒んだのが無観客試合 

20200226-00010012-chuspo-000-1-view




1: 2020/02/26(水) 08:32:41.65
Jリーグは25日、東京都内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月15日までに予定していた全公式戦の中止と延期を決めた。
日本国内の主要プロスポーツで同ウイルスの影響による中止は初。J1、J2、J3、YBCルヴァン杯が対象で計94試合。村井満チェアマン(60)は「国難」と重く受け止めた。

公式戦の再開を3月18日に設定した理由について、村井チェアマンは政府の専門家会議の「瀬戸際」見解を基準にして、「余裕をみて(中断期間を)3週とした」と説明した。
ただ、目に見えぬ新型コロナウイルスの正体はいまだ不明で、状況はなお予断を許さない。

開催延期という異例の決断の裏側で、「最後の最後まで手段としては取るべきでない」と村井チェアマンが否定したのが無観客試合の開催だ。

「勝った、負けたを競い合うだけでなく、ファンやサポーターにそれ(試合)をお届けするために存在している」

プロスポーツとしての存在意義、価値とともに、ファンに支えられてこその思いがある。
開幕節のスタジアムはマスク姿の大観衆で埋まった一方で、やはり“悪夢”への想像は難しくなかった。

市中感染の脅威が叫ばれ、最悪の場合、選手やスタッフ、クラブ関係者から感染者が出てもおかしくない。
再開するにしても、中断延長にしても、Jリーグが難度の高いかじ取りを迫られるのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010012-chuspo-socc
2/26(水) 7:40配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索