Samurai Goal

ファティ


スポンサード リンク





バルサFWファティが2週間前に膝の再手術実施 

GettyImages-1163952026




1: 2021/02/05(金) 23:34:12.47 _USER9
バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(18)が2週間前に膝の再手術を受けたことを、スペイン紙ムンド・デポルティボ電子版が5日に報じた。

アンス・ファティは昨年11月7日に行われたベティス戦で左膝内側半月板を損傷し、その2日後に手術を受け、復帰までに4カ月かかると伝えられていた。

同紙はバルセロナの地元テレビ局TV3の情報を引用し、術後の回復が予想していたよりも順調ではなかったため再手術が決定され、2週間前に行われたことを明かしている。

現時点で明確な復帰時期は明らかになっていない。当初復帰戦に考えていた1回目の手術から約4カ月後となる3月10日、アウェーで行われる欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第2戦パリ・サンジェルマン戦に間に合うことは、ほぼ不可能とみられている。(高橋智行通信員)

2/5(金) 23:28
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210205-32050980-nksports-socc

“バルサの神童”ファティが新潟ユニフォームを掲げる…新潟指揮官「アルビレックス・ファミリーの一員です!!」 

スクリーンショット 2021-01-08 19.59.51

久保、ファティ、ペドリ、ヴィニシウス…度胸満点の若きアーティストから芸術性を奪うな 

1: 2020/12/06(日) 13:28:28.55 _USER9
大人たちと堂々と渡り合いながら…

 フットボールにおいて理論の体系化、戦術の高度化の流れはもはや誰にも止めることができない。

しかしそんな中、アンス・ファティ、ペドリ(いずれもバルセロナ)、ロドリゴ、ヴィニシウス・ジュニオール(いずれもレアル・マドリー)、久保建英(ビジャレアル)、ユヌス・ムサ(バレンシア)といった若手が台頭を見せている。

 ヴィニシウスを除くといずれもまだ殻から出てきたばかりの18歳から19歳のティーンエイジャーで、当然、成熟した選手に比べて、訓練は行き届いていない。しかしそうした経験の不足をものともせずに、大人たちと堂々と渡り合いながら、独力で局面を変えるプレーを随所に披露。ファンもそんな度胸も魅力も満点の活躍に喝采を浴びせている。

 結局のところ、フットボールで重要なのは、判断力、プレーの正確性、そして決断力だ。そこにベテラン、若手の違いはない。
 
 整理された工具箱が熟練工の仕事をサポートするように、理に適った的確なコンセプトの確立はチームパフォーマンスを向上させる。とりわけグレガリオ(サイクルロードレースにおいてエースをアシストする選手のこと。縁の下の力持ち的な存在)的な選手にとっては、レベルアップするうえで大きな支えとなる。これらは知識と指導法の体系化がもたらした紛れもない重要な成果だ。

 ただ同時に問題もある。何もかも枠にはめようとし過ぎると、アーティストをグレガリオ的な選手の中に埋没させてしまう危険性をはらんでいるからだ。重要なのは頭でっかちにならないこと。せっかくの進化がフットボールから芸術性を奪ってしまってはそれこそ本末転倒だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e34ea7a217b11536ec93706d48f18b0f0b20a2d8
no title

バルサに大打撃…18歳FWファティ、左ひざ手術で約4カ月の負傷離脱 7試合4得点 

1: 2020/11/10(火) 06:35:00.58 _USER9
バルセロナは9日、スペイン代表FWアンス・ファティが左ひざの手術を受けて約4カ月の離脱を強いられるとクラブ公式サイトで発表した。

 ファティは7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節のベティス戦に先発出場したが、前半のうちに負傷してハーフタイムに交代を余儀なくされていた。クラブは試合後、同選手が左ひざの内側半月板を断裂したと発表していた。

 クラブ公式サイトによると、ファティは9日にスポーツ医学界の権威であるラモン・クガット医師による手術を受けて無事成功。それにより、約4カ月の離脱が見込まれており、復帰は3月頃になるようだ。

 10月31日に18歳になったばかりのファティは、バルセロナの下部組織育ちで9月にトップチームに正式昇格。今季はここまで公式戦全10試合出場、5ゴールを記録して主力として活躍。また、今月のインターナショナルマッチウィークに臨むスペイン代表にも招集されていたが、ケガにより辞退。代わりにレアル・マドリードのMFマルコ・アセンシオが追加招集されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/efc970b05cb5ab958562c76f48eb7ca9a85c7237
11/10(火) 1:12配信

no title

no title

no title

10人のバルサが開幕2連勝、メッシとファティの新コンビがまたも活躍 

スクリーンショット 2020-10-02 18.17.48


新生バルサがファティの2ゴール&メッシ弾など4発快勝! 途中出場の久保建英は攻撃を活性化するも… 

1: 2020/09/28(月) 05:53:12.10 _USER9
9/28(月) 5:50
配信
SOCCER DIGEST Web
74分からの出場で存在感

新生バルサがファティの2ゴール&メッシ弾など4発快勝!途中出場の久保建英は古巣を相手に攻撃を活性化するも…

 現地時間9月27日に開催されたラ・リーガ第3節で、ロナルド・クーマン監督の公式戦初陣となるバルセロナが、久保建英を擁するビジャレアルと対戦した。

 10歳の時にラ・マシア(バルサの下部組織の総称)に入り、約4年を過ごした古巣との対戦となる久保は3試合連続のベンチスタートとなった。

 チャンピオンズ・リーグ(CL)での大敗やメッシの退団騒動に揺れたバルサは、今シーズン初戦(CL出場のため1~2節は延期)となるこのゲームで、4-2-3-1を採用。メッシを最前線に置き、2列目に右からグリエーズマン、コウチーニョ、アンス・ファティを並べた。

 開始15分、期待の17歳がバルサの今シーズン初ゴールを奪う。左を駆け上がったジョルディのマイナスのクロスにアンス・ファティが右足で合わせ、GKアセンホのニアサイドを射抜いた。

 さらにその4分後にも、自陣からの縦パスを受けたコウチーニョが一気に敵ゴール前まで運び、左のファティへ絶妙のパス。正式にトップチーム登録となり、新たに22番を背負うことになった若武者が再びネットを揺らし、あっさりリードを広げる。

 ラ・マシアでは年上の久保とチームメイトでもあったファティの活躍はまだ続く。34分には、エリア内で仕掛け、マリオに倒されてPKを獲得。これをメッシが難なく決めて、3-0とする。

 バルサの猛攻は終わらない。44分には、メッシがブスケッツの出した浮き球のパスを敵DFパウ・トーレスがオウンゴール。前半だけで4ゴールを奪い、試合を決める。

 後半、ビジャレアルはコクランとパコ・アルカセルを下げて、イボーラとマヌ・トリゲロスを投入。だが、なかなかチャンスを作り出すことができない。

 久保に出番がやって来たのは74分だった。チュクウェゼに代わって右サイドに入る。

75分に、右サイドを深く抉って中央にパスを送り、いきなりチャンスを作り出した久保は、その1分後にエリア内中央でシュートチャンスを迎えるも、空振り。その後も89分にチーム初の枠内シュートを放つなど、攻撃を活性化するもあまりに時間が短かった。

 試合はこのまま4-0で終了し、バルサが好スタートを切っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/d66d8f891eed0927679636376223949aa7e20635
no title

バルサ、17歳FWファティがトップ正式昇格!…背番号は「22」、違約金約500億円に 

スクリーンショット 2020-09-24 23.50.43

久保建英は選ばれず…ゴールデンボーイ候補40名にサンチョやファティら選出 

1: 2020/09/16(水) 00:30:11.32 _USER9
イタリア紙『Tuttosport』は15日、2020年の「ゴールデンボーイ賞」候補40名を発表した。

 ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる同賞は、2003年に設立。過去にはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)や、フランス代表MFポール・ポグバ(当時ユヴェントス)らが受賞。昨年は、アトレティコ・マドリードに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが受賞した。

 2020年の候補100名には、レアル・マドリードからビジャレアルにレンタル移籍しているMF久保建英と、AZのDF菅原由勢も選出されていた。だが、菅原は候補80名に絞られた時点で落選。久保は前回の候補60名に名を連ねていたが、40名には惜しくも入らなかった。

 候補40名には、欧州王者バイエルンのカナダ代表MFアルフォンソ・デイヴィス、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョやノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティなどが選ばれた。

 ノミネートされた40名は以下の通り。>>0�)内は右からポジション/国籍/所属クラブ

マーリー・アケ(FW/フランス/マルセイユ)
アディル・アウシシュ(MF/フランス/サンテティエンヌ)
ブノワ・バディアシル(DF/フランス/モナコ)
ミッチェル・バッカー(DF/オランダ/PSG)
マイロン・ボアドゥ(FW/オランダ/AZ)
デニース・ボルコフスキー(FW/ドイツ/ライプツィヒ)
エドゥアルド・カマヴィンガ(MF/フランス/レンヌ)
マルコ・カルネセッキ(GK/イタリア/アタランタ)
ラヤン・シェルキ(FW/フランス/リヨン)
ジョナサン・デイヴィッド(FW/カナダ/リール)

アルフォンソ・デイヴィス(MF/カナダ/バイエルン)
セルジーニョ・デスト(DF/アメリカ/アヤックス)
セバスティアーノ・エスポージト(FW/イタリア/インテル)
ファビオ・シルヴァ(FW/ポルトガル/ウォルヴァーハンプトン)
アンス・ファティ(FW/スペイン/バルセロナ)
フィル・フォーデン(MF/イングランド/マンチェスター・C)
アミーヌ・グイリ(FW/アルジェリア/ニース)
ライアン・フラーフェンヘルフ(MF/オランダ/アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(FW/イングランド/マンチェスター・U)
アーリング・ハーランド(FW/ノルウェー/ドルトムント)

カラム・ハドソン・オドイ(FW/イングランド/チェルシー)
モハメド・アミン・イハッターレン(MF/オランダ/PSV)
オザン・カバク(DF/トルコ/シャルケ)
ミハエル・カルボニック(DF/ポーランド/レギア・ワルシャワ)
ニアンゾー・タンギー・クアッシ(DF/フランス/バイエルン)
デヤン・クルゼフスキ(MF/スウェーデン/ユヴェントス)
マルコス・アントニオ(MF/ブラジル/シャフタール)
ラファエル・カマーチョ(FW/ポルトガル/スポルティング)
ロドリゴ(FW/ブラジル/レアル・マドリード)
ブカヨ・サカ(MF/イングランド/アーセナル)

ジェイドン・サンチョ(FW/イングランド/ドルトムント)
ヴラディスラヴ・スプリアハ(FW/ウクライナ/ディナモ・キエフ)
ドミニク・ショボスライ(MF/ハンガリー/ザルツブルク)
トマス・エステヴェス(DF/ポルトガル/ポルト)
トマス・タバレス(DF/ポルトガル/ベンフィカ)
サンドロ・トナーリ(MF/イタリア/ミラン)
フェラン・トーレス(FW/スペイン/マンチェスター・C)
クリストス・ツォリス(FW/ギリシャ/PAOK)
ヴィニシウス・ジュニオール(FW/ブラジル/レアル・マドリード)
ネコ・ウィリアムズ(DF/ウェールズ/リヴァプール)

https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20200915/1119351.html
no title

メッシを超える才能か?スペイン代表最年少ゴールを挙げた“バルサの神童”FWファティ、その更新した記録群 

スクリーンショット 2020-09-07 15.45.22

<久保建英>欧州5大リーグの“10代選手”の得点ランキングで4位!3位ファティ、2位グリーンウッド、1位は? 

1: 2020/07/14(火) 22:15:58.26
1位は半年で15戦13発の…

写真
no title


レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の久保建英の活躍が、話題を集めている。

 ここまでラ・リーガ33試合に出場し、4ゴール・4アシストという数字以上の存在感を発揮。再開後の9試合に全て先発するなど、弱冠19歳ながらいまやチームの中心となっている。

 では、その“日本の至宝”よりゴールを奪っている10代の選手は何人いるのだろうか。ラ・リーガだけでなく、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アンのいわゆる欧州5大リーグに広げて、ティーンエージャーの得点ランキングを作成してみた。

 断トツだったのが、ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドだ。しかも、レッドブル・ザルツブルクから移籍してきたのは今年1月で、わずか15試合で13ゴールを叩き出している。この19歳の“怪物ぶり”が分かるだろう。
 
 ここにきて得点を量産しているマンチェスター・ユナイテッドの俊英メイソン・グリーンウッドが9点で続き、3位は久保とともにバルセロナのマシア(下部組織の総称)で育った17歳のアンス・ファティだった。

 久保はその親友に続く4位。バイエルンで頭角を現わしてきた“オランダの新星”ヨシュア・ザークジーと並んでいる。残り2試合で、さらに数字を伸ばすことができるか。

欧州5大リーグの10代選手の得点ランキングは以下の通り(リーグ・アンは新型コロナウイルスの影響で打ち切り)

1位・13得点/アーリング・ハーランド(ドルトムント)
2位・9得点/メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・U)
3位・6得点/アンス・ファティ(バルセロナ)
4位・4得点/久保建英(マジョルカ)
4位・4得点/ヨシュア・ザークジー(バイエルン)
6位・3得点/アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
6位・3得点/ガブリエウ・マルチネッリ(アーセナル)
6位・3得点/パウリーニョ(レバークーセン)
6位・3得点/エル・ビラル・トゥーレ(スタッド・ドゥ・ランス)
6位・3得点/ケビン・デンキー(ニーム)
6位・3得点/ヤシンヌ・アドリ(ボルドー)

7/14(火) 18:10 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e25f0ebbb2b99a0a2b4317c55ca03065f15edab



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索