Samurai Goal

ビダル


スポンサード リンク





チリ代表ビダル、地震発生時の様子を振り返る『何よりも恐怖だった』 

キャプチャ
 バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが6日未明に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」を受け、母国にメッセージを送った。チリ『エル・デポルティボLT』が報じている。

 チリは7日に札幌ドームでキリンチャレンジ杯の日本代表戦に臨む予定だったが、6日に起きた地震の影響により中止が決まった。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-01782057-gekisaka-socc

“手加減無し”ビダル擁するチリ代表、森保JAPAN相手にガチメンで来日か!? 

GettyImages-479486578
1 2018/08/31(金) 16:04:58.00 _USER9
チリサッカー連盟は30日(日本時間31日)、9月7日に札幌で日本代表と対戦するチリ代表メンバー24人を発表した。今夏、バイエルン・ミュンヘンからバルセロナに移籍したMFアルトゥーロ・ビダルをはじめ、欧州、メキシコを中心に21人が海外組という本気モードだ。

 チリ代表は日本戦の後、11日に韓国・水原で韓国代表とも対戦予定で、コロンビア人のレイナルド・ルエダ監督は「我々には二つの大きな目標がある。22年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場とコパ・アメリカだ。そのためにはすべての選手を見極め、新戦力と既存の戦力を融合させなければならない。来年のコパ・アメリカやカタールW杯の南米予選に向けてチームを作ることが目的。選手たちをよく観察したい」と明言。日韓両国との対戦について「この両チームは将来に向けたメンバーの移行期でもあり、この2カ国と対戦することは、我々にとって良い試金石となる」と話した。

 チームの中心選手でもある、バルセロナに移籍したビダルについては、「彼の加入はバルセロナにとって正解だった。これから彼の状態が上がっていくことを願っている」と、期待を寄せた。

 ロシアW杯出場を逃したチリ代表は、コパ・アメリカでは前々回の15年、前回の16年と2大会連続で優勝しており、来年6、7月にブラジルで行われる次回大会では同国史上初 の3連覇がかかる。12カ国で行われる次回大会には日本代表も招待されており、チリと同組になる可能性もあるだけに、チリ代表にとっても負けたくない相手。敵地での親善試合とはいえ、与し易い印象は与えたくないだけに、新戦力をテストしながらも、真剣勝負を挑んでくることが予想される。新たな船出となる森保ジャパンにとって、歯ごたえのある相手となりそうだ。

ブラーボとサンチェスは怪我のため不選出

 なお、GKクラウディオ・ブラーボ(マンチェスター・シティ/イングランド)、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)は怪我のため選出されず。代表初招集のGKローレンス・ビグルーはイングランド4部でプレーしている24歳の選手で、指揮官は「将来を担える若手を発掘しなければならない」と話したが、チリ国内では驚きの選出として報じられた。

 チームは9月2日に日本に到着予定。札幌で3日から練習を行い、7日の対戦に備える。

 発表された日本戦のメンバー24人は以下の通り。

GK
ガブリエル・アリアス(ラシン/アルゼンチン)
ブライアン・コルテス(コロコロ)
ローレンス・ビグルー(スウィンドン・タウン/イングランド)

DF
ミイコ・アルボルノス(ハノーファー/ドイツ)
パウロ・ディアス(アル・アハリ/サウジアラビア)
マウリシオ・イスラ(フェネルバフチェ/トルコ)
フランシスコ・シエラルタ(パルマ/イタリア)
ギジェルモ・マリパン(アラベス/スペイン)
イゴール・リチノフスキー(クルス・アスル/メキシコ)
エンソ・ロコ(ベシクタシュ/トルコ)

MF
チャルレス・アランギス(レバークーゼン/ドイツ)
クリスティアン・クエバス(オーストリア・ウィーン/オーストリア)
ぺドロ・パブロ・エルナンデス(インデペンディエンテ/アルゼンチン)
ガリー・メデル(ベシクタシュ/トルコ)
エリック・プルガル(ボローニャ/イタリア)
ロレンソ・レジェス(アトラス/メキシコ)
マルティン・ロドリゲス(プーマス/メキシコ)
ディエゴ・バルデス(モレイラ/メキシコ)
アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ/スペイン)

FW
アンヘロ・エンリケス(ウニベルシダ・デ・チレ)
イグナシオ・ヘラルディーノ(アウダクス・イタリアーノ)
ファビアン・オレジャナ(エイバル/スペイン)
ディエゴ・ルビオ(カンザスシティ/アメリカ)
アンヘロ・サガル(パチューカ/メキシコ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00132249-soccermzw-socc

“レアル叩き”ビダル「VARがあればレアルはCL優勝2回逃していた」 

1 2018/08/24(金) 12:36:44.85 _USER9
バロセロナに加入したMFアルトゥーロ・ビダルが早速ライバルのレアル・マドリーバッシングを始めた。英『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

 今月はじめ、バイエルンからバルサに移籍したビダルはバイエルン時代、レアルにCLで2回敗れている。バルサ加入後はまだ公式戦に2回しか出場していない状態だが、ビダルは早くも“レアル叩き”を始めた。

 ブンデスリーガではビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がすでに用いられていたが、W杯ロシア大会での導入を経て、欧州サッカー連盟(UEFA)も今季からの導入を検討している。ビダルはVARがあれば、レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を2回阻止できたと話した。

「もしVARがあれば、バイエルンが2回CLを優勝しており、マドリーは2回優勝を逃していた」と『ムンド・デポルティボ』に語ったビダル。「僕はすべてに勝ちたい」「一番好きなタイトルはCLだ」とコメントしている。

8/24(金) 12:15配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-01708164-gekisaka-socc

写真
no title

“横取りバルセロナ”ビダルを求めたバルサとバイエルンが交渉合意に!一方、インテルは涙目...!! 

1 2018/08/04(土) 07:23:16.59 _USER9
8月3日(現地時間)、バルセロナはチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルを獲得することで、彼の現所属クラブであるバイエルンと合意に達したと、公式サイト等で発表している。
 
 契約期間は3年。メディカルチェックはこの数日のあいだに行なわれる予定だという。移籍金の額などは明らかにされていないが、欧州の各メディアは3000万ユーロ(約39億円)程度と報じている。
 
 ビダルについては、当初はインテルが獲得間近といわれており、一時はクラブ間の合意に達したとも報じられたが、逆転でのスペイン行きとなった。
 
 バルサはこのオフ、長く中盤に君臨したアンドレス・イニエスタが契約満了とともにヴィッセル神戸に新天地を求め、また昨シーズンに加入して存在感を示したパウリーニョが、レンタルで中国の広州恒大に戻ったことで、中盤の強化が急務とされていた。
 
 これまでは、パリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオに照準を絞って交渉を進めていたが、先方が難色を示したのを受け、急遽、ビダル獲得に切り替えて、電光石火の早業で交渉をまとめた。
 
 31歳のビダルは、抜群のスタミナを有し、ピッチを所狭しと走り回って、攻守で決定的なプレーができるMF。これまで、コロコロ(2005-07)、レバークーゼン(07-11)、ユベントス(11-15)、バイエルン(15-18)と、一流クラブを渡り歩いてきた。
 
 2007年から招集を受け続けているチリ代表では、2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会と、2度のワールドカップに出場し、コパ・アメリカでは2015年、2016年(100周年記念大会)と連覇に大きな貢献を果たしている。
 
 これまで、多くの名手とプレーしてきたビダルにとって、キャリア初のリーガ・エスパニョーラ挑戦。バルサでセルヒオ・ブスケッツらと強力な中盤を構成し、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスらの前線にボールを供給しながら、自らも積極的にフィニッシュに絡んでいく姿が見られるか、非常に興味深い。

8/4(土) 6:34配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180804-00045067-sdigestw-socc

写真
no title

インテル、本気の補強!!「モドリッチか、ビダルか」贅沢な悩みを抱える! 

93f4df4e7dd50bffa88d8fc2a3ba4e72_1533191772_1
1 2018/08/02(木) 18:13:40.65 _USER9
ビダルと条件面で合意しているなか、ロシアW杯MVPのモドリッチが候補に急浮上

イタリアの名門インテルは、中盤の補強をチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(バイエルン)かクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)にするかの選択を間もなく下すという。イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

現地時間1日、アトレチコ・マドリードからクロアチア代表DFシーメ・ブルサリコの獲得を発表したインテル。新シーズンへの補強の仕上げが中盤の強化であり、2択の決断が迫っているという。

 以前から話題に挙がっていたビダルは、バイエルンのプレシーズンツアーに参加せずにミュンヘンに残っている。インテルはビダル側とはすでに条件面で合意しており、残すはバイエルンとの最終交渉のみ。ファイナンシャル・フェアプレー制度への抵触を避けるため、買い取り義務付きの期限付き移籍で交渉を進めるかどうかでストップしているという。

 一方で、急浮上しているのがモドリッチ獲得だ。今年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではクロアチア代表のキャプテンとして準優勝にチームを導いた。現在はイタリアのサルデーニャ島でバカンスを過ごしている希代のゲームメーカーは、移籍に対してオープンな姿勢であることを明らかにしている様子。一方で、所属するレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とは直接会談により将来について話し合うことが必要な段階だとされている。

インテル強化部の手腕が試される

 獲得の難易度としてはビダルの方が低い状況にあるが、現在のサッカー界で世界最高のプレーメーカーを迎え入れるチャンスを逃したくもないという悩みがインテルにあるようだ。ただ、セリエA開幕まで約2週間に迫っている状況から、現地時間2日か3日までにはどちらの獲得に本腰を入れるか決断すると報じられている。

 資金的にダブル獲りは難しく、この決断は今季に向けて大きな鍵になりそうだ。補強に失敗して中盤に不安を抱えたままシーズンが始まる事態は避けたいだけに、インテル強化部の手腕が試されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180802-00125947-soccermzw-socc

オリバー・カーン氏がバイエルンのビダル獲得を疑問視「彼はペップのサッカーに合っていない」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 19:58:23.94 ID:???*.net
過去にバイエルン・ミュンヘンでプレイした元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏は、MFアルトゥーロ・ビダルがグアルディオラのサッカーにフィットするとは考えていないようだ。

バイエルンはMFバスティアン・シュバインシュタイガーをマンチェスター・ユナイテッドへ売却し、ユヴェントスからビダルを獲得した。

シュバインシュタイガーの代役という位置づけだが、同氏は『キッカー』のインタビューに対し、ビダルがバイエルンに合う選手かは分からないと述べている。

「ビダルは確かに優れた選手だ。彼はバイエルンに攻撃力と素晴らしいメンタルを提供してくれるだろう。ただ、グアルディオラの哲学に収まらないようにも感じる。 

グアルディオラが求めるプレイヤーではないように思うね。確かに近年はシュバインシュタイガーにも負傷が増えていたし、ビダルが加入したことで中盤の競争力を保てるのは良い。でも、彼は決してシュバインシュタイガーの代役にはなり得ないだろう」

また同氏は、グアルディオラがマンチェスター・シティの監督に就任するといった噂が流れていることを快く思っていないという。

「彼が2016年の夏で契約が切れることに関し、将来について様々な情報がある。ただし、それはチームにも選手にも迷惑な話だ。重要なのはチームからの信頼であり、今のグアルディオラは少しイライラしているように見える 」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00010015-theworld-socc
no title

レアルに続き、マンUも争奪戦撤退へ 飲酒事故ビダルの株価急落 

1: 名無しのSamurai
レアルに続き、マンUも争奪戦撤退へ 飲酒事故ビダルの株価急落
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150620-00010005-soccermzw-socc
 マンチェスター・ユナイテッドは獲得に動いていたユベントスのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルから撤退したと、チリ地元紙「エル・メルキュリオ」が報じている。
 
 ユベントスの2冠(国内リーグ、国内カップ)達成に貢献した万能型MFは16日、南米選手権が開催されている母国チリで酒気帯び運転で交通事故を起こしていた。運転免許の停止処分を受けたものの、司法当局の異例なまでの寛大な措置で引き続きチリ代表の一員として大会に参加している。19日には5-0で勝利したボリビア戦で先発出場し、前半45分間プレー。チリはグループA首位通過を決めている。
 
 この事件の余波は、ビダルの去就問題にまで及んでいる。獲得を希望していたレアル・マドリードがビダル獲得から手を引いたとスペイン地元紙が報じていたが、イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドも選手への関心を失ったとされている。
 
 一方、ユベントスはビダル放出に動いているとイタリアでレポートされており、チリ代表FWアレクシス・サンチェスが所属するアーセナルが獲得に動いている。サンチェスは事故直後、ビダルを擁護し、温かい言葉で激励していた。信頼関係で結ばれた2人はクラブでも同僚となる可能性もあるかもしれない。

Soccer Magazine ZONE web 6月20日(土)15時52分配信

no title

チリ5発大勝、1次リーグ首位通過 逮捕ビダルは先発出場 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 11:42:52.57 ID:???*.net
南米選手権1次リーグA組 (6月19日)

南米選手権1次リーグA組最終節の2試合が19日(日本時間20日)に行われ、開催国チリはボリビアを5―0で下し、
2勝1分け勝ち点7で同組首位通過を決めた。敗れたボリビアも勝ち点4の2位で、決勝トーナメント進出が決定した。

16日飲酒運転による交通事故から逮捕されたMFビダルを先発起用したチリは、試合開始からボリビアを圧倒。
前半3分MFアランギスのゴールで先制すると、同37分FWサンチェスが頭で決めて、前半を2点リードで折り返す。

同試合前に行われたエクアドルとメキシコの結果(2―1)で、決勝トーナメント進出が決まっていたチリは後半からサンチェスとビダルを下げる余裕の采配。
それでもチリは後半21分アランギスが自身2点目を決めると、同34分にもDFメデルが決めて、
リードを4点に広げる。試合終盤にはオウンゴールから5点目が決まり、チリは大勝を飾った。

エクアドルは前半26分MFポラニョスのゴールで先制すると、後半12分FWエネル・バレンシアが加点。
同19分PKから1点を返されるが、2―1で逃げ切った。エクアドルは勝ち点3の3位。メキシコは勝ち点2で1次リーグ敗退が決まった。

南米選手権は20日(日本時間21日)にB組最終節の2試合が行われ、優勝候補アルゼンチン(勝ち点4)はジャマイカ(同0)と、パラグアイ(同4)はウルグアイ(同3)と対戦する。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/20/kiji/K20150620010575910.html
2015年6月20日 11:20

no title

レアルがビダル獲得から撤退へ ユベントスの補強戦略に影響も 

1: 名無しのSamurai
レアルがビダル獲得から撤退へ ユベントスの補強戦略に影響も
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150619-00010006-soccermzw-socc
 レアル・マドリードが、ユベントスのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル獲得から撤退することを決めたと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 その理由は、現在開催されているコパアメリカチリ大会中にビダルが起こした交通事故にあるようだ。それさえなければ、ビダルへの興味は続いていたという。チリ人MFは、大会期間中の休養日に赤いフェラーリを飲酒運転で乗り回し、交通事故を起こしてしまった。それによって、撤退が決定的になったと報じられているのだ。

 また、同紙は、この事故がユベントスの移籍戦略にも影響を与える可能性があると言及。ビダ ルの市場価値が下がることに加え、もし残留することになれば、獲得に興味を示しているアクセル・ヴィツェル(ゼニト)とラジャ・ナインゴラン(ローマ)のベルギー代表コンビの獲得が難しくなると報じている。

 一方で、「(新監督の)ベニテスは、彼をよく知っているから、オファーを出してくるのではないか」というユベントスのマロッタGMのコメントも紹介している。

Soccer Magazine ZONE web 6月19日(金)12時51分配信
no title


ユーヴェMFビダル、ドルトムントに警告「我々のホームでは地獄を見るだろう」 

778: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/02/24(火) 16:39:53.29 ID:0WX+rZkO0.net
ユーヴェMFビダル、ホームでのCLを前にドルトに警告「地獄を見る」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00284541-soccerk-socc

 ユヴェントスは、24日に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントをホームに迎えて対戦する。同試合を前にビダルは、「彼らはジグナル・イドゥナ・パルク(ドルトムントの本拠地)のような大きなスタジアムで戦うことに慣れているが、我々のホームでは地獄を見るだろう」と警告した。

 また、記者にレヴァークゼンでプレーしたドイツ時代にドルトムントと8試合戦って1度しか勝利していないことを指摘されると、「そのデータは知らなかった。しかし、これからの2試合で2勝し、データが変わることを願っている。俺たちは気合いが入っている。セカンドレグでリスクを冒さないために、ファーストレグで大差の勝利を収めることが目標だ」と語り、ドルトムント戦の必勝を誓っている。
http://amd.c.yimg.jp/im_siggGWOTDG9EVdV5vdNf.uS.4g---x600-y391-q90/amd/20150224-00284541-soccerk-000-2-view.jpg



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索