Samurai Goal

ビジャ


スポンサード リンク





神戸がビジャの後釜に元ドイツ代表FWを獲得か? 「すでに接触した」と欧州メディアが報じる!  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/21(木) 16:14:08.31 ID:mKnbsNBK9
シュツットガルトで出場機会が激減

11月21日に元スペイン代表FWダビド・ビジャの今シーズン限りでの現役引退を発表したヴィッセル神戸が、早くも後釜の獲得に動いているようだ。

現地時間20日、フランスの移籍専門メディア『FOOTMERCATO』が報じたところによると、神戸がブンデスリーガ2部のシュツットガルトに所属する元ドイツ代表FW、マリオ・ゴメスの獲得に動いているという。
記事は、満足な出場機会が得られていないストライカーに「すでに接触した」と伝えている。

現在34歳のM・ゴメスは言わずと知れたドイツを代表する点取り屋だ。
プロデビューを飾ったシュツットガルトでは、2006‐07シーズンのブンデスリーガ制覇に貢献。
09年夏に移籍したバイエルンでも2度のリーグ優勝を果たし、12‐13にはチャンピオンズ・リーグ戴冠も経験している。

189センチの体躯を活かしたフィジカルの強さに加え、ゴールセンスも抜群で10-11シーズンにはブンデスリーガの得点王に。
07年にデビューを飾ったドイツ代表でも78キャップで31ゴールを叩き出し、EURO2012では3得点を挙げ、フェルナンド・トーレスなどと並んでトップスコアラーに輝いてもいる。
 
そんな実績十分のアタッカーも、18月1月に復帰したシュツットガルトで3シーズン目を迎えた今シーズン、ティム・ヴァルター新監督の下で序列が下がり、
ここまで先発はわずか3度で、8試合・1ゴール。
2020年6月まで契約を残しているものの、冬に新天地を求めても不思議はない。

ドイツ代表でチームメイトだったルーカス・ポドルスキは今シーズン限りでの残留が濃厚ながら、同胞のトルステン・フィンク監督の存在がプラスに働くのは間違いないだろう。
決定力の高さは折り紙付きで、ビジャの後釜としては打ってつけだ。

先日は、マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバへの関心が伝えられた神戸。いずれにしても、大型補強は来シーズンも続くことになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00066954-sdigestw-socc
11/21(木) 15:18配信

no title

ポドルスキ、今季限りで神戸退団が濃厚に「日本での時間は年末に終わる」東京五輪ドイツOA枠での出場に意欲  

1: Egg ★ 2019/10/13(日) 22:21:37.23 ID:lickMa199
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、今季限りでヴィッセル神戸を退団することになるようだ。ドイツ紙『ビルト・アム・ゾンターク』のインタビューで語った。

2017年夏にガラタサライから2年半契約で神戸に渡り、2020年1月31日までの契約を結んでいるポドルスキ。今年6月に耳の手術を受け、長期離脱を強いられていたが、先月18日に行われた天皇杯川崎フロンターレ戦に途中出場を果たして戦列に復帰。徐々にコンディションを戻していたところだ。

だが、現在34歳のポドルスキは、クラブと契約延長する可能性は低いと考えているようだ。『ビルト・アム・ゾンターク』で「クラブの責任者から今のところ話しかけられていない。なので、おそらく僕の日本での時間は年末に終わるだろう」と、今季限りでの退団が濃厚と話している。

なお同選手は、「もうほかの方面に目を向け、自分の状況を整理しつつ色々と考えている」とすでに移籍先を模索している様子。度々噂されてきた古巣ケルンへの復帰に関しては否定はしないものの、「両者がそれを望まなければいけない。残念ながらこれまでそういう流れはなかった」と、ケルン側は必ずしもかつての英雄を連れ戻す動きはないと示唆した。

神戸では今年4月までキャプテンを務めたポドルスキ。ここまで公式戦53試合に出場し、14ゴール10アシストを記録している。来年の東京オリンピックへ向け、ドイツ代表のオーバーエイジ枠での出場に意欲を示していたが、一旦Jリーグを離れて来夏に再び来日することになるのだろうか。

10/13(日) 21:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010029-goal-socc

写真
no title

ビジャ「ありがトーレス」、スペイン代表レジェンドの豪華3ショットを惜別投稿! 

20190824-00063248-sdigestw-000-3-view[1]

神戸はサポ裏切った、監督は誰なのか/セルジオ越後 

20190723-07230722-nksports-000-4-view[1]

<神戸の世界的スター"トリオ”>妙技連発でファンの心を鷲掴み!「今日のVIPはエグかった」  

52008_ext_04_0




1: Egg ★ 2019/03/10(日) 23:38:36.63 ID:6weo5TYk9
神戸が誇るV(ビジャ)、I(イニエスタ)、P(ポドルスキ)の活躍で逆転勝利!

神戸が誇るワールドクラスのスターたちが圧巻のパフォーマンスを見せた。

 3月10日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれたベガルタ仙台対ヴィッセル神戸の一戦は、開始12分に神戸が先制を許すも、圧倒的なボール支配で主導権を奪う。そして、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタにダビド・ビジャ、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキの"VIP”トリオが敵地で猛威を振るう。

【動画】ポドルスキ→ビジャ→イニエスタ!! 躍動する豪華スターの連係プレー!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=55304

 32分、イニエスタが極上のピンポイントクロスで古橋亨梧の同点ヘッドをお膳立てすると、後半立ち上がりの46分にはイニエスタの左オープンスペースへのスルーパスでカウンターを発動。古橋のクロスからビジャがねじ込み、逆転に成功する。

 さらに、64分には中盤でのボール奪取からビジャが間髪入れずダイレクトで前方に走り込んでいたイニエスタにパスを送ると、後方から駆け上がったポドルスキへスイッチ。ポドルスキからイニエスタの折り返しを狙ったパスが相手DFのオウンゴールを誘発して3点目が神戸に入った。VIPトリオが全3得点に絡む大活躍を見せて、神戸は3対1で仙台に逆転勝利。2連勝を飾った。

 このVIPトリオの活躍に、SNS上ではファンの称賛が止まらない。
「今日のVIPはエグかった」
「イニエスタさん半端なかった」
「イニエスタ、ビジャの飛び出し感じすぎ」
「イニエスタ凄すぎました」
「ビジャとイニエスタは別格」
「イニエスタ、ビジャ、ポドルスキの攻撃陣の破壊力やば過ぎ!」
などと3人を絶賛するコメントが並び、世界基準のパフォーマンスはファンの心を鷲掴みにしたようだ。
 
 さらには「今日のヴィッセル神戸は良かった」「神戸の完成度が高まっている」「ビジャポドルスキイニエスタと組むことで古橋がどんどん上手くなって」「イニエスタとビジャのプレーをきょうごが一番感じれる」といった神戸の戦いぶりや1得点・1アシストを挙げた古橋への称賛ツイートも数多い。

 このVIPトリオに加えて、神戸は3月7日にFCバルセロナからセルジ・サンペールを獲得。さらなる補強を行なった神戸は、一層その勢いを強めるのか。今後の戦いぶりが注目されるところだ。

3/10(日) 17:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055304-sdigestw-socc

スーツにスニーカーはマナー違反?公式行事のイニエスタらに違和感!確かに革靴がマナーのような気がするが...  

1: Egg ★ 2019/03/06(水) 17:23:52.40 ID:fsHCU8MW9
ばっちり紺色のスーツで決めながら、足元は白色のスニーカー。サッカーJリーグ1部(J1)の開幕前にヴィッセル神戸の必勝祈願祭で見せた元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手とダビド・ビジャ選手の着こなしに対し、インターネット上には「スーツにスニーカーはちょっと…」などと違和感を訴える書き込みが相次いだ。確かに革靴がマナーのような気がするが、調べてみると、欧米では一つのスタイルとして定着し、実は日本でもスポーツ庁を中心に浸透を働き掛ける動きが広がりつつあった。(有島弘記)

【動画】2月18日に開かれた必勝祈願祭の様子
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/movie/new/201902/sp/0012077159.shtml

 2月18日、神戸市兵庫区の和田神社。大勢の報道陣がカメラを構える境内に、真っ白なスニーカーを履いたイニエスタ選手とビジャ選手が現れた。元ドイツ代表のポドルスキ選手も紺色と色は違えど、スニーカーだった。

 この姿、日本政府も昨年3月から「スニーカー通勤」という形で推奨している。主導するスポーツ庁によると、働き盛りの運動不足の解消が狙い。週1回以上のスポーツ実施率(2016年度)は成人の平均で42・5%だが、20~40代に限ると30%台前半と低い。クールビズのように市民権を得て医療費の削減にもつなげたい考えだ。

 クラブ広報によると、イニエスタ選手はいつもスーツにスニーカーを合わせるという。出身地の欧州では一般的なのだろうか。素朴な疑問を、武庫川女子大の井上雅人准教授(ファッション史)に尋ねると、答えは「定番とまでは言えないが、普及し始めている」。歴史をたどれば、1960年代にジャケットにジーンズを合わせるスタイルが米国で広がり始め、スニーカーも履かれるように。その影響が欧州にもおよび、近年はスポーツ用品メーカーだけでなく有名ブランドも売り出し、ファッションとして取り入れられたという。

 それでも「スーツには革靴」の方がしっくりくると指摘すると、井上准教授は「そもそも、私たちが思うフォーマルは近代の欧州貴族の価値観を反映しているにすぎない」ときっぱり。欧州では革靴職人の減少も重なり「マナーが廃れているのではなく、歴史的に見ると19世紀以降の特殊な価値観が消えつつあるという見方ができる」と説明した。

 シューズ販売の現場も動き始めている。大丸神戸店は昨秋、同庁の取り組みに呼応したイベントを開いた。「ただ単にスーツに合わせるだけでは体育の先生になってしまう」と販売促進担当者。スニーカーに合う細身のパンツをはじめ、履くこと自体の抵抗感を和らげるため、革靴のように見えるスニーカーや落ち着いた色目の一足を提案した。

 イニエスタ選手ら有名人の露出をきっかけに、日本でも価値観の転換が起こるのだろうか。井上准教授は、純白のウエディングドレスを広めた英国のビクトリア女王を例に「(著名人の影響による意識変革は)歴史上、たくさんある。日本社会が高齢化していることも、歩くのが楽なスニーカーの活躍を後押ししそうだ」と予測している。

3/6(水) 17:00配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000013-kobenext-soci

写真
no title

J1神戸入りバルサMFサンペール6日来日、7日会見へ 

20190305-00000020-dal-000-8-view

<ヴィッセル神戸>チケット高い?ホーム開幕戦、売れ行き苦戦...今回の苦戦は人気の衰えではないことは明らか  

1: Egg ★ 2019/03/01(金) 07:28:41.26 ID:00TLjW0o9
スター選手の獲得で話題のサッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸が、チケットの売れ行きで苦戦している。イニエスタ選手が加入した効果で昨年は完売続きだったが、2日に迫るホーム開幕戦は2月末時点でまだ販売中。今季はスペイン代表でイニエスタ選手と同僚だったビジャ選手も加入し、さらに注目度がアップしたが、チケットを値上げしたため、ファンが二の足を踏んでいるようだ。

 イニエスタ選手が来日初先発を飾った昨年8月のジュビロ磐田戦以降、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でのリーグ戦は8試合続けて完売し、11月の鳥栖戦はクラブ史上最速の1時間20分で売り切れた。敵地でも神戸戦の売り切れが続出し、2月22日にあったセレッソ大阪との今季開幕戦も敵地に満員の約4万2千人が詰め掛けている。今回の苦戦は人気の衰えではないことは明らかだ。

 神戸は需要に応じてチケット価格を変動させるシステムを採用している。2日に対戦する鳥栖にも元スペイン代表のフェルナンドトーレス選手がおり、2010年のワールドカップを制した同僚対決が注目されているため高額に設定した。 豪華特典が付いた30万円の特別席を除くと、最高額はメインスタンド中央前列のヴィッセルシートで2万5千円。昨夏のイニエスタ選手加入までは1万円を切っていた席だ。C大阪との今季開幕戦は、前売りで最も高かった席でも5800円で、4倍ほどの開きがある。数千円のサポーター席などは完売したが、1万5千円以上の席は一部残ったままだ。

 インターネット上では「去年は嫁と子供と行っていたけど、今年は『一人で行ったら?』と言われる」などとファンの嘆きが書き込まれている。

 一方で、「ブランド力のあるものに高額な対価を支払うのは至極当然」という意見もある。神戸の森井誠之事業本部長(44)は「(完売が遅れているのは)攻めた結果。でも、ぎりぎり間に合う」とあくまで強気。ヴィッセルシートの購入者向けにラウンジを整備するなど、付加価値を高めて勝負する。(有島弘記)

3/1(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000000-kobenext-l28


写真
no title

C大阪に完封された神戸の困難 3人の年齢を合計すると104歳 ベテラン“VIP”の本領発揮はいつになるか 

page-6-800x533




1: カエサル ★ 2019/02/25(月) 12:48:41.70 ID:uhP4OKu39
2019/02/25 11:40 Numder
https://number.bunshun.jp/articles/-/838430

 理想と現実の狭間に、ヴィッセル神戸がいきなり立たされた。

 2019年のシーズン開幕をいち早く告げる一戦として、ヴィッセルは2月22日にセレッソ大阪と対戦した。舞台となったのは大阪のヤンマースタジアム長居だが、試合前の注目はアウェイチームに集中していたといっていい。

 名字の頭文字を並べて“VIP”と呼ばれるダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキのトライアングルが、いよいよJリーグのピッチに立つからである。

 ビジャとイニエスタはスペイン代表として、ポルディことポドルスキはドイツ代表として、ワールドカップで優勝した経験を持つ。世界チャンピオンの一員となった外国籍選手が3人同時に出場するのは、Jリーグの27年の歴史で初めてのことだ。

 3人の年齢を合計すると104歳のベテランたちは、フィジカルを強みに世界のトップレベルで戦ってきたタイプではない。全盛期は過ぎたものの、衰えは感じさせていない。

 現役のブラジル代表がチームを牽引した1990年代の鹿島アントラーズ、横浜フリューゲルス、ジュビロ磐田などを差し置いて、Jリーグ史上最高の外国人トリオが誕生した、と言ってもいいだろう。

【全文はソース先で】

小柳ルミ子 ブログにC大阪VS神戸戦の感想つづる「メッシだったら決め切れるのになぁ!!!!!!」  

27824_ext_04_0




1: カエサル ★ 2019/02/22(金) 23:16:45.33 ID:wu8UYP019
2/22(金) 22:51 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000156-spnannex-ent

 芸能界屈指のサッカー好きとして知られる歌手の小柳ルミ子(66)が22日、自身のブログを更新。同日1試合だけ行われた明治安田生命J1リーグの今季開幕戦・C大阪―神戸戦(ヤンマー)の感想をつづった。

 大の“バルサ好き”“メッシ好き”で知られるルミ子。「あのイニエスタがJリーグの開幕戦のピッチに立っていると言うだけで涙が出た」といきなり感動の涙を流した話でブログを始めると、「だって…信じられないよ!!!!!!昨シーズンの今頃はバルサのキャプテンとして世界最高峰の大舞台CLに出てた選手なのだから!!!!!!」と大興奮。

 神戸は0―1でC大阪に敗れ、黒星発進となったが「イニエスタがビジャが日本でJリーグで毎週観れるだけで私は感動だから!!」と続け、「それにしても…イニエスタのあの絶妙なスルーパスをメッシだったら決め切れるのになぁ!!!!!!悔しいなぁ~」と“メッシ愛”をにじませていた。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索