1: 名無しさん 2016/09/27(火) 18:08:06.04 ID:CAP_USER9
2002年韓日ワールドカップ(W杯)で「4強神話」を成し遂げたフース・ヒディンク監督が、再び韓国チームを引き受けたくはないと率直に打ち明けた。

ヒディンク監督は26日グランドハイアットホテルでサッカーファンらと面会する時間を持った。この席でヒディンク監督は、韓国代表チームの監督を再び引き受けることについて「あの当時の成功があまりにも大きいので再現するのが難しく、再び引き受けたくはない」と話した。

また最近2018ロシアワールドカップの最終予選を行っているウリ・シュティーリケ代表チーム監督に「挫折するかもしれないが、自信をもって選手たちを励ましながら進まなければならない」と助言した。

彼はKリーグについても助言を惜しまなかった。彼は「韓国が中国のように多くの選手を迎え入れるのはそんなに良いとは思わない」として「球団と連盟が青少年教育プログラムを支援して良い選手を育てなければならない」と話した。

来月6日まで韓国に滞在するヒディンク監督はフース・ヒディンク財団の今後の事業の方向性について議論する。また2002年ワールドカップ出場選手たちが寄贈した安城市(アンソンシ)のフットサルドーム球場を訪れる予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000060-cnippou-kr
no title