Samurai Goal

パンダカップ


スポンサード リンク





「トロフィー踏みつけ事件」で露呈した韓国の「現状」~エリート教育の弊害と中国と日本で異なる姿勢 

1: 蚯蚓φ ★ 2019/06/05(水) 15:21:10.43 ID:CAP_USER
no title

▲問題となったシーン(Osports Photos/AFLO)

 中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ2019での韓国選手の行為が物議を醸し、韓-日-中で大きな話題となった。大会に参加した韓国代表U-18(18歳以下)チームが決勝戦で中国を3-0で下し優勝を果たしたところまではよかったのだが、その後韓国選手一人が、優勝カップの上に足を載せ、トロフィーを踏みつけるかのようなポーズで記念撮影を撮ったのだ。
(中略:経緯)

 私がこの事件を見て感じたことは二つだった。一つは韓国スポーツ選手たちの「教育問題」、もう一つは中国と日本に対して韓国が見せた行動の激しい「温度差」である。

「勝利」だけを求める「エリート体育」の弊害

 1980年代後半、私が通っていたソウルの中学校には強豪だったテニス部と新生の野球部があった。同じクラスに野球部に所属する同級生がいたが、彼との「接点」は、ほとんどなかった。なぜなら彼は授業にほとんど出なかったからだ。学校には毎日登校するが、そのまま野球部へ直行し朝から晩まで練習だけを繰り返していた。

 つまり教室で行われる「教育」を受けることがなかったのである。それだけではなく、遠足、社会見学などクラスの友人たちと一緒に楽しみ、親交を深めることのできる活動にはほとんど顔を出さなかった。いや、顔を出せなかった。彼が授業に出るのは雨が降るなどの理由で練習ができない日しかなかった。彼の学校生活を構成していたのは知識の蓄積と交友関係ではなく、「勝利」と「結果」だけが求められる「戦い」の連続だったのだ。彼が授業内容についていけないのは当然で、クラスメートとの交流と接点がなかった彼と私たちの間には共有できる「思い出」といえるものもほとんどない。彼の友人はおそらく同じ野球部員だけだった。

 幼少年期において学校という空間は勉強だけではなく他人との人間関係を築きながら人格を磨いていく場所でもある。だが、幼い選手たちはそのチャンスを与えてもらえなかったのだ。バランスが取れた対人関係と人格形成のチャンスを。
(中略:現在、改善の動きがあるも変わっていないとの指摘もある)

日本への謝罪はNG、中国への謝罪はOK
(中略:2012年8月ロンドン五輪のサッカー3、4位決定戦で韓国選手の独島領有権主張パネル掲示事件で、IOCは「違反」と認定した。)

 しかし、明らかな違反だったとしても相手が「日本」なら、歪んだ反応を見せるのが韓国だ。「謝罪」という言葉を使わなかったとしても少しでも頭を下げたり、低姿勢を見せたりすることは韓国内の国民情緒からみたら許される行為ではないのだ。

 今回のトロフィー侮辱事件が起きたパンダカップは2014年始まった大会で、今大会にはタイ、韓国、ニュージーランド、中国の4カ国だけが参加したまだ小さい、オリンピックとは比べられない規模の大会だ。

 だが、事件が起きた途端、素早く中国サッカー協会に謝罪した韓国サッカー協会、そしてそれを当然のことだと受け止める韓国の世論を見て私は違和感を覚えざるを得ない。2012年のロンドンオリンピックの時とはあまりにも対照的だったからだ。もし、今回の大会が日本で開催された大会だったとしたら、韓国は素早く謝罪を表明しただろうか?

 今回の事件はまだ幼い選手たちが起こしたリスペクトが欠けている愚行であることは間違いないが、同時に韓国内のスポーツ教育、そして現在韓国が取っている外交の立ち位置を明確に示してくれた事件ではないかと思う。

崔 碩栄 (ジャーナリスト)

ソース:WEDGE REPORT<「トロフィー踏みつけ事件」で露呈した韓国の「現状」>(抜粋)
http://wedge.ismedia.jp/articles/print/16421

<リバプールMF>CL優勝杯“足乗せ”写真が波紋? 踏みつけ物議の韓国指摘「中国が見れば…」  

1: Egg ★ 2019/06/03(月) 12:28:57.24 ID:tSGZw8W39
 U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で優勝後、トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影をして物議を醸しているなか、今季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが優勝トロフィーに足を乗せる写真を公開して韓国メディアが反応。「自慢」「これを中国が見れば……」と伝えている。

【写真】「これを中国が見れば…」 “踏みつけ”物議の韓国が指摘! リバプール主将MFヘンダーソン、CL優勝トロフィー“足乗せ”ショット
no title


 U-18韓国代表は5月29日に中国で開催された「パンダカップ2019」に参戦。タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)を破って見事に優勝を飾った。しかし、韓国代表の選手たちが優勝トロフィーに足を乗せて記念撮影した行為が問題視され、国内外のメディアから批判の声が上がっていた。

 そんななか、リバプールが現地時間1日のCL決勝でトットナムを2-0と撃破し、14シーズンぶり6度目の欧州制覇。注目を集めているのは、リバプールの主将MFヘンダーソンが試合後に投稿した1枚の機内写真だ。

 ヘンダーソンは自身のインスタグラムを更新。機内に持ち込んだ優勝トロフィーを前に置き、座席に座ったヘンダーソンがリラックスしたように両足を伸ばし、トロフィーをまるで足置きのように利用している写真を投稿した。「リバプール、さぁ行くよ」と記し、帰国の途に就く報告をしている。

「中国メディアから袋叩き」 ヘンダーソンの“足乗せ”ショットに批判の可能性を指摘

 この写真に反応したのが韓国メディア「スターニュース」だ。記事では「ヘンダーソンが、飛行機の椅子に座り、チャンピオンズリーグの優勝トロフィーに足を乗せて写真を撮った」と報道。U-18韓国代表が優勝トロフィーを踏みつけるポーズで中国メディアから糾弾されたなか、「これを中国が見れば……」と批判の可能性を指摘している。

「18歳以下の韓国代表も似たようなセレモニーを行ったが、中国メディアから袋叩きに遭った」

 リバプール主将MFが投稿した“歓喜ショット”だが、韓国メディアは優勝トロフィー足乗せショットとして注目を寄せている。

6/3(月) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00193245-soccermzw-socc

世界的スターも“優勝杯踏みつけ”行為!? U-18韓国代表を擁護…証拠写真提示「敏感すぎ」 

20190602-00192976-soccermzw-000-4-view[1]

【非常識国家】トロフィー踏みつけは氷山の一角…韓国サッカー、世界中でマナー悪い行為、五輪出場停止論も  

1: ニライカナイφ ★ 2019/06/01(土) 19:59:06.64 ID:LUaZxFKq9
◆トロフィー踏みつけは氷山の一角…韓国サッカー、世界中でマナー悪い行為、五輪出場停止論も

中国の成都で開催されていた、サッカー男子のユース大会「パンダカップ」。
中国、タイ、ニュージーランド、韓国の4カ国が参加し、3戦全勝で優勝を果たした韓国U-18(18歳以下)チーム。

だが、選手のひとりが優勝トロフィーを踏みつけてポーズをとり、記念写真を撮ったことが批判を浴び、トロフィー没収・優勝剥奪の処罰を受ける事態へと発展している。
問題になっているのは、ピッチに置かれたトロフィーに選手が片足を乗せている写真。

トロフィーを踏みつけた選手は笑みを浮かべ、周りを囲ったチームメイトらも笑っている様子がうかがえる。
AFP通信の配信サイト「AFPBB News」によると、大会組織委員会は「重大な侮辱行為だ」と批判。

韓国チームの選手・スタッフらは中国国民に向けて謝罪したものの、中国メディアが「選手らがトロフィーに向かって小便をするふりもしていた」と報じ、批判が膨れ上がったという。
韓国サッカーチームといえば、今回に限らずたびたび“マナーの悪さ”を批判されている。

2012年のロンドンオリンピック・サッカー男子3位決定戦では、試合後にパク・チョンウ選手が「独島(竹島)は韓国領土」と主張するプラカードを掲げてピッチを走り回った。
政治的宣伝を禁止している五輪憲章に反したとして、罰金処分などを科された。

ネット上では「五輪という舞台で、あり得ない行為。韓国チームは五輪大会への出場を永久停止すべき」「韓国チームは五輪の理念をまったく理解していない。そもそもスポーツマン精神を持ち合わせていない」などの批判が溢れ返った。
また、昨年開催された第18回アジア競技大会では、ファン・ヒチャン選手が「スポーツマンシップに反する」と批判を受けた。

マレーシア戦に敗れた際、ヒチャン選手は試合終了後の慣例となっている相手チームとの握手を拒否した。
自己中心的な対応に、韓国サポーターからもバッシングが巻き起こったのだ。

今回、韓国チームのマナーの悪さをあらためて浮き彫りにしたトロフィー踏みつけ問題。
サッカーファンからは「毅然と対応した中国側の判断は素晴らしい」「優勝して気分が高まっていたとしても、常識のあるチームや選手なら絶対にしない行為」「世代が変わっても、韓国チームのマナーの悪さは変わらないということか」「韓国サッカーチームに国際大会へ出場する資格はない」といった声が相次いでいる。

そんななか、6月1日(日本時間6月2日午前4時)に行われる「UEFAチャンピオンズリーグ」決勝に挑むイングランド・リヴァプールに、韓国代表のソン・フンミン選手が出場する予定だ。
英紙「Guardian」のインタビュ-で「韓国人選手のイメージを良くしたい」と高らかに宣言していたが、今回の騒動もあって日本をはじめとするサッカーファンの反応は、「韓国サッカーのイメージは永遠に変わらないと思う」「あなたひとりではとても無理です」と冷ややかだ。

サッカーに限ったことではないが、たとえ勝ち負けを決める場面で、どんなに熱くなっても、礼節を忘れてはいけない。

ビジネスジャーナル 2019.05.31
https://biz-journal.jp/2019/05/post_28175.html
no title

<U-18韓国代表の優勝杯“踏みつけ行為”>鹿島DF チョン・スンヒョン「良い選手である前に良い人で…」  

1: Egg ★ 2019/05/31(金) 23:11:19.05 ID:QPfYmnJn9
U-18韓国代表が中国で開催された大会で優勝も…トロフィー踏みつけ行為で波紋拡大

写真
no title


U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で29日に優勝を飾ったなか、優勝トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影を行って物議を醸している。そんななか、J1鹿島アントラーズの韓国代表DFチョン・スンヒョンが自身の公式インスタグラムを更新し、過熱する“非マナー議論”を巡ってアドバイスを残したと母国メディアが報じた。

 U-18韓国代表は「パンダカップ2019」に参戦し、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)に3連勝し、9得点1失点と圧倒的な強さで誇示。歓喜のなかで優勝トロフィーを授与されたが、その直後の記念撮影で見せた行動が問題視されている。

 優勝トロフィーとともに撮影をする際、一部の選手がカップに足を乗せてポーズ。このワンシーンを捉えた写真がSNSを中心に広まり、「冒涜行為」「非マナー」「失礼」と批判が殺到した。代表チームは翌日に公式謝罪したが、優勝はく奪という事態にまで発展している。

 様々な意見が上がっているなか、鹿島に所属するDFチョン・スンヒョンが30日に自身のインスタグラムを更新。「良い選手である前に、良い人でなければならない。自分1人のせいで韓国のイメージが悪くなる可能性もあるので…今日も韓国の名にかけて努力する」と綴った。

鹿島DFチャン・スンヒョンの“助言投稿” 韓国代表コンビも賛同「クール」

 この投稿に母国メディアが反応。韓国テレビ局「YTN」は「チョン・スンヒョンが、U-18韓国代表の非マナー議論を巡る一文を残して注目されている」と言及。「この文は後輩たちへのアドバイスと見られている」と続けた。

 また韓国紙「中央日報」も「『U-18韓国代表チームの優勝はく奪』先輩のアドバイスは?」と見出しを打って報道。「具体的な言及はなかったが、この投稿を見たファンは品のない振る舞いをした18歳以下代表チームを念頭に置いた発言と解釈している」と指摘した。

 同じく韓国代表のFWイ・スンウ(ヴェローナ)やFWキム・ムンファン(釜山アイパーク)から「クール」と賛同のメッセージが届いており、韓国人選手たちも今回の件に大きな注目を寄せているようだ。

5/31(金) 21:38配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00192694-soccermzw-socc

<海外メディアも注目!>U-18韓国代表優勝杯“踏みつけ”の衝撃行動が世界中で波紋!「野蛮で下品」「中傷的」  

1: Egg ★ 2019/06/01(土) 10:37:30.33 ID:0CL/UtWw9
中国で開催された大会で優勝も記念撮影で物議、海外メディアも注目「不適切なポーズ」
no title


U-18韓国代表が中国で開催された「パンダカップ2019」で29日に優勝を飾ったなか、優勝トロフィーを踏みつけるポーズをしながら記念撮影する行為が問題視されている。中国だけでなく韓国でも批判が噴出した一方、その反響は各国メディアに広がっており、「謝罪を強いられた」「中傷的セレブレーション」「不敬的で傲慢?」と伝えている。

 U-18韓国代表は「パンダカップ2019」に参戦し、タイ(2-1)、ニュージーランド(4-0)、中国(3-0)に3連勝。9得点1失点と強さを誇示して大会を制した。注目を集めているのは、優勝セレモニー後の一幕だ。

 韓国の選手たちが記念撮影をする際、優勝トロフィーに足を乗せながら撮影。その光景を捉えた写真がSNSを中心に一気に広まり、中国で批判が殺到。大会組織委員会から抗議が届き、代表チームが公式謝罪する事態となった。

 その行動は韓国でも批判の対象となっているが、海外メディアも反応。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「“トロフィー踏みつけ”セレブレーションの後、U-18韓国代表は謝罪を強いられた」と伝え、「中国メディアなどに失望したと非難され、韓国の若きスターたちの優勝は異なる理由で報じられた」と記している。

 ドイツ誌「デア・シュピーゲル」は「不適切なポーズで祝った」と指摘。「通常の祝福、それとも不敬的で傲慢? いずれにせよ、主催者側はそれが挑発的であると感じた」と続けている。また、英公共放送「BBC」が「野蛮で下品」と報じれば、ベトナム紙「タインニエン」も「中傷的で攻撃的なセレブレーション」と触れている。

 喜びに酔いしれるなかで生まれたU-18韓国代表の行為は大きな物議を醸しているようだ。

6/1(土) 6:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190601-00192565-soccermzw-socc

【サッカー】<トロフィー踏みつけた韓国U-18代表>優勝剥奪処分!「パンダ・カップ」★5
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559251955/

【サッカー】<韓国選手が優勝カップ踏みつけ>成都市サッカー協会関係者「もう韓国チームは呼ばない前に来た日本はとても良かった」★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559292732/

<優勝カップ踏みつけ>成都市サッカー協会関係者「もう韓国は呼ばない 前に来た日本はとても良かった」  

20190530-035635736[1]




1: Egg ★ 2019/05/31(金) 06:44:50.98 ID:QPfYmnJn9
動画
https://www.youtube.com/watch?v=eLFjAMbVbMU



中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ国際ユースサッカー大会で、最終節(29日)の中国戦に3-0で勝利した韓国代表の選手一人が、優勝カップを踏みつけて記念撮影をしたほか、
カップに向かって用を足すようなしぐさをしたなどと伝えられた問題で、成都市サッカー協会関係者は試合後、「もう韓国チームは呼ばない」と話したという。

中国のスポーツメディアの新浪体育によると、この関係者は「おそらく今後、韓国チームを大会に呼ぶことはないだろう。以前に二度、日本チームが参加したが、彼らの素養の高さからは恐ろしささえ感じた」などと話したという。
この問題は複数の中国メディアが報じ、ネットでは炎上状態となった。

大会組織委員会と成都市サッカー協会の抗議を受け、韓国代表の監督と選手らは30日、宿泊先のホテルで謝罪会見を行った。

金正秀(キム・ジョンス)監督は「このようなことが起こったことについて、まず謝罪します。これは完全に私の過ちでした。われわれの選手は二度とこのようなことを起こしません。
中国の方の感情を傷つけてしまったことを改めておわびします」と語った。問題行為を行った選手も「中国のすべてのサッカーファン、選手、国民の皆さんに心から謝罪します」などと述べ、選手全員で頭を下げた。

2019年5月30日(木) 14時20分
https://www.recordchina.co.jp/b716383-s0-c50-d0054.html

1 Egg ★ 2019/05/30(木) 22:29:39.02
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559222979/

【厳正処分】<トロフィー踏みつけた韓国U-18代表>優勝剥奪処分!  

1: Egg ★ 2019/05/30(木) 20:23:22.82 ID:tYfOOJhz9
中国で行われたサッカーのユース大会で、優勝したU-18韓国代表の選手が足でトロフィーを踏んで喜んでいる写真が公開された問題で、大会を主催した中国側は30日、韓国チームの優勝を剥奪した。

【関連写真】トロフィーを足で踏み、笑顔を見せる選手
no title


 問題を受けて韓国チームの選手やスタッフが「中国の全国民」に向けて謝罪していた。

 成都(Chengdu)で開催された年に1度のユース国際大会「パンダ・カップ(Panda Cup 2019)」で、韓国代表は29日の中国戦に3-0で勝利し優勝を決めた。だが試合後に選手が取ったこの敬意を欠く行為が批判の対象となっていた。

 選手が足でトロフィーを踏む様子を捉えた写真は中国メディアやSNSで大きくとり上げられ、大会組織委員会は、韓国側の振る舞いを「重大な侮辱行為だ」と批判していた

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6325112

韓国代表が暴挙! 中国の大会で優勝し選手が優勝カップ踏みつける! 全選手が頭下げ謝罪する事態に 

1: 荒波φ ★ 2019/05/30(木) 12:08:36.33 ID:CAP_USER
no title

https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201905/20190530-052635632.jpg
https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201905/20190530-052635630.jpg

>>0�謝罪)動画
https://youtu.be/JGX_BVWspUM




中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ2019で、最終節の中国戦に3-0で勝利したU-18(18歳以下)韓国代表の選手一人が、優勝カップを踏みつけて記念撮影をした。

現場にいた記者によると、カップに向かって用を足すようなしぐさもしたという。29日付で複数の中国メディアが報じ、ネットでは炎上状態となっている。

韓国選手の不適切な行為を受け、大会組織委員会と成都市サッカー協会は韓国側に厳しく抗議。これを受け、韓国代表の監督と選手らは日付が変わった30日に宿泊先のホテルで謝罪会見を行った。

金正秀(キム・ジョンス)監督は「このようなことが起こったことについて、まず謝罪します。これは完全に私の過ちでした。我々の選手は二度とこのようなことを起こしません。中国の方の感情を傷つけてしまったことを改めてお詫びします」と語った。

問題行為を行った選手も「中国のすべてのサッカーファン、選手、国民の皆さんに心から謝罪します」などと述べ、選手全員で頭を下げた。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングでは、29~30日にかけて「韓国が中国に勝利した後、カップを踏みつける」「韓国チームが公開謝罪」など関連ワードがトップ10に3つ入り、大きな注目を集めた。

ネットユーザーの反発の声は大きく、

「試合には勝ったが、人としては負けだな」
「お里が知れるってもんだ」
「批判されたから謝っただけ。心の中では中国を見下しているのだろう」
「中国人を傷つけた?いや違う。自分たちで韓国のイメージを傷つけただけさ」
「韓国にスポーツマンシップが無いことは周知の事実」
「本当にこの国は救いようがない」
「相手をリスペクトしない者は、他者からリスペクトを受けるに値しない」
「こんなことができるのは世界中見渡しても韓国だけ」
「スポーツ道徳に反する行為。何かペナルティーがあってしかるべきでは?」

など、辛らつな言葉が並んだ。


2019年5月30日(木) 9時40分
https://www.recordchina.co.jp/b716288-s0-c50-p0.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索