Samurai Goal

パワーハラスメント


スポンサード リンク





<湘南ベルマーレ>曺監督の活動自粛継続!?会長「長期離脱で精神的に疲れている」  

images




1: Egg ★ 2019/09/29(日) 22:50:48.52 ID:ZTeBUYY29
サッカーJ1湘南は29日、曺貴裁監督が選手らに暴言などのパワーハラスメントをした疑いがあるとし、Jリーグの調査を受けている問題について、神奈川県平塚市内でサポーターとの意見交換会を開いた。真壁潔会長は「曺監督は長期離脱で精神的に疲れている。『自分がやらない方がいいのでは』と話している」と明かした。

 再発防止策については、選手らのための相談窓口の設置や監督、選手らの調整役である強化部の増員などを盛り込む方針を説明。真壁会長は「窮地をしのいで(疑惑発覚前日の)8月11日に戻れるようにしたい」と話した。

 Jリーグは調査結果をもとに10月上旬に裁定を下す見通し。【福田智沙】

9/29(日) 22:35配https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000054-mai-socc

【犯罪では?】サッカーJリーグの在日韓国人の監督、スタッフや選手に暴力か Jリーグ調査開始  

mode3_w590_h394-aea21e56ee926ed37a073c030d9ffcaf




1: スタス ★ 2019/08/13(火) 23:50:52.93 ID:PySRLoT+9
◆「滑ってんじゃねーかよ」スパイク蹴る…湘南監督に指摘

 Jリーグ1部(J1)の湘南で、曺貴裁(チョウキジェ)監督(50)の指導にパワーハラスメントの疑いがあるとして、Jリーグが近く調査に乗り出すことになった。指導スタッフや選手、クラブ幹部らも含め広く事情を聴く。これを受けて、湘南は13日、調査が終わるまでの間、曺監督が練習を含めてチームから外れ、コーチが代行して指揮を執ると発表。13、14日の練習を非公開に変更した。湘南は12戦を残すJ1で11位につけている。

 パワハラの疑いが発覚したのは、日本サッカー協会への匿名による通報がきっかけ。複数の関係者の証言によると、曺監督や一部のコーチがチームスタッフや選手に対して、数年にわたり、人格を否定するような暴言や、精神的に追い込むような指導を繰り返していた。

 今季も試合後の控室でミスをした選手を激しい口調で責め、スパイクをけり飛ばす行為があったという。昨季限りで他クラブに移籍した選手の中には、シーズン途中で練習に出てこられなくなった選手が複数いた。だが、その原因についてクラブ側からチームの選手たちへの説明はなかったという。

 曺監督は2012年に湘南の監督に就任して8年目。この間、チームをJ1昇格に3回導き、昨年にはルヴァンカップ初優勝を果たした。

◆ひざに違和感、練習強行

 湘南は13日午前9時半からミーティングを開き、真壁会長、水谷社長らクラブ幹部が練習前の選手に対して、監督がチームから一時的に離れる措置を説明した。選手から質問はなかったという。13、14日の練習を非公開に変更した。

 監督不在がどの程度続くかはわからないが、湘南はルヴァン杯、天皇杯ですでに敗退。残るのは3季連続の残留がかかるJ1のみで、高橋コーチが監督を代行する体制になった。

 日本サッカー協会に寄せられた通報や複数の関係者が、監督の高圧的な指導ぶりを指摘している。

 今季も、5月26日に1―4で負けたアウェーの神戸戦のあとの控室で、ピッチで足を滑らせていた複数の選手を激しい言葉で責めた。DFの選手に「(滑りにくい)ポイント(交換式のスパイク)を履いても滑ってんじゃねーかよ」と問い詰めた上、そのスパイクを蹴り飛ばしたという。控室には選手18人のほか、複数のコーチ、会長、社長、強化責任者の坂本スポーツダイレクター(SD)も同席していた。

 また、クラブハウス内の指導スタッフがいる部屋に選手を個別に呼んで話している最中に、手元にあった雑誌を投げつけたこともあった。

 7月の福島合宿では、練習中に選手が左ひざに違和感を訴えた際、様子を見ようとしたトレーナーを監督が制止し、練習を再開させた。その直後に選手は左ひざの前十字靱帯(じんたい)を損傷、全治8カ月と診断された。

 昨年8月には、天皇杯で川崎に…
https://www.asahi.com/articles/ASM8F5R38M8FULZU00K.html?iref=comtop_8_06

湘南パワハラ疑惑、曹監督が辞意!Jが全選手スタッフに近く徹底聴取。「こんな状況で試合ができるのか」  

1: Egg ★ 2019/08/14(水) 07:37:53.75 ID:Yz2W7ogT9
サッカーJ1湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)にパワーハラスメント(パワハラ)疑惑が浮上している問題で、同監督が辞任の意向を周囲に伝えたことが13日、複数の関係者の話で分かった。自身の責任は重いとして、リーグの調査結果を待たず進退の意思を固めた形。クラブ側は慰留するとみられる。また、Jリーグは湘南の全選手・スタッフ約50人に近くヒアリング調査を行うことがJリーグ関係者の話で判明。クラブはこの日、調査終了まで同監督が指導を控えると発表した。

 曹監督が辞任の意向を周囲に漏らしていることが判明した。クラブ側は同監督の進退について、Jリーグの調査結果が出てから判断を下す方針だが、同監督は調査開始を待たずして辞意を固めた。今季で就任から8年目となる同監督はこれまでも退任を示唆しながら契約を延長したことがあったが、今回の件については責任を重く受け止めているようだ。クラブ側は慰留するとみられる。

 Jリーグは曹監督によるパワハラ疑惑の徹底解明に打って出る。調査を行うJリーグ関係者によると、同監督やクラブ幹部だけでなく、クラブに所属する全36選手と現場スタッフの総勢50人ほどがヒアリング対象で、異例の大規模調査が行われるという。

 進捗(しんちょく)状況を見極めながら調査対象者を増減し、複数回に分けて慎重に調査を進める。聞き取りは弁護士によって行われる見通しだという。

 Jリーグ側には被害を訴える関係者やその目撃者から、複数の証言が届いているとみられる。リーグ側はそれらをもとにヒアリング調査を行い、必要に応じて過去に所属していた選手やスタッフにも現在の所属先の協力を得ながら、調査の範囲を広げていく。

 リーグ2連勝中で11位のクラブはこの日、調査結果が出るまで曹監督が指導・指揮を控えると発表した。Jリーグによる調査が終了するまでは、高橋健二コーチ(49)が暫定的に指揮を執り、次戦のJ1第23節鳥栖戦(17日・BMWス)でも采配を振る見通しとなっている。

 スポーツ報知の取材によると、2018年2月から今年7月まで、少なくとも3人の選手と2人のスタッフが同監督からの高圧的な態度や罵倒行為から生じた精神的苦痛とみられる症状でチームを退団していたことが判明している。クラブ側の広報責任者は11日の段階で取材に対して「クラブ内で問題にしているようなことは全くありません」と話したが、12日にはクラブの公式ホームページで「Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行う」と発表している。

8/14(水) 6:04配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000316-sph-socc

写真
no title

湘南チョウ監督にパワハラ報道 クラブがコメント発表  

20190812-43470409-gekisaka-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/12(月) 06:46:07.43 ID:Dz8qvGFR9
湘南ベルマーレは12日、一部メディアのチョウ・キジェ監督の報道に関してコメントを発表した。

 クラブ公式サイトでは「一部報道について」とリリース発表。チョウ監督について「パワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております」と12日の一部スポーツ紙による報道を伝えた。

 クラブは「記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」とコメント。「応援して下さるサポーターの皆さま、ご支援いただいている企業の皆さまに、多大なるご心配をおかけすることにつきましては、大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と伝えている。

 チョウ監督は2012年から湘南の指揮官に就任。“湘南スタイル”で選手たちを育て上げ、昨季はルヴァン杯優勝を成し遂げていた。

8/12(月) 6:08配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-43470409-gekisaka-socc

社員に残業代未払い パワハラも、J2水戸 幹部処分へ  

201804070002-spnavi_2018040700002_view




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/23(日) 11:10:11.34 ID:tWM7WWk49
サッカーJ2水戸ホーリーホック(沼田邦郎社長)で、社員に対し11年間にわたる残業代未払いがあったほか、
男性幹部によるパワーハラスメント(パワハラ)で男性社員1人が退職していたことが22日までに、関係者への取材で分かった。
クラブは未払い分を支払う方向で社員側と調整を進めている。
パワハラをしたとされる幹部については、減給1カ月の懲戒処分にすることを決めた。

関係者によると、残業代の未払いは少なくとも2008年4月分から今年4月分までの11年にわたって続いていた。
クラブ社員は現在12人で、このうち、残業が1月当たり70時間を超える人もいた。

労働基準法に定められた「原則1日8時間、週40時間」を超える労働は、
労使協定の「三六協定」によって可能だが、クラブはこれまで締結していなかった。

同協定は今年3月末に締結。これを機に、過去の未払い分を支払う方向で労使間で交渉しているという。

パワハラは、上司に当たる40代男性幹部(当時)から暴言などを繰り返し受けたとして、男性社員が昨年4月ごろ、別の上司に相談し発覚。
男性社員は同5月下旬ごろから休養に入り、医師の診断書をクラブに提出。同7月、パワハラを理由に退職した。

診断書提出に伴い、クラブは第三者による調査委員会を設置。調査委はパワハラと懲戒処分相当であることを認定した。
これに準じ、クラブは男性幹部と監督責任がある沼田社長の処分を決めた。

茨城新聞の取材に対し、沼田社長は事実関係を認め、未払いについて「厳しい経営を理解した上で働いてくれる社員もいたため、甘えてしまった。大変申し訳ない」と釈明した。

チームは22日現在、首位と勝ち点5差の3位と、初のJ1昇格を狙える位置に付けている。沼田社長は「選手も社員も十分に力を発揮できるような環境づくりを進めていきたい」と話した。

クラブの2018年度(18年2月1日~19年1月31日)の収支決算は2期ぶりの黒字で、当期純利益は27万円を計上した。純資産は3553万円。(今井俊太郎)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000004-ibaraki-socc
6/23(日) 5:00配信

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/data/standings/
J2順位表



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索