Samurai Goal

パワハラ疑惑


スポンサード リンク





湘南チョウキジェ監督のパワハラ問題、Jリーグの調査が進むも難しすぎる線引き 

DXj5R-JXcAAUXVq




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/31(土) 20:37:08.10 ID:vqry4dS59
選手3人、スタッフ2人が監督に追い込まれ、Jリーグによるパワハラ調査がスタート


「スパイクやペットボトルを蹴り上げたり、選手を呼んで『やる気あるのか!』と怒鳴りつけている姿は、クラブの誰もが目にしたことがあります。ただ、監督は激昂してそれをやっているというよりは、冷静に厳しさを見せているという印象です。あれをパワハラと言われると、今後、誰も〝熱い指導〟はできなくなりますよ」(湘南ベルマーレスタッフ)

突如として浮上した曺貴裁(チョウキジェ)監督(50)のパワハラ疑惑に、湘南ベルマーレが大きく揺れている。

問題が持ち上がったのは8月11日。”匿名のタレコミ”がサッカー協会へと持ち込まれたことがきっかけだった。少なくとも過去1年半の間に、3人の選手と2人のスタッフが曺監督によって追い込まれ、チームを去ったという。

Jリーグは14日から聞き取り調査を開始。曺監督は13日から指導を自粛しているが、ベルマーレ主力選手のホンネは意外なものだ。

「8割くらいは擁護派です。ほとんどが監督に早く戻ってきてほしがっています。厳しく叱責することで、監督がやる気を引き出していることは誰もがわかっている。みんな『愛のムチだと思っている』と言っていますよ」(同前)

ベルマーレを長く取材してきたサッカーライターの藤江直人氏も、パワハラ疑惑にはこう疑義を呈する。

「曺監督がベルマーレの指揮をとって8年目。シーズン最後の練習後に必ず『解団式』を行っているんですが、毎年そこで、残る選手も退団する選手も、そして監督も一緒になって大泣きしています。まるで学生の部活のようなノリですが、少なくともあの光景を見ていると、監督と選手の気持ちが離れていたとは到底思えません。曺監督は選手から『金八先生』と呼ばれているくらいですからね」

とはいえ、コンプライアンスの徹底が叫ばれる時代だ。クラブ関係者によると、曺監督が辞任を強いられるのは避けられない状況だという。一方で、スポーツライターの杉山茂樹氏はこう語る。

「曺監督が『湘南スタイル』と呼ばれる走るサッカーを確立し、ベルマーレを強くしたのは紛れもない事実。そして、選手から慕われていたのもまた事実です。パワハラと言われても仕方ない指導があったからといって、人間性や指導法を100%否定してはいけない。何が問題だったかを調査し、反省した上で、再び現場に復帰できるようにすべきです」

熱血指導かパワハラか。その線引きはかくも難しい。

『FRIDAY』2019年9月6日号より
https://friday.kodansha.co.jp/article/62172

3人の選手が精神的に追い詰められ……“パワハラ疑惑”湘南・曺貴裁監督は何をしたのか  

2019-08-12_19h11_58




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/24(土) 13:14:00.69 ID:Hgc+R7ES9
2019年8月24日 11時0分 文春オンライン
https://news.livedoor.com/article/detail/16974507/

 J1の湘南ベルマーレに激震が走っている。8月12日、者貴裁(チョウキジェ)監督(50)による選手・スタッフへのパワハラ疑惑が浮上。Jリーグによるチームへのヒアリング調査が決まったのだ。

 湘南は、者監督の下で「湘南スタイル」という言葉を掲げ、アグレッシブなサッカーを志向。昨年はルヴァンカップも制覇している。

「在日韓国人の者監督は早大卒業後、柏、浦和、神戸でプレーし、引退後はドイツの大学でサッカーの指導を学んだ。05年にコーチとして湘南に入団し、12年に監督に就任しました」(スポーツライター)

 ピッチ上では喜怒哀楽を全身で表現する“激情型”の監督として知られる。

「普段は気さくで明るいオジサンです。記者の嫌な質問にも冷静に答え、言葉に力もある。一方、泣き虫としても有名です。シーズン終了後のミーティングでは、移籍する選手たちにメッセージを送りながら涙を流すこともしばしば。昨年のルヴァンカップ制覇の時には、ピッチ上で人目を憚らず号泣していた」(同前)

 ただ、チーム一丸となって走り抜くスタイルを作り上げた背景には、厳しすぎる指導もあったようだ。

3人の選手が精神的に追い詰められ……
「練習でサボっている選手がいれば、監督から激しい叱責がバンバン飛んでいた。掲げるスタイルを築いていくため、『是か非か』をハッキリさせてチームを導いていた」(スポーツ紙記者)

 その指導の中で、昨年には3人の選手が練習場に通えなくなるほど精神的に追い詰められ、同年のオフに退団。さらに2人のスタッフもクラブから離れた。

「練習中に、多くの選手の前で1人を個人的に説教することは日常茶飯事。気に入らないプレーがあれば『ピッチから出て行け』と怒号が飛ぶ。衝突して痛がる選手には『助けるな』とコーチを制止し、プレーを続行させる場面も。全体ミーティングの際にはミスをした選手を反論のできない状況を作った上で激しい口調で責め、扇風機やクーラーボックスを蹴飛ばすこともあった」(チーム関係者)

 その一方で、今季から湘南に期限付きで移籍していた武富孝介(28)は、「監督の指導には愛情があった」と語り、「監督が指揮を執れないなら」と、浦和への復帰を発表している。

 現在、Jリーグの調査終了まで、者監督は指導・指揮を自粛するよう指示されている。チームの幹部は今後についてこう語る。

「現在、監督の処遇はJリーグ預かりとなっていますが、チームとしては基本的には監督を続けてほしい。ただ、パワハラに厳しいこのご時世ですので、調査結果がどうなるか心配です」

「湘南スタイル」の継続なるか、結論が注目される。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)

曹監督パワハラ疑惑で「湘南スタイル」終焉? チーム崩壊を恐れる代表OB「J3まで…」  

20190815-00000000-tospoweb-000-3-view[1]




1: カメハメハ大王 ★ 2019/08/15(木) 11:27:29.41 ID:W3/BUmQI9
パワハラ疑惑の行方とは――。J1湘南の曹貴裁監督(50)に浮上した疑惑についてクラブ側は厳しい選択を迫られている。
湘南は13日、Jリーグによる調査終了まで曹監督の指揮および指導の自粛を発表した。当面は高橋健二コーチ(49)が指揮を執るが、今後、指揮官の去就問題に波及するのは避けられない状況だ。
ソウ監督が築き、サッカー界を席巻した「湘南スタイル」は終焉を迎えそうで、チームは崩壊の危機に直面している。

パワハラ疑惑が浮上した曹監督の活動自粛が発表となり、この日のトレーニングから高橋コーチがチームの指導に当たり、17日の鳥栖戦(BMWス)の指揮も執る。
真壁潔会長は「公正な調査のため、監督とも合意の上で措置を決めた」と広報を通じてコメントした。

今回の件についてはパワハラを受けたとされる選手、スタッフ、関係者の話や、曹監督の指導法を疑問視する声が出る一方で、その指導を愛情と捉える向きもあり意見はさまざま。
今後、クラブ側はJリーグによる調査結果を待って曹監督への対応を協議することになるが、すでに去就問題に発展することは避けられない見通しだ。

特に親会社のライザップは曹監督のパワハラ行為を否定しているものの、疑惑が表面化したことで企業イメージの悪化は避けられないという事情がある。
クラブ側は、他のスポンサーやサポーターへの対応を含め、問題を一刻も早く払拭するために、今後は指揮官の処遇についても本格的に検討せざる得ないはずだ。

そんな中、曹監督をよく知る日本代表OBの一人はクラブの行く末を案じている。「パワハラは断じてあってはならないこと。
どんな理由であれ、それを肯定することはない」と前置きしつつも「湘南のスタイルは曹監督が築き上げたもの。他の監督にはまねできないし、曹監督の指導があって初めて成り立つ。
その過程で厳しいやりとりがあって当然」と説明。実際に練習を見学した際にも、厳しい指導を行っている姿を見たことがあるという。

8/15(木) 0:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000000-tospoweb-socc

パワハラ疑惑に揺れる湘南ベルマーレ、5年前に退団した選手が証言!「おれには愛にしか感じなかった」  

20190813-43470462-gekisaka-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/13(火) 19:02:32.32 ID:aTbQZUHx9
湘南ベルマーレがチョウ・キジェ監督の“パワハラ疑惑報道”に揺れる中、過去に同クラブに在籍したAC長野パルセイロGK阿部伸行が自身のツイッター(@dfrf44a4)で意見を述べている。

 現在35歳の阿部は流通経済大からFC東京を経て、2011年に湘南へ加入。チョウ監督が就任した2012年にプロデビューを果たすと、同シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、湘南のJ1昇格に貢献した。その後、2014年までの4年間にわたり、同クラブでプレー。2015年に北九州、2017年に現在所属する長野に完全移籍した。

 阿部はチョウ監督のパワーハラスメント疑惑に関する報道があった12日、自身のツイッターを更新。「受け取った人の主観だから1つの大切な意見」と前置きした上で、「ただおれには愛にしか感じなかった!」と綴った。

 恩師の報道に対するものとは明言していないが、タイミング的に今回の件を受けてのツイートだと思われる。ファンからは「ありがとうございます」「愛のあるお言葉」「これ以上の言葉はない」といった趣旨のコメントが寄せられた。

 湘南は今回の報道を受け、12日にクラブ公式サイトで「記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と表明。翌13日には、Jリーグの調査が終了するまで、チョウ監督が現場での指揮および指導を控えることも発表している。

8/13(火) 17:36配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-43470462-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索