Samurai Goal

パルチザン


スポンサード リンク





パルチザン浅野拓磨が2試合連続ゴール!…先制弾でリーグ4連勝に貢献  

20191202-01004661-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/02(月) 01:06:02.28 ID:fJTmmHWT9
パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、12月1日に行われたセルビア・スーペルリーガ第18節のマチュヴァ・シャバツ戦で、今シーズンのリーグ戦2点目を決めた。

先発出場した浅野は16分、ウマル・サディクのシュートが相手GKに阻まれると、こぼれ球を押し込んで先制ゴールを決めた。
試合はその後、70分にスロボダン・ウロシェビッチが追加点を決めて、パルチザンが2-0で勝利。
敵地で完封勝利を収めて、リーグ戦4連勝を飾った。

今夏にパルチザンに移籍した浅野は、8月8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ファーストレグのイェニ・マラティヤスポル戦で移籍後初出場を果たすと、いきなり初ゴールを決めて鮮烈デビュー。
その後は得点から遠ざかっていたが、25歳の誕生日の11月10日に行われた第15節のインジヤ戦で自ら得たPKを決めて、バースデーゴールでリーグ初得点を記録した。

さらに11月28日に行われたELグループステージ第5節のAZ戦では得意の抜け出しから鮮やかな先制ゴールを決めて、EL本戦初得点をマーク。
中2日で行われた今節マチュヴァ・シャバツ戦では、公式戦2試合連続で今シーズン4点目を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004661-soccerk-socc
12/2(月) 0:54配信

浅野拓磨、EL初弾を地元メディアが絶賛!「これを待っていた!」古巣アーセナルのファンは「呼び戻せ」の声も  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 16:27:59.88 ID:fuS0xuSN9
日本の韋駄天が、鮮烈な一撃を見舞った。

 現地時間11月28日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節(L組)で、AZの本拠地に乗り込んだパルチザンは、前半のうちに2点をリードしたが、数的優位になったにもかかわらず、87分と後半アディショナルタイム2分に立て続けに失点……。結局、2-2で勝ち試合をフイにし、グループステージ敗退が決定した。

【動画】おなじみのジャガーポーズも! 浅野が決めたゴールはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=67233

 試合には勝てなかったパルチザンの中で、小さくない存在感を放ったのが、浅野拓磨だ。

 4-4-2の左サイドハーフで先発起用された日本代表FWは、16分に魅せる。ハーフウェーライン付近でボールを持ったビブラス・ナトホのロブパスに反応すると、AZの最終ラインの裏を取って、エリア内に侵入。鮮やかな左足のボールコントロールから最後は右足のアウトサイドでゴールへ流し込んだ。

 EL初ゴールを決め、お馴染みの「ジャガーポーズ」も炸裂させた浅野。そのパフォーマンスに、地元メディアから賛辞が集まっている。

 セルビア・メディアの『Espreso』は、「2-2のゲームはパルチザンにとって不十分な結果だ」としたうえで、先制点を決めた浅野に次のような賛辞を贈った。

「多くの人々がこれを待っていた。アサノは非常に重要な試合で自分自身を証明した。ナトホの蹴った気持ちを込めたパスに見事にゴールで応えたのだ。そして、彼の守備におけるパフォーマンスはもはや繰り返す必要がないだろう。アサノはウロセビッチ(左SB)をとても良く助けている。それを強調しなければならない」

 また、ツイッターでは、熱狂的なパルチザン・ファンをはじめ、古巣アーセナルのファンからも、浅野に対するコメントが相次いだ。

「アサノがゴラッソを決めた」
「巧みなゴールだった」
「これを待ってた」
「綺麗すぎる一撃だ」
「信じられるか? アサノがゴールを決めたぞ。アーセナルに呼び戻せ」
「アーセナルでリベンジさせるべきだ」

 チームの勝利には結びつかなかったものの、個人としては目に見える結果を残した浅野。そのパフォーマンスから今後も目が離せない。

11/29(金) 16:05 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00067233-sdigestw-socc

写真no title

<浅野拓磨(パルチザン)>判断ミスに同僚DFが激怒!「ガチギレされてる」「現地メディア「味方がいたのに…」  

1: Egg ★ 2019/09/21(土) 18:26:25.90 ID:RkGL7flD9
敵DFを退場に追い込んだが…
no title


現地時間9月19日に開催されたヨーロッパリーグのグループステージ第1節で、浅野拓磨が所属するセルビアのパルチザンが、菅原由勢が新加入したオランダのAZとホームで対戦。2-2のドローに終わっている。

 4-2-3-1の左サイドハーフで先発した浅野拓磨は、1点ビハインドで迎えた27分、DFラインの裏に抜け出ようとしたところをAZの右SBのヨナス・スベンソンに倒され、FKを獲得。決定機阻止でスベンソンを一発退場に追い込んだ。これにより、右SBが必要となったアウェーチームは、菅原をピッチに送り出している。

 しかし、浅野はこの“手柄”を帳消しにしてしまう。1-1で迎えた48分、サデョク・ウマルのスルーパスを受けて左サイドを抜け出すと、逆サイドで右SBのネマニャ・ミレティッチがフリーで走り込んでいたにもかかわらず、シュートを選択。これはGKの正面を突き、そのこぼれ球を拾ったゾラン・トシッチの一振りも枠から外れてしまった。

 すると、うずくまりながら悔しがっていた韋駄天FWの元に、激しく声を張り上げながらすごい勢いで詰め寄る選手がいた。パスを出してもらえなかったミレティッチだ。その様子から、激怒していたのは間違いないだろう。サデョクがすぐにふたりの間に入り、揉め事にはならなかったとはいえ、シュートという判断がベストではなかったのは明らかだった。
 
 現地メディア『Blic Sport』は、その浅野にチーム最低の5.5点をつけ、「日本人選手にとって評価に乏しいゲームだった。ボールを失い、ミスを犯した」と厳しい評価。くだんの場面については、「チームメイトが寄り良いポジションにいたのに、自分でトライをした」と綴った。

 また、このシーンについてファンからは、「フリーだった選手からガチギレされる」、「パス出さないで真正面にシュートされたんじゃ、そりゃ怒りたくもなる」、「決めないと代表なんて夢のまた夢」といったコメントが寄せられている。

 絶好のチャンスを逃し、悔しい結果となった浅野。次節、敵地でのアスタナ戦で汚名返上のゴールが奪えるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190921-00064404-sdigestw-socc

浅野拓磨、セルビアの名門パルチザンに期限付き移籍が確実に…アーセナルは契約延長の必要性も  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/31(水) 07:44:21.73 ID:188/QRhp9
現地メディアがクラブ間合意と報道

アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨は今シーズン、セルビアの名門パルチザンでプレーすることになりそうだ。
同国メディア『MAXBETSPORT』によると、クラブ間は期限付きの移籍で合意に至ったという。

2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに渡り、ここまでの欧州での3シーズンはシュトゥットガルトやハノーファーとドイツで過ごした浅野。
今年7月初旬からもパルチザンからの興味が伝えられていたが、自ら交渉を担当したと伝えられる同クラブのサボ・ミロシェビッチ監督の下でプレーする可能性が濃厚になりつつある。

『MAXBETSPORT』曰く、アーセナルは浅野に対するパルチザンの買い取りオプション付きの1年レンタルのオファーを受け入れ、クラブ間の合意に至ったとのこと。
また、「タクマ・アサノはセルビアのコンペティションでプレーすることが確実となった」とまで伝えられている。

一方、アーセナルは浅野との契約を2020年まで残すが、契約最終年の選手をレンタルで送り出すことは認められていない。
今回の報道が事実であれば、アーセナルは浅野との契約を延長することになるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00010022-goal-socc
7/30(火) 17:41配信

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索