Samurai Goal

パリ・サンジェルマン


スポンサード リンク





メッシ獲得を狙うのは3クラブ? C・ロナウドとの共演の可能性は... 

1: 2020/08/23(日) 00:28:42.51 _USER9


SPORTのジャーナリスト、ジャーマン・ボナ氏は、メッシ獲得は簡単にはいかないものの、上記のクラブによる獲得の可能性を指摘している。

■パリ・サンジェルマン
PSGは、過去にFFPの規制に苦しんでいるが、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で規則は緩和されたとみられており、ナーセル・アル=ヘライフィー会長はメッシとネイマール、エムバペの共演を望んでいる模様。

■インテル
インテルはメッシとの契約に最大の関心を示しているクラブのようだ。一方バルサはインテルのストライカー、ラウタロ・マルティネスの獲得に熱心である。

■ユヴェントス
ユヴェントスはロナウドとメッシの共演を狙っているかもしれない。しかし、ロナウドが年俸3100万ユーロ(約38億円)を手にしているため、メッシ獲得は簡単ではないようだ。

■プレミアリーグ
世界最高の選手の獲得について、3クラブ以外にもイングランド勢の名前も挙がっている。

マンチェスター・シティはバルサでメッシと共に黄金時代を築いたペップ・グアルディオラ監督のアドバンテージがあり、マンチェスター・ユナイテッドも資金は潤沢にある。チェルシーの名前も常にあるが、大きな後押しはないようだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ed01d464af395a6aaeddeee253aeda16e165613
no title


関連
【サッカー】<メッシ>バルセロナ退団秒読みか!?インテルは4年総額約322億円のオファーを用意 マンC、パリSGも移籍先候補に [Egg★]
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598069426/

<パリ・サンジェルマン>約1600億円を投資してCL決勝進出!23日に欧州CL決勝でバイエルンと対戦 

スクリーンショット 2020-08-21 7.51.15




1: 2020/08/20(木) 23:14:32.85 _USER9
は18日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でライプチヒ(ドイツ)を破り、クラブ史上初の決勝に進出した。

ナセル・アルケライフィ氏が会長就任してから9年目。スペイン紙アスは20日、クラブが初の決勝進出まで約1600億円を投資したと伝えている。

ナセル・アルケライフィ氏が代表を務めるカタール国の投資会社カタール・スポーツ・インベストメントがパリ・サンジェルマンのオーナーになったのは2011年。
このことがフランスリーグの移籍市場に「革命」をもたらし、パリ・サンジェルマンはそれ以降、パストレ、チアゴシウバ、イブラヒモビッチ、カバーニ、ダビドルイス、ディマリア、ネイマール、エムバペなど、次々とスター選手と契約を結んでいった。

実際、47選手を獲得するのに12億5550万ユーロ(約1569億3750万円)もの膨大な資金を費やし、9年目にして初めて欧州CLの決勝までたどり着くことに成功した。

この9年間で獲得した47選手の中、移籍金トップは2017-18シーズンにバルセロナから入団したネイマールで2億2200万ユーロ(約277億5000万円)。

次いで2017-18シーズン(初年度は期限付き移籍)入団のエムバペが1億4500万ユーロ(約181億2500万円)。2013-14シーズン入団のカバーニが6450万ユーロ(約80億6250万円)、
2015-16シーズン入団のディマリアが6300万ユーロ(約78億7500万円)、2014-15シーズン入団のダビドルイスが4950万ユーロ(約61億8750万円)で続く。

パリ・サンジェルマンはこの後、23日にリスボン(ポルトガル)で開催される欧州CL決勝でバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と対戦し、初優勝を目指すことになる。

8/20(木) 19:39配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a24c3f0bbc2f7f30689eb08e4df0444fa1af65aa

ムバッペの東京五輪不参加が決定的。ハードスケジュールを考慮しPSGは派遣拒否 20試合18得点 

20200304-00365382-footballc-000-1-view




1: 2020/03/04(水) 07:44:16.44
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペを2020年東京五輪(東京オリンピック)で見ることは出来なさそうだ。

3日付けの仏紙『レ・パリジャン』など複数のメディアは『レキップ』の報道として、PSGがムバッペを東京五輪に派遣する事に反対していると伝えている。クラブは既にフランスサッカー連盟(FFF)対し意思を伝えているようだ。

ムバッペは6月12日から始まるEURO2020にフランス代表として参加する事が濃厚となっている。仮にチームが決勝まで進んだ場合、7月12日まで拘束され、東京五輪のサッカー一次ラウンドは7月23日から開催されるためハードスケジュールとなる。

また東京五輪は国際サッカー連盟(FIFA)主催ではなく国際オリンピック委員会(IOC)の管轄の下で開催されるため、各クラブは拒否権を持っている。選手を怪我から守る為にもPSGはムバッペの参加を拒否することになるとの見方が強まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00365382-footballc-socc
3/4(水) 7:40配信

FW キリアン・エムバペ
背番号7
身長/体重178cm/73kg
生年月日1998年12月20日
国籍/出身地フランス

PSG会長に汚職疑惑…元FIFA事務総長とともにスイス検察局から起訴される 

20200221-01038003-soccerk-000-2-view




1: 2020/02/21(金) 12:12:50.64
スイス検察局は、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長と2007年6月から2015年9月にかけて国際サッカー連盟(FIFA)の事務総長を務めていたジェローム・ヴァルク氏らを贈収賄などの容疑で起訴した。20日、イギリスメディア『BBC』や『スカイスポーツ』などが報じた。

 今回の起訴は、2018年から2030年の間に開催されるFIFAワールドカップやコンフェデレーションズカップに関連した各大会の放映権について、ヴァルケ氏とケライフィ氏、第三者のビジネスマンが不正に関わっていたという疑惑に基づいているようだ。ケライフィ氏はカタールメディア『beINメディアグループ』の役員も務めており、イタリアやギリシャなどでの放映権を得る見返りに、ヴァルケ氏に“援助”を行ったと疑われている。

 スイス検察局はケライフィ氏について、「ヴァルケ氏に刑事上の不当な財務管理を促した」、「イタリア・サルデーニャ島に所有する別荘を、ヴァルケ氏が無料の宿泊施設として独占的に使用できるようにした」2件について起訴した。『スカイ』によると、別荘の貸し出しによって、ヴァルケ氏はイタリア滞在時の家賃を90万ユーロから180万ユーロ(約1億~2億円)節約することができたようだ。また、ヴァルケ氏は贈収賄や複数の刑事上の不当な財務管理および文書の改ざん容疑で、匿名の第三者もヴァルケ氏の不正行為を促した疑いでそれぞれ起訴されている。

 ケライフィ氏は公式声明を通じて、告発が事実無根のものだと主張している。なお、今回の起訴は、同氏のPSG会長としての職務や欧州サッカー連盟(UEFA)の執行委員としての活動に関係するものではない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-01038003-soccerk-socc

パリSGのカバーニがアトレティコ移籍へ!3年契約で基本合意と伊メディアが報じる 11試合3得点  

20191223-00068077-sdigestw-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/24(火) 04:56:57.19 ID:mZIpt3Wq9
加入時期は冬か? 夏か?

12月23日、イタリアの移籍専門記者ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のサイトが、
パリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディン・カバーニがアトレティコ・マドリーとの3年契約に基本合意したと報じた。

パリSGのクラブ最多得点記録を保持するカバーニは今シーズン、
故障で出遅れている間に新加入のマウロ・イカルディにCFの定位置を奪われ、
ここまで11試合の出場でわずか3ゴール。
クラブとの契約は20年6月までのため、今シーズン限りでの退団が囁かれていた。

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、カウンターや空中戦で抜群の威力を発揮し、守備にも献身するこのストライカーを以前から高く評価しており、
意中のターゲットをようやく手中に収めたことになる。
30歳以上の選手とは基本的に複数年契約を結ばないアトレティコが32歳のカバーニに3年契約を提示したとすれば、それは期待の表われと言えるだろう。
 
 だが、記事によると加入の時期はまだ決まっていないようだ。
FWのジエゴ・コスタが故障離脱中のため、今冬に迎え入れたい事情もあるが、その場合は移籍金が発生してしまう。
また、ラ・リーガはサラリーキャップ制を実施しているため、安くないカバーニの年俸を賄うために、人員整理をしなければならなくなるため、契約切れでフリーとなる来夏まで待つ可能性のほうが高いようだ。

 いずれにしても、セリエAでもリーグ・アンでも得点王に輝いた点取り屋の加入は、決定力不足に悩むアトレティコにとっては、これ以上ない補強と言えるだろう。

12/23(月) 21:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00068077-sdigestw-socc

レアル・マドリードはエンバペ獲得に本腰か?…史上最高額の470億円を準備へ  

20191113-00997745-soccerk-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/15(金) 21:30:27.80 ID:pQlg0nFG9
 レアル・マドリードは近々、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得に動く可能性があるという。12日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 レアル・マドリードは4億ユーロ(約470億円)を準備して、エンバペの獲得を目指すと同紙は報じている。4億ユーロで移籍が成立した場合、移籍金の史上最高額となる。ちなみに、現在の最高額は1億9800万ユーロ(約230億円)で、当時バルセロナに所属していたブラジル代表FWネイマールに対してPSGが2017年に支払っている。

 レアル・マドリードは今夏エンバペの獲得に動いていたと報じられており、依然として同選手に強い興味を抱いていると同紙は予測している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00997745-soccerk-socc

欧州王者リヴァプール、史上最高額300億円のムバッペ獲得を画策か  

20191107-00010014-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/07(木) 23:47:29.04 ID:NLXUWInV9
リヴァプールが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『ElDesmarque』が報じた。

19歳にしてワールドカップ優勝を経験し、世界最高の若手と評価されるムバッペ。同選手に関しては、かねてからレアル・マドリーとの関連が広く伝えられている。リーグ・アンよりレベルの高いイングランドやイタリア、スペインのクラブへの移籍が将来的に起こるとみられているムバッペには、そのほかにもマンチェスター・シティやバルセロナ、ユヴェントスも興味をもっているとみられているところだ。

そんな中、『ElDesmarque』によれば、リヴァプールも獲得レースに参戦する意向だという。昨シーズンに14年ぶりの欧州王者となったリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、欧州トップレベルを維持するために最高の選手を補強する必要性を感じており、その選手がムバッペであると考えているようだ。

伝えられるところによれば、ムバッペを獲得するためには、2億5000万ユーロ(約300億円)もの移籍金が必要に。だが、欧州の頂点に立ちながらも今夏に大型補強を行わなかったリヴァプールは、その資金を用意することも可能だとされる。一方で、ムバッペを獲得することになれば、ロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの“トリデンテ”のうちの一人を売却することを念頭に置く必要性があるとのことだ。

なお、仮にムバッペが伝えられる金額で移籍することになれば、2017年にバルセロナからPSGに移籍したネイマールの移籍金2億2200万ユーロを上回り、フットボール史上最高額となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010014-goal-socc

PSG、司令塔ヴェラッティと2024年までの新契約で合意  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/31(木) 06:48:23.74 ID:7xFh6m+a9
パリ・サンジェルマン(PSG)とイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ(26)の間での新契約交渉が大筋で合意に至ったようだ。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。

ユベントスからの関心が長年に渡り伝えられてきたヴェッラッティだが、今回の報道によれば、2021年6月までとなっている現行の契約を2024年6月まで延長することで合意に至ったとのこと。

2012年にペスカーラからPSGに加入したヴェッラッティは、在籍7シーズンで公式戦290試合に出場し9ゴール48アシストをマーク。不動の司令塔として6度のリーグ・アン制覇やカップ戦制覇に貢献してきた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00363669-usoccer-socc
10/31(木) 0:07配信

no title

来夏の注目度No.1、エンバペの移籍はどうなる? リヴァプール入りの噂も?  

1: Egg ★ 2019/10/27(日) 23:27:12.95 ID:/ktE6VHJ9
リヴァプールは来夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペの獲得に関心を示している。27日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

 同クラブは現在、ニューバランス社とサプライヤー契約を結んでおり、現行契約は2020年5月までとなっている。リヴァプール側が同社との契約延長を拒否し、新サプライヤーとしてナイキ社と5年契約を締結するようだ。

 同紙によると、これを受け多くのリヴァプールファンが妄想を膨らませているという。エンバペは現在、ナイキのアンバサダーとして広告等に出演しており、リヴァプールへと移籍する可能性もあると期待を寄せている模様だ。

 過去にクラブを率いるユルゲン・クロップは、当時モナコに在籍していたエンバペと移籍に向けて交渉を行っていたという。最終的にはパリ・サンジェルマンの財力に敗れ、獲得を断念したとのことだが、同選手にとってクロップ監督との交渉は印象的であったようだ。

 さらに、モナコ時代の同僚であるブラジル代表MFファビーニョは以前、エンバペをリヴァプールへと加入するよう説得すると述べていた。サッカー界の次世代をけん引するとも言われているエンバペの超大型移籍が、実現する可能性もそう少なくないかもしれない。

10/27(日) 23:20配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00993033-soccerk-socc

写真
no title

忠誠を誓うネイマー(27)ル「ここにいて幸せ。PSGで最善を尽くす」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/22(火) 16:30:15.14 ID:AvwEP/4K9
ネイマールは彼の現在のクラブであるパリ・サンジェルマン(PSG)に、『Otro』のインタビューを通じ、力強くはっきりとしたメッセージを送った。

「私はここにいて幸せです。このクラブの選手であり、プロであり、PSGのために最善を尽くします」と同ブラジル人選手は語った。

「私は100パーセントのプレーでチームに貢献し、とりわけチャンピオンズリーグで勝つために努力します」と、ネイマールはフランスリーグ王者を狙うべく新たな発言を付け加えた。

PSGでの試合にて再び出場を果たした後、一ヶ月間負傷に苦しんだネイマール。FCバルセロナのファンとできるだけ早く和解し、
同クラブへの帰還を願っていた夏の一件もあったことで、PSGは未だ彼が今夏みせた離脱意思を許していない。

「私はクラブの気持ちを理解していますが、彼らにも私を理解するように頼みます。どんな仕事をするにしても、満足できない状況であれば、その場から去り、状況を変えようとするものです。
それが、私のやりたかったことでした。今はクラブのために最善を尽くします」とネイマールは自身の気持ちを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-00010009-sportes-socc
10/22(火) 12:54配信

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索