Samurai Goal

パリ・サンジェルマン


スポンサード リンク





ムバッペ、30ゴール到達も満足せず。レアル移籍話は「ジダンがいるのは素晴らしいけど…」  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 10:20:04.01 ID:w32jeztp9
パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペが、タイトル獲得を喜びつつ、レアル・マドリー移籍の噂にも言及した。

21日に行われたリーグ・アン第33節で2位リールが引き分けたため、リーグ優勝を達成したPSG。
その後行われたモナコとの一戦ではムバッペがハットトリックを達成、さらに長期離脱中だったネイマールとエディンソン・カバーニも復帰を果たし、
本拠地パルク・デ・プランスで3-1と勝利を飾った。

3ゴールを挙げたムバッペは、今季のリーグ・アン通算得点数が「30」の大台に突入。
フランスのレジェンドであるジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、フランス人選手としては29年ぶりの記録達成となった。

試合後、フランス『Canal +』のインタビューに応じた20歳は、記録を喜びつつもさらに上を目指している。

「最後の30ゴールはパパン? 知ってる、知ってるよ。嬉しいね。でもまだシーズンは終わっていないし、まだまだゴールを決めることができる」

「本当にタイトルが欲しかったし、何度か失敗した後だったから幸せだね。そして、これは来週のための良い準備でもある。
(チャンピオンズリーグの)マンチェスター・ユナイテッド戦にはがっかりしたけど、フットボールは続く。
『先に進まなければならない』というのは安易かもしれないけど、僕はとにかくそう言い続けるよ」

来週にはクープ・ドゥ・フランス決勝でレンヌと対戦するPSG。ムバッペはタイトルへの意欲を示し、最後にレアル・マドリーへの移籍を否定している。

「クープ・ドゥ・フランス優勝は幸せだろうね。ダニ(アウヴェス)が40個のタイトルを持っているのを見ると、夢中になるよ……」

「僕はここにいて、プロジェクトの一員だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダンの愛称)がいることはレアル・マドリーにとって素晴らしいことだ。だけど、僕は単にファンとしてそれを見ているよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00010008-goal-socc
4/22(月) 7:48配信

https://amd.c.yimg.jp/im_siggTqRBzxWy.gYelEAkyqjyzg---x400-y225-q90-exp3h-pril/amd/20190422-00010008-goal-000-1-view.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/news/900/273000/272305/news_slider_272305_1.jpg
no title

PSGがリーグ・アン2連覇! 2位リールがドロー、モナコ戦前に優勝決定  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/22(月) 00:25:03.67 ID:sCvjYeqY9
パリ・サンジェルマン(PSG)が、2018-19シーズンのリーグ・アンを制した。

PSGは21日の21時(日本時間22日の4時)に行われるリーグ・アン第33節でモナコと対戦する。
PSGはこの一戦で勝利すれば優勝が決まる状況だったが、4時間前にキックオフを迎えた2位・リールとトゥールーズの一戦が0-0の引き分けで終了。この結果、PSGはモナコ戦を待つことなく優勝が決定した。

今シーズン、PSGはヨーロッパ5大リーグの記録となる開幕14連勝を達成し、爆発的なスタートダッシュに成功した。
その後もブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニら強力な攻撃陣が躍動。第32節終了時点で26勝3分3敗、勝ち点「81」で首位を独走していた。

第31節には2位・リールとの直接対決が実現した。引き分け以上で優勝を決められる一戦だったが、1-5でまさかの大敗。
第32節のナント戦にも敗れ、優勝を目前としながらも足踏みが続いていた。

PSGは2012-13シーズンからリーグ・アン4連覇を達成。2016-17シーズンはモナコに覇権を譲ったが、昨シーズンは圧倒的な強さを見せつけてリーグ・アンを制覇した。今シーズンも6試合を残しての優勝となっている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00930376-soccerk-socc
4/22(月) 0:00配信

no title


https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

アヤックスCEOがPSGを一蹴! デ・リフトに再び関心「金額はどうでもいい」 

20190409-00010008-sportes-000-1-view[1]

レアル・マドリー&PSG、久保建英獲得の可能性探る…西メディアが立て続けに報道 

20190413-00010024-goal-000-1-view[1]

カタール中島、改めてPSG行き完全否定 「あれだけ負けたのを、ちゃんと認識しなきゃいけない」  

20190326-00010034-goal-000-4-view[1]




1: pathos ★ 2019/03/27(水) 00:39:01.48 ID:mikYr9PN9
25日放送、フジテレビ「PRIME news alpha」では、サッカー日本代表の中島翔哉を特集。冬にカタールリーグへと移籍した中島が、改めてパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍内定を否定した。

日本人史上最高額となる約44億円で、ポルトガルのポルティモネンセからアル・ドゥハイルに移籍した中島。多くのオファーがあった中で、知名度が決して高くないカタールリーグに移籍したのは、カタール人がオーナーであるフランスの名門PSGに将来的に移籍するためとの噂がある。

だが、中島は「PSGに行きたいからここに来たっていうのはまったくなくて、そういう話は全然ない」と否定。「一般的に言われるリーグのレベルとか、チームの知名度で決めることは絶対ないし、自分の目で見たり、感じたりして(クラブを)決める」と明かした。

日本はアジアカップ決勝でカタールに1-3と敗れている。中島は「あれだけ負けたのを、ちゃんと認識しなきゃいけない」と強調。「すごく強いチームだと思ったし、サッカー選手としてレベルアップしたくて(カタールに)来た」と、移籍を決断した理由を説明した。

2022年のワールドカップを開催するカタールは、5つ星のスタジアムをそろえている。だが、人口わずか200万人ということもあり、観客は少ない。

それでも、中島は「観客のことも結構言われるけど、逆になんでそんなに言うのかなと思う」とコメント。「チケット収入がなくてもこれだけ良いスタジアムができるので、逆にすごい」と気にしない。

知名度でチームを選ぶことなく、周囲の環境に左右されない中島。それは、かつてFC東京からJ2のカターレ富山に移籍したころから変わらない。当時の富山監督だった安間貴義氏も、「あいつは気にしない。そういう性格」と証言する。

あえてカタールという場所を選んだ中島には、サッカーを楽しむという揺るぎない信念がある。中島は「自然と楽しさが湧き上がってくるときは、良いプレーが出る瞬間」とコメント。「カタールでも素晴らしいチームメートや監督とサッカーができていることをピッチで表現できれば」と意気込んだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/16217211/

ヴァランがレアル時代に終止符へ ユヴェントスが獲得熱望! 

20190325-00010005-sportes-000-1-view[1]

衰え目立つブッフォン、PSGが契約打ち切りを検討 

20190318-00010012-sportes-000-3-view[2]

レアルが2020年夏にエムバペ獲得へ、近親者が証言!? 

20190318-00010010-sportes-000-1-view[1]

遅刻の代償…パリSG、20歳ムバッペに2300万円の罰金処分 

20190316-39000779-gekisaka-000-5-view[1]

名手ブッフォン、痛恨ファンブルに海外騒然!「コミカルな失態」「ゾッとするエラー」  

GettyImages-960206690-800x572




1: Egg ★ 2019/03/08(金) 12:07:47.67 ID:7W2QV7X69
PSGはホームで3失点を喫してまさかのベスト16敗退 ブッフォンのミスが響き…

パリ・サンジェルマン(PSG)は現地時間6日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でマンチェスター・ユナイテッドにホームで1-3と敗戦。合計スコア3-3ながら、アウェーゴールの差によりベスト16で姿を消した。PSGの2失点目は、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンがボールをこぼして押し込まれることになったが、このワンシーンに海外メディアが注目。「コミカルな失態」「ゾッとするエラー」と糾弾している。

【動画】「コミカルな失態」「ゾッとするエラー」と世界騒然 名手ブッフォンまさかのファンブルから痛恨失点
https://www.football-zone.net/archives/174585/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=174585_6


 敵地で行われた第1戦を2-0で制したPSGは、有利な状況でユナイテッドをホームに迎えた。しかし、前半2分にドイツ代表DFティロ・ケーラーのバックパスを相手FWロメル・ルカクにかっさらわれると、飛び出したブッフォンもかわされ、無人のゴールに先制点を決められてしまう。同12分にスペイン代表DFフアン・ベルナトが同点ゴールを奪うものの、1-1で迎えた同30分、勝ち越しゴールを許すことになる。

 左サイドから中央に切り込んだFWマーカス・ラッシュフォードに約28メートルの距離から強烈なミドルシュートを放たれると、鋭い弾道となったブレ球をブッフォンはキャッチし損ねてしまう。そこに詰めていたルカクにボールを押し込まれることになった。

 世界的名手の“らしくない”ファンブルに海外メディアが反応。英紙「デイリー・エクスプレス」は「ブッフォンのミス。コミカルなエラーでユナイテッドにゴールをプレゼントしたPSG守護神が嘲笑される」と報じると、英メディア「GIVE ME SPORTS」はブッフォンの誤処理を「ゾッとするエラー」と表現している。

 また、スペイン紙「マルカ」は「ブッフォンは2失点目で大きなミスを犯し、CLを失って帰ることに」と綴り、ベテランGKの予期せぬ失策を強調。イタリア紙「トゥット・スポーツ」は「カモになったブッフォン」と痛烈な言葉を送っている。今季こそ悲願の欧州制覇を目指していたPSGだが、3シーズン連続でベスト16敗退という憂き目に遭った。

3/8(金) 8:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190308-00174585-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索