Samurai Goal

パリサンジェルマン


スポンサード リンク





Rマドリード、将来的にエムバペ獲得でPSGと合意か 

20190918-09180158-nksports-000-5-view[1]

バルサ、ネイマール獲得へ期限付きでオファー決断  

20190820-08200571-nksports-000-6-view[1]




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/20(火) 18:26:43.63 ID:LAQYRYQN9
8/20(火) 18:22 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08200571-nksports-socc

9月2日の移籍市場閉鎖まで2週間に迫り、バルセロナはパリサンジェルマン所属のブラジル代表FWネイマール(27)を獲得するため、最後となる正式なオファーを出すことを決定したと、20日付のスペイン紙マルカが報じている。

バルセロナは19日、バルトメウ会長を筆頭としたクラブ上層部の会談を開き、ネイマールを獲得するために買い取りオプション付きの期限付き移籍という形でオファーを正式にパリサンジェルマンに出すことを決断したという。

期限付き移籍の理由は、今夏にグリーズマン、デヨング、ネト、フィルポの4人に総額約2億5000万ユーロ(約300億円)を費やしたことで、ネイマール獲得に必要な現金がないためだと報じた。

バルセロナの当初の考えは自分たちの選手をトレード要員として“ネイマール・オペレーション”に含めることだった。しかし、どの選手たちもパリ行きを希望せずに実現しなかった。中でもパリサンジェルマンが気に入っていたコウチーニョはトレードで移籍することを拒み、最終的に買い取りオプション付きの期限付き移籍でBミュンヘン行きを選んでいる。クラブにとって1億ユーロ(約120億円)以上の価値があるコウチーニョの売却は重要なものだったが、交渉に含むことができなくなった。

また、パリ行きを拒否したのはコウチーニョだけではない。ラキティッチも信頼を置かれているバルベルデ監督の下でプレーを継続することを希望しており、ウムティティやセメドにも退団話も出ていたが、ラキティッチ同様にクラブを離れることを望まなかった。そのため、ネイマールと同じポジションでプレーできるデンベレが唯一、交渉に含まれる可能性があったが、1億5000万ユーロ(約180億円)を下回ることがないネイマールの移籍金をカバーするのには物足りず、パリサンジェルマンも現金での放出を希望していた。

クラブはこれら全てのネガティブな要素を考慮し、来年の夏に強制的に獲得できるネイマールの期限付き移籍のオファーを決定した。今後、このオファーを受けたパリサンジェルマンがどのような答えを出すかに注目が集まるだろう。(高橋智行通信員)

ネイマール移籍先はレアルかバルサに絞られる 仏紙 

20190811-08110721-nksports-000-5-view[1]

<PSG>クロース獲得画策!移籍金100億円、年俸20億円準備。  

GettyImages-608728220-800x557




1: Egg ★ 2019/03/22(金) 06:00:08.68 ID:VCxLxGBu9
フランス1部パリサンジェルマンが、レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロース(29)の獲得に乗り出すと、21日付の独紙ビルトが報じた。

パリサンジェルマンのトゥヘル監督は、司令塔として長年、国際舞台で活躍しているクロースを高く評価しており、今夏での獲得を熱望しいているという。移籍金は8000万ユーロ(約100億円)で、年俸は1600万ユーロ(約20億円)を準備していると報じた。

一方でRマドリードに復帰したジダン監督も、クロースのことを必要にしていると伝えた。現時点でクロースはパリサンジェルマンへの移籍に関して何もコメントをしていない。

パリサンジェルマンはフランス代表MFラビオがクラブとの関係を悪化させている。マンチェスターUに敗れた欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦の試合後、ナイトクラブへ遊びに行ったため、クラブが激怒。出場停止処分を科しており、放出候補になっていると伝えた。(中野吉之伴通信員)

3/21(木) 22:15配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-03211260-nksports-socc

バルサが100億円超で蘭有望株獲得!パリやシティとの争奪戦制す「メッシの大ファンなんだ」 

20190124-21464264-gekisaka-000-1-view

今シーズンの欧州サッカー、無敗のチームが3つもある 

2018915liverpool_1h9pmqqajnlzy1gmdkl93npx3g




1: 2018/12/27(木) 16:39:07.40
リバプール 16勝3分
ユヴェントス 16勝2分
パリSan German 15勝2分

PSG 補強禁止+欧州大会から追放か!? 

20181104-00010002-sportes-000-1-view

ネイマールのバルセロナ復帰に現実味?電撃移籍が可能な3つの要素とは… 

GettyImages-835995936_a-800x533

ネイマール3発の試合で八百長疑惑…UEFAの要請で調査開始 

20181013-02792032-gekisaka-000-2-view

PSGの「CL5点差」試合に八百長疑惑 すでに捜査開始か  

GettyImages-877594328-800x532




1: 2018/10/13(土) 07:30:18.23 _USER9
2018/10/13 06:00

ベルギーサッカー界では八百長やマネーロンダリングの疑いで多くのクラブが警察当局による捜索を受けるなど衝撃が広がっている。

そうした中、PSGの試合にも八百長の疑いがかけられていると、フランス紙『L'EQUIPE』が報じた。

問題視されているのは、今月4日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、PSG対ツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)戦だという。パルク・デ・プランスで行われた一戦は、6-1でパリが大勝している。

同紙によれば、UEFAからの警告を受けたフランス当局が捜査を始めたという。

UEFAはツルヴェナ・ズヴェズダの幹部と共犯者が、自らのチームが5点差で負けることに数百万ユーロを賭ける意思を示したというレポートを試合の数日前に受け取っていたとのこと。賭け金は500万ユーロ(6.4億円)近い金額で、数千万ユーロの利益を得たとも。

元横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクも先発した試合はパリが70分までに5点を奪い、その後74分に失点。そして、81分に6点目を奪う展開だった。

ただ、ツルヴェナ・ズヴェズダ側は『L'EQUIPE』の報道に対して異議を申し立てるとも伝えられている。

https://qoly.jp/2018/10/13/cl-psg-belgrade-match-fixing-by-lequipe-iks-1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索