Samurai Goal

パフォーマンス


スポンサード リンク





バルサ指揮官、タイトル遠のくドローを悔やむも「パフォーマンスには満足」 

20200701-00377049-usoccer-000-2-view

<南野拓実>及第点!パフォーマンスは一定の評価「クオリティの片鱗を見せた」「決断力を欠いている」 

1: 2020/06/22(月) 08:01:55.57
写真
no title


リヴァプールFW南野拓実は、エヴァートン戦でのパフォーマンスが一定の評価を得ているようだ。


1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。攻守に奮闘したものの、前半のみのプレーでベンチに下がっている。試合はスコアレスドローに終わった。

この試合を採点した米メディア『ESPN』は、南野に「6」と及第点を与えた。寸評では、「1月に加入したこの選手は、リンクプレーや動きでその高いクオリティの片鱗を見せた。だが、ファイナルサードでは決断力をやや欠いている」としている。

なお、南野に代わって後半から出場したアレックス・オックスレイド=チェンバレンも同様に「6」と評価されている。最高評価はサディオ・マネの「8」となった。

また『スカイスポーツ』も「6」と及第点。「サラーの役割でスタートしたが、(ロベルト)フィルミーノに近づきすぎたこともあった。エネルギッシュで、何度か高い位置でボールを奪い返した。だがリヴァプールは形を探し、チェンバレンとハーフタイムから使った」と評している。

6/22(月) 7:51フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e45dd23e512f439080e4a1f11ca2b45047c7c96

日韓戦で鮮烈V弾のファン・インボム「日本のサポーターの前で”散策”パフォーマンスをやろうと決めたんだ」  

1: Egg ★ 2019/12/19(木) 23:29:26.81 ID:3d40fIkA9
写真

「日本に負けるなんて、一度も思ったことはない」
no title


韓国代表をE-1選手権3連覇に導いたのは、ずっと批判の矢面に立たされてきた若武者だった

 水曜日に行なわれた日本戦で、勝つしかないホームチームは序盤から鋭い出足で主導権を掌握し、攻守両面で敵を圧倒。28分にこの試合唯一のゴールを挙げたのが、MFファン・インボムだった。味方のパスをペナルティーアーク付近で受けると、素早く切り返して左足を一閃! ボールは眼前でブロックに来た3人の日本代表選手の間をすり抜け、豪快にゴールネットに突き刺さった。

 殊勲の決勝点を挙げて大会MVPにも選ばれた23歳だが、A代表ではずっと厳しい評価を下されてきた。昨年のロシア・ワールドカップ後にベテランMFキ・ソンヨンが代表引退を表明。新たに指揮官となったパウロ・ベント監督はファン・インボムを事実上の後継者に指名し、中盤の柱に据えた。

 しかしながらチームは思うように結果を残せず、とりわけ得点力不足が顕著。低調なチームの象徴として非難されたのがファン・インボムだった。今大会に入ってもチームはセットプレーでしか得点を奪えず、ファン・インボム自身は香港戦で見事なFKを決めたが、評価は上向かない。日本戦で決めたファインゴールでようやく雑音を封じ込め、起用し続けてくれたベント監督への恩返しに成功したのだ。

「僕自身、この大会にすべてを懸けていた。常に走り回って汗をかき、いっさいの言い訳を自分に許さないと決意して臨んだんだ。だからいま、チームの優勝に貢献できて嬉しい。僕は自分の仕事をしただけ。評価はファンがしてくれるものでしょう」

 あくまで謙虚な姿勢を貫くMFは、得点後に起こった“ハプニング”に対しては照れ笑いを浮かべた。ゴールを決めたあと、なんと日本のサポーターの前でパフォーマンスに及んだのだ。

「ゴールを決めるなんて考えてもいなかったし、決めたらどうしようかも考えていなかった。でも決めた瞬間、日本のサポーターの前で”散策”パフォーマンスをやろうと決めたんだ。でもすぐ目の前を見たら韓国ファンがたくさんいて、恥ずかしかったし、少し動きもぎこちなかったと思う」

 散策パフォーマンスはかつてパク・チソンが2010年5月の日韓戦で先制ゴラッソを決めたあと、日本サポーターの前を颯爽と走りすぎたことで話題となり、2018年のアジア大会決勝ではファン・ヒチャンも試みた。ファン・インボムは「友人(ヒチャン)もやっていたからね」と話している。

 
 同時に、対日本代表戦への強い想いも明かした。

「どんな大会であれ、僕のサッカー人生を振り返るとき、常に日本との試合には勝たなければならなかった。負けるかもしれないなんて一度たりとも思ったことはない。自分自身を奮い立たせて、いつもチームの勝利に身を捧げてきたんだ」

 現在、MLSのバンクーバー・ホワイトキャップスで活躍するファン・インボム。森保ジャパンに引導を渡すド派手なゴールとともに、鮮烈なインパクトを残した。

12/19(木) 5:08 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191219-00067938-sdigestw-socc

<女子アメリカ代表FWモーガン>自身のゴールパフォ批判に反論!「男子は股間を掴んだりしてるじゃない!」  

20190706-00061071-sdigestw-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/06(土) 15:47:40.11 ID:N0mmPP0c9
モーガンが披露した“紅茶パフォーマンス”。本人はイングランドを馬鹿にしたものではなかったと主張したが……。

 女子ワールドカップは7月7日、アメリカとオランダによる決勝が行なわれる。

 大一番を前に、イングランドとの準決勝で見せたゴールセレブレーションが議論を呼んだことに、アメリカのアレックス・モーガンが不満を露にした。相手への挑発とも捉えられるジェスチャーが物議を醸したことに対し、「男女のサッカーで基準がぶれている」と訴えている。

 紅茶の国イングランドを相手に見せた、右手でお茶を飲むようなパフォーマンスには、「宣戦布告みたいなもの」といった声も上がり、元イングランド代表のリアネ・サンダーソンは「不快」と批判した。

 だが、英公共放送『BBC』によると、モーガンは騒動となったことに「唖然としているわ。笑い飛ばすべきものよ」とコメント。セレブレーションは女優ソフィー・ターナーが「ゲーム・オブ・スローンズ」で使う「that's the tea」という言葉を示したものだと説明している。

「いずれにしても、イングランドを叩くためのものではなかった」

 そのうえで、モーガンは「成功において謙虚になるべきというのは、女子スポーツに対するダブルスタンダードのように感じる」と、男女のサッカーで受け止められ方が違うと訴えた。

「私たちは喜びすぎちゃいけなくて、控えめじゃなきゃいけないと言われる。でも、男子は世界中の大きな大会でセレブレーションをしているじゃない。股間を掴んだりして」
 
 モーガンの指摘に、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグにおけるアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督や、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドが見せた“股間パフォーマンス”を思い出す人も少なくないだろう。

 ただ、このジェスチャーも物議を醸し、なかには両者への処分を求める声もあった。だが、モーガンは自身の行動に対する反応が、男子サッカーと比べて不当と感じているようだ。

 オランダとの決勝でゴールを決めた場合、モーガンはどんなセレブレーションを見せるのだろうか。

7/6(土) 15:40配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190706-00061071-sdigestw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190706-00061071-sdigestw-000-6-view.jpg

【サッカー】<米美人FWモーガン>“紅茶ポーズ”で波紋拡大!「イギリス人を嘲笑」 英代表FWも非難「不快」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562285284/

コパ・アメリカ採点全3試合 日本代表のベストパフォーマンスはあの選手  

20190627-00328280-footballc-000-2-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/06/27(木) 13:29:22.55 ID:IcvU6e3r9
6/27(木) 8:00配信
フットボールチャンネル

フットボールチャンネルでは日本代表戦の際【どこよりも早い採点】を行っているが、今回は選手たちの平均採点を紹介する。対象はコパ・アメリカ2019(南米選手権)の3試合。この大会で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

GK

川島永嗣 平均6
ウルグアイ戦 6.5 2失点はいずれも仕方なし。後半立ち上がりにはカバーニの決定機を阻止するなど、さすがの安定感を保った
エクアドル戦 5.5 失点シーンは仕方ないものの、パスミスからピンチを招くなどドタバタしていた印象は否めない

大迫敬介 平均5.5
チリ戦 5.5 バックパスの処理を落ち着いて行えていたが、4失点。いずれのシュートも難しかったが、ほろ苦いデビュー戦に

小島亨介 出場機会なし

DF

冨安健洋 平均5.6
チリ戦 5.5 植田とは初めてコンビを組んだが、安定感に変わりなく。カバーリング&チャレンジの判断も的確だったが、4失点は残念
ウルグアイ戦 5.5 カバーニ、スアレスの強力2トップを前にし、さすがに苦労した。CKではヒメネスにマークを外され同点弾を献上
エクアドル戦 6 読みの鋭さを生かし高い位置でインターセプトを成功させるなど集中力を切らさず。対人でも負けていない

植田直通 平均5.3
チリ戦 5 空中戦の強さは光っていたが、終始安定感があったとは言い難い。冨安のカバーに助けられた場面も
ウルグアイ戦 5.5 冨安と最終ラインを統率し、高い集中力を持って挑むも痛恨のPK献上。もったいないシーンであった
エクアドル戦 5.5 攻撃時は積極的に縦パスを入れるなど2列目の選手を生かす。しかし、守備ではエクアドルの高さにやや苦闘

杉岡大暉 平均5.8
チリ戦 5.5 守備時の対応はまずまずも、攻め上がる時間が少なく持ち味を発揮できなかった印象。ボールコントロールのミスも目立った
ウルグアイ戦 6 クロスが追加点のキッカケになるなど持ち味が表れた。守備でも90分間ハードにプレー
エクアドル戦 6 3試合連続スタメンフル出場。疲労の影響もあっただろうが、攻守両面でハードにプレーした

岩田智輝 平均5.75
ウルグアイ戦 6 代表デビュー戦も攻守に渡って堂々とプレー。対峙するロデイロに勝り、決定的な仕事を与えなかった
エクアドル戦 5.5 攻撃時は右サイドに厚みを加えたが、35分にクロスへの対応を誤り失点を招くなど守備面に課題

原輝綺 平均5.5
チリ戦 5.5 マッチアップしたA・サンチェスにも粘り強く対応。とくに守備面でのポジショニングの良さが光ったものの、3失点目でマークに付ききれず

板倉滉 平均5.75
ウルグアイ戦 5.5 立ち上がりに不用意なボールロストでピンチを招く。徐々に安定感を取り戻したが、後半は疲労の影響か判断ミスも(※中盤で出場)
エクアドル戦 6 セカンドボールへの反応が素早く、相手の攻撃の芽を摘む。フィジカルでも負けていなかった(※中盤で出場)

立田悠悟 -
ウルグアイ戦 – 出場時間短く採点不可

菅大輝 出場機会なし

MF

柴崎岳 平均6.16
チリ戦 6 中盤でボールをキープし、的確にパスを散らす。安定感あるプレーでチームに落ち着きをもたらした。守備でもアグレッシブにプレー
ウルグアイ戦 6.5 主将としてチームを牽引。チリ戦よりボールを触る機会が少なかったが、セカンドボールへの反応なども早かった
エクアドル戦 6 パスの散らす方や受け方の上手さはやはり抜群。守備でもカバーリングで冨安や植田を助ける

中山雄太 平均5
チリ戦 5 立ち上がりに不用意なボールロストでピンチを招き、CKではマークしていたE・プルガルにゴールを許すなど散々な結果。不安定なプレーが続いた

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190627-00328280-footballc-socc&p=1

川崎F マギーニョJ初ゴールで懐かしの“ビスマルクポーズ”「僕の代理人。彼に捧げる」 

20190526-00000250-spnannex-000-3-view[1]

Jリーグでゴールパフォはどこまで許されるのか…バロテッリの“自撮りセレブレーション”もNG? 

20190320-00010014-goal-000-3-view[1]

C・ロナウド、CLアヤックス戦出場は? “股間パフォ”問題でUEFAが調査開始 

20190318-00313941-footballc-000-6-view[2]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索