Samurai Goal

パナマ


スポンサード リンク





日本に敗れたパナマのメディア「悪役がいた」 

スクリーンショット 2020-11-14 18.23.37

ブラジルメディアが遠藤航をパナマ戦MOMに選出。久保建英や鎌田大地も高評価 

1: 2020/11/14(土) 14:52:07.31 _USER9
 日本代表対パナマ代表の国際親善試合が現地時間13日に行われ、日本代表が1-0で勝利を収めた。ブラジルメディア『グローボエスポルチ』では、後半から交代出場したMF遠藤航をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選んでいる。

 前半はパナマにゴールを脅かされる場面もあり、スコアレスドローで折り返した森保ジャパン。後半には南野拓実が自ら獲得したPKを決めて先制し、追加点は奪えなかったが終盤には10人の相手に対して立て続けにチャンスを生み出していた。


『グローボエスポルチ』では「日本は3バックでの戦いも良いオプションになり得ることを示した」とのタイトルでこの一戦について詳報。日本代表の戦い方について分析し、個々の選手についても採点と評価を記している。

 特に高く評価されているのは、後半開始から交代出場してボランチに入った遠藤。10点満点で「7.0」の採点をつけてMOMに選び、「後半にチームを改善した立役者の一人。ほぼ全てのデュエルに勝利し、ボールロストは一度だけだった。攻撃に繋がるパスも良く、エリア前でFKも獲得。ブンデスリーガでの好調を代表チームにも持ち込んだ」と評している。

 久保建英と鎌田大地も遠藤と並ぶ「7.0」と高めの評価。久保については「初ゴールはまだだが非常に期待を高めるパフォーマンス」、鎌田については「彼にとって代表でのベストゲーム。わずか20分で浅野(拓磨)を3回、三好(康児)を1回ゴール前に送り込んだ」とコメントしている。

 その他の選手たちの採点は植田直通、板倉滉、南野、原口元気が「6.5」、GK権田修一、室屋成、橋本拳人、三好、浅野が「6.0」、吉田麻也と柴崎岳が「5.5」。長友佑都が「5.0」で単独最低点とされ、「ほとんど攻撃に顔を出さなかった。チームが前半に低調だった一因」と述べている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3dd866a9bc0ecc654e52c6f2c6a0d876eef589ab
no title

日本代表パナマ戦 遠藤航が〝デュエル〟で強み 得点起点の縦パスに手応え 

1: 2020/11/14(土) 09:07:57.51 _USER9
 日本代表MF遠藤航(27=シュツットガルト)が、1―0で勝利した13日の国際親善試合パナマ戦で後半開始から投入され、存在感を発揮した。

 守備的MFとして攻守にわたって特徴を出して流れを引き寄せた。MF南野拓実(25=リバプール)がペナルティーエリア内で倒されて得たPKで先制点を決めたシーンでは、その起点となる縦パスをMF久保建英(19=ビリャレアル)に供給。もちろん、デュエル(1対1の場面)の強さもしっかり出した。

 ドイツ1部第7節終了時点で勝利数116回を記録し、単独トップに立っている強さは、日本代表でも大きな武器となっている。

 遠藤は得点シーンについて「しっかりボールを動かして、縦に入れればチャンスになることはわかっていた」。代名詞になりつつあるデュエルに関しては「コンスタントにしっかり試合でやれているので、自信になっている。これを続けたい」と胸を張った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7a8faaf5b1162aaadcfdff24cf4b3754af587e91
11/14(土) 7:38配信

no title

吉田麻也、3バックでパナマに苦戦も「悲観することはない」。手応えを語った理由とは? 

1: 2020/11/14(土) 09:46:35.68 _USER9
【日本 1-0 パナマ 国際親善試合】

 日本代表は現地13日にパナマ代表との国際親善試合に挑み、1-0で勝利を収めた。

 キャプテンの吉田麻也は3-4-2-1の3バックの中央で先発フル出場し、無失点での勝利に貢献した。


 右には植田直通、左に板倉滉と、普段とは違う選手たちとディフェンスラインを組むことになったが、「メンバーを多少入れ替えて、違う形でやって、というのでいきなり最初からうまくいくとは思っていない」という前提のうえで3バックへの手応えを語った。

「もちろん今日も4バックで最初からやっていれば、もっとスムーズだったという意見もあると思いますけど、僕らは今それ(3バック)をあえてトライして、自分たちの選択肢を広げている段階なので、悲観することはないんじゃないかと、僕は個人的には思います」

 吉田曰く「今やろうとしていること、取り組んでいること」に「6:4」で重心を傾けているという。前半はなかなか縦パスが入らず、ボールもテンポよく動かずに苦しんでいたが、「前半はおそらく相手も動いてオーガナイズはしっかりしてくるけれど、後半は落ちるだろうなと思っていたので、そこで(パスを)つけれたのと、しっかり守ってカウンターから一発というのを狙っていたので、意図としては悪くないと思う」と一定の手応えを感じていたようだ。

 クリアがミスになって相手にボールを拾われて二次攻撃、三次攻撃につなげられるシーンも散見されたものの「ミスが起こることは想定していて、ミスが起こった時にどうリカバリーするか、というところまで僕らは今日求めていたところ」だと吉田は語る。

 ミスが出ても最後まで体を張って守り、無失点で終えられたことで「どこまで理想を追い求めて、どこまで現実的にやるかというところのバランスだと思うんですけど、今日は悪くなかったギリギリのところかなと」と、腕章を巻くディフェンスリーダーは新しい取り組みが前に進みつつある現状認識でいる。

 17日に予定されているメキシコ代表戦でも3バックを継続するかは現時点でわからない。それでも、来年3月に再開されるワールドカップ予選に向けて戦い方の幅を広げるためのチャレンジは徐々に形になりつつあるようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2946c500dc2425ccc479f9a566aeb92e6b8ad2a0
11/14(土) 9:30配信

no title

“10番”南野拓実のPKが決勝ゴール…3バック採用の日本、パナマに完封勝利 

スクリーンショット 2020-11-14 6.35.15




1: 2020/11/14(土) 01:45:41.25 _USER9
国際親善試合が13日に行われ、日本代表とパナマ代表が対戦した。

 日本のスターティングメンバーはGKが権田修一、最終ラインは3バックを採用し、右から植田直通、吉田麻也、板倉滉の3枚。右ウイングバックに室屋成、左ウイングバックに長友佑都が入り、ダブルボランチは柴崎岳と橋本拳人のコンビ。2シャドーに三好康児と久保建英が入り、南野拓実が最前線で起用された。

 開始2分、右サイドでFKを得た日本は久保のキックに橋本がヘディングで合わせたが、シュートはGKの正面に飛んだ。一方のパナマはガブリエル・トーレスのミドルシュートなどでゴールを狙うが、GK権田が集中したセービングで凌ぎ、スコアは動かないまま前半を終えた。

 ハーフタイムに橋本を下げて遠藤航を投入した日本は54分、南野がエリア内右から折り返したボールに走り込んだ長友が左足で合わせたが、枠の左上に外れた。58分には長友に代えて原口元気を投入。直後にはエリア左で受けた原口のクロスにファーサイドの室屋がダイレクトで合わせたが、ここも枠を捉えることができない。

 試合が動いたのは61分。久保のスルーパスに抜け出した南野がGKに倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めた南野がゴール正面に決めて日本が先制した。

 1点リードの日本は71分に久保と南野を下げて鎌田大地と浅野拓磨を投入。78分にはディフェンスラインの裏へ抜け出した浅野がGKルイス・メヒアに倒されると、主審はメヒアにレッドカードを提示した。

 数的優位に立った日本は残り時間で追加点こそ奪うことはできなかったが、パナマに反撃を許すことなく時計の針を進め、このままタイムアップ。1-0で勝利を収めた。

【スコア】
日本代表 1-0 パナマ代表

【得点者】
1-0 61分 南野拓実(PK/日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(3-4-2-1)
権田修一;植田直通、吉田麻也、板倉滉;室屋成(82分 酒井宏樹)、柴崎岳(82分 中山雄太)、橋本拳人(46分 遠藤航)、長友佑都(58分 原口元気);三好康児、久保建英(71分 鎌田大地);南野拓実(71分 浅野拓磨)

https://news.yahoo.co.jp/articles/760f9f69cb70b0c7049e5bb311d383962622338b

前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1605283843/

【速報】採点&寸評 【国際親善試合 日本 vs パナマ】 

79935_ext_04_0

【速報】 日本、PKを南野が決めて1−0で勝利 【国際親善試合 日本 vs パナマ】 

79935_ext_04_0

【速報】国際親善試合 日本 vs パナマ スタメン発表! 

79935_ext_04_0

今夜激突! 日本代表vsパナマ代表について知っておきたい5つのこと 

スクリーンショット 2020-11-13 20.32.24

パナマ代表スタッフ2人から陽性反応も、13日の日本代表戦は予定通り開催 

スクリーンショット 2020-11-13 9.00.37




1: 2020/11/13(金) 01:09:41.09 _USER9
日本サッカー協会は12日、日本代表と国際親善試合を行うパナマ代表スタッフ2人から、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が確認されたと発表した。 試合は予定通り開催する方針。

 10日に検査で判明。協会によると2人は事務方で、選手、コーチングスタッフに陽性反応はなく、濃厚接触者も認められなかったという。対象者はすでに隔離されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/315adc1c3e0cc6d9451d07f36c472b62e7de2130



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索