Samurai Goal

パチューカ


スポンサード リンク





岡崎慎司“パチューカ移籍!?”本田の代わりにとメキシコ紙が報道!! 

1 2018/06/07(木) 05:51:53.64 _USER9
テコ入れが必要な前線の有力候補に浮上
no title


明日金曜日、スイスとのテストマッチを控える日本代表に衝撃が走った、かもしれない。
 
 6月6日にメキシコの全国紙『El Sol de Tulancingo』が報じたのは、「オカザキがパチューカに到着するかもしれない」との見出しが打たれた記事だ。パチューカの新シーズンに向けた補強戦略において、日本代表FW岡崎慎司に白羽の矢が立っているという。

「高い確率でやって来そうなのが、アジア人のシンジ・オカザキだ。彼は現在レスター・シティでプレーしている」と記し、前線のテコ入れが不可欠なパチューカの重要な獲得候補だと主張。クルス・アスルのFWフェリペ・モラ、アトラスのFWブライアン・ガルニカとともに、リストの上位に名を連ねているというのだ。
 
 同紙は1週間前にも「ホンダの代わりはオカザキだ!」と銘打ち、6月末でパチューカとの1年契約が満了となり、退団が濃厚な本田圭佑の後釜に岡崎が据わると断じていた。ただそこでも岡崎のキャリアを手短に紹介したのみで、具体的なオファーの内容やレスター側の反応などについてはいっさい触れていない。このニュースを報じているのもこの媒体のみである。ちなみに岡崎とレスターの現行契約は2019年6月までで、スペインのクラブなどが移籍先候補に挙がっている。
 
 はたして急転直下の展開はあるのか。それとも、突拍子もないガセネタなのか。だが火のないところに煙は立たないわけで……。今後の動向を注視したい

サッカーダイジェスト 6/7(木) 5:37
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00041566-sdigestw-socc

本田圭佑が目指すのはMLS!?有力だと伊紙が報道! 

1   2018/05/13(日) 09:37:44.03 _USER9
元英代表主将のルーニー移籍も噂されるアメリカ行きが有力と報道
 
日本代表FW本田圭佑は、今季限りでパチューカとの契約が切れるため、その去就が注目されている。
欧州やJリーグへの復帰説、バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの移籍が囁かれるオーストラリアも候補に浮上するなか、
イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は「彼はメジャーリーグサッカーを目指す」と米MLS行きが有力だと報じている。

本田は2018年からスタートしたリーガMX(メキシコリーグ)後期リーグで圧巻のパフォーマンスを披露。7得点7アシストといずれもチームトップの成績を残し、チームの攻撃を力強く牽引した。
惜しくも優勝決定プレーオフに進出できる8位以内に一歩及ばず、4月28日に行われた最終節アトラス戦(0-0)でシーズン終了となったが、メキシコ挑戦1年目で確かな足跡を残した。

本田は3日に帰国してトレーニングを再開。今年6月で現行の契約が切れるため、スペインやオーストラリア、Jリーグなどが移籍先候補に浮上するなか、かねてから挙がっているアメリカ行きの可能性が徐々に高まっているようだ。
記事では、「元ミラン・ホンダ:日本には帰らない」とセリエAの名門ACミランで3年半10番を背負った男に言及。次のように展望している。

「今はまだケイスケ・ホンダにとって日本に帰る時ではない。1986年生まれの元ミランは、パチューカを離れることを決めた。しかし、Jリーグ(クラブ)からオファーがあったにもかかわらず、彼はメジャーリーグサッカーを目指す」
4月に自身のツイッターで、「親愛なるメキシコの人々へ」とパチューカ退団の可能性を示唆していた本田。MLSはミラン退団時から再三浮上してきたが、エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの移籍も噂されるアメリカへ渡ることになるのだろうか。

フットボールZONE 5/13(日) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00103517-soccermzw-socc

写真
no title

【パチューカ】“本田の代わり”求めて関係者が来日していた!! 

2018-05-08-keisuke-honda_dqb8gpq7pfym15i4b9hbgyuu4
1   2018/05/08(火) 19:59:21.59 _USER9
メキシコ1部のパチューカは、今夏に退団の可能性があるFW本田圭佑に代わる新たな日本人選手の獲得を検討しているという。スペイン紙『マルカ』メキシコ版が7日付で伝えた。

 本田は昨年夏にパチューカに加入し、1年間メキシコでプレー。先月には自身のツイッターで「パチューカから出て行くことになるかもしれません」「新しいことにチャレンジしたい」とコメントを投稿し、パチューカを去る可能性があることを認めた。

 メキシコで見せた本田のプレーは高い評価を受けている。「後期リーグではスペクタクルな活躍を見せ、最高の選手の一人だった」「短い滞在だったが、長く記憶に残ることになる」と『マルカ』は評している。

 パチューカも本田のプレーや姿勢には非常に強い感銘を受けたという。そのため、「日本市場に目を向け、チームに加える新たな本田圭佑を探すことを考えている」との見方が伝えられている。

 パチューカのマルコ・ガルセスSD(スポーツディレクター)は最近数日間日本を訪れ、試合を観戦するとともに情報を収集していたとのこと。同氏は他にも多くの国を視察に訪れているが、特に今回の日本訪問は重要なものであったとして、「将来的により多くの日本人選手をメキシコへ連れて行くかもしれない」と述べられている。

5/8(火) 17:22配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00268584-footballc-socc

本田圭佑“キングの座を逃す”1アシスト差でアシストキングになれず 

GettyImages-952988496
1   2018/05/01(火) 18:42:13.13 _USER9
メキシコ後期リーグで7アシストの活躍、1アシスト差で“キング”の座を逃す
 今季限りでパチューカ退団が決定的となっている日本代表FW本田圭佑。昨季CONCACAFチャンピオンズリーグ優勝を果たした名門だが、リーガMX前・後期ともにプレーオフを逃し、カップ戦でも決勝で敗れた。補強の目玉と期待されながらチームにタイトルを持たせなかった背番号2はギリギリで“キング”の座を逃していたことが分かった。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」メキシコ版が報じている。

 本田はメキシコリーグ後期を終えて7ゴール7アシストを記録したが、レオンのメキシコ代表MFルイス・モンテが8アシストを記録。モンテは3ゴールも決めており、レオンの24得点中で11得点を生み出していた。記事では「ルイス・モンテがケイスケ・ホンダをアシストで破る」と報じていた。

 2008年のVVVフェンロ時代に16ゴール13アシストでオランダ2部MVPに選出されていた本田だが、1アシスト差で“アシストキング”には届かなかった。

「日本人のホンダは、メキシコ最後の大会で7アシストをマークした。アシストランクのトップ2は強豪チームからの選出ではなかった」

 記事ではモンテの所属するレオン、本田のパチューカがそれぞれ上位に食い込めなかったと指摘している一方、本田が今季限りでメキシコリーグから去ることも示唆した。

Football ZONE web編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180501-00101202-soccermzw-socc

本田圭佑“メキシコに忖度?”『メキシコは安全な国だ』 

1   2018/04/30(月) 09:43:51.57 _USER9
イメージと異なったメキシコの印象 「危険ではないし安全だ」
 
日本代表FW本田圭佑は、昨夏に移籍したパチューカでリーグ戦通算10ゴール7アシストをマークするなど、リーガMX(メキシコリーグ)で存在感を発揮している。
その活躍ぶりにスペインを基幹とする「マルカ」紙メキシコ版も注目し、インタビューを敢行している。そこではピッチ内外での本田を“丸裸”にしようとしているが、本人が移籍して知ったメキシコの印象とは――。

「僕はメキシコがもっと危険な場所だと思ったので、去年7月にここに来た時に驚いたんです。それは私がメキシコについて聞いていたことというと……
テキーラなどについても知っていたけど、『メキシコは危険だ』というのが日本人のイメージですからね」

本田はメキシコについての印象をこう話す。無理もないだろう。中米最大の国であるメキシコだが、犯罪率が高いというパブリックイメージが高く、
外務省の「海外安全ホームページ」でも4月25日に「拳銃を使用したコンビニ強盗事件の発生」が起きたことによる注意喚起がなされるなど、治安が良くないイメージがある。
ただ本田は実際に過ごしてみることで、そのイメージが変わったことをこう話している。

「でもメキシコに来て以来、人々はとても親切だし、僕はとても感銘を受けている。実際にはメキシコは危険ではないし、安全だ。

多くの子ども、学生、サッカーへの愛にもあふれている。僕らは夜にストリートを歩けるね。それは信じられないことで、
僕は日本人の友人に『日本はメキシコより危険かもしれない』と伝えているくらいなんだよ」

サッカーにとどまらず、日本のスポーツ界で最も有名な選手の一人である本田。彼の発信力はツイッターを含めて高い。
それを踏まえれば、今回の“メキシコ観”についてポジティブな印象を与える言葉は、メキシコの人々にとって喜ばしいものかもしれない。

4/29(日) 15:20配信 soccermzw
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00100780-soccermzw-socc

写真
no title

本田『W杯後は新しいことに挑戦』出場決定してたの?ww 

1   2018/04/29(日) 21:55:53.51 _USER9
退団宣言の本田圭佑「W杯後は新しいことに挑戦」
4/29(日) 21:50配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00194079-nksports-socc

パチューカFW本田圭佑(撮影・PIKO=2018年4月21日)
no title


 メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が同国のマルカ・クラロのインタビューに応じ、28日(日本時間29日)に電子版に動画付きで掲載された。

 本田は27日には自身の公式ツイッターで事実上の退団宣言。シーズン大詰めで、1年間のメキシコ・パチューカでのプレー、生活を英語で振り返り、それがスペイン語で記事となっている。

 インタビューの要点は次の通り。

 -メキシコの印象は

 本田 正直言って、メキシコはもっと危険なところだと思っていた。ただ、ここに来てから今まで、1度たりとも危険な目に遭ったことはない。人々はとても素晴らしく、いい意味で驚いた。本当のところ、メキシコは危険ではなく安全だ。

 -パチューカというチームは

 本田 一致団結している。チーム全員がとても仲良く、親しい。今までいたモスクワ、イタリアのチームとはまた違って、家族的なつながりでまとまっている。これは新鮮だった。加えてサポーターが常にまわりにいて、サインを求められたり距離が近い。この交流も含めて、すべてがまるで家族のようにまとまっているのがパチューカだ。

 -メキシコリーグは

 本田 メキシコリーグを、ひと言で説明するのは難しい。低地や高地でプレーをする難しさがある。ホームとアウェーでは、まったくプレーが変わってくる。そういった経験はこれまでなかった。とても勉強になった。

 -チームメートともいい関係を築いているように見える

 本田 彼らはとても親しみやすく、スペイン語がうまくない自分にも、とても親切に接してくれて感謝している。パチューカには、才能豊かな若い選手もいる。自分の経験をすべて、彼らに伝えたいと思ってやってきた。

 -なぜメキシコに

 本田 幼いころの夢はヨーロッパでプレーすることだった。ACミランでその夢がかない、新しい挑戦の場を探していた。ヨーロッパではそう思えるものがなかったが、アフリカ、アメリカのクラブに加え、パチューカとの交渉があり、ディエゴ(アロンソ監督)、へスス(マルティネス会長)らとの良い話し合いで、パチューカに来ることが決まった。

 -メキシコのサッカーは

 本田 メキシコはとても攻撃的で、良い攻撃のアイデアを持った選手がたくさんいる。攻め込まれることを恐れず、ゴールへと突き進む。ヨーロッパはより戦術的、守備的だが、メキシコはゴールへと突き進む攻撃性を特長としている。

 -パチューカを離れるのか

 本田 とにかく自分は好奇心が旺盛でいろんなことにチャレンジしてみたい。いま31歳で、ワールドカップ(W杯)の期間中に32歳になる。W杯後は新しいことにチャレンジしてみたい。

 -どの国のファンが印象的か

 本田 比較することはできない。ただ、メキシコのファンはサッカーそのものを愛してくれている。スタジアムの雰囲気、パチューカに加え、他のメキシコのスタジアムの雰囲気が、とても気に入っている。

 -メキシコのファンへ

 本田 いつも応援してくれてありがとう。それほど調子が良くなかった時も、変わらず応援をしてもらい、その気持ちを感じていました。引き続きパチューカを応援してください。そして、私自身の今後の道のり、新しい挑戦も応援してください。よろしくお願いします。

【パチューカ】本田圭佑、痛恨のドロー。W杯「試合勘」に心配の声 

f03760f5
1   2018/04/29(日) 12:30:55.61 _USER9
4.28 メキシコ1部後期第17節 パチューカ0-0アトラス]

 FW本田圭佑の所属するパチューカは28日、ホームで後期最終節となる第17節でアトラスと対戦し、0-0で引き分けた。

 勝てば自力で8位以上を確定し、プレーオフへの出場を決めることが出来たパチューカだが、前半18分にFWアンジェロ・サガルが退場。試合運びが難しくなると、後半17分に相手が退場者を出したことで同数で進めることになるが、最後までスコアを動かすことが出来なかった。なお、本田はフル出場した。

 0-0で引き分けたことにより、パチューカの勝ち点は23。暫定で8位となっているが、同勝ち点のUNAMが明日29日に試合を残すため、UNAMが引き分け以上の結果を残せば、パチューカの今季が終わることになる。UNAMはホームで16位のケイタロと対戦する。

 今季限りの退団が濃厚となっている本田。仮にパチューカがプレーオフ出場を逃した場合、個の試合がパチューカでのラストマッチになる。

W杯出場を目指す本田だが、その場合は試合勘という意味では1か月近くのブランクが出来てしまうことになる。日本代表の西野朗監督の頭も悩ますことになりそうだ。

4/29(日) 11:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-01653217-gekisaka-socc

本田圭佑『退団理由はお金じゃない』新たな試みに挑戦するとコメント 

GettyImages-863966940-800x533
1   2018/04/28(土) 11:43:43.99 _USER9
パチューカのFW本田圭佑は、やはり今季限りでの退団に向かっているようだ。同選手が自身のツイッターを更新した。

 昨年夏にパチューカの一員となった本田は、予定どおり1年でメキシコを離れる見通しだ。最近になって、クラブが契約延長をオファーするのではないかとも報じられたが、その可能性は低いものとみられる。

 本田はスペイン語で「親愛なるメキシコの方々へ。自分が考えていることを少し共有したいと思います。パチューカから出て行くことになるかもしれませんが、それはお金が理由ではありません」とツイート。「クラブと交渉したことはありません。それは1年前、クラブと契約を交わしたときに決めたことです」とつづった。

 さらに本田は「世界がより良くなるため、新しいことにチャレンジしたい」とも記し、「パチューカとメキシコの人々を家族のように思っている」と続けている。

 スペインやアメリカからオファーがあると伝えられている本田。次のプランはすでに決まっているのだろうか。

4/28(土) 11:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180428-00267329-footballc-socc

【悲報】本田圭佑“金銭トラブル”?年俸アップ要求を拒否か 

GettyImages-891092672-800x533
1   2018/04/27(金) 18:28:14.04 _USER9
4/27(金) 18:17配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000115-dal-socc
 メキシコリーグ、パチューカの日本代表MF本田圭佑が、金銭面で妥協点が見いだせず今年夏に退団する見通しだという。
ESPNがメキシコ発のニュースとして伝えている。

 記事によると今季限りで契約の切れる本田は、パチューカに対し年棒アップを求めているが現実的に不可能だと考えられている。
同時に移籍金なしで新天地へ移ることができる選手に対しスペインリーグ、北米MLSからの獲得オファーがあるとしている。

「本田圭佑はパチューカの心臓」各国メディアからベタ褒めされる 

2018-04-15-honda-pachuca_yi1rapujyf7419n9kyu86j306
1   2018/04/19(木) 08:44:48.07 _USER9
Goal

パチューカでプレーする日本代表へ、称賛の声が相次いでいる。

パチューカFW本田圭佑への称賛が止まらない。クラブ指揮官や各国メディアから賛辞の声が届いている。

ミランとの契約満了に伴い、今季からリーガMXに活躍の舞台を移した本田。序盤戦は負傷に苦しむ時期などもあったが、徐々に進化を発揮。特に2018年に入ってからは、後期リーグで7ゴールを挙げるなど、絶好調を維持している。

そんな本田に、ディエゴ・アロンソ監督も満足しているようだ。メキシコ『am』は、日本代表FWが1ゴール1アシストの活躍を見せたサントス・ラグーナ戦後の指揮官のコメントを伝えた。

「(本田を)愛しているよ。国際的な選手である彼の最大限の努力は、子どもたちのお手本になっている」

また『blasting news』も、本田を「パチューカの心臓」と讃えている。

「ケイスケ・ホンダは、未だチームの心臓であり肺である。この7ゴール7アシストを記録する日本代表は、今季のベストプレーヤーの1人である」

そして、31歳のFWが昨季までプレーしていたイタリアのメディアも、本田の活躍を伝えた。『TUTTO mercato WEB』は、本田の写真とともに「ケイスケ・ホンダがネットを揺らし、パチューカはプレーオフ進出のために重要な勝利を挙げた」と報じている。

後期リーグも残り2試合となったところで、プレーオフ進出圏内の8位につけるパチューカ。クラブを引っ張る本田は、チームをプレーオフに導くことは出来るだろうか。

http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E6%9C%AC%E7%B0%E5%9C%AD%E4%BD%E3%B8%E6%AD%A2%E3%BE%E3%AC%E7%A7%B0%E8%B3%9B%E3%AE%E5%A3%B0%E3%91%E3%81%E3%A5%E3%BC%E3%AB%E6%8C%E6%8F%AE%E5%AE%E3%82%E7%B5%B6%E8%B3%9B%E5%AD%E3%A9%E3%82%E3%9F%E3%A1%E3%AE%E3%8A%E6%8B%E6%9C%AC/ts0nqn2ntkhr1ggi3dvolshfb

【サッカー】スペイン紙が本田を皇帝と絶賛
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524015521/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索