Samurai Goal

バロンドール


スポンサード リンク





<“GK版バロンドール”を今年から新設>主催誌フランス・フットボールが発表!  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 23:12:20.87 ID:K5iQCqiB9
バロンドールの主催者である『フランス・フットボール』誌は19日、“GK版バロンドール”となる新たな賞として「レフ・ヤシン賞」を今年から創設することを発表した。

 バロンドールはサッカー界で最も重要視される個人賞のひとつであり、年間を通して最も活躍したと評価される選手に贈られる。1956年に創設され、今年で64年目となる。

 他の個人賞と同様に、バロンドールもFWやMFなど攻撃的ポジションの選手が受賞に有利であることがたびたび指摘される。過去にはFWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシの2人がともに最多タイの5回ずつ受賞している。

「しばしば攻撃のスター選手たちの影となるGKに光をあてる」ため、新たな賞を創設すると『フランス・フットボール』誌は発表。現時点でバロンドールを受賞した唯一のGKである元ソ連代表のレジェンドにちなんで、「レフ・ヤシン賞」と名付けられる。

 第1回となる今年のレフ・ヤシン賞のノミネート10人は10月21日に発表されるとのこと。受賞者は12月2日に開かれるセレモニーにおいて、バロンドール、女子バロンドール、コパ・トロフィー(U-21バロンドール)の受賞者とあわせて発表される。

9/19(木) 22:23 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00339159-footballc-socc

写真no title

<C・ロナウド>メッシとのバロンドール“賞レース”に言及! 「自分が歴代ナンバーワン」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 18:44:37.05 ID:Lf9g3kjW9
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サッカー界で最大のライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシよりも多くのバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を得るにふさわしいと述べている。英公共放送「BBC」が報じた。

 メッシとロナウドは、10年以上にわたって第一線で戦い続けてきた。メッシはバルセロナの下部組織で育ち、17歳の時にトップデビュー。チームとして数々のタイトルを獲得してきたが、個人としても5回のバロンドール受賞をはじめ、多くの賞を手にしてきた。

 一方のロナウドは18歳で母国の名門スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、その後はレアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグを4度制覇するなど栄華を極めた。バロンドールはメッシと並んで5回受賞し、昨夏にはイタリアの名門ユベントスに移籍し、新たな舞台でもリーグ優勝を果たしている。

 英テレビ「ITV」の番組「Good Morning Britain」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演したロナウドは、「メッシはサッカー史の一部だ」としたうえで、こう語っている。

「私は自分が彼よりも6、7、8個は多く得るべきだ。これまでの自分のやってきたこと、今やっていることを考えれば、私もきっとサッカー史の一部であろうし、史上最高の選手の1人だ。私にとっては、自分が歴代ナンバーワン。他のファンにとっては、別の選手がナンバーワンで私が2番かもしれないけど、それでも関係ない。自分がサッカー史の一部であり、史上最高の1人であることを分かっている」

 誰が“世界一”の象徴であるバロンドールを、今年受賞するのか。2019年もロナウドやメッシら有力候補を中心に、その行方が世界中のサッカーファンの注目を集めそうだ。

9/19(木) 17:50フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00218602-soccermzw-socc

写真no title

古巣への思いを語ったC・ロナウドが意味深発言?「すぐにマドリーに戻れることを願う」 

20190730-00010001-goal-000-1-view[2]

<メッシ>史上最多6回目のバロンドール当確か。主催誌も「このままなら順調」  

1: Egg ★ 2019/05/02(木) 23:01:02.01 ID:mk6jKwsl9
 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、史上最多となる6回目のバロンドール受賞に向けて大きく前進した。リバプール戦でも2得点の活躍を見せたことで、受賞が事実上確実になったとの見方もある

 バルサは現地時間1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグの試合でリバプールと対戦し、3-0の勝利で決勝進出に大きく近づいた。勝利の最大の立役者となったのは2ゴールを挙げたメッシだった。

 この日の2点を加えて今大会での得点数は12点となり、メッシはCL得点王もほぼ確実。リーガエスパニョーラでも2位を大きく引き離す34ゴールを挙げ、バルサを今季の優勝に導いた。バルサはコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)でも決勝に進んでおり、3冠獲得も現実味を帯びてきた。

 今年はまだ半分も過ぎていないが、メッシのバロンドール受賞を確実視する見方は強まっている。スペイン紙『マルカ』は「明日にでもバロンドールを贈られるべき」、伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』も「6回目の受賞にまたも前進」と伝えた。バロンドールを主催する『フランス・フットボール』誌も、「このまま進めば順調」とメッシが最有力候補であることを認めている。

 過去10年間にわたってバロンドール受賞を争い続けてきたクリスティアーノ・ロナウドは、ユベントスのセリエA優勝に大きく貢献したとはいえ、CLでは準々決勝敗退。夏にワールドカップやEUROが開催されない今年は、昨年のルカ・モドリッチのような存在が現れることも考えにくい。

 準決勝1stレグ開催前の時点では、メッシと受賞を争う選手がいるとすれば、英国のPFA(プロサッカー選手協会)年間最優秀選手にも選ばれたリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクではないかとの見方もあった。だが直接対決に快勝したバルサとメッシが決勝進出に向けて優位に立ったことで、バロンドール争いも大きくメッシに傾いたと言えそうだ。

 メッシがバロンドールを受賞したとすれば2015年以来4年ぶり6回目。5回で並んでいるC・ロナウドを上回り歴代単独最多となる。

5/2(木) 19:22フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00319911-footballc-socc

写真
no title


【サッカー】<メッシ>「3点目のフリーキック?自分でもすごいゴールが決まったと思う。狙い通りの場所に行ってラッキーだったよ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556775713/

「世界MVPの無力さ」モドリッチ、メッシの“シャツ引き裂き寸前写真”が反響拡大 

20190302-00173411-soccermzw-000-2-view

C・ロナウド、逃したバロンドールに「僕が泣いているとでも?この世の終わりじゃない」 

20181210-00000020-goal-000-2-view

「イニエスタなどみんなの勝利」「ロナウドとメッシには…」モドリッチが心情を吐露 

20181204-00051082-sdigestw-000-5-view

<グリーズマン>W杯&EL優勝もバロンドール受賞ならず…「それ以外に何が必要なのか」 

GettyImages-960636552-800x533




1: 2018/12/04(火) 07:52:33.10 _USER9
フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンとキリアン・ムバッペが、2018年度バロンドール授賞式の後でコメントを残した。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、その年最も活躍した選手へと送られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

2018年度のバロンドールは、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチが栄冠に。ロシア・ワールドカップ王者に輝いたグリーズマンは3位、ムバッペは4位となった。

グリーズマンはフランス代表としてW杯王者を勝ち取った他に、昨年のヨーロッパリーグでも優勝。しかし、初のバロンドール受賞とはならなかった。

授賞式前には「フランス人が勝ち取らなければ悲しいね。おそらく、欧州カップ戦はワールドカップよりも重要なんだろう。でも、どうなるか見てみよう……」と悲観的に見ていたグリーズマン。そして式典終了後には、悔しさをにじませている。

「世界王者として表彰台に上がるのは本当に誇らしいことだ……。将来ルカのポジションになれるように、クラブと代表のチームメイトとともに続けていくよ」

「僕はヨーロッパリーグとW杯を勝ち取った。それ以外に何をしなければいけないかはわからないかな」

一方ムバッペは、「失望? 問題はないよ。短期間で7位から4位となった。前には3人がいるけど、僕よりも値するよ。将来受賞できるよう、働き続けないとね」とコメントしている。

12/4(火) 7:43配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000045-goal-socc

2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成  

1: 2018/12/04(火) 07:37:32.86 _USER9
12/4(火) 6:22配信
GOAL
2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010003-goal-socc
モドリッチが三冠達成(C)Getty Images
no title


フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年バロンドール受賞者を発表。ルカ・モドリッチが、世界最高の選手に選ばれた。

1956年に創設されたバロンドール。世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

そして2日、バロンドールの受賞者が発表。モドリッチがキャリア初めて栄冠に輝いた。

モドリッチは昨シーズン、所属クラブのレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ史上初の三連覇に大きく貢献。さらに今夏行われたロシア・ワールドカップでは、クロアチア代表の主将として、同国史上初の決勝進出に導いた。大会最優秀選手にも選出されている。

その活躍から、2018年のUEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手賞をすでに獲得。今回のバロンドール受賞で、同年の個人賞三冠達成という偉業を成し遂げている。
(以下ソース参照)

C・ロナウドとメッシ、バロン・ドール候補からもれる 

20181121-00000110-dal-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索