Samurai Goal

バロテッリ


スポンサード リンク





無断欠席続くバロテッリ「まだ病気」と主張 

20200605-00375691-usoccer-000-2-view




1: 2020/06/05(金) 14:51:47.25
チームの練習を無断欠席しているブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが4日、自身のインスタグラムを更新し「まだ病気」と主張した。


バロテッリは5月26日に行われたチームの練習を無断欠席していたと報じられ、31日の練習も欠席していた。そして3日の午前中に予定されていた練習を三度欠席していた。



バロテッリとブレシアの契約は2022年までとなっているが、ブレシアがセリエBに降格した場合は、契約が自動的に取り消される。昇格組のブレシアはセリエAで苦しみ、中断前の時点で勝ち点16のリーグ最下位に位置。残留ラインのジェノアとは勝ち点差「9」となっており、残留が厳しい状態だ。

契約解除を望まないバロテッリが無断欠席で抗議していると報じられているが、仮病ではなく本当に病気なのだろうか…。


https://news.yahoo.co.jp/articles/4faf4f7cdb96446b686fd295e8e8413499f720b9
6/5(金) 8:00配信

バロテッリ、ロックダウン生活を明かす「独りで頭がおかしくなりそうだった。2カ月ボールを触っていない」 

20200516-00010006-goal-000-1-view




1: 2020/05/16(土) 20:08:25.74
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、インスタグラム上でライブ配信を行い、ロックダウン(都市封鎖)中の生活を明かした。

バロテッリは、セリエCルメザーネやミラン時代の元同僚で今シーズンも半年間、ブレシアで共にプレーした旧知の友人、アレッサンドロ・マトリとSNS上で対談。
3月9日から約2カ月にわたるイタリアでのロックダウンの生活について冗談ながらに語った。

3月9日のサッスオーロ戦(3-0でサッスオーロが勝利)を最後にピッチから遠ざかるバロテッリは、ボールの扱いも忘れつつあることを告白。
「ボールをパスされてもトラップできるか分からない。2カ月ボールを触っていない」と嘆いた。

故郷のブレシアで暮らすバロテッリだが、ロックダウン中は家族と離れ、独りで過ごしていたことも明かした。

「ここ2週間は、頭がおかしくなりそうだった。俺は独りだったこともある。娘はナポリだし、息子はチューリッヒにいる。
それに母は高齢だし、(義理の)兄たちは子供と隔離生活を送っている。だから俺は独りになった。しんどかった」

料理が不得手な悪童は当初、日々の食事に苦労したことを、冗談を交えつつ振り返り、「俺はありがたいことに太らなかった。
俺は料理ができないから、最初の3日間は段ボールや壁をかじっていたほど(笑)。それ以降は、デリバリーを注文するようになった」と語った。
また練習を満足に行えなかったことも告白。「家の近くに小さな公園があって、走り込みに通っていたが、ランニングマシーンがないと無理だ」とこぼした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00010006-goal-socc
5/16(土) 11:52配信

バロテッリが選ぶ最高のベストイレブンは? 悪童は誰を高く評価したのか 

20200417-00010011-goal-000-6-view

マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白 

1: 2020/04/17(金) 16:56:50.18
マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
(写真:Getty Images)

インテルのレジェンドである元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィが、インテル時代のマリオ・バロテッリとのやり取りを回顧した。

マテラッツィは2001年から2011年インテルで活躍したDFで、ロッカールームをまとめる兄貴分としてチームの統率をとり、ファンからも愛されたレジェンドだ。

そんなマテラッツィが16日、インスタグラムのライブ配信を使用したインタビューに応え、インテルでの経験を振り返り、2010年のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナとの準決勝で起こったバロテッリとの事件についても回顧している。

この試合、途中交代で入ったバロテッリはピッチ上で精細を欠くパフォーマンスを見せたあげく、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけていた。
その後、ロッカールームに引き上げるバロテッリをマテラッツィが追いかけていく姿が目撃されている。

マテラッツィ氏は当時を振り返り、バロテッリを殴っていたことを明かした。

「彼をぶっ飛ばしたよ。本当だ。彼を愛しているが、あの日の彼はそれに相応しかった。今は友人だし、兄弟のような関係だが、マリオはあの日やってはいけないことをした」

「ベンチから出てきた後、カウンターのチャンスがあったのに彼はハーフウェイラインからロングシュートを打ったりしていた。ディエゴ・ミリートはカンカンだったよ」

「みんなマリオのポテンシャルを信じていたし、多くのゴールを決めて勝利にも貢献した。
でも、その事件の1週間後、トレーニングで彼とマッチアップさせるようにモウリーニョに頼んだんだ。(対戦した後)一瞬で医務室送りにしてやったよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00373362-usoccer-socc
4/17(金) 16:30配信

no title

no title

no title

元インテルDFマテラッツィ氏「バロテッリは子供のまま大人になった。可愛がってやったよ」 

20200406-00010024-goal-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 23:10:48.26
元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が、インスタグラム上のライブ配信で元フランス代表GKのセバスティアン・フレイ氏と対談し、元同僚のFWマリオ・バロテッリなどについて語った。

現役時代、インテルやペルージャなどで活躍し、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップ優勝を果たしたマテラッツィ氏。元フィオレンティーナGKのフレイ氏との対談の中で、インテルのライバルクラブであるユヴェントスについて問われると本音を明かしたほか、インテルで同僚だったバロテッリに触れた。

「どれほどユーヴェが嫌いかって?スポーツ上に限った話だが、かなり嫌いだよ」

「バロテッリ?彼はナンバーワンの選手だし、素晴らしい青年だ。しかし時折、私が叩き直してやらなければならなかった。ある日、ミランの靴下を履いてきたから、私が切ってやったよ。それでも彼のことは大好きだし、ダメな奴なんかじゃない。いい奴だよ。子供のまま大人に成長したような奴だ。初めて一緒に練習をしたときは、私の股下からボールを通して抜こうとしてきたが失敗に終わった。私と(イバン)コルドバで可愛がってやったよ」

続いてマテラッツィ氏は、ミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて問われると、「非常に強い選手だ。それでも(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドのような最強レベルではない」との見解を示した。

また2010年にインテルを率いたラファエル・ベニテスやレオナルドについてコメント。「(ジョゼ)モウリーニョの後を引き継ぐのは難しかったと思うが、レオナルドがやったように真似をすればスクデットは獲れたかもしれない。レオナルドは、6カ月前にしていたことを“コピー&貼り付け”しただけだからね。賢かった」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010024-goal-socc

<バロテッリ>新型コロナ流行で呼びかけ「自宅待機しないならお前らに平手打ちしに行く」 

20200313-00010030-goal-000-1-view




1: 2020/03/13(金) 21:37:14.43
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが12日、インスタグラム上でライブ配信を行い、イタリアで猛威を振るう新型コロナウイルスを巡り持論を展開した。

イタリアでは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しており、セリエAなどすべてのスポーツイベントが少なくとも4月3日まで停止。ユヴェントスのDFダニエレ・ルガーニやサンプドリアのFWマノーロ・ガッビアディーニのウイルス検査で陽性が確認されるなど、衝撃が走っている。

今シーズンのこの先の行方が不透明となる中、バロテッリはSNS上でライブ配信を行い、自身の見解を示した。

「リーグが続けられるのか分からない。俺は無理なんじゃないかと思う。再開予定日は大まかなものだと思うが、4月3日に再開されるとは思えない。俺の考えでは、優勝チームも降格チームもなしにするべき。来シーズンは、セリエBの上位2チームを加えて22チームでリーグをやるべきだと思う」

今シーズンの全日程を消化できない場合、上位2チームによるスクデット・プレーオフを行い、優勝チームを決定する案も浮上している。

「ユーヴェ対ラツィオで優勝決定戦?良いんじゃないかな。その他にも案はいろいろあると思うが、やらないだろうな。全試合を止める前にユーヴェに延期試合を消化させて、ラツィオを2位にしたんだからね。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグも中止するべきだし、EURO2020も来年に延期するべき。悪い考えではないと思うよ」

最後にバロテッリは、コロナウイルスの拡散防止のためファンに自宅待機を要請。「みんな自宅待機してくれよ。さもなければ、俺が出て行ってお前らに平手打ちしてやる」と冗談ながらに語った。なおセリエAがユヴェントスを優遇したかのような印象を抱かせるバロテッリの発言には波紋が広がり、所属クラブのブレシアが「クラブはバロテッリの発言と距離を置く」と正式に表明している。

3/13(金) 18:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010030-goal-socc

悪童バロテッリが「美人局」被害に? “関係を持った”女性から恐喝される! 

20200217-00010380-thedigest-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2020/02/17(月) 20:44:17.53 ID:4HqMLNb+9
 イタリア・ヴィチェンツァのある女性が裁判にかけられるかもしれない。疑われている罪は、マリオ・バロテッリに対する恐喝だ。

 ヴィチェンツァの地元紙『IL GIORNALE DI VICENZA』や『Gazzetta dello Sport』紙によると、当時17歳の女性は、自分が成人しているとだまし、バロテッリと関係を持ったという。バロテッリがニースでプレーしていた2017年10月から2018年1月にかけてのようだ。

 その後、女性は関係が終わると10万ユーロ(約1250万円)をバロテッリに要求し、断れば性的暴行で訴え出ると脅したという。さらに、女性の弁護士(63)も、週刊誌に“ネタ”として売ると脅した。

 だが、バロテッリはこの要求に応じず、金を支払わずに警察に被害届を提出。週刊誌の編集長も売り込みに「ノー」を突き付け、警察からの事情聴取で接触があったことを伝えたという。
 
 数々の女性と浮名を流し、モデルのラファエッラ・フィーコさんとの間に娘ももうけたバロテッリは現在独身。29歳で、2016年から2シーズン半にわたってニースに在籍し、マルセイユを経て、今シーズンから故郷のクラブ、ブレッシャに移籍している。

 今季のバロテッリはセリエAの17試合に出場し、5得点。母国に戻り、EURO2020出場を目指しているが、恩師のロベルト・マンチーニが率いるイタリア代表への復帰は難しいとみられている。

 まるで“美人局”のような被害に遭ったバロテッリだが、サッカー界きっての悪童のこと、「どこ吹くか風」といったところかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00010380-thedigest-socc

バロテッリ(29)新指揮官グロッソに不満示し練習を放棄…1月にブレシア退団の可能性も?7試合2得点  

20191122-00010031-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/23(土) 07:02:24.34 ID:dE17WtJF9
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがファビオ・グロッソ指揮下において、孤立しつつある。
イタリアメディア『スカイスポーツ』が21日、報じている。

バロテッリは昨シーズン限りでマルセイユとの契約満了を迎えると、今夏に故郷に拠点を置くブレシアに移籍。
3年ぶりのセリエA復帰を果たした。しかしブレシアはここまで11試合(消化試合が1試合少ない)を終えて2勝8敗1分で最下位に低迷。
今月初めには昨シーズンからチームを率いていたエウジェニオ・コリーニが責任を問われて解任され、元イタリア代表DFのファビオ・グロッソが新指揮官に就任していた。

しかし、2006年ワールドカップ覇者とバロテッリの間で亀裂が生じ始めているようだ。
21日の練習において、24日のローマ戦に向けたミニゲームが行われていたが、バロテッリはやる気がないような素振りを見せ、グロッソに交代を命じられる。
これに気分を害した元イタリア代表FWは、一足先に練習を中断し、ロッカールームへ戻る許可を指揮官に求めて、これを認められた。
バロテッリは、ローマ戦の先発予定メンバーから自身が外れたことに不満を示していたとみられる。

バロテッリは現在、ブレシアと今シーズン終了までの契約を結んでいるが、契約には、クラブが1月にも移籍金ゼロで選手を放出できるとの条項が盛り込まれている。
前節のトリノ戦に先発したものの、指揮官に前半限りで交代を命じられたバロテッリ。グロッソとの関係次第では、シーズン途中に退団を迫られる可能性もあるだけに、今後の動向は注目されるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010031-goal-socc
11/22(金) 21:32配信

バロテッリが人種差別被害に言及 「問題は自分がイタリア人であること」  

20191108-00364136-usoccer-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 20:40:20.55 ID:lmATpAud9
ブレシアに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、エラス・ヴェローナ戦で受けた人種差別行為に関して改めて自身の考えを語った。『ロイター通信』が伝えている。

バロテッリは3日に敵地で行われたセリエA第11節のヴェローナ戦に先発したが、54分にヴェローナの一部サポーターによる差別的なチャントの標的に。スタンドの方にボールを蹴り込み、抗議の意思を示すと、ピッチから立ち去ろうとしたが、チームメイトらになだめられ、最終的にフル出場した。

その騒動後、場内アナウンスで人種差別行為が続くようであれば中止する警告も発せられたが、ヴェローナ側はそうした事実を否定。会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏や、イバン・ユリッチ監督は試合後、声を揃えて自チームのサポーターによる差別行為がなかったと主張。それでも、最終的には事態の収拾を図りたいクラブ側が、主犯格のウルトラスの一員に11年間のスタジアム入場禁止処分を科す決定を下した。

バロテッリはイタリアのテレビ『Italia 1』のインタビューで一連の事件に言及。自身にとって最も辛いことは、“イタリア人”にも関わらず差別被害を受けていることだという。

なお、今シーズンのセリエAで目立っている人種差別行為に関しては、ボスニア・ヘルツェゴビナ人MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)を除き、ブラジル人DFダウベルト・エンリケ(フィオレンティーナ)、イングランド人MFロナルド・ヴィエイラ(サンプドリア)、セネガル人DFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、コートジボワール人MFフランク・ケシエ(ミラン)、ベルギー人FWロメル・ルカク(インテル)と、イタリア国外出身の黒人選手だ。

その中でガーナ移民としてイタリアのパレルモで生まれ、3歳の頃にイタリア人夫妻の養子となり、イタリア人として育ってきたバロテッリは、その中での自身の人種差別被害により複雑な思いを抱いている。

「同じ人種差別被害に遭い、同じモンキーチャントを浴びた他のプレーヤーたちと自分は異なる境遇だと言いたいわけではないけど、問題は自分がイタリア人であるということなんだ」

また、バロテッリは生まれ故郷のクラブであるブレシアと、同じ地域のライバルにあたるヴェローナというクラブ、街にこれまで好感を抱いていたこと。今回の事件を愛娘がテレビ中継を通じて見ていたことを明かしている。

「正直なところ、ヴェローナのスタジアム、そこにいるファンたちが好きなんだ。彼らは対戦時にいつもユーモアと皮肉に溢れた方法で対戦相手を挑発してくるんだ」

「彼らが対戦相手のプレーヤーの気を逸らしたければ、それこそ千通りの方法があると思う。だけど、人種差別行為はその方法ではない」

「娘は今回の一件をテレビで観ていたんだ。そのことが3倍以上のダメージを与えているんだ」

「あらゆる種類の侮辱や挑発は対処できる。だけど、人種差別に基づく侮辱だけは決して受け入れられない。それは今までもこれからもだ」

「それをやった人間、繰り返しになるけど、それは少数の人間だけだったけど、あいつらは完全なバカ野郎だよ」

ここまでマフィアとの関係も深い各クラブのウルトラスを恐れてか、人種差別行為に関して手緩い対応が続くイタリアサッカー界だが、バロテッリのような被害者を守るためにもより抜本的な対策が求められるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00364136-usoccer-socc

【サッカー】バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール  

e9503_260_2019-




1: 牛丼 ★ 2019/11/04(月) 09:42:04.34 ID:6tLjKOqT9
バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール

ブレシアのマリオ・バロテッリが試合中に人種差別を受け、ボールをスタンドに蹴り込み、ピッチから立ち去ろうとした。

3日に行われたセリエA第10節のヴェローナとブレシアの一戦で再び人種差別問題が発生。54分にスタンドから人種差別のターゲットにされたバロテッリは、キープしていたボールを手に取り、スタンドに蹴り込む。主審のマウリツィオ・マリアーニ氏は試合を一時中断して、チームメイトらとともにピッチから去ろうとしたイタリア代表FWをなだめる場面が確認された。

その後、場内アナウンスで、サポーターに対してこれ以上の人種差別行為が見つかれば試合を中止すると警告。最終的に、バロテッリは90分間プレーを続け、終盤には1点差に迫る今シーズンのリーグ戦2ゴール目を挙げている。なお、試合はブレシアが1-2で敗れた。

一方、ヴェローナのイヴァン・ユリッチ監督は試合後、「(人種差別行為は)何もなかった。素晴らしい選手に対しての指笛や野次はあるが、それ以上のものは何もなかった」と主張。続けて「仮に我々のファンからそのような行為があれば、私ははっきりと口にする。しかし、今日は何も聞こえてこなかった。なかったことを問題になどできないし、嘘の可能性だってある」と自身の見解を示した。

キャリアを通してこれまでに何度も人種差別の被害に遭うバロテッリは、ミラン在籍時の2013年に「これ以上人種差別のターゲットにされれば、ピッチから出て行く」と主張していた。しかし、それ以降もフランスやイタリアで同様の行為は続いている。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17330378/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索