Samurai Goal

バロテッリ


スポンサード リンク





バロテッリ(29)新指揮官グロッソに不満示し練習を放棄…1月にブレシア退団の可能性も?7試合2得点  

20191122-00010031-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/23(土) 07:02:24.34 ID:dE17WtJF9
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがファビオ・グロッソ指揮下において、孤立しつつある。
イタリアメディア『スカイスポーツ』が21日、報じている。

バロテッリは昨シーズン限りでマルセイユとの契約満了を迎えると、今夏に故郷に拠点を置くブレシアに移籍。
3年ぶりのセリエA復帰を果たした。しかしブレシアはここまで11試合(消化試合が1試合少ない)を終えて2勝8敗1分で最下位に低迷。
今月初めには昨シーズンからチームを率いていたエウジェニオ・コリーニが責任を問われて解任され、元イタリア代表DFのファビオ・グロッソが新指揮官に就任していた。

しかし、2006年ワールドカップ覇者とバロテッリの間で亀裂が生じ始めているようだ。
21日の練習において、24日のローマ戦に向けたミニゲームが行われていたが、バロテッリはやる気がないような素振りを見せ、グロッソに交代を命じられる。
これに気分を害した元イタリア代表FWは、一足先に練習を中断し、ロッカールームへ戻る許可を指揮官に求めて、これを認められた。
バロテッリは、ローマ戦の先発予定メンバーから自身が外れたことに不満を示していたとみられる。

バロテッリは現在、ブレシアと今シーズン終了までの契約を結んでいるが、契約には、クラブが1月にも移籍金ゼロで選手を放出できるとの条項が盛り込まれている。
前節のトリノ戦に先発したものの、指揮官に前半限りで交代を命じられたバロテッリ。グロッソとの関係次第では、シーズン途中に退団を迫られる可能性もあるだけに、今後の動向は注目されるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191122-00010031-goal-socc
11/22(金) 21:32配信

バロテッリが人種差別被害に言及 「問題は自分がイタリア人であること」  

20191108-00364136-usoccer-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 20:40:20.55 ID:lmATpAud9
ブレシアに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、エラス・ヴェローナ戦で受けた人種差別行為に関して改めて自身の考えを語った。『ロイター通信』が伝えている。

バロテッリは3日に敵地で行われたセリエA第11節のヴェローナ戦に先発したが、54分にヴェローナの一部サポーターによる差別的なチャントの標的に。スタンドの方にボールを蹴り込み、抗議の意思を示すと、ピッチから立ち去ろうとしたが、チームメイトらになだめられ、最終的にフル出場した。

その騒動後、場内アナウンスで人種差別行為が続くようであれば中止する警告も発せられたが、ヴェローナ側はそうした事実を否定。会長を務めるマウリツィオ・セッティ氏や、イバン・ユリッチ監督は試合後、声を揃えて自チームのサポーターによる差別行為がなかったと主張。それでも、最終的には事態の収拾を図りたいクラブ側が、主犯格のウルトラスの一員に11年間のスタジアム入場禁止処分を科す決定を下した。

バロテッリはイタリアのテレビ『Italia 1』のインタビューで一連の事件に言及。自身にとって最も辛いことは、“イタリア人”にも関わらず差別被害を受けていることだという。

なお、今シーズンのセリエAで目立っている人種差別行為に関しては、ボスニア・ヘルツェゴビナ人MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)を除き、ブラジル人DFダウベルト・エンリケ(フィオレンティーナ)、イングランド人MFロナルド・ヴィエイラ(サンプドリア)、セネガル人DFカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、コートジボワール人MFフランク・ケシエ(ミラン)、ベルギー人FWロメル・ルカク(インテル)と、イタリア国外出身の黒人選手だ。

その中でガーナ移民としてイタリアのパレルモで生まれ、3歳の頃にイタリア人夫妻の養子となり、イタリア人として育ってきたバロテッリは、その中での自身の人種差別被害により複雑な思いを抱いている。

「同じ人種差別被害に遭い、同じモンキーチャントを浴びた他のプレーヤーたちと自分は異なる境遇だと言いたいわけではないけど、問題は自分がイタリア人であるということなんだ」

また、バロテッリは生まれ故郷のクラブであるブレシアと、同じ地域のライバルにあたるヴェローナというクラブ、街にこれまで好感を抱いていたこと。今回の事件を愛娘がテレビ中継を通じて見ていたことを明かしている。

「正直なところ、ヴェローナのスタジアム、そこにいるファンたちが好きなんだ。彼らは対戦時にいつもユーモアと皮肉に溢れた方法で対戦相手を挑発してくるんだ」

「彼らが対戦相手のプレーヤーの気を逸らしたければ、それこそ千通りの方法があると思う。だけど、人種差別行為はその方法ではない」

「娘は今回の一件をテレビで観ていたんだ。そのことが3倍以上のダメージを与えているんだ」

「あらゆる種類の侮辱や挑発は対処できる。だけど、人種差別に基づく侮辱だけは決して受け入れられない。それは今までもこれからもだ」

「それをやった人間、繰り返しになるけど、それは少数の人間だけだったけど、あいつらは完全なバカ野郎だよ」

ここまでマフィアとの関係も深い各クラブのウルトラスを恐れてか、人種差別行為に関して手緩い対応が続くイタリアサッカー界だが、バロテッリのような被害者を守るためにもより抜本的な対策が求められるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00364136-usoccer-socc

【サッカー】バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール  

e9503_260_2019-




1: 牛丼 ★ 2019/11/04(月) 09:42:04.34 ID:6tLjKOqT9
バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール

ブレシアのマリオ・バロテッリが試合中に人種差別を受け、ボールをスタンドに蹴り込み、ピッチから立ち去ろうとした。

3日に行われたセリエA第10節のヴェローナとブレシアの一戦で再び人種差別問題が発生。54分にスタンドから人種差別のターゲットにされたバロテッリは、キープしていたボールを手に取り、スタンドに蹴り込む。主審のマウリツィオ・マリアーニ氏は試合を一時中断して、チームメイトらとともにピッチから去ろうとしたイタリア代表FWをなだめる場面が確認された。

その後、場内アナウンスで、サポーターに対してこれ以上の人種差別行為が見つかれば試合を中止すると警告。最終的に、バロテッリは90分間プレーを続け、終盤には1点差に迫る今シーズンのリーグ戦2ゴール目を挙げている。なお、試合はブレシアが1-2で敗れた。

一方、ヴェローナのイヴァン・ユリッチ監督は試合後、「(人種差別行為は)何もなかった。素晴らしい選手に対しての指笛や野次はあるが、それ以上のものは何もなかった」と主張。続けて「仮に我々のファンからそのような行為があれば、私ははっきりと口にする。しかし、今日は何も聞こえてこなかった。なかったことを問題になどできないし、嘘の可能性だってある」と自身の見解を示した。

キャリアを通してこれまでに何度も人種差別の被害に遭うバロテッリは、ミラン在籍時の2013年に「これ以上人種差別のターゲットにされれば、ピッチから出て行く」と主張していた。しかし、それ以降もフランスやイタリアで同様の行為は続いている。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17330378/

“悪童”バロテッリが試合前のロッカールームで喫煙? 動画が出回るも…  

20190927-00064618-sdigestw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 07:30:25.34 ID:HC99V3og9
出場停止が明けてユーベ戦で復帰

ブレッシャのマリオ・バロテッリは9月24日、セリエA第5節のユベントス戦で、イタリアに戻ってから初めてピッチに立った。

ニースやマルセイユでプレーしたフランスでの3年を経て、来年のEURO2020に向けてイタリア代表復帰を目指し、故郷ブレッシャへの移籍で帰国したバロテッリ。
マルセイユ時代の出場停止が持ち越しとなり、開幕から4試合に出られなかった“悪童”は、王者とのビッグマッチでついにセリエAの舞台に戻ってきた。

バロテッリ得点を奪うことはできず、チームも先制しながら1-2と逆転負けを喫した。だが、強烈な直接FKを放つなど、見せ場もつくっている。
初戦ということもあり、途中交代も予想されていたが、背番号45は最後までピッチに残った。
 
イタリア『Sport Mediaset』は、バロテッリが6本のシュートを放ち、パスも8本の失敗に対して11本成功したと紹介。
3つのファウルに対し被ファウルは6だったとし、「正しいスピリットだったことが示されている」と報じた。
 
何かと注目されるバロテッリだけに、試合前のロッカールームでの一幕もSNSを中心に騒ぎとなった。
拡散された動画の中で、バロテッリは口元に細い何かをもっていっている。これがタバコではないかと疑われたのだ。

だが、Sport Mediasetは、バロテッリの関係者がタバコではないと否定したと報じている。
2015年に亡くなった育ての父の形見として持つ十字架にキスをしていただけという。

実際、バロテッリは入団会見で「自分がブレッシャの選手になることは父の夢だった」と話している。
大事なデビュー戦を前に、その父親のことを思っていたのかもしれない。

いずれにしても、バロテッリはイタリアでの再スタートを切った。
これから、代表を率いる恩師ロベルト・マンチーニを納得させるだけのパフォーマンスを見せることはできるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00064618-sdigestw-socc
9/27(金) 6:12配信

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=64618
【動画】ロッカールームで喫煙? バロテッリ“疑惑のシーン”はこちら!

本田からリベリーまで…契約満了後、新天地が決まっていない選手たち  

20190806-00965053-soccerk-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/06(火) 23:55:21.89 ID:8nnloxnU9
夏のタイムリミットが近づいている。プレミアリーグの夏の移籍市場は、開幕前日にあたる現地8日17時で閉幕。

その他の欧州5大リーグも、移籍最終期限まで1カ月を切った。さらに、Jリーグの追加登録期間(第2登録期間)は今月16日までとなっている。

しかし、昨季限りでクラブとの契約が満了したまま、新天地が決まらない選手は少なくない。そこで今回は、去就が注目されるフリーの有名選手たちを紹介する。

■フランク・リベリー(36歳/フランス/FW)
昨季限りでバイエルンを退団。その際、「あと2シーズンはプレーできるはず」と語るなど現役続行に意欲を見せていたが、新天地は決まっていない。
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が獲得を検討していると報じられたこともあったが、ここにきて中東行きの可能性が浮上している。

■マリオ・バロテッリ(28歳/イタリア/FW)
イタリアサッカー界きっての“悪童”は、今年1月にマルセイユへ電撃移籍。デビュー戦でゴールを挙げるなど幸先良いスタートを切ったが、シーズン終了とともに契約満了となり、現在はフリー。
今月12日で29歳になるが、“契約”という誕生日プレゼントが舞い込むことはあるだろうか。

■ダニエル・スタリッジ(29歳/イングランド/FW)
欧州王者に輝いたリヴァプールを退団すると、7月中旬には賭博規則違反により罰金と実質2週間の活動禁止処分を言い渡された。
同時期には愛犬の“誘拐騒動”が大きな注目を集めるなど話題には事欠かないが、肝心の移籍先は決まっていない。

■マルティン・シュクルテル(34歳/スロバキア/DF)
2007年から2016年までリヴァプールに在籍した、スロバキア代表センターバック。昨季までフェネルバフチェでDFリーダーとして活躍していたが、契約満了に伴い現在は無所属となっている。
現在は、リヴァプール時代の元同僚であるスティーヴン・ジェラード氏が監督を務めるレンジャーズが獲得に名乗りを上げているという。

■ダニー・ウェルベック(28歳/イングランド/FW)
契約満了のため、昨季限りでアーセナルを退団。イタリアのラツィオやウェストハムなどが関心を示しているとされるが、選手側が高額な給与を要求しているとして、新天地探しは難航している模様だ。
プレミアリーグで再びその雄姿を見られるだろうか。

■フェルナンド・ジョレンテ(34歳/スペイン/FW)
昨季は、スーパーサブとしてトッテナムのCL準優勝に貢献した。しかし、契約満了に伴い退団。トッテナムと再契約を結ぶという噂が浮上するなか、ラツィオやボカ・ジュニオルスが強い関心を示しているとのこと。
セリエA復帰となれば、ユヴェントスに在籍した2015年以来のことになる。

■ファビオ・コエントラン(31歳/ポルトガル/DF)
昨年夏、レアル・マドリードとの契約を解消して、故郷のリオ・アヴェに復帰。リーグ戦20試合に出場したものの契約延長に至らず、現在は無所属となっている。
数週間前にはギリシャ移籍の話が舞い込んだが、自らの意思で契約を拒否したという。自身が納得できる移籍先を探す日々がしばらく続きそうだ。

■本田圭佑(33歳/日本/MF)
昨季限りでAリーグ(オーストラリアリーグ)のメルボルン・ビクトリーを退団したあと、7月には古巣のVVVフェンロの練習に参加。
欧州復帰へ向けてコンディション調整を行ったが、これまでに具体的な移籍話は出ていない。それでも常にチャレンジャーであり続ける彼のこと、我々をあっと言わせるビッグニュースを提供してくれるはずだ。

■小林祐希(27歳/日本/MF)
3年間在籍したヘーレンフェーンを退団し、オランダ生活にひと区切りをつけた。その後は帰国して、日本から吉報を待っている状況だ。
目標はスペインかイタリアでのプレーとされるが、MLS(メジャーリーグサッカー)移籍の噂も浮上。次なる挑戦から目が離せない。

■アリ・アル・ハブシ(37歳/オマーン/GK)
アジア最高のGKとして、プレミアリーグでのプレー経験を持つアル・ハブシ。ここ2年はサウジアラビア1部のアル・ヒラルに所属していたが、7月中旬にクラブを退団した。
再びイングランドでの挑戦にトライすることを検討中という報道もあるなか、どのような決断を下すのか注目が集まる。

8/6(火) 19:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00965053-soccerk-socc&p=1

リーグアン酒井宏樹、3試合連続のスタメンフル出場で今季初の3連勝に貢献。好調バロテッリが今季3ゴール目  

20190217-00309772-footballc-000-3-view[2]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/17(日) 05:30:20.90 ID:8F7pZytI9
【マルセイユ 2-0 アミアン フランス・リーグアン第25節】

フランス・リーグアン第25節が現地時間の16日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属する6位マルセイユが16位アミアンと対戦し、2-0で勝利を収めた。

酒井は右サイドバックでプレーし、アジアカップから合流後3試合連続スタメンフル出場となった。
42分にはシュートブロックで失点のピンチを防ぐなど、守備で貢献した。

マルセイユは今冬の移籍市場でニースから加入したFWマリオ・バロテッリが2トップの一角として入った。
また、MFディミトリ・パイエが怪我から復帰し、ベンチ入りしている。

ホームのマルセイユが試合を動かす。19分、相手陣内でDFブバカール・カマラがボールを奪うと、バロテッリ、マクシム・ロペズと繋ぐ。
そして、左サイドの空いたスペースに走り込んできたFWフロリアン・トバンにロペズがパス。
トバンは左足でファーサイドに決め、マルセイユが先制に成功した。

続く25分、自陣のFKをマルセイユGKスティーブ・マンダンダが大きく蹴ると、オカンポスがヘディングで競り勝つ。そのボールを受けたバロテッリがワントラップして半身でシュート。
これが決まり、マルセイユが2点リードとなった。
これでバロテッリはマルセイユに加入後、4試合で3得点となった。

さらに、マルセイユがチャンスを作る。
左サイドのペナルティエリアやや手前の位置からのFKのボールをトバンが頭でフリック。そのボールが相手DFに当たり、ファーサイドにいたバロテッリの元へ。
これをバロテッリが頭で押し込んだ。3点目が決まったかのように思われたが、主審がここでVARを確認。
すると、トバンがフリックした時点でバロテッリがオフサイドポジションにいた為、オフサイドの判定。バロテッリの今季4ゴール目とはならなかった。
この直後、バロテッリはMFルイス・グスタボと交代した。

その後も、マルセイユは何度もアミアンゴールに襲い掛かるが、追加点は生まれず、試合はこのまま終了。
2-0でマルセイユが勝利し、今季初となるリーグ戦3連勝となった。

【得点者】
19分 1-0 フロリアン・トバン(マルセイユ)
25分 2-0 マリオ・バロテッリ(マルセイユ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00309772-footballc-socc
2/17(日) 2:54配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/896790
酒井 成績

デ・ヘア、バロテッリ、岡崎も…今季限りで契約満了、注目のベスト11とは? 

33228_ext_04_0

バロテッリ、罰金処分!!「巨大化」88kg→103kgに体重が増えクラブから警告 

1 2018/09/16(日) 05:14:17.33 _USER9
ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが罰金処分を食らった。
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

主な理由は、従来の88kgから103kgに達した体重の超過。
さらに、シーズン前のチームへの合流遅れも関係しているという。

ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「自分でオフサイドに引っかかっている」とバロテッリへの罰金処分を明かしている。

なお、今月の代表ウィークでイタリア代表に招集された際の体重は、99.7kgだった模様だ。

2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。信頼回復に努めたいところだが…。

http://news.livedoor.com/article/detail/15310697/
2018年9月15日 15時5分 超ワールドサッカー

no title

“悪童”バロテッリが遂に動く!!移籍希望を出すも引取り先は見つからず? 

28618_ext_04_0
1 2018/08/14(火) 00:29:16.71 _USER9
ニースのFWマリオ・バロテッリが、今夏の移籍を望んでいる。
パトリック・ヴィエラ監督がフランス『カナル・プリュス』で明かした。

今夏の移籍が話題になっているバロテッリは、現地時間11日に行われたリーグアン開幕戦のランス戦でベンチ入りしなかった。

ヴィエラ監督は「選手は移籍したがっている。だから、ここに残ることはないだろう」と、バロテッリの放出に動いていることを認めた。
そして、「クラブと一緒に進みたいと思う選手が欲しい。難しい状況だ。
選手が移籍するためにできる限りのことをしたい」と語っている。

バロテッリは今夏、マルセイユへの移籍に近づいていたが成立せず。
ナポリ行きの噂もあったが、ナポリ側がこの移籍を否定していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00285245-footballc-socc
8/13(月) 22:49配信 

バロテッリが移籍か?“悪童”の代表復帰も噂される 

GettyImages-940835654-800x533

 ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、今シーズン限りで退団する意思を明かした。イタリア紙『カルチョ・メルカート』が1日付で報じている。

 かつてセリエAではインテルやミラン、プレミアリーグではマンチェスター・Cやリヴァプールといった名だたるビッグクラブを渡り歩いてきたバロテッリ。しかし、多くの問題を起こし、メンタル面での未熟さを指摘されるなど、その才能を十分に発揮することができていなかった。

 しかしその後、2016年に加入したニースで、初年度から公式戦28試合出場17ゴール1アシストと大爆発。2年目の今シーズンも35試合23ゴール1アシストを記録し輝きを見せている。

 イタリア代表への復帰が噂されるほどになった同選手は、昨シーズン終了後に退団の意思を示していたが、結局1年間契約を更新。再度契約満了を迎える今シーズン終了後のイタリア復帰を希望するコメントを残している。

「イタリアへ戻りたいよ。たくさんのクラブが興味を持ってくれているようだしね。そこにミランは入っていないようだけれど。ミランに戻るチャンスはもうないんだ。将来については何も言えないけれど、おそらくここにはほぼ間違いなく残らない。ニースでキャリア最高の時を過ごしているけども、きっと今シーズンが最後の年になるだろう」

 イタリア愛を語る“悪童”は移籍するのだろうか、去就に注目が集まっている。


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00750882-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索