Samurai Goal

バロテッリ


スポンサード リンク





悪童バロテッリが“元ミランだらけ”の2部クラブ加入!「セリエAに連れてって」と反響 

スクリーンショット 2020-12-10 11.24.25




1: 2020/12/09(水) 19:50:03.79 _USER9
 稀代の悪童が、サッカー界に帰ってきた。現地時間12月7日、セリエB(イタリア2部リーグ)のモンツァがマリオ・バロテッリの加入を正式発表した。
 
 現在30歳のバロテッリは、ルメッザーネで弱冠15歳にしてプロデビュー。その後はインテル、マンチェスター・C、ミラン、リバプール、再びミラン、ニース、マルセイユ、ブレッシャを渡り歩き、今夏からフリーエージェントになっていた。
 
 最近はブラジルのヴァスコとの交渉が進んでいたが、本人はヨーロッパでのプレーを希望。そこに手を挙げたのが、モンツァだった。同クラブは18年夏に元ミラン・オーナーのシルビオ・ベルルスコーニが買収し、CEOはアドリアーノ・ガッリアーニ、監督はクリスティアン・ブロッキ、トップ下はケビン=プリンス・ボアテング(元ガーナ代表MF)と、元ミラン勢で固められたクラブだ。
 
 バロテッリと言えば、類稀な才能を持ちながら、ピッチ内外でトラブルが絶えない悪童。昨シーズンもコロナ中断明けの練習参加をめぐってブレッシャ首脳陣と対立し、最終的には喧嘩別れしている。それでも、ミラン時代に共に戦ったガッリアーニCEOは、契約前に『Gazzetta dello Sport』にこう語っていた。
 
「彼には本当に最後の、最後の、最後の誘いだと言った。私は彼が好きなんだ。マリオは技術と肉体的な能力を持ち、素晴らしいクオリティーを垣間見せてきた。どうして先に進めないか分からない。でも彼はまだ30歳だ。会長(ベルルスコーニ)は興奮している。OKしてくれた。とても喜んでいたよ。電話でマリオと話もしている。出場試合や昇格に応じたボーナスをつけて、低い固定額にすることを彼は受け入れた。ライオラ(代理人)も非常によく振る舞ってくれて、手数料を取らなかった。マリオはブラジルからな非常に重要なオファーを、リオデジャネイロのヴァスコ・ダ・ガマに行くことを諦めてくれた」
 
 バロテッリ加入を伝えたモンツァの公式ツイッターの投稿は、さっそく大きな反響。以下のようなコメントが並んだ。
 
「ヴァスコに行くと思っていたが…」
「まさか本当にセリエBに来るなんて!」
「ようそこスーペル・マリオ!」
「モンツァをセリエAに連れてってくれ」
「次はパトも獲得してほしいな」
「ガッリアーニさすが!」
「真面目になってくれればエースになれる!」
 
 モンツァは10節を終えたセリエBで10位。自動昇格の1~2位、そして3~8位の昇格プレーオフをまだまだ狙える順位に付けている。ベルルスコーニとガッリアーニの夢は「セリエAで古巣のミランと戦うこと」であり、バロテッリは同じ目標に向かって戦うことになる。要注目だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/caf94dd73a7b33de709bc5ecb3398e190864bc58

バロテッリの新天地はブラジル? ヴァスコ・ダ・ガマのSDが可能性を示唆 

スクリーンショット 2020-12-01 16.55.14




1: 2020/12/01(火) 10:32:59.40 _USER9
元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの新天地はブラジルになるかもしれない。『フットボール・イタリア』が30日に伝えている。

 移籍が噂されているのはヴァスコ・ダ・ガマ。同クラブのファビオ・コルデラスポーツディレクターは「彼はここに来たいと思っていいるんだ。ヴァスコはレアル・マドリードに次ぐ世界で最も多くのトロフィーを獲得しているクラブであることを忘れないで欲しい。マリオが愚かなことをするためにリオまで来る必要はない。彼は精神的に成熟したと思っている」と加入の可能性を述べている。

 昨夏にはブレシアと3年契約を締結し、2016年以来となるセリエAの舞台へ復帰した同選手だが、クラブと衝突して1年足らずで退団。現在は下部のクラブで調整しているとされるが、自身初の南米でのプレーを決断するのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/12a4db641df50dc7929b94a82681b4662c5cb7af
12/1(火) 9:44配信

「バロテッリは終わった選手ではない。カルチョに彼は必要」代理人が30歳FWを擁護 

スクリーンショット 2020-08-28 8.05.51




1: 2020/08/27(木) 19:19:57.24 _USER9
元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの去就について、代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が23日にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで言及した。

バロテッリは昨夏、マルセイユを退団すると故郷のクラブであるブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長からラブコールを受けてフリーで加入。セリエA残留を目標とするクラブにおいて活躍が期待されていた。しかし新型コロナウイルスの影響によるロックダウン(都市封鎖)終了後、バロテッリによる練習の無断欠席などが原因でクラブとの関係に亀裂が入り、元イタリア代表FWはリーグ再開後も試合に出場しないままシーズンを終えた。

9月の新シーズン開幕へ向けて移籍動向に注目が集まる中、代理人のライオラ氏は30歳を迎えたバロテッリを擁護しつつ、新天地を求めて交渉中であることを明かした。

「ブレシアでは最初はすべてが順調だった。しかしその後、チェッリーノとの間で誤解が生じた。事実は報道された内容とは違うと考えるが、我々は沈黙を貫くことを選択した。みんながマリオについて一定の見解を抱いているようだが、我々は行動を示すことで変えていくしかない」

「現在は複数のチームと話をしており、再出発することになるはずだ。当然だが、マリオは終わった選手ではない。カルチョは彼のようなFWを必要としている。イタリア国内においても国外においても需要はあるはず。現在は2チームと話をしている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fcc03fa0ac1e497adb5a85cf3c22230fc2a4d76

ブレシア会長が恨み節「バロテッリは犠牲を払ってつかんだ大きな夢だったのに 

20200616-00010030-goal-000-1-view




1: 2020/06/17(水) 05:23:23.14
ブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長が15日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組『ポリティカ・ネル・パッローネ』に出演し、FWマリオ・バロテッリやMFサンドロ・トナーリなどについて語っている。

ブレシア出身のバロテッリは昨夏、故郷のクラブに入団。当初は選手とクラブの双方が契約を喜んでいたが、バロテッリによる練習の無断欠席などが原因で関係に亀裂が入り、法廷での争いにまで発展したと報じられている。そんななか、チェッリーノ会長はバロテッリについて言及。元イタリア代表FWに対する失望を露わにした。

「ブレシアはユヴェントスやレアル・マドリーとは違う。マリオ・バロテッリは我々の大きな夢であったからこそ、経済的な犠牲を払ってまで彼と契約した。バロテッリとの争い?それは彼に聞くべきだ。私のクラブは傷口をなめている状態だよ」

また、代理人ミーノ・ライオラ氏が先日、バロテッリがPCR検査を未受診であることを明かしたが、ブレシア会長はこの件について不満を漏らした。

「PCR検査数と同じくらいポイントを稼げれば首位になれるのに。ここ10~12日間で検査のために10万ユーロ(約1200万円)の支出があった。収入に対して60%もの税金を支払っているにも関わらず、医療施設でPCR検査を受ける権利がないことが理解できない。いくつものクラブがかなりの財政的な問題を抱えている。しかし、お金がないということを選手たちは理解しようとしない」

また、ブレシア会長は今夏のビッグクラブ移籍の可能性が報じられている“新ピルロ”ことトナーリの去就について語った。

「評価額は需要と供給による。しかし、これまで電話で数件の連絡を受けただけで進展はない。インテルやユヴェントスだけでなく他のチームからも連絡はあった。ただ選手はイタリアに残ることを希望しており、それに応じるつもりだ。トレード?物々交換は好きではない。我々は施しを請うつもりはない」

6/16(火) 22:01 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200616-00010030-goal-socc

バロテッリは引退すべきと伊代理人が主張「造反を続けるのならピッチから去るべき」 

20200611-00010014-goal-000-1-view




1: 2020/06/11(木) 17:16:17.90
代理人として活動しているフリオ・ヴァルカレッジ氏が、ブレシアのトレーニングに戻らないマリオ・バロテッリについて「今すぐ現役を引退すべきだ」との見解を示した。

今季ブレシアではリーグ戦19試合5ゴールの成績を残しているバロテッリ。チームはセリエA再開に向けて動き出しているが、バロテッリはチームの方針に従わず「体調が悪い」として招集を拒否していた。

代理人のヴァルカレッジ氏は『TMW Radio』の取材に対して「彼は一応ブレシアの所属選手のはずだ。だがこのようにチームへ造反を続けるのなら、今すぐ現役生活にピリオドを打ち、ピッチから去るべきだ。それは誰の目にも明らかだろう」と語っている。

「(バロテッリの代理人であるミノ・)ライオラはバロテッリが好き勝手やっていることにストップを掛けるべきだ。その責任の一部は彼にもあると思う。カンピオーネの1人としてブレシアに加わり、この顛末は本当に恥ずべきものだ」

なお、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『ラ・レプブリカ』などが伝えたところによると、バロテッリは10日にブレシアのトレーニング場に姿を見せたものの、トップチームの練習には加わらなかった。体調不良を訴えていたこともあり、現地時間11日にメディカルチェクを受けた上で今後の判断が下されるという。

一部メディアによると、すでにブレシア側は29歳の問題児に見切りをつけており、契約解消の方針にあると分析する記事も。果たしてバロテッリはこのままブレシアを去ることになるのか、セリエA再開を前に今後の去就が注目されるところだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7ffa8426f9e1ba8c2e1daba3c42d556bb00284a
6/11(木) 15:26配信

無断欠勤で会長の怒りを買ったバロテッリ、練習場に赴くも門前払い食らう 

20200609-00375954-usoccer-000-3-view




1: 2020/06/10(水) 08:25:56.83
無断欠勤で会長の怒りを買ったバロテッリ、練習場に赴くも門前払い食らう

トレーニングの無断欠勤が続いていたブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが門前払いを食らったようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。

昨夏、故郷ブレシアにフリーで加入したバロテッリは、ここまでのセリエAの19試合で5ゴールを記録。ピッチ内ではまずまずの結果を残していたが、オフ・ザ・ピッチの問題行動は相変わらずだ。

新型コロナウイルス(COVID-19)による長期中断を経て、今月中旬のセリエA再開に向けてチームが再始動した中、ここまで複数回に渡ってチーム練習を無断欠席。その後、4日には自身の公式『インスタグラム』を通じて、練習欠席の理由が胃の問題からくる体調不良だと釈明したが、業を煮やしたマッシモ・チェリーノ会長は「彼の獲得は間違いだった」と契約解除もやぶさかではない意向を示していた。

そして9日、バロテッリは満を持して練習場へ。しかし、警備員に施設への入場を阻まれ門前払い。渋々踵を返し、自宅に戻ったようだ。

『ミラー』によると、バロテッリは前日夜にクラブにメールで翌日の出席を伝えていたが、関係者がメールに気づいたのは当日の朝のことで、バロテッリが練習参加に必要な健康診断書が用意できなかったという。

また、その場から立ち去る際にもクラブ関係者に「今は練習に参加したくない」と伝言を残した模様。果たして去就はどうなるのだろうか。イタリア『スカイ』は10日の練習で再び顔を出すだろうと伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/502c97313b1e6d5bd128c78f14a15e796ab233b9
6/9(火) 21:31配信

無断欠席続くバロテッリ「まだ病気」と主張 

20200605-00375691-usoccer-000-2-view




1: 2020/06/05(金) 14:51:47.25
チームの練習を無断欠席しているブレシアの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが4日、自身のインスタグラムを更新し「まだ病気」と主張した。


バロテッリは5月26日に行われたチームの練習を無断欠席していたと報じられ、31日の練習も欠席していた。そして3日の午前中に予定されていた練習を三度欠席していた。



バロテッリとブレシアの契約は2022年までとなっているが、ブレシアがセリエBに降格した場合は、契約が自動的に取り消される。昇格組のブレシアはセリエAで苦しみ、中断前の時点で勝ち点16のリーグ最下位に位置。残留ラインのジェノアとは勝ち点差「9」となっており、残留が厳しい状態だ。

契約解除を望まないバロテッリが無断欠席で抗議していると報じられているが、仮病ではなく本当に病気なのだろうか…。


https://news.yahoo.co.jp/articles/4faf4f7cdb96446b686fd295e8e8413499f720b9
6/5(金) 8:00配信

バロテッリ、ロックダウン生活を明かす「独りで頭がおかしくなりそうだった。2カ月ボールを触っていない」 

20200516-00010006-goal-000-1-view




1: 2020/05/16(土) 20:08:25.74
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、インスタグラム上でライブ配信を行い、ロックダウン(都市封鎖)中の生活を明かした。

バロテッリは、セリエCルメザーネやミラン時代の元同僚で今シーズンも半年間、ブレシアで共にプレーした旧知の友人、アレッサンドロ・マトリとSNS上で対談。
3月9日から約2カ月にわたるイタリアでのロックダウンの生活について冗談ながらに語った。

3月9日のサッスオーロ戦(3-0でサッスオーロが勝利)を最後にピッチから遠ざかるバロテッリは、ボールの扱いも忘れつつあることを告白。
「ボールをパスされてもトラップできるか分からない。2カ月ボールを触っていない」と嘆いた。

故郷のブレシアで暮らすバロテッリだが、ロックダウン中は家族と離れ、独りで過ごしていたことも明かした。

「ここ2週間は、頭がおかしくなりそうだった。俺は独りだったこともある。娘はナポリだし、息子はチューリッヒにいる。
それに母は高齢だし、(義理の)兄たちは子供と隔離生活を送っている。だから俺は独りになった。しんどかった」

料理が不得手な悪童は当初、日々の食事に苦労したことを、冗談を交えつつ振り返り、「俺はありがたいことに太らなかった。
俺は料理ができないから、最初の3日間は段ボールや壁をかじっていたほど(笑)。それ以降は、デリバリーを注文するようになった」と語った。
また練習を満足に行えなかったことも告白。「家の近くに小さな公園があって、走り込みに通っていたが、ランニングマシーンがないと無理だ」とこぼした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00010006-goal-socc
5/16(土) 11:52配信

バロテッリが選ぶ最高のベストイレブンは? 悪童は誰を高く評価したのか 

20200417-00010011-goal-000-6-view

マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白 

1: 2020/04/17(金) 16:56:50.18
マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
(写真:Getty Images)

インテルのレジェンドである元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィが、インテル時代のマリオ・バロテッリとのやり取りを回顧した。

マテラッツィは2001年から2011年インテルで活躍したDFで、ロッカールームをまとめる兄貴分としてチームの統率をとり、ファンからも愛されたレジェンドだ。

そんなマテラッツィが16日、インスタグラムのライブ配信を使用したインタビューに応え、インテルでの経験を振り返り、2010年のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナとの準決勝で起こったバロテッリとの事件についても回顧している。

この試合、途中交代で入ったバロテッリはピッチ上で精細を欠くパフォーマンスを見せたあげく、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけていた。
その後、ロッカールームに引き上げるバロテッリをマテラッツィが追いかけていく姿が目撃されている。

マテラッツィ氏は当時を振り返り、バロテッリを殴っていたことを明かした。

「彼をぶっ飛ばしたよ。本当だ。彼を愛しているが、あの日の彼はそれに相応しかった。今は友人だし、兄弟のような関係だが、マリオはあの日やってはいけないことをした」

「ベンチから出てきた後、カウンターのチャンスがあったのに彼はハーフウェイラインからロングシュートを打ったりしていた。ディエゴ・ミリートはカンカンだったよ」

「みんなマリオのポテンシャルを信じていたし、多くのゴールを決めて勝利にも貢献した。
でも、その事件の1週間後、トレーニングで彼とマッチアップさせるようにモウリーニョに頼んだんだ。(対戦した後)一瞬で医務室送りにしてやったよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00373362-usoccer-socc
4/17(金) 16:30配信

no title

no title

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索