Samurai Goal

バルデス


スポンサード リンク





マンU・GKバルデスは見捨てられたまま……今冬もマンUに残留すると英紙が報じる 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 10:11:30.13 ID:CAP_USER*.net
夏まで状況を改善できない!?

マンチェスター・ユナイテッドで指揮官ルイ・ファン・ハールと関係が悪化し、不当な扱いを受けてきた
元スペイン代表ビクトール・バルデス。キャリントンの練習場では自主トレーニングしか許されず、
トップチームの選手とも顔を合わせることが禁止されている。

バルデスは今冬の移籍市場でユナイテッドを離れられると思われていたが、今のところ次にプレイする
新たなクラブの見込みが立っていないようだ。英紙『デイリー・メール』は、
「ファン・ハールに追放され続けているが、夏まで自由の身にはなれない」と伝えている。

同メディアは、バルデスに対してトルコやメキシコのクラブが関心を示しているが、
彼はプレミアリーグに留まりたい考えでいるため、良いオファーが届いていない状況。
かねてから噂されていたニューカッスルへの移籍も望みが薄いという。

バルセロナで多くのタイトルと獲得してきたGKは、見捨てられたままマンチェスター・ユナイテッドで
あと半年過ごすのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00010031-theworld-socc

no title

エスカレートするGKビクトル・バルデスへの冷遇…ロッカールーム入室も禁止される 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 21:03:01.62 ID:???*.net
マンチェスター・Uに所属する元スペイン代表GKビクトル・バルデスが、ドレッシングルームに入ることを禁止されていることが判明した。 

8日付のイギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 昨年、バルセロナとの契約が満了となって退団し、無所属の期間を経て今年1月にマンチェスター・Uへの加入が決まったV・バルデス。

しかし、それから出番はあまり与えられず、今夏はU-21チームでの練習を拒否したとしてルイ・ファン・ハール監督に名指しで批判された(V・バルデスは事実関係を否定している)。

 そのため、今夏の移籍は確実だと報じられていたものの、最終的にはマンチェスター・Uへの残留を決めた。 

ファン・ハール監督とは和解したとも考えられる決断であったが、今回の記事によればその亀裂はさらに深まっているようだ。

 V・バルデスは現在トップチームのドレッシングルームに入ることを許可されていないばかりか、今度はU-21での練習すらも禁止されているという。

トップチームの練習が午前中に行われる場合であれば、V・バルデスは「午後のみ部屋に入ることを許される」ような状況となっており、意図的にトップチームから「隔離」されているとのことだ。

 同じマンチェスター・Uでプレーしているフアン・マタは、今週初めのラジオ番組で「この件については話したくはないが、残念だ」と話しており、少なくとも未だに両者の確執が続いていることは確かなようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151010-00358331-soccerk-socc
no title

ファン・ハール“パワハラ問題”の残酷な結末!マンUがバルデスに契約解消を提案か 

1: 名無しのSamurai
ファン・ハール“パワハラ問題”の残酷な結末 マンUがバルデスに契約解消を提案か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151002-00010009-soccermzw-socc

両者の亀裂はクラブの問題に

 マンチェスター・ユナイテッドのGKビクトル・バルデスが、クラブから契約解消の提案を受けていることをスペイン紙「スポルト」が報じている。

 今年1月にマンUに加入したバルデスだが、今季開幕直前にリザーブチームでの出場を拒否したことにルイス・ファン・ハール監督が激怒。記者会見という公の場で「私の哲学に反した」と発言し、トップチームから追放する意向を表明した。

 この一件により両者の間に確執が生まれると、指揮官のバルデスへの”パワハラ“はエスカレートした。トップチームの練習時には施設への出入りを禁止にし、バルデスがチームメイトと顔を合わせることを制限。さらにバルデスの不在時に、恒例行事であるチームの集合写真を撮影するなど、あまりに酷い処遇の数々が世間の耳目を集めていた。

 周囲の選手もこの2人のいさかいに居心地の悪さを感じており、特にバルデスと同胞のMFフアン・マタやMFアンデル・エレーラが不満を訴えてきたことから、クラブ幹部が問題の早期解決に動いたようだ。
バルデスが希望する移籍先に問題点

 そしてクラブは、バルデス側に契約解消を提案。今冬の移籍市場を待たずに新天地を探せるよう、今後、具体的な話し合いを行なう方針だという。

 しかし、ここで新たな問題が発生。バルデスが希望する移籍先が、マンU最大の宿敵、リバプールであるという点だ。クラブ側は宿敵への禁断の移籍に強い抵抗感を示しているとされており、新チーム決定は暗礁に乗り上げる可能性もある。

 かつてバルセロナの黄金期を支える守護神として活躍したバルデス。スペインでの成功を胸にイングランドの地へと足を踏み入れたが、よもやの苦行を強いられている。

Soccer Magazine ZONE web 10月2日(金)14時15分配信
no title

ファン・ハールが冷遇のビクトル・バルデスに新たな鬼の仕打ち 

1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 14:01:11.92 ID:???*.net
マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、すでに戦力外を
明言している元スペイン代表GKビクトル・バルデスにさらなる過酷な冷遇処置を
とると英地元メディアが報じている。地元紙「デイリー・ミラー」は「ルイス・ファン・
ハールがマンチェスター・ユナイテッドのGKビクトル・バルデスを練習場の規則で
屈辱を与える」と特集した。

昨季途中にフリーエージェントでマンUに加入したバルデスは、ファン・ハール監督の
哲学に反したという理由で今季開幕前に戦力外を告げられていた。バレンシア移籍などの
可能性も浮上し、今夏の移籍市場閉幕直前にはトルコ強豪ベシクタシュへの移籍寸前と
なったが、破談。急転残留していた。

バルセロナ時代にUEFAチャンピオンズリーグ制覇に3度貢献している守護神は、すでに
過酷な状況に陥っている。今季始動日にユナイテッドのカーリントンのクラブハウスに戻ると、
トップチームのロッカールームにはバルデスの居場所はなかった。ユニホームなど、
すべてU-21チームに移され、バルデス自身もファーストチームからの追放を言い渡された。
トップチームとの食事も禁止され、昼食も一人だったという。
.
そんなバルデスに対し、バルセロナ時代の恩師であり、ユナイテッド移籍に尽力したはずの
オランダ人指揮官から鬼の仕打ちが新たに下されたという。マンUのトップチームの練習中は、
バルデスのカーリントンの練習場への立ち入りを禁止。トップチームが練習場を離れた後、
トレーニングを許可されたという。チームが午前練習で昼食後に解散となる場合、バルデスは
午後に練習を行うことになるもようだ。

指揮官は2週間前、バルデスに対してU-21、U-18のチームの練習か個別練習とアカデミーの
コーチ限定の練習のみを認めたという。それも直接会話はせずに、他のコーチと関係者を通じて
指示を伝えたようだ。

記事では「これがファン・ハールの妥協を知らないマン・マネジメントの方針で、オールド・トラッフォードに
多くの友人を勝ち得ない新たな例である」と指摘されている。

2年連続で200億円以上の補強を行い、指揮官は今季のマンUを現在リーグトップへ導いた。
だが、守護神デ・ヘアも兄と慕うベテランへのあまりの冷遇は大きな波紋を広げている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010007-soccermzw-socc
no title

非情な宣告 マンUのファン・ハール監督がGKバルデスをU-21チームに追放 

1: 名名無しのSamurai
非情な宣告 マンUのファン・ハール監督がバルデスをU-21チームに追放
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150804-00010001-soccermzw-socc
居場所のないロッカールーム

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が、すでに戦力外を明言している元スペイン代表GKビクトル・バルデスをロッカーもろともU-21チームに“降格”させたことが明らかになった。この冷たい仕打ちによってスペイン人選手たちに動揺が走っていると、英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

 昨季途中にフリーエージェントでユナイテッドに加入したバルデスは、ファン・ハール監督の哲学に反したという理由で戦力外を告げられている。バレンシア移籍などの可能性も浮上したベテランGKだが、2日にユナイテッドのカーリントンのク ラブハウスに戻った。その際、トップチームのロッカールームにバルデスの居場所はなかったという。ユニホームなど、すべてU-21チームに移され、バルデス自身もファーストチームからの追放を言い渡されたという。

 バルデスは3日に一人で練習を行い、昼食も一人だったという。それでもスタッフへの礼儀正しさは貫いたことから、記事では「彼はプレミアリーグに残留する希望を持っている」とリポートされている。

 バルセロナ時代にUEFAチャンピオンズリーグを3度制覇している守護神に対し、敬意を欠く行為にスペイン語圏の仲間は動揺しているという。バルデスはチームメートからの人気も高い。U-21でのプレーを拒否したという理由で指揮官は追放を明言したが、バルデス自身はツイ ッターで自身からU-21でプレーしたトットナム戦の写真や、若いチームメートとの記念写真も掲載。「敬意?」と一言メッセージを添えていた。

 ファン・ハール監督は、アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロを獲得する一方、今季限りで契約満了となる正守護神ダビド・デ・ヘアはレアル・マドリード移籍を熱望している。デ・ヘアは同国の先輩バルデスに対する尊敬の念を常々口にしている。先輩に対する冷酷な仕打ちがデ・ヘアの去就に影響を与えなければいいが。

Soccer Magazine ZONE web 8月4日(火)10時28分配信
no title

【画像】UCLでバルサのGKバルデスが電車でブリッジして寝てるサラリーマンみたいになっててワロタwww 

5: 名無しさん@恐縮です 2013/04/03(水) 05:38:36.62 ID:5Z2GTj9f0
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索