Samurai Goal

バルセロナB


スポンサード リンク





安部所属バルセロナB、来季2部昇格へあと1勝!! PK戦制してプレーオフ2連勝 

スクリーンショット 2020-07-24 15.52.09のコピー

バルセロナB、2部昇格かけてプレーオフへ! トップ帯同MFプッチ、負傷のFW安部ら欠員多数 

20200719-43481965-gekisaka-000-1-view

バルセロナBのFW安部裕葵、クラシコ翌日にトップチームの練習に参加!  

no title




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/20(金) 07:14:06.83 ID:2AHmWQwR9
バルセロナBに所属するFW安部裕葵が19日、トップチームの練習に参加した。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

バルセロナは前日の18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節(延期分)で宿敵レアル・マドリードと対戦し、スコアレスドローで終わった。
今シーズン初の“エル・クラシコ”から一夜明け、チームはリカバリーメニューで疲労回復を図ったという。この練習にバルセロナBから安部を含む8選手が参加した。

今夏にバルセロナに移籍した安部は、11月13日に行われた親善試合のカルタヘナ(3部)戦でトップデビューを飾った。
所属するバルセロナBでは、今月15日に行われたセグンダB・第17節のラ・ヌシア戦で2得点を挙げるなど、今シーズンこれまでチーム2位の4得点をマークしている。

トップのエルネスト・バルベルデ監督は普段からバルセロナBの選手を練習に招集しており、今回は活躍を見せている安部にも声がかかったようだ。
チームは中2日の21日にリーグ第18節でアラベスをホームに迎えるが、この年内ラストマッチで安部の公式戦でのトップチーム初招集はあるのだろうか。

なお、病気によりクラシコの先発メンバーから急きょ外れていたスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツは発熱により練習を欠席。
負傷離脱中のブラジル代表MFアルトゥールやフランス代表MFウスマン・デンベレはリハビリを続けたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-01011025-soccerk-socc
12/20(金) 0:03配信

安部裕葵(20)、バルセロナBでリーグ戦初ゴール。10試合目で快挙達成  

20191118-00348555-footballc-000-2-view[1]

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/18(月) 03:35:58.96 ID:XpOR40Ut9
安部裕葵、バルセロナBでリーグ戦初ゴール。10試合目で快挙達成

バルセロナBに所属するFW安部裕葵が移籍後初ゴールを決めた。

バルセロナBは現地時間17日、セグンダB(スペイン3部)第13節でコルネジャと対戦した。

11分に先制したチームは23分、ロングボールを受けたカルレスペレスがペナルティーエリアでGKと接触、こぼれたボールを安倍が押し込んだ。
試合はその後、バルセロナBが2失点し前半終了時点で2-2となっている。

安部は今夏鹿島アントラーズからバルセロナBへ移籍。第2節でバルセロナB史上初の日本人選手としてピッチに立った安倍はこれまで10試合に出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00348555-footballc-socc
11/18(月) 2:49配信

安部裕葵 “バルサ初勝利”!フル出場で「攻撃に積極参加」首位撃破に貢献  

1: Egg ★ 2019/09/22(日) 21:52:10.30 ID:Vujc8pR/9
バルセロナBの日本代表MF安部裕葵が、フル出場で勝利に貢献した。セグンダB(スペイン3部相当)グループ3第5節ビジャレアルB戦(1-0)で、右サイドとして奮闘。首位相手に積極的なプレーを見せて、自身の“バルサ初勝利”を飾った。

 今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに加入した安部は、書類の手続き遅れで開幕戦出場には間に合わなかったが、現地時間1日の第2節ヒムナスティック・タラゴナ戦(2-2)で公式戦デビュー。決定機を演出するなど存在感を発揮していた。14日の第4節プラト戦(2-2)にも先発出場し、この日2試合連続のスタメンとなった安部は、“定位置”の右サイドだけではなく、臨機応変にポジションを変えながら好機を演出。前半5分には、左サイドからカウンターでドリブル突破を図り、焦った相手からファウルで止められた。ゴールこそなかったが、フル出場で勝利に貢献した。

 バルサ公式ホームページも安部のプレーに言及しており、「攻撃に積極的に参加」「バルサBで最初のイエローカードも受けたが、アディショナルタイム6分間も含め、最後までプレーし、フル出場を果たした」と綴られており、20歳のアタッカーは着実に好印象を与えているようだ。

 この日の勝利で、自身の出場試合ではバルサ移籍後“初勝利”を飾った安部。クラブの公式インスタグラムでは試合後のロッカールームの様子が投稿され、満面の笑みで写る安部に対して「ホンマにいい写真すぎる!」「ナイス勝利!」「みんないい笑顔」とコメントが寄せられた。

 まだまだ異国の地での戦いは始まったばかり。公式戦初ゴールを目指して、アピールを続けていくだけだ。

9/22(日) 19:57 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00219193-soccermzw-socc

写真no title

安部裕葵、バルサB初ゴール!スペイン紙絶賛「素晴らしい個人技」「相手を驚かせた」  

20190819-00211412-soccermzw-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/19(月) 08:56:50.79 ID:7VAelgVA9
18日の親善試合リャゴステラ戦で先発した安部が前半2分にドリブル弾


今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに加入した日本代表MF安部裕葵が、現地時間18日にバルセロナBの一員として親善試合リャゴステラ戦に先発出場し、前半2分に加入後初ゴールをマークした。試合は1-1ドローに終わったがスペイン紙は「素晴らしい個人技」と絶賛している。

【動画】「素晴らしい個人技」「相手を驚かせた」…スペイン紙絶賛! 日本代表MF安部裕葵、華麗な2人抜きドリブルから“バルサB初ゴール”の瞬間
https://www.football-zone.net/archives/211412/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=211412_6

 7月15日、バルセロナ移籍が正式発表された安部は、当面バルセロナB(実質3部)でプレー予定となっており、シーズン開幕に向けて調整を続けてきた。18日のリャゴステラ戦で先発した安部は前半2分に魅せた。

 左サイドでボールを受けた安部は前を向いてドリブルを開始。相手2人に囲まれるも細かいタッチでボールを運び、そのままエリア内へ侵入すると、スピードを上げて力強いカットインを見せる。2人の間に割って入った安部は右足を振り抜き、低弾道の鋭いシュートでゴールを陥れた。

 チームはその後追いつかれて1-1で終えたが、スペイン紙「スポルト」は「安部がバルサBで初ゴール」と伝え、「リャゴステラ戦、日本人が素晴らしい個人技で先制ゴールを奪った」と称えている。安部にとってこれがバルセロナ移籍後初ゴールとなり、「日本人が相手のDFとGKを驚かせた」と綴っている。

 バルセロナB公式ツイッター日本語版はゴール映像を公開し、「安部裕葵、バルサBで初ゴール! その得点シーンをエンジョイ!」と速報。バルセロナBで初ゴールをマークした安部の評価は着実に高まっているようだ。

8/19(月) 6:15 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211412-soccermzw-socc

「俺もバルサBからオファーあった」元バイエルン宇佐美、久保のレアル移籍に持論「堅実」  

20190723-00205520-soccermzw-000-22-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/23(火) 12:13:51.10 ID:WWri/iiQ9
【インタビュー③】10代で加入した強豪バイエルン時代を回想 「そこで見られる景色のレベルは相当なものだった」

ガンバ大阪にあの男が帰ってきた。

6月24日、ドイツ1部アウクスブルクからFW宇佐美貴史が完全移籍で加入すると発表された。
そして7月20日、アウェーで行われたJ1リーグ第20節の名古屋グランパス戦(2-2)で3年ぶりにG大阪のユニフォームを着て試合に出場。
2-2で迎えた後半アディショナルタイム1分に劇的な同点ゴールを決めて、いきなり“救世主”となった。

ドイツでの戦いを終えたばかりの宇佐美は今、どんな思いを抱いて再びJリーグのピッチに立つのか。
古巣帰還が発表されて間もない頃、大阪府吹田市の万博練習場で汗を流す宇佐美を直撃。全4回で宇佐美が思い描く現在、過去、未来をお届けする。

第3回となる今回は「10代選手のビッグクラブ移籍」について――。宇佐美がJリーグ復帰を果たした同日(現地時間)、
アメリカ・ヒューストンで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、レアル・マドリードでの“デビュー”を飾った日本代表MF久保建英についても口を開いた。

   ◇   ◇   ◇

「今、誰かに『どうやった?』と聞かれたとしても、どんなことでも全面的に話せる」

宇佐美がそうはっきり話すのは、19歳で挑戦したバイエルン・ミュンヘン時代のこと。
2011年夏、まだ10代だった「天才少年」がドイツ“絶対王者”の一員になったことは日本中で話題になった。
G大阪の下部組織で育ち、16歳でトップチームに昇格。
17歳でデビューし、2年後には世界へ――。今でこそ、18歳の久保がFC東京からレアルへ移籍し、世界を騒がせているが、宇佐美は「10代でビッグクラブ」の“第一人者”とも言える存在だろう。

「23、24、25歳になったら(ビッグクラブ移籍を)決断できひんねんやろうな、とは思った。
『今やからできる』と、その時ですら思っていた。チャンスもないと思ったし、結果、決断として失敗になったとしても、自分が長くサッカーをするなかで、
その1年を10代で経験できる人はそんなにいないと思ったし、そこで見られる景色のレベルは相当なものやと思った。
実際、相当なものがあった。成功を求めて行ったけど、(失敗したとしても良いと思って)すべて込み込みやった」

恐れずに、チャレンジすることを決めた19歳の宇佐美。踏み切れたのは、ただ「行きたかった」「挑戦したかった」という思いからだけではない。
もちろん自信はあったが、そこには“勘違い”もあったから決断することができたのだという。

「若い時は、本気の“勘違い”をできる強さがある。振舞いで間違うこともあるけど、本気で『俺ってすごい』って勘違いできることは強いから。
過度の自信ぐらいでいいと思ったし、その自信が崩れた時に知れることもある」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00205520-soccermzw-socc
7/23(火) 10:30配信

バルセロナ来日 ファン押し寄せ厳戒態勢 安部裕葵も移籍後“初来日” 

20190721-00000228-spnannex-000-3-view[1]

チームの半数以上は出場10試合以下… 安部裕葵はなぜ、かくも険しいバルセロナB行きを選んだのか? 

20190713-00061378-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索