Samurai Goal

バルセロナ


スポンサード リンク





“28歳”でバルセロナ移籍は遅かったのか リーガのタイトル遠い仏のエース 

スクリーンショット 2021-01-18 9.08.29

バルセロナの負債「約1400億円」英紙が報じる メッシ残留交渉にも影響か 

スクリーンショット 2021-01-14 12.49.31




1: 2021/01/13(水) 23:58:41.26 _USER9
スペイン1部バルセロナの負債が仰天の1000億円超えとなりそうだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて経営面で深刻な打撃を受けているバルセロナ。英紙「サン」が負債額の見込みが拡大している状況を報じた。

「バルセロナの負債は、驚異的とも言える10億ポンド(約1400億円)に近づく。FWリオネル・メッシ(33)の将来は疑わしい」と同紙。その詳細を「彼らの金融危機は、コロナウイルスの影響を受けて劇的に深まった。選手が賃金の70%を削減せざるを得なかったにもかかわらず、クラブはさらに4億4300万ポンド(630億円)の負債を開示した。ただ、この数字には3億6300万ポンド(515億円)の想定外の赤字が含まれていない」と説明した。

 新型コロナ禍の深刻化で放映権やスポンサー料、入場料収入などあらゆる面で打撃を受けており、負債額が想定より拡大する事態となっている。

 そして「今年3億7500万ポンド(532億円)前後を返済しなければ、倒産するリスクがある」と今後は厳しい経営を強いられるとした。

 まさに火の車で、今夏で契約が切れるメッシとの残留交渉にも影響必至。世界屈指の名門が窮地に追い込まれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b3c0b96eea974e1f2500571299ded6a59282b55

<エイバル>バルセロナと1-1ドロー。乾貴士はフル出場!武藤は73分に交代出場...リーグ戦の連敗を2でストップ 

1: 2020/12/30(水) 07:22:44.52 _USER9
【バルセロナ 1-1 エイバル リーガエスパニョーラ第16節】

 リーガエスパニョーラ第16節、バルセロナ対エイバルの試合が現地時間29日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 エイバルに所属する乾貴士は先発出場を果たし、武藤嘉紀はベンチ入りした。8分、ペナルティーエリア内でエイバルのペドロ・ビガスがバルセロナのロナルド・アラウホに対しファールを犯したとして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりバルセロナにPKのチャンスが与えられる。しかし、マルティン・ブレイスワイトがPKを外したことでエイバルは失点を免れた。


 すると58分、前線でボールを奪ったエイバルのキケ・ガルシアが一人でゴールまで持ち込み先制点を決める。だが67分、ウスマン・デンベレにゴールを決められ同点に。その後はお互いに追加点を奪うことは出来ず、試合は1-1の引き分けに終わった。なお、乾はフル出場を果たし、武藤は73分に交代出場を果たしている。

【得点者】
58分 0-1 ガルシア(エイバル)
67分 1-1 デンベレ(バルセロナ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/636af06f581ee8151202d1da9b07db75e28756b5

写真
no title

メッシ「アメリカでプレーしたい」 今季限りでバルセロナとの契約終了  

スクリーンショット 2020-12-29 20.47.30

グリーズマン選手(FCバルセロナ)、ファーウェイとの広告契約破棄 ウイグル人監視疑惑で 

1: 2020/12/11(金) 09:21:15.34 _USER9
2020年12月11日 8:31
グリーズマン選手、ファーウェイとの広告契約破棄 ウイグル人監視疑惑で

【12月11日 AFP】サッカーのスペイン1部リーグ、FCバルセロナ(FC Barcelona)に所属するアントワーヌ・グリーズマン(Antoine Griezmann)選手(29)は10日、中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ、Huawei)」が中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のイスラム教徒の監視に関与しているとの報告を受けて、同社との広告契約を打ち切ると発表した。

 フランス代表としてW杯ロシア大会(2018 World Cup)を制したグリーズマン選手は、「ファーウェイが顔認証ソフトウエアを通じて『ウイグル人アラート』の開発に加担した強い疑惑を受けて、同社との契約を即時に打ち切る」とインスタグラム(Instagram)に投稿した。

 グリーズマン選手はファーウェイに対し、「こうした疑惑をただ否定するのではなく、この大弾圧を直ちに非難し、その影響力を行使して人権尊重に貢献するために具体的な行動を取る」よう求めた。

 米国を拠点とする監視関連の調査会社IPVMは8日、ファーウェイが中国で、ウイグル人の顔を認識すると警察に通知を送ることを可能にする顔認証ソフトウエアのテストに関与していると報じていた。

 ファーウェイはこの報道を否定。「当社は民族を標的としたアルゴリズムも、顔認証アプリケーションも、ソリューションも開発していない」とAFPに語った。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(HRW)によると、新疆ウイグル自治区では、疑わしい行動を知らせるソフトウエアの通知を受けて、ウイグル人が拘束されているという。

 中国政府は近年、新疆ウイグル自治区の監視に力を入れており、テロ防止の名目で顔認証、虹彩認証、DNA採取、人工知能(AI)を使った監視システムを全域に展開している。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3320750?cx_amp=all&act=all
no title

CL控えバルセロナ入りしたC・ロナウド見たさに、数百人のファンが集まる…「ウゥゥゥゥ!」と雄叫びも 

1: 2020/12/08(火) 12:53:06.48 _USER9
 8日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節・バルセロナ戦に向けて、ユヴェントスのメンバーがバルセロナ入りした。スペイン紙『マルカ』は7日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを出迎えるファンの多さについて報じている。

 現在、世界中では新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化している。スペインでも多くの感染者および死者が出ているが、ユヴェントスのメンバーがバルセロナ入りした際には、数百人の群衆ができたという。彼らのお目当ては、2018年までリーガ・エスパニョーラでプレーしていたC・ロナウドだったようで、ゴールパフォーマンス時の「ウゥゥゥゥ!」という雄叫びで大スターを迎え入れた模様だ。

 新型コロナウイルス対策としては、「密集の回避」や「飛沫を飛ばさないこと」などの重要性が世界中で広く叫ばれているが……。C・ロナウドを前にして、多くの人々は興奮を抑えきれなかったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/adb1d838918d8ca510e440bf0f1eb2ae892ad95b
no title

メッシ再び招集外のバルセロナが3発快勝!グリーズマン、絶妙ヒール弾でアトレティコ時代以来の3戦連続ゴール 

スクリーンショット 2020-12-04 10.35.40

バルセロナのリオネル・メッシ、ディエゴ・マラドーナ氏を追悼したパフォーマンスで罰金処分 

スクリーンショット 2020-12-01 11.52.21




1: 2020/12/01(火) 09:46:06.98 _USER9
バルセロナのFWリオネル・メッシがディエゴ・マラドーナ氏を追悼したパフォーマンスにより、3000ユーロ(約37万円)の
罰金処分を受けることになるようだ。スペイン『アス』が報じている。

メッシは11月29日にホームで行われたラ・リーガ第11節オサスナ戦(○4-0)で、後半28分にチーム4点目を記録。
その直後に上着を脱ぐと、25日に60歳で亡くなったバルセロナOBのマラドーナ氏が過去にプレーしたニューウェルズ・
オールドボーイズ(アルゼンチン1部)時代のユニフォーム姿になり、同氏を追悼するパフォーマンスを行った。
ニューウェルズはメッシが少年時代に所属した地元クラブでもある。

このパフォーマンスは世界中で大きな反響を呼んだが、メッシは主審にイエローカードを提示された。さらに同紙によると、
罰金処分も科される見込みだ。

スペインサッカー連盟(RFEF)の規定では「ゴールを決めたことを機に、あるいはそれ以外に試合の流れから生じる
いかなる理由でも、シャツを持ち上げ、広告、スローガン、崇拝の対象、頭字語、アナグラム、あるいは絵のようなものを
表示したサッカー選手は、その行為の内容や目的が何であれ、重大な違反を犯した者として、3000ユーロ以下の罰金と
警告をもって罰せられる」と定められている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/627ed1455818d2bf2b96b79988095d1e11f7e25a

バルセロナ、トップチームと約151億円の給与カットで合意…財政立て直しへ 

スクリーンショット 2020-11-28 14.39.43




1: 2020/11/28(土) 10:40:55.68 _USER9
 バルセロナは27日、2020-21シーズンのトップチームの給与削減に合意したことをクラブ公式サイトで発表した。

 バルセロナは今年の3月14日にも、非常事態期間中の給与の70パーセント以上をカットすることで合意したことを発表していた。新型コロナウイルスの影響を強く受ける今季、クラブ財政は厳しいようだ。

 今回の合意では、バルセロナの選手たちは1億2200万ユーロ(約151億円)の減給に加え、予算5000万ユーロ(約62億円)から支出される変動報酬を3年間に渡って据え置きすることとなったようだ。また、この合意は当事者である選手たちや監督およびコーチングスタッフたちにより、数日以内に最終的な同意の手続きが行われることになるという。クラブ公式サイトは以下のように声明を発表している。

「最終的に同意されれば、現在の経済状況を転換する上で非常に重要なマイルストーンとなるでしょう。両当事者は、この原則的な合意に至るまでの多大な努力を認識しており、それを祝福しています」
https://news.yahoo.co.jp/articles/69a7ff6f43e900822ec9d154a6e5048637c8a5cf

川崎フロンターレを倒すには? 無敵のスペイン代表&バルセロナ対策から導くパターン 

1: 2020/11/27(金) 10:08:16.62 _USER9
川崎フロンターレが2年ぶりに明治安田生命J1リーグを制した。10連勝と12連勝を記録するなど、歴代記録を次々と塗り替えた川崎Fは史上最強との呼び声も高い。そんな川崎Fを倒すにはどう戦えばいいのか。過去に圧倒的な強さを誇ったバルセロナとスペイン代表を倒したチームの戦い方などから、川崎F対策を考える。(文:西部謙司)

●磐田とヴェルディをも上回る強さ

 圧倒的な強さのまま駆け抜けて2020年のJ1王者となった川崎フロンターレ。Jリーグ史上最強という評価もある。

 筆者がJリーグでとくに印象的だったチームは1993年の川崎、といってもこちらはヴェルディ川崎で今日の東京ヴェルディだ。もう1つはN-BOXとともに思い出される2001年のジュビロ磐田。ただ、この2つのスーパーチームと比べても川崎Fのほうが上なのだろうとは思う。

 Jリーグ初年度のヴェルディは、個々の能力とゲームの理解力で他チームに抜きんでていた。三浦知良、ラモス瑠偉、ビスマルク、ペレイラなどの個人技と読売クラブ時代から培ってきたスタイルがあった。突き抜けた実力という点では川崎(フロンターレのほう)と同じだが、なにせ27年も前のチームなので比較は難しい。当時と現在の両方を見た個人の感覚として、フロンターレに分があるだろうと思うだけだ。

 磐田は洗練されたパスワークと守備への切り替えの速さで異質だった。ヴェルディがブラジルの香りなら、このときの磐田はザ・日本、まさにジャパンズ・ウェイ。川崎Fと似ていた。ただし、N-BOXは名波浩あっての戦術で、名波がいなければ成立しなかった。

 2020年のレギュレーションが特殊だったこともあるが、川崎Fは誰がプレーしてもほとんどクオリティが落ちていない。そもそも2001年の磐田はファーステステージを制したがチャンピオンシップでは負けている。チームトータルの力で川崎Fに軍配が上がる気がする。

 そんな川崎Fをリーグ戦で破ったチームが3つある。名古屋グランパス、北海道コンサドーレ札幌、大分トリニータだ。

●無敵のチームに挑む方法

 ジョゼップ・グアルディオラが監督に就任し、バルセロナの黄金時代が到来した。伝統のパスワークに苛烈なほどのハイプレスを結び付けて勝利の循環を完結させた。戦術的な構造という点では今季の川崎Fとよく似ている。同時期にスペイン代表もピークを迎えた。リオネル・メッシという特殊なタレントがいないぶん、むしろこちらのほうが川崎Fに似ていたかもしれない。

 バルサとスペインはしばらく無敵状態だった。しかし、やがてさまざまな対抗策が出てきている。最初はいわゆる「バスを置く」という集中守備。引いてスペースを消して耐える。少ないながらもチャンスはあるので、それを逃さず決めれば勝てないことはない。名古屋の勝ち方はこれに近かった。

 ただ、専守防衛だけでは勝率は上がらない。アスレティック・ビルバオを率いたマルセロ・ビエルサ監督は旧サン・マメスのゲームでマンツーマンをぶつけてバルサの攻守循環を断ち切りに行った。ドローだったが全盛期のバルサと互角の勝負を演じた印象的な一戦である。こちらはマンツーマンで川崎Fのリズムを断った札幌と同じだ。

 大分は自分たちがボールを保持することで、川崎Fのリズムにさせないという戦い方で前半を互角以上の流れに持ち込んだ。川崎Fに退場者が出た幸運もあったが、これも有効な対策だろう。のちにバルサの監督になったキケ・セティエンがベティスを率いたときにやったことがある。

●真っ向勝負を挑む

 スペイン時代の終焉を印象づけた2014年ワールドカップでは、ルイ・ファン・ハール監督のオランダが5バックの分厚い守備とカウンターで勝利。基本は「バス」だが、性能のいいバスだった。チリはビエルサ方式で勝利(監督はビエルサ信者、ホルヘ・サンパオリ)した。

 バルサ&スペインの対策にはいくつかのパターンがあるが、ビエルサ派のマンマークとベティスのポゼッションは、そもそもビエルサとセティエンがそういうサッカーを志向する監督だった。札幌、大分も同じで、対策というより自分たちのスタイルをぶつけたわけだ。

 レアル・マドリードはパスワークの部分でバルサ化し、強大化したライバルとして現在もしのぎを削る。川崎Fと似たスタイルで真っ向から挑んで勝つチームも現れるかもしれない。

 いずれにしても川崎Fの攻守の循環を断ち切ること。それができればアンタッチャッブルではないはずだが、そのときに川崎Fに何をつきつけられるかだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/06a68fef7eda563bcdb09358a61ff796dd5d3d2e
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索