Samurai Goal

バルセロナ


スポンサード リンク





バルセロナ、選手・スタッフ計7名が新型コロナ陽性だったとスペイン紙。「無症状だった」 

20200602-00375940-footballc-000-2-view




1: 2020/06/02(火) 17:43:35.13
バルセロナの選手・スタッフ計7名が新型コロナウイルス検査で陽性だったことがわかった。スペイン『アス』などが現地時間2日に報じた。

 バルセロナではジョルディ・カルドネル副会長、医療チームのディレクターを務めるラモン・カナル氏、ジョゼップ・アントニ・グティエレス医師の3名にウイルス感染が確認されたが、選手への感染は公表されていないかった。バルセロナは検査で選手・スタッフ全員に陰性が確認されたことにより、トレーニングを開始している。

 スペインのラジオ局『RAC1』によると、選手・スタッフは血液検査を実施し、選手5名、スタッフ2名の計7名に陽性が確認されていたという。当時クラブやリーグからの報告はなかったが、同メディアは「無症状だった」と報じている。また、現在は全員が完全に回復し、リーグ再開に向けて準備を行っているという。

 スペインリーグは6月11日からの再開が決定。バルセロナは現地時間13日にアウェイで日本代表MF久保建英の所属するマジョルカと対戦する予定である。


https://news.yahoo.co.jp/articles/57b94758c0a1298d7240f61708106fb38a35ef2d

バルセロナで戦力外扱いのコウチーニョ、プレミアリーグ復帰希望も…買い手なしか 

20200602-00010006-goal-000-2-view

32歳メッシ、5月期限のバルセロナ退団オプションを行使せず…少なくとも2021年まで同クラブでプレー 

20200602-00010000-goal-000-1-view

“この6人”は売却できない…今夏バルセロナが手放さない選手とは 

20200525-43480501-gekisaka-000-4-view

浪費癖が激しかったA・ソング「バルセロナ移籍の際に出場少ないと言われたが、金持ちになれたから」 

20200519-00010001-goal-000-1-view

<イニエスタ>そろそろ日本を離れる?「終焉を見据えている」と米紙ニューヨーク・タイムズが報道... 

1: 2020/05/09(土) 22:43:38.67
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがバルセロナに復帰するため、日本でのキャリアの終焉を見据えていると米紙『ニューヨーク・タイムズ』が報じた。

 バルセロナの下部組織で育ったイニエスタは、2002年のトップデビューから同クラブ一筋でプレー。9度のリーガ・エスパニョーラ制覇、4度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇など数々の偉業を成し遂げると、22年間過ごしたバルセロナを離れ、18年夏に神戸に電撃移籍。11日で36歳となる希代のファンタジスタは、衰え知らずのテクニックと経験値をもたらし、日本サッカー界を盛り上げている。

 Jリーグを去った後のキャリアについては、以前から古巣バルサへの帰還を切望してきたイニエスタ。その時期は「まだまだ先の話だ」と語っていたが、『ニューヨーク・タイムズ』は「6500マイル離れた日本で、内紛に悩まされているクラブへの復帰を望んでいる」と伝えている。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとエリック・アビダルSDが対立し、選手と経営陣の内紛が勃発。1か月前にはバルサ幹部6人が辞任し、エミリ・ルソー副会長選手がクラブ内部の横領を告発していた。クラブは汚職疑惑を否定している。

 記事によると、イニエスタは長期にわたる内紛がバルサの評判を低下させ、ピッチ上にも悪い影響が出ることを危惧。妻と4人の子供たちと暮らす日本の自宅でインタビューに応じ、「サッカー以外の問題が起きた場合、その状況はなかなか終わらない。ピッチ外の問題が害を及ぼす可能性もある」と語っている。

5/9(土) 22:39配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-43480153-gekisaka-socc

写真
no title

バルセロナ、21世紀の最強ベストイレブン。“史上最高の中盤”にメッシ、ロナウジーニョら 

20200502-00010016-goal-000-1-view

バルセロナ、近日中にも残りシーズンの出場拒否を正式表明へ 

20200427-00010004-sportes-000-1-view




1: 2020/04/27(月) 14:03:22.28
FCバルセロナは、新型コロナウイルス危機の中での競技再開に向けた動きに対して、選手の権利を守ることを明確にしている。

ブラウグラナは選手の健康を第一に考え、すべての健康が保証された場合にのみプレーすることを明確にするために、数日後に行動を起こすという。

クラブが検討している施策の一つに、すべての選手にピッチへの復帰を強制させないというものがある。

ラ・リーガは、バルセロナを含むプリメーラ(1部)の全クラブに競技復帰に向けてのガイドラインを共有しているが、バルサは競技復帰には多くの不安が存在するとして、選手の健康の安全を確保するためだけに行動する。

バルサはすでに動き出しており、ブラウグラナと共に少なくとも1部所属の6クラブがラ・リーガに対して抗議を行うと思われる。バルサは適切な衛生状態が与えられない限り、残りシーズンへの出場を拒否する意思を伝える。

バルセロナは現時点で感染症が発生しない100%の保証がないことを念頭に置きながら、選手たちに自由な判断を与える。

シウタ・エスポルティーバ・ジョアン・ガンペールでのトレーニングで選手の安全を確保できているとはいえ、遠征やアウェイでの試合が実現可能かどうかは疑問が残る。

現在の感染症の数値では高いリスクがあると専門家は警告している。そのことから、クラブは再びプレーすることに非常に慎重になっている。

バルサは、シーズンの放映権の一部を失うことになるため、それは将来の深刻な経済的な問題を引き起こす可能性があるが、それよりも選手やすべての関係者の健康がもっとも大切だと明確にしている。

この一週間の間に、バルサは委任された委員会で状況を分析し、方針を最終決定する。感染のリスクがあるなかでプレーはできないという立場が優先されるだろう。この問題は取締役会に挙げられ、今週中にも公式発表する可能性が高い。

ラ・リーガは、スペイン保健相と話し合った上で、5月上旬にも競技復帰へのトレーニング再開を決定すると思われるが、現在の状況では、多くのクラブが健康面での安全性が最大限に確保された状態での競技再開は不可能と判断している。

スペインは新型コロナウイルスの影響を大きく受けており、26日現在で、世界で感染者22万6,000人、死者2万3,000人を記録するなど深刻な事態に陥っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00010004-sportes-socc
4/27(月) 8:55配信

<英実業家>バルセロナ本拠地命名権取得に名乗り!カンプ・ノウに冠する名称は?「響きがいい」 

1: 2020/04/25(土) 22:29:26.33
イギリスの大富豪アルキ・デイビッド氏は、バルセロナの本拠地カンプ・ノウの命名権(ネーミングライツ)取得に向けて交渉を行っていることを明らかにした。英紙『デイリー・メール』が23日付で伝えている。

 バルセロナは21日に、クラブの歴史上初めて本拠地スタジアムの命名権を売却することを発表。来季の1年間限定の売却となり、その売却額は全額が新型コロナウイルス対策の研究プロジェクトに寄付されることが予定されている。

 ナイジェリアで生まれ英国を拠点に活動する実業家のデイビッド氏がその命名権の取得に名乗りを挙げた。デイビッド氏は映画産業や健康産業などで成功を収め、その総資産は26億ポンド(約3450億円)前後と伝えられている。

「このチャンスをぜひ物にしたい。スポーツ界の歴史的な瞬間であり、私のビジネスプランにも合致する。今週はじめからコンタクトを開始しており、取引を完了できると信じている」とデイビッド氏は契約締結に自信を示した。

 デイビッド氏は、自身の主要ビジネスである「FilmON TV」または健康業の「Swissx(スイスックス)」のいずれかの名前をカンプ・ノウに冠することを考えているという。「スイスックス・ノウ・カンプというのは響きがいい。今のところそちらが好みのチョイスだ」と後者を特にプッシュしている。

4/25(土) 20:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200425-00371935-footballc-socc

写真
no title

コウチーニョのバルセロナ退団は確実…チェルシーらに売却オファー 

20200423-00010000-goal-000-1-view




1: 2020/04/23(木) 06:07:19.50
バルセロナがチェルシーをはじめとした複数のクラブにフィリペ・コウチーニョの売却をオファーしたようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えている。

2018年冬にリヴァプールからクラブ史上最高額でバルセロナに加入したコウチーニョ。しかし、1シーズン半にわたり期待されていたほどの活躍を残すことができず、昨夏に1年間の期限付きでバイエルン・ミュンヘンに加入する。しかし、ドイツ王者が買い取りオプションを行使するとは考えられておらず、今夏にはカンプ・ノウに戻る予定だ。

しかし、コウチーニョの将来は不透明。新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断により、財政面で苦境に立たされるバルセロナは、資金確保のために同選手を売却する可能性が高いが、キケ・セティエン監督がチームに残す可能性を示す一方で、代理人は同選手がプレミアリーグへの復帰を望むと明かしていた。

そんな27歳のブラジル代表MFに対して興味を示すのがチェルシー。昨夏の補強禁止以降、新戦力を獲得しておらず、今夏にビッグサマーを迎えると予想されている。すでに、ハキム・ツィエクの加入を内定させる同クラブだが、契約満了を迎えるウィリアンやペドロ、オリヴィエ・ジルーの退団が濃厚だ。

なお、現段階でバルセロナが希望する売却額は定かではないが、複数のメディアが9000万ユーロ(約105億円)前後を要求すると報じている

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200423-00010000-goal-socc
4/23(木) 5:14配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索