Samurai Goal

バルセロナ


スポンサード リンク





クラシコ前にW完封負け!「レアル・マドリードとバルセロナ」地元メディアが「幼稚」「パニック」と酷評 

スクリーンショット 2020-10-18 17.28.22

バルセロナ指揮官クーマン、アトレティコ移籍のルイス・スアレスに「私が間違っていることを証明できた」 

スクリーンショット 2020-10-12 15.18.48

バルセロナ・クーマン監督が激白「メッシとの会談」「スアレスとアンス・ファテイの因縁」 

スクリーンショット 2020-10-12 12.58.38




1: 2020/10/12(月) 10:37:18.70 _USER9
 今季からバルセロナを率いるロナルド・クーマン監督が、オランダのテレビ局『NOS』のインタビューに答えた。リオネル・メッシの退団要求騒動、ルイス・スアレスの放出など、就任直後からバルセロナな揺れに揺れた。その一つ一つに、クーマンは答えている。

 何よりも気になるのが、メッシとの関係性だ。メッシはバルセロナの下部組織出身で、これまで在籍した期間は誰よりも長く、そしてその圧倒的なスキルと戦術眼からバルセロナの“王様”として君臨した。選手獲得や監督人事にも影響を及ぼすというこの主将と不仲では、さまざまな事態を招きかねない。

 それについてクーマンはまず、「選手として、キャプテンとして期待するすべてのことを彼はやってくれている」と、現状を説明。そして、クーマンの就任が決まってからのメッシとの会談について、明かした。

 クーマンは監督になる契約と結んだあと、メッシに連絡して自宅を訪問。そして、将来について話すと、メッシは明らかに不満を示したという。ただし、話し合いの末、「これからも続ける」とメッシが応じ、最終的には関係が修復したと、インタビューでは答えている。

 また、アトレティコマドリードに“放出”したルイス・スアレスについても言及した。

 クーマンは、「“君がバルセロナでプレーするのは非常に難しい”と素直に伝えた」という。クーマンとスアレスの間に個人的なわだかまりはなかったが、「これはクラブの選択だ」としている。

 バルセロナは、チームの若返りを期待していた。そのため、“将来の選手”を多く抱えている。

 17歳のアンス・ファテイ、同じく17歳のペドリ、20歳のフランシスコ・トリンコン、21歳のロナルド・アラウホだ。そして、アヤックスから新たに獲得したセルージニョ・デストも19歳の選手である。今季、アンス・ファテイはすでに3ゴール1アシストを記録するなど大活躍を見せているが、その“抜擢”はルイス・スアレスの放出と裏返しの関係にある、というわけだ。

 クーマンは「スアレスのふるまいはプロとしてのものだった。別れは辛かったし、彼の涙も見てしまった」と回顧している。そしてこのスアレスの放出によって、先述したようにメッシは“爆発”したという。

 クーマンはこの時のメッシに対し、「これはクラブの選択だ。あなたが失望していることを私は理解している。彼が去るのは残念だ」「ロッカールームに妻子を連れてきて、遊んでいるわけではないんだ」などと、声をかけたという。

 ここまでバルセロナはメッシが全試合に先発し、クーマンとの軋轢は傍目からは感じられない。また、アンス・ファテイが華麗なプレーでチームに貢献し、ロナウド・アラウホも先発に名を連ね、ペドリやトリンコンも試合に出場するなど、若手が順調にチームに溶け込んでいる。

 すでに33歳となったメッシとの、近い将来に訪れる別れを、バルセロナは見据えているのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac4640bc6c8639decf465bd3d87c4862f198c744

バルセロナ、移籍期間最終日に選手補強失敗か FWデパイとDFガルシアを獲得できず 

スクリーンショット 2020-10-06 13.29.58




1: 2020/10/06(火) 10:52:19.71 _USER9
バルセロナが今夏の移籍期間最終日で選手の補強および放出に失敗したと、スペイン紙アス電子版が5日に伝えている。

同紙はバルセロナがマンチェスター・シティのスペイン代表DFエリク・ガルシア(19)とリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)との契約に尽力したものの、両選手とも獲得できずに終わったとつづった。

エリク・ガルシアに関しては契約が来年6月30日までにもかかわらず、マンチェスター・シティが移籍金として1000万ユーロ(約12億5000万円)プラス出来高ボーナス1000万ユーロの合計2000万ユーロ(約25億円)を要求したため合意に達しなかったのこと。

デパイについてもバルセロナは選手本人と1カ月前、そしてリヨンとも数日前に合意に達していた可能性があった。しかしFWウスマン・デンベレが最終的にマンチェスター・ユナイテッド行きを拒否したことで資金が足りずにオペレーションがストップ。さらにMFラフィーニャを最終日にパリ・サンジェルマンに移籍させたものの安価で手放すことになり、デパイを獲得するのに十分な資金を得ることができなかったという。

ラフィーニャの移籍金は出来高制となっているが、最高でもわずか300万ユーロ(約3億7500万円)しか支払われない内容であることをアス紙は伝えている。またこの移籍でバルセロナは、パリ・サンジェルマンが将来、ラフィーニャを他クラブに売却した場合、その移籍金の35%が支払われる権利を保有している。

バルセロナはまた、DFジャン=クレール・トディボをベンフィカに2年間の期限付き移籍で放出。その手数料は200万ユーロ(約2億5000万円)となっており、2000万ユーロ(約25億円)の買い取りオプションが付いている。ロナルド・クーマンは監督就任時からトディボを構想に入れておらず、ロナルド・アラウホを戦力に考えていたとのことだ。

一方、戦力外扱いとなっているDFサミュエル・ウムティティについて、バルセロナは獲得を希望するクラブを見つけることができず放出に失敗していた。

(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/43f3ba85f16a0fbd55632218e4e934faa552831d

バルセロナ、赤字119億円 新型コロナの影響で 

スクリーンショット 2020-10-06 6.56.37




1: 2020/10/06(火) 00:46:19.11 _USER9
サッカーのスペイン1部リーグ、バルセロナは5日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で2019~20年は9700万ユーロ(約119億円)の赤字だったと発表した。試合が開催されていなかった期間は、選手が給与削減に応じていた。クラブは年俸が高いスアレスらスター選手も放出した。(ロイター=共同)

https://this.kiji.is/685874841951880289?c=39550187727945729

バルセロナのフランス代表、デンベレがまた遅刻 規律に厳格なクーマン新体制下でも変わらず 

1: 2020/09/29(火) 14:07:23.79 _USER9
バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがまたしても遅刻魔ぶりを露呈してしまったようだ。

スペイン『マルカ』によると、バルセロナは28日、午前10時からトレーニングを実施。今季から指揮を執るロナルド・クーマン監督はそもそも1時間前に到着しておくよう求めているが、このたびのデンベレは定刻時間の15分後にトレーニンググラウンドに姿を現したという。

2017年にドルトムントから鳴り物入りでバルセロナの門を叩いたデンベレだが、度重なる故障によるコンディション不良だけでなく、度々の遅刻で自己管理能力の低さが指摘され、バルセロナ加入3年目の昨季はわずか公式戦9試合1得点という不甲斐ない成績に終わった。

なお、今夏も売却の憶測が取り沙汰されたデンベレだが、今季初戦の27日に行われたラ・リーガ第3節のビジャレアル戦に70分から出場。しかし、規律を重視する指導者であるクーマン監督の下でも、今回に限らず、すでにトレーニングを遅刻した日があった模様だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/86122807f2719a6bd9ef63db6ec997002d350ee6
no title

久保建英を手放しで称賛はできない。バルセロナ戦でチャンスを生み出し、指揮官も評価したが… 

スクリーンショット 2020-09-28 22.25.33

「久保建英とアンス・ファティ」“同窓生”が「バルセロナ開幕戦」で圧倒的な躍動! 

スクリーンショット 2020-09-28 11.18.46

久保建英、バルセロナ戦途中出場で現地メディア好印象。「彼の投入で少し良くなった」 

スクリーンショット 2020-09-28 11.08.52

久保建英が3度目の古巣対決へ…バルセロナ対ビジャレアルについて知っておきたい7つのこと 

スクリーンショット 2020-09-27 11.09.56


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索