Samurai Goal

バルセロナ


スポンサード リンク





コウチーニョがポルトガル国籍取得!!ブラジルと二重国籍になるメリットは? 

1 2018/07/20(金) 13:16:33.26 _USER9
7/20(金) 13:05配信
バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョ、ポルトガル国籍取得と報道

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、ポルトガル国籍を取得するようだ。『ESPN』など複数メディアが報じている。

報道によれば、バルセロナはEU圏外選手の枠(リーガ・エスパニョーラは3枠)に余裕を持たせるため、コウチーニョにポルトガル国籍を取得するように働きかけたようだ。コウチーニョは2年前、ポルトガル人女性と結婚しており、同国の国籍を取得できる状況だという。

今夏にMFパウリーニョが退団したバルセロナでは現在、コロンビア代表DFジェリー・ミナと新加入のブラジル人MFアルトゥールがEU圏外の枠を埋めている。コウチーニョがEU圏内の選手として扱えるようになれば、新たなEU圏外の選手獲得に動きやすくなる。

コウチーニョは、ブラジル代表としてもロシア・ワールドカップで5試合に出場して2得点2アシストを記録するなど活躍。なお、ポルトガル国籍を取得したとしても変わらずセレソンでプレーしていくことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000009-goal-socc
no title

明石家さんまが柴崎岳へ“遠回しに”お願い『すまんけど、バルサに入ってもらえへん?』 

20160809150717
1 2018/07/15(日) 20:31:19.88 _USER9
お笑いタレントの明石家さんま(63)が14日、自身がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。サッカー日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)に対し、リーガ・エスパニョーラの強豪「バルセロナ」への移籍を希望した。

 この日はゲストに加藤紀子(45)、保田圭(37)、アップアップガールズ(仮)の新井愛瞳(20)が登場。新井が女優・真野恵里菜(27)とハロプロエッグ(ハロプロ研修生)の先輩後輩の間柄だったこともあって、話は柴崎との結婚報道へと入っていった。

 さんまは真野とも番組で共演したこともあり、柴崎との結婚報道にも感慨深げ。知り合いということもあって、「スペインのサッカー、観に行けたりすんのに。チケット取ってもろて」と、スペインでの試合観戦に思いを馳せた。

 ここで引き合いに出したのが、米大リーグ・ヤンキース田中将大(29)との関係。田中の妻・里田まい(34)のおかげで、毎年ヤンキースの招待を受け、かなりの良席で観戦しているという。そういった経緯もあり、真野とも同じような流れにならないかと期待していたのだ。

 ここでさんまは「柴崎にすまんけど『バルセロナに入ってもらえないか』って言って、遠まわしに」と、自身の願望がポロリ。芸能界きってのサッカーファンだけに、できれば世界最高峰のチームの試合を観戦したい、といったところなのだろう。「裏のツテを使って、バルセロナかレアルか…」、さんまの気持ちはもはやスペインへと飛んでいた。

7/15(日) 20:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000137-spnannex-ent

バルセロナが遂にフランス代表カンテにロックオン!バルサに馴染むのだろうか? 

mig
1 2018/07/14(土) 00:46:36.35 _USER9
バルサのトップターゲットはW杯でも躍動するカンテ…伊メディア報道

バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

2015-16シーズンにレスター・シティの歴史的なプレミアリーグ優勝に貢献したカンテは、2016年の夏にチェルシー入り。チェルシーでも不動のレギュラーとして活躍し、2016-17シーズンにプレミアリーグ優勝を経験した。現在は、フランス代表としてロシア・ワールドカップに参戦しており、ここまで6試合に出場。決勝に進出した“レ・ブルー”でも欠かせない存在となっている。

しかし、クラブにおいては変化が生まれるかもしれない。所属するチェルシーは13日、アントニオ・コンテ監督を解任。新指揮官として招へいされることが濃厚とみられている前ナポリ指揮官のマウリツィオ・サッリ氏は古巣から、よりビルドアップでボールに関与できるイタリア代表MFジョルジーニョを呼び寄せるとうわさされている。

一方、バルセロナでは今夏にMFアンドレス・イニエスタとMFパウリーニョが退団した。そこでバルセロナはカンテに目を付けているようで、獲得リストの最上位に名前が記されているという。なお、カンテの獲得オペレーションでは、バルセロナのMFアンドレ・ゴメスが含まれる可能性があるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000024-goal-socc

PSGがコウチーニョに351億円オファー!!バルサは更に増額要求!? 

GettyImages-915906248-800x600
1 2018/07/11(水) 16:27:40.48 _USER9
バルサ側が設定している移籍金は520億円
 FWネイマールだけでなく、MFフィリペ・コウチーニョもか――。パリ・サンジェルマン(PSG)が再びバルセロナの現役セレソンを補強ターゲットに定めているようだ。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも活躍したコウチーニョに対して、日本円にしてなんと約351億円ものオファーを出したと、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

コウチーニョは今年1月、リバプールからバルサに移籍。その際の移籍金額は1億6000万ユーロ(約208億円)と、サッカー史上2番目の高額となった。コウチーニョはその期待に応えるように、リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯の国内二冠に貢献。ロシアW杯ではベスト8敗退に終わったもののスイス戦での鮮やかなスーパーミドル、コスタリカ戦でのトゥキックでの決勝ゴールなど、プレー面ではネイマール以上のインパクトを残した。

 ただその活躍ぶりに、ネイマールと同じくPSGのナセル・アル=ケライフィ会長は野心を隠していない。昨夏ネイマール獲得の際に費やした2億2200万ユーロ(約289億円)に続き、コウチーニョに対してもオファーを敢行。その額は2億7000万ユーロ(約351億円)もの額に及ぶのだという。

 しかしバルサとしては、この金額で「YES」と言うわけにはいかない。同紙も報じているが、バルサ加入の際にコウチーニョに設けた移籍金の設定額は4億ユーロ(約520億円)という天文学的な数字となっているからだ。

 とはいえ、近年の欧州サッカーのマネーゲームはインフレーションの一途を辿っている。ファイナンシャルフェアプレーが半ば有名無実化しつつある現状、“非売品”とも言えるコウチーニョの引き抜きの可能性がゼロとは言い切れない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00120614-soccermzw-socc

電撃復帰のパウリーニョ!!バルサから中国広州恒大へ舞い戻る! 

GettyImages-622228276-800x533
1 2018/07/09(月) 15:34:24.98 _USER9
バルセロナは8日、ブラジル代表MFパウリーニョが中国スーパーリーグの広州恒大へレンタル移籍で加入することが決まったと発表した。移籍期間は1年間で、完全移籍へ移行する買い取りオプションが契約に盛り込まれている。

 パウリーニョは昨年夏、広州恒大から移籍金4000万ユーロ(約51億9000万円)でバルセロナに加入。公式戦49試合に出場して9得点を挙げ、リーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)制覇に貢献した。

 スペイン挑戦1年目にしてしっかりと適応し、活躍を見せていたパウリーニョ。2018 FIFAワールドカップ ロシアのブラジル代表メンバーにも選出されて5試合出場1得点を記録した29歳が、再び中国でプレーすることとなった。

 パウリーニョは1988年生まれの29歳。コリンチャンスで2012年のコパ・リベルタドーレス、FIFAクラブワールドカップ制覇を経験し、2013-14シーズンにトッテナムへ移籍。2015年6月には広州恒大へ加入し、AFCチャンピオンズリーグ制覇や中国スーパーリーグ2連覇(クラブとしては2011シーズンから6連覇)に貢献した。そして昨年夏、バルセロナへ加入。同クラブで1シーズンを過ごした後、再び広州恒大へ復帰することが決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00791049-soccerk-socc

乾貴士の“悲しい思い出”「メッシにユニホーム交換断られた...」 

GettyImages-844949814
1 2018/06/10(日) 21:50:14.93 _USER9
 スペイン1部ベティスと契約したサッカー日本代表・乾貴士(30)が10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)にVTR出演し、試合後のセレモニーの裏側について語った。

 「ワールドカップ直前サッカーSP」にVTRで出演した乾は、試合後のユニホーム交換について語った。「基本は交換しない。恥ずかしいから(相手に)言えない」と話していた乾だが、エイバル所属時代の2017年5月22日にバルセロナ相手に2得点の活躍をした。試合後にメッシのもとを訪れ、ユニホーム交換を申し出たという。「2点とったから行けっかと思った」と語ったが、返事はまさかの「ノー」だった。

 「『先に(約束した)相手がいる』って…。あいつら試合前に予約しているんです」とチームメートとの“争奪戦”に敗れたことを明かした。「イニエスタに行こうかと思ったけど(メッシに)断られた後に行くのは失礼かと思って」と自重したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000205-sph-socc

メッシが褒め言葉に嫌悪感「僕はただの一選手に過ぎない」謙虚すぎる姿勢に称賛の嵐 

1 2018/06/06(水) 12:29:10.72 _USER9
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、自身をフットボール界における至高の存在と扱われることに嫌悪感を表した。

アメリカの雑誌『ペーパー』とのインタビューに応じたメッシは、自身が「ただの一選手に過ぎない」との見解を示している。

「自分が最高の存在だとは考えていない。思うに、僕はただの一選手に過ぎないんだ。試合がスタートするときには、ピッチに立つ全員が同じ存在なんだよ」

またアルゼンチン代表として臨むロシア・ワールドカップについては、次のようにコメントした。

「優勝候補となるためには、チームとしてもっと強くならなくてはいけない。フランス、ドイツ、ブラジル、スペインのようなチームと肩を並べるためにはね。ただ、僕たちは素晴らしいグループで、アルゼンチンはいつだって優勝候補の一チームとして存在しなくてはならない。僕たちは最大限のことを求めているし、一歩一歩それを探していきたい」

メッシはその一方で、動物に対して大きな愛情を傾けていることを告白した。

「動物は大好きだ。僕は動物と一緒に育ち、彼らから多くのことを学んだ。今、僕たちはハルクという犬を飼っているんだけど、彼は実際的に家族の一員なんだよ。子供たちはハルクから多くのことを学んでいる。子供たちから彼、彼から子供たちと、いつも愛情を表現し合っている」

Goal 6/4(月) 23:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010008-goal-socc

写真
no title

“640億の男”バルセロナがユムティティに異常な契約破棄金を設定! 

1 2018/06/06(水) 02:37:00.85 _USER9
バルサと契約延長のユムティティ…契約破棄金はなんと640億円に設定
6/6(水) 0:25配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00770455-soccerk-socc

バルサとの契約を延長したユムティティ [写真]=Getty Images
no title


バルセロナは4日、契約延長で合意に達したフランス代表DFサミュエル・ユムティティについて、契約破棄金を5億ユーロ(約640億円)に設定したことを公式HPにて発表した。

バルセロナは3日にユムティティとの契約延長合意を発表。2023年までの新契約を締結した。
同選手は「バルサとの契約を延長できて誇りに思っている。夢が続くということだ。初日から自分の家のように感じたし、もっと長い間ここにいたい」と喜びを語っている。

バルセロナの公式HPによると、ジョセップ・マリア・バルトメウ会長がユムティティとの契約延長にあたり、契約破棄金を5億ユーロに設定したことを明らかにしたという。

ユムティティは1993年生まれの24歳。2016年夏にリヨンからバルセロナに加入した。
同クラブではすでにリーガ・エスパニョーラとスーペルコパ・デ・エスパーニャを各1回、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回制している。
今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは全38試合中25試合に出場して1得点を挙げた。

久保建英はバルセロナに戻る事が出来るのか? 

hqdefault
1 2018/06/04(月) 19:50:23.34 _USER9
6月4日は17歳の誕生日 移籍可能となる18歳まで残り1年に…


2020年の東京五輪出場も期待されるFC東京のMF久保建英は、6月4日に17歳の誕生日を迎えた。かつて下部組織に所属したバルセロナの地元紙「ムンド・デポルティーボ」は、「タケ・クボがバルサに戻るカウントダウンが始まる」と見出しを打って特集を組んだ。

 記事では久保が幼少期にバルサに加入したものの、2015年3月にFIFA(国際サッカー連盟)から下された下部組織の外国人選手保有禁止処分によって日本に帰国した経緯などに触れる一方で、「クラブは今日17歳になる日本人を非常に意識しており、日本人と密接に関わっている」と今もなおクラブとの関係があることを記載している。

「バルセロナに戻り、バルサの選手としてドレッシングルームに戻ってくるためのカウントダウンを開始した」と、移籍可能となる18歳までのタイミングが近づいているとした。

 その一方で、日本でのプレーぶりについても「日本での彼の進化は素晴らしい。2017年、15歳でFC東京のトップチームにデビューし、今季はトップチームとU-23で出場している」と言及。若き日の久保を発掘した下部組織担当者オスカー・ヘルナンデス氏のコメントも紹介している。

関係者もコメント「バルサでプレーすることに目的と野心を置いている」

「バルサでプレーすることに目的と野心を置いている。彼ら家族はバルサのことを考えてプレーしたがっているし、他の大きなオファーがあるにもかかわらず、他のチームに耳を傾けることはない」

 記事によるとパリ・サンジェルマン、チェルシー、さらにはバルサの宿敵レアル・マドリードからのオファーがあったとのことだが、それらも“蹴った”としている。

 また、久保について「内向的な性格だが大変サッカーを愛し、良い家族の環境で育ち、ヨーロッパでのメンタリティーを持った特別な日本人だ」、「テクニックとしては狭いスペースでも良いプレーを見せる。どのように連係するかを感じ取り、チームにとって最良の選択ができ、両足ともに使える。インテリジェントかつ直観的にプレーできる選手だ」と内面、プレーぶりについても高く評価している。

 言わば“相思相愛”の関係にあるとされる久保とバルサだが、それはスペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヴィッセル神戸へと移籍し、新世代のプレーメーカー候補を希求している地元メディアにとっても同じなのかもしれない。

6/4(月) 19:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00108562-soccermzw-socc

“僅か1年で売却”バルサ・デンベレに150億円の値札!? 

800-1504453507
1   2018/06/01(金) 12:41:09.75 _USER9
ドルトムントから移籍金137億円超の5年契約を結ぶも売却対象に...

 昨夏にバルセロナへ加入した若きフランス代表FWウスマン・デンベレが、わずか1年の在籍で“値札”をつけられたという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

 1年前に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから5年契約で加入したデンベレだが、シーズン中に2度の負傷離脱。結局、リーグ戦17試合3得点、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)も3試合1得点にとどまり、デビューシーズンは「失望に終わった」とされた。

 わずか1シーズンを終えたばかりながら、バルセロナは今夏の移籍市場での放出も視野に入れているようだ。記事によれば、クラブが設定した移籍金は1億1500万ユーロ~1億2000万ユーロ(約150億円)だという。

 ドルトムントはデンベレ獲得時に、「バルセロナが支払う移籍金は1億500万ユーロ(約137億円/当時)で、そこに移籍金額の最大40%までのオプションが上乗せされる」と発表。ボーナスがどれほど支払われるかは不透明だが、バルセロナは1年間の償却期間があるにもかかわらず、同等額がそれ以上での売却を狙っているという。

 デンベレはドルトムントの練習をボイコットするなど強硬手段に打って出てスペイン行きを実現させていた。サッカー界からの悪評を覚悟で敢行したバルサ移籍だったが、その結果はわずか1年での売却対象入りという厳しいものになってしまったようだ。

6/1(金) 9:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00107763-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索