Samurai Goal

バルサ


スポンサード リンク





メッシとグリーズマンがドブレーテの共演! 4発完勝バルサが今季初のリーグ3連勝!《ラ・リーガ》 

スクリーンショット 2021-01-10 8.37.39

“バルサの神童”ファティが新潟ユニフォームを掲げる…新潟指揮官「アルビレックス・ファミリーの一員です!!」 

スクリーンショット 2021-01-08 19.59.51

バルサ、ミスからの失点で今季4敗目…カディスはホーム初勝利で5位浮上 スコア、カディス2-1バルセロナ 

1: 2020/12/06(日) 11:40:00.09 _USER9
 リーガ・エスパニョーラ第12節が5日に行われ、バルセロナとカディスが対戦した。

 今シーズンのバルセロナはリーガ・エスパニョーラで波に乗り切れていない。それでも、前節のオサスナ戦を4-0で制し、復調の兆しが見える中でカディス戦に臨んだ。スターティングメンバーにはリオネル・メッシを筆頭にアントワーヌ・グリーズマンやフィリペ・コウチーニョが入った。

 試合は序盤の8分に動く。カディスは左からのコーナーキックをファリ・ヒメネスがニアサイドで触ると、ボールはバルセロナのオスカル・ミンゲサに当たってゴール方向へ。一度はマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが弾いたものの、こぼれたところをアルバロ・ヒメネスが押し込む。早い時間帯でカディスが先制に成功した。

 1点ビハインドとなったバルセロナも即座に反撃。16分にマルティン・ブライトバイテ、25分にメッシが鋭いシュートを放つも、カディスの守護神ヘレミアス・レデスマに防がれて得点ならず。前半はカディスの1点リードで終了した。

 後半に入ってもバルセロナは怒涛の攻撃を続ける。すると58分、メッシのパスを受けたジョルディ・アルバが中央へ折り返すと、ボールは相手DFに当たってゴールに吸い込まれる。バルセロナが試合を振り出しに戻した。

 しかし、直後の63分、バルセロナDF陣の連携ミスを見逃さなかったアルバロ・ネグレドが落ち着いてネットを揺らす。ホームチームのカディスが再びリードを奪った。

 その後もバルセロナがボールを握る展開となるも、カディスはカウンターアタックで相手ゴールに迫る。両者チャンスはつくったものの、試合はこのままカディスの1点リードでタイムアップを迎えた。

 バルセロナは今季のリーガ・エスパニョーラで4敗目を喫した。一方、カディスにとっては第8節エイバル戦以来の白星となり、今季のホームゲームで初勝利を飾った。順位は5位に浮上している。次節、バルセロナは13日にレバンテをホームに迎える。カディスは14日に敵地でセルタと対戦する予定だ。

【スコア】
カディス 2-1 バルセロナ

【得点者】
1-0 8分 アルバロ・ヒメネス(カディス)
1-1 58分 ペドロ・アルカラ(OG/バルセロナ)
2-1 63分 アルバロ・ネグレド(カディス)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e454eda4a5a5c6a5700d82a8c22afc9b8060ed5
no title

バルサ・クーマン監督「妨げ」会長代行の発言を批判 

news_308757_1




1: 2020/12/05(土) 10:37:46.64 _USER9
12/5(土) 10:30配信
日刊スポーツ

バルセロナのロナルド・クーマン監督(57)が、クラブ会長代行の発言を批判した。

辞任したバルトメウ氏に代わって、現在会長代行を務めているカルレス・トゥスケツ氏が直前に、地元ラジオの番組で「(クラブの財政面を立て直すために)今夏メッシを売却しておくべきだった」と発言していた。

英BBC電子版によると、クーマン監督はこれについて「私はクラブの外からの発言は気にしない。だが身内のコメントは、我々が仕事に集中することへの妨げになる。クラブの外からのコメントはコントロールできないが、身内の発言はそうではない」とトゥスケツ氏の発言をチクリと批判した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e827d3c4393aff0bd748ad71a53e7b750b76e797

バルサ、今冬の選手獲得について緊急会議へ…ピケの負傷を受けセンターバックを補強か 

スクリーンショット 2020-11-24 11.14.03

「すべて僕のせいと批判されるのに疲れた…」メッシ、バルサでのあらゆる問題に“本音”を漏らす 

スクリーンショット 2020-11-23 21.19.48

バルサ、過去25年で最悪の開幕を迎える…8試合で勝ち点わずか「11」 現在10位 

1: 2020/11/22(日) 09:55:03.02 _USER9
 バルセロナは過去25年で最悪の勝ち点数となっている模様だ。スペイン紙『マルカ』が21日に報じている。

 バルセロナは21日、リーガ・エスパニョーラ第10節でアトレティコ・マドリードと対戦。前半アディショナルタイムの45+3分にヤニック・カラスコのゴールでアトレティコ・マドリードが先制すると、その後スコアは動かず試合終了。

 バルセロナは0-1でアトレティコ・マドリードに敗北したことで、バルセロナはアトレティコ・マドリード相手に2010年2月から守り続けてきた無敗記録が止まった模様だ。バルセロナはここまでリーグ8試合を消化して、3勝2分3敗の勝ち点「11」で10位となった。

『マルカ』によると、バルセロナが開幕8試合で勝ち点「11」のみとなっているのは、1995-1996シーズン以来25年ぶりだという。また、同クラブが開幕8試合で3敗したのは2000-2001シーズン以来20年ぶりだという。

 過去25年で最悪の開幕となったバルセロナは24日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節でディナモ・キエフとアウェイで対戦し、29日にリーガ・エスパニョーラ第11節でオサスナとホームで対戦する。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e28c94eeb3888a10b16118beb0cca73a29913df0
no title

「すべて僕のせいと批判されるのに疲れた…」メッシ、バルサでのあらゆる問題に“本音”を漏らす 

1: 2020/11/19(木) 15:34:04.61 _USER9
グリエーズマンの元代理人から「トラウマをつくられた」と揶揄され…

バルサの大黒柱リオネル・メッシが“本音”を漏らした。

 長年、チームを牽引してきた稀代のクラックが、今夏にバルサ退団を巡って世界を騒がせたのは周知の通りだ。サッカー専門メディア『Goal.com』のインタビューで、「本当のところを言えば、このクラブには明確なプロジェクトがない」とバルサの現体制を批判した。

最終的に「僕は人生のクラブと戦争はしたくない」と語ったメッシが21年6月の契約満了時までの残留をひとまず明言。だが、クラブを揺るがすほどに発言力が増した10番に対する地元メディアの風当たりは強まったままだ。

 今月11日には、2016年までグリエーズマンの代理人だったエリック・オルハッツ氏がフランス誌『France Football』で、「メッシは皇帝であり、君主であり、グリエーズマンの加入をよく思っていなかった。本当にトラウマをつくったのは彼だ」と口にしたことが、スペイン紙『Marca』を中心に拡散され、アルゼンチン代表FWは、再び批判の矢面に立たされることとなった。

 クラブでの深刻さが窺える状況にメッシも限界に来ているのかもしれない。現地時間11月18日にカタール・ワールドカップの南米予選を戦い終え、バルセロナに舞い戻った10番は、事前書類を求める税務調査官との遭遇で苛立ちを募らせながら、空港での取材に次のように漏らした。

「このクラブでのこと全てが、僕の問題だと批判されることに疲れた。15時間以上のフライトを経てここまで来て、突然、税務調査官に遭遇するなんて、バカげている」

 現地11月21日に開催されるラ・リーガ第10節ではアトレティコ・マドリーとの大一番を迎えるバルサ。その状況での大黒柱の発言は、チームにいかなる影響を及ぼすだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d70c3069cd15a7c6db1e2093204d8a525cdb41c9
no title

バルサ、124億円でムバッペ獲得が可能だった!? “ネイマール後継者”候補も…別選手を補強 

1: 2020/11/17(火) 15:57:47.54 _USER9
モナコ会長もバルサ行きを望んだが…最終的にデンベレを獲得

 パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペは、現在、世界で最も注目を集める若手ストライカーだ。ドイツ移籍サイト「Transfermakt」では、その市場価格は1億8000万ユーロ(約223億円)とされているが、数年前にバルセロナが1億ユーロ(約124億円)で獲得できる可能性があったとスペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表を優勝に導くなど、ムバッペの評価は高まっている。移籍市場が開くたびに、レアル・マドリードへの移籍が噂されるが、2017年にはバルセロナに加入する可能性があったという。バルセロナのトップチームの責任者であるハビエル・ボルダス氏が「ムンド・デポルティーボ」のインタビュー内で明かしている。

「(ウスマン・)デンベレと契約する際に、ムバッペの獲得も可能だと言われていた。バルトメウ会長に話したら、彼を見るように言われた。彼の父に電話した時には、レアルには行かないと言っていたんだ。彼らにはクリスティアーノ(・ロナウド)、(カリム・)ベンゼマ、(ギャレス・)ベイルがいたからだ。そして、ネイマールがいなくなったバルサには行く可能性がある、とね。モナコの会長も、直接のライバルであるPSGの強化を阻むためにバルセロナ行きを望んでいたんだ。1億ユーロで交渉はまとまるはずだった」

 しかし、最終的にバルサはフランス代表FWウスマン・デンベレを獲得することになったという。幹部内でも意見が割れていたと、ボルダス氏は内情を明かす。

「ロベルト(・フェルナンデスSD)がデンベレを好み、ペップ・セグラが同調した。彼らの説明は、デンベレはチームのために戦うが、ムバッペは自分のためにプレーしているというものだった。ネイ(マール)の穴を埋めようとしていたから、フィニッシュを決める選手よりも、サイドの選手を好んだんだ」

 バルサに180億円という移籍金で加入したデンベレは、負傷続きで活躍できない時間が続いている。もし、この時にムバッペを獲得していたら、バルサの歴史は大きく変わっていたかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b051353cddac6da2f5d4208d9552e1375b1f9f76
no title

バルサファンの86%が「先発から外せ」と回答した選手は? 

スクリーンショット 2020-11-17 15.01.58





1: 2020/11/17(火) 07:53:11.60 _USER9
バルセロナのMFセルヒオ・ブスケツは長年チームを支えてきた重鎮選手の1人だが、アンケートでファンの86%が同選手をスタメンから外すべきだと考えていることが明らかとなった。スペイン『フットボール・エスパーニャ』が報じている。

 ブスケツはロナルド・クーマン新監督が採用する4-2-3-1でMFフレンキー・デ・ヨングとともにダブルボランチを担当。ここまで公式戦全10試合に出場している。

 しかし、スペイン『ムンド・デポルティボ』がバルセロナのファンを対象に実施したアンケートによると、86%がブスケツを先発から外し、今夏にユベントスから加入したMFミラレム・ピャニッチを起用するべきだと答えたという。

 ピャニッチはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で全3試合にスタメン出場しているが、まだラ・リーガでの先発経験はない。

 スペイン『フットボール・エスパーニャ』は「ファンの間では断固とした反応があった」と世間の声を伝え、同国『マルカ』のアンケートでもファンの78%がピャニッチをスタメンにするべきだと回答したことを紹介した。

ゲキサカ
11/17(火) 7:49
https://news.yahoo.co.jp/articles/47603bdc3ee6eb30b5668a705ad2f3bcf2463c12



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索