Samurai Goal

バルサ


スポンサード リンク





クリスティアーノ・ロナウドがバルサにまさかの逆オファー!? 

スクリーンショット 2020-08-14 11.31.25

「メッシは3年か4年のうちにバルサで引退する」クラブ会長がエースの将来に言及 

1: 2020/08/06(木) 08:03:26.67 _USER9 BE:155222373-2BP(0)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
8/6(木) 7:42配信
GOAL

メッシは3年~4年後に引退?(C)Getty Images

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、リオネル・メッシが“3年か4年”後にクラブの選手として引退すると語った。

バルセロナの新ユニフォームも!|2020-21シーズンのユニフォームまとめ

バルセロナの下部組織出身で、2004年のファーストチームデビューから異次元の活躍を続けるメッシ。史上最多となる6度のバロンドール受賞に加え、10度のラ・リーガ優勝、4度のチャンピオンズリーグ制覇をけん引するなど、33歳となった今でも世界最高の選手として君臨している。

そんなアルゼンチン代表FWとバルセロナの契約は2021年夏まで。現段階で契約延長には至っていないものの、バルトメウ会長は数シーズンは同クラブでプレーを続ける見込みであることを強調していた。

同会長は5日に『beINスポーツ』で、メッシについて「バルセロナでプロフェッショナルキャリアを終えたいとメッシは言っている。バルセロナは彼にとっての唯一のクラブだ」と話し、世界最高の選手の引退時期について言及した。

「3年か4年のうちに彼がここバルセロナでフットボールキャリアを終えることに何ら疑いはない。メッシはこのことを明確にしている。彼は子どもの頃からここにいる。このクラブの歴史の一部だ。今だけではなく、歴史上の世界最高の選手でもある。彼はバルセロナにいて、ここに残ることを明確にしている」

また、契約交渉の行方が注目される守護神のマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンについては「マルクは最高の選手であり、最高の人間だ。ゴールキーパーとしていつも証明している。彼の将来はバルサとともにある。それに若いから、これから何年間もゴールキーパーの心配はない。今後、契約更新をまとめるためにマルクと話をすることになる」と明かした。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/b5b146c69204f18b2bff20a0e6736bdb5249f4a6

ネイマール、バルサへの裏切り移籍から早3年 

スクリーンショット 2020-08-03 15.38.53

バルサがデンベレの移籍を容認 

スクリーンショット 2020-08-01 5.40.30

バルサの優先順位はガルシア ビジャレアルCBがマンチェスターへ!? 

スクリーンショット 2020-07-31 17.21.40

バルサが逃した“BIG FISH久保建英”大海に放たれた才能と「悔恨」 

スクリーンショット 2020-07-30 21.17.35

メッシ契約をバルサ会長語る「ここで引退と」地元紙 

1: 2020/07/26(日) 21:22:40.44 _USER9
7/26(日) 20:59
日刊スポーツ

メッシ契約をバルサ会長語る「ここで引退と」地元紙
バルセロナFWリオネル・メッシ(2020年6月13日撮影=PIKO)
バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、スペイン紙ムンド・デポルティボのインタビューに応じ、2021年6月30日で切れるFWメッシとの契約について「メッシは何度もここで引退したいと言っている。私は彼が契約延長することに何の疑問も持っていない」と話した。

【写真】バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長

クラブに不信感を持っていると報じられるメッシとの関係については「もちろん。私はキャプテンたちと素晴らしい関係を築いているよ」と全く問題ないことを強調した。

その他、優先する契約延長については「私が優先するのはテア・シュテーゲンだ。それは彼のクオリティーだけでなく、彼の選手としての個性、あり方、関わり方によるものだ。彼はロッカールームと、クラブの未来に向けた支柱なんだ。GKとして彼はとても若いが、すでにトップ選手の中にいる。28歳という年齢ながら、世界で3本の指に入る選手のひとりになっている」と説明した。

2021年6月30日で契約の切れるルイス・スアレスについては「ルイスは出場した試合数に応じ、2021-22シーズンに向けて自動的に期間が延長される契約を結んでいる」と契約内容を明かした。

パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールの契約を目指し続けているかについては「今、我々はさまざまな決断を下しているところだが、トレードでなければ、新たな選手が入団するのは非常に難しい」とクラブの財政面が厳しいことを示唆した。

バルセロナが今夏獲得を狙うアルゼンチン代表ラウタロ・マルティネスの件で、インテル・ミラノと話し合いを行ったと語っていたことについては「我々はインテルと話をしたが、今、その件は止まっている」と交渉が順調にいっていないことを明かした。

今後もラウタロ・マルティネスが最優先の契約かについては「我々が今、スポーツ面で集中していることは、この後に迎える欧州CLだ」と返答した。

来季、多くの選手がトップチームに加わる予定であることについては「我々にはすでに7人の新規プレーヤーがいる。バルサは1月に将来に向けた一連の賭けを行ったんだ」と答えた。

さらに来季トップチームに所属する選手たちについて説明。

「(スペインU-19代表の)ペドリは信じ難い才能を備えた若い選手だよ。我々は非常に無名だった(ポルトガルU-21代表の)トリンコンと1月に契約を結んだが、彼はすでに欧州のU-21世代で最高の選手になっている。そして(ブラジル人の)マテウス・フェルナンデスは、スペインに来るために書類上の問題を抱えていたのであまりプレーしていなかったが、もう解決している。(前所属の)バリャドリードでほとんど出場していないが、クオリティーの高さを見せていたよ。(ユベントスから加入予定の)ピャニッチはおそらくトップチームを『0分』で強化してくれる選手だ。そして昇格するバルサBの選手を見るのはとても興奮するよ。アラウホ、リキ・プッチ、アンス・ファティがトップチームの選手になる予定だ」。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200726-27261041-nksports-socc

メッシが指名!? バルサ復権に荒療治か…次期指揮官はまさかの人選に 

スクリーンショット 2020-07-26 20.20.53のコピー

ラキティッチ、ビダルらバルサ12選手が退団可能性 

スクリーンショット 2020-07-24 13.47.39のコピー




1: 2020/07/24(金) 12:24:38.50 _USER9
まだ欧州チャンピオンズリーグ(CL)が残されており、シーズンは終わっていないものの、バルセロナは既に今夏の移籍市場に向けた仕事に取り組んでいる。そんな中、スペイン紙マルカ電子版は23日、退団の可能性がある選手がバルセロナに12人いることを伝えている。

バルセロナの今夏最大の目標がインテル・ミラノでプレーするアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス獲得である中、選手放出には資金調達やトレード要員、人員整理という理由がある。

退団の可能性がある選手として同紙は、GKのネト、DFのセメード、ウムティティ、ジュニオル、MFのラキティッチ、ビダル、FWのデンベレ、ブライトバイテ、期限付き移籍から戻ってくるアレニャ(ベティス)、ラフィーニャ(セルタ)、トディボ(シャルケ)、コウチーニョ(バイエルン・ミュンヘン)の12人を挙げており、1チーム分作れることを強調している。

これらの選手たちの多くは他クラブに所属した場合、スタメンを構成するに十分な戦力になる。しかしバルセロナ内では来季、監督を納得させるプレーができていない、入団後のパフォーマンスと比較してコストが高いなどの理由で居場所がなくなる可能性があり、今夏の退団候補となっている。

この中でも特に高給取りのコウチーニョとデンベレを放出した場合、クラブは新型コロナウイルスの影響を大きく受けている財政面の負担を大幅に軽減することができる。2選手はクラブ史上の移籍金最高額の上位2選手として入団しながらも、重要な地位を築けていないが、市場価値は依然として高いとのことだ。

またセメード、ラキティッチ、ビダル、ラフィーニャ、トディボも人気があるため、移籍先を見つけるのは難しくないと見られている。一方、その他の選手たちはこの後、クラブと話し合いを行い、解決策を見つける必要があるとマルカ紙が伝えている。(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/19f0ef877323e5579b95d61a8ba3f2f50a2c5674

小柳ルミ子さん、バルサ監督交代訴え「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」 

スクリーンショット 2020-07-22 1.49.32のコピー




1: 2020/07/21(火) 19:39:38.93 _USER9
 バルセロナの熱狂的ファンとして知られる女優で歌手の小柳ルミ子さん(68)が公式ブログでキケ・セティエン監督に苦言を呈した。

 バルサは新型コロナウイルスによる中断明けに失速。リーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦ではFWリオネル・メッシがエデル・サラビア助監督を無視したこと、試合後のドレッシングルームで選手と監督が激しい口論になり、選手たちがセティエンを批判したことが報じられた。

 チーム内に不協和音も広がる中、宿敵レアル・マドリーに逆転優勝を許したバルサ。小柳さんは「選手達と監督セティエン コーチサラビア 信頼関係が全くなかった」「私でさえリスペクトも愛情も全く感じなかった」と選手に寄り添い、指揮官を批判。

 さらに、セティエンが発したUEFAチャンピオンズ・リーグ(欧州CL)を見据えたコメントを引用し、「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」と監督交代を訴えると、「そう言う人間性だから選手達は辟易してたんじゃないんですか?」と苦言を呈した。

  小柳さんは宿敵レアルの優勝に悔しさをにじませつつ、「ジダンがベンチに座る姿殆ど見た事がない」「常に選手達を愛情を持って見つめ一緒に闘っているのだ!」と指摘。ジネディーヌ・ジダンとセティエンを対比し、指揮官としての姿勢を説いた。最後は「メッシ様 貴方には不動のポジションがあります どうか1人で責任を背負わないで下さい」と寄り添い、「大好きです 尊敬しています」とリスペクトを綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b213a526929d1c30c6fb1341bcc2175f3e741745



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索