Samurai Goal

バイエルン・ミュンヘン


スポンサード リンク





バイエルン、重鎮4選手がコバチの解任希望か…出場時間や戦術に不満 

GettyImages-1056907204-800x533

バイエルン不振の原因は?マテウス氏はハメスに苦言!「先発でないと気分が悪くなるようだ。」  


lothar8-1536939694



1: 2018/10/10(水) 08:40:47.50 _USER9
元ドイツ代表MFで、ブンデスリーガのご意見番でもあるローター・マテウス氏が、不振に陥るバイエルン・ミュンヘンについて語っている。ドイツ『スカイ』が伝えた。

バイエルンは公式戦4試合勝利なし。今シーズンから指揮を執るニコ・コバチ監督は解任とも危機とも伝えられるが、マテウス氏は首脳陣の責任であると指摘する。

「バイエルンの首脳陣は時間内にチームを再編成することに失敗したんだ。彼らは繰り返し選手たち契約を延長し、市場にいる若いタレントを無視し続けた。2013年にチャンピオンズリーグ決勝を戦った選手が先週は9人もプレーしていた」

また、不満を溜めているとされるロベルト・レヴァンドフスキ、フランク・リベリ、アリエン・ロッベン、ハメス・ロドリゲスなどには苦言。特にハメスに関しては「先発でないと気分が悪くなるようだ。途中から出ても、まるでチームの一員でないかのようにプレーしている」と批判した。

「バイエルンはワールドクラスのクラブであり、そのような素晴らしいクラブでプレーできることに選手たちは感謝しなければならない」とも語ったマテウス氏。選手たちはレジェンドの提言に耳を貸すのだろうか。

10/9(火) 19:32配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000019-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181009-00000019-goal-000-2-view.jpg

【サッカー】<どうしたバイエルン!?> ホームでボルシアMGに0-3の敗北!暫定5位に転落..香川欠場のドルトムントが首位キープ!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538884114/

どうしたバイエルン!? ホームでボルシアMGに0-3の敗北!暫定5位に転落..ドルトムントが首位キープ!  

1: 2018/10/07(日) 12:48:34.27 _USER9
no title


現地時間6日にブンデスリーガ第7節の試合が行われ、首位ドルトムントはホームに8位アウグスブルクを迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する香川真司は負傷により欠場した。試合開始して22分、フリーキックからアルフレッド・フィンボガソンに押し込まれアウグスブルクに先制されてしまう。それでも62分、中盤でボールを奪った後にアクセル・ヴィツェルが素早くパスを出し、ジェイドン・サンチョがゴール前に折り返したボールにパコ・アルカセルがつめてドルトムントが同点に追いつく。

 だが72分、中盤でボールを奪われた後のカウンターからフィリップ・マックスにゴールを決められ再びアウグスブルクに勝ち越された。80分、フリーキックにアルカセルが合わせてドルトムントはまたも同点に追いつく。さらに84分、アクラフ・ハキミの縦パスに反応したマリオ・ゲッツェがゴールを決めて逆転に成功。

 しかし喜びもつかの間、コーナーキックからミヒャエル・グレゴリッチュの得点を許し3-3に。それでも後半アディショナルタイム、アルカセルがフリーキックから直接決めて劇的な4点目。結局、ドルトムントが4-3の勝利をおさめ首位をキープしている。

【得点者】
22分 0-1 フィンボガソン(アウグスブルク)
62分 1-1 アルカセル(ドルトムント)
72分 1-2 マックス(アウグスブルク)
80分 2-2 アルカセル(ドルトムント)
84分 3-2 ゲッツェ(ドルトムント)
87分 3-3 グレゴリッチュ(アウグスブルク)
90分+6分 4-3 アルカセル(ドルトムント)

10/7(日) 0:29配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00291864-footballc-socc

つづく

バイエルン、ボルシアMGに3失点完敗で公式戦4試合勝利なし…5位転落 

名称未設定 1

バイエルンの今シーズンの戦力は世界最高なのだろうか!!? 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 15:37:01.82 ID:TCp/VR6D
来季のバイエルンは最強か 英紙が紹介した予想スタメンに世界最強との声広がる
http://www.theworldmagazine.jp/20160511/01world/germany/60973

no title

ブンデスリーガ会長がバイエルンのあまりの強さに・・・「ブレーメンがほとんど抵抗できなかったことにショックを受けた」 

1: 名無しさん 2016/08/28(日) 18:54:24.00 ID:CAP_USER9
ドイツサッカーリーグ機構(DFL)のラインハルト・ラウバル会長は27日、
16-17ブンデスリーガ第1節でバイエルン・ミュンヘンがヴェルダー・ブレーメンに6-0で大勝したことは、リーグにとって良い宣伝にならなかったと語った。

前季王者バイエルンの本拠地アリアンツ・アレーナで行われたこの試合、
合計二十数本のシュートを放ったバイエルンに対し、ブレーメンは相手守護神のマヌエル・ノイアーに4本のシュートを浴びせるにとどまった。

ラウバル会長は「バイエルンがかなり良いサッカーを見せたが、ブレーメンがほとんど抵抗できなかったことにショックを受けた」という。

210か国と地域で放送されたこの試合についてラウバル会長は、「誰もこの試合をきわどい試合だったとは言わないだろう。
何百万人もの視聴者がゴール数を楽しんで、それが何らかの埋め合わせになっていればいいと願う」と語った。

バイエルンは昨シーズンの開幕戦でも5-0でハンブルガーSVを下しており、
ラウバル会長はいかにしてバイエルンの開幕戦を一方的にならないようにするか思案していたという。

ラウバル会長は、前年王者のチームは開幕戦を本拠地で迎えるブンデスリーガの伝統を変更を検討したというが、
過去数年リーグのトップチームとして君臨してきたバイエルンとボルシア・ドルトムントを開幕節で直接対決させることは選択肢にないという。

「すでに26日の試合中、『誰が来シーズンの開幕戦のことなんて考えるんだ』と思った。
トップチームがベストなコンディションにない開幕戦で、シーズンのハイライトになるような試合はしない。他のどのリーグも、そんなことはしないだろう」

バイエルンは今シーズン、ペップ・グアルディオラ前監督に代わってカルロ・アンチェロッティ新監督を迎えたが、
過去4シーズンにわたって絶対的な強さを誇ってきたチームに死角は見当たらない。

AFPBB News / 2016年8月28日 16時57分
http://news.infoseek.co.jp/article/afpbb_3098912/

写真
no title


【サッカー】<ドイツ>ブンデスリーガ開幕! バイエルン、レバンドフスキがいきなりハットトリック!開幕戦は6発圧勝
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1472261092/

【画像】バイエルン公式のICCバイエルン×ミラン戦のバナーの中央に本田圭佑!! 

181: 名無しさん 2016/07/27(水) 18:50:49.10 ID:Lv5w2XfB0
バイエルン公式も本田だな


no title

https://twitter.com/FCBayernEN/status/758201371040645120

ICC バイエルン×ACミランのスタメン予想!ミラン本田圭佑の名前はなし 

104: 名無しさん 2016/07/27(水) 08:42:57.53 ID:72fszT1P0
no title

バイヤンと

105: 名無しさん 2016/07/27(水) 08:45:28.94 ID:72fszT1P0
no title

予想フォメ

【ハイライト動画】王者バイエルンが5部相手に4-3の辛勝…ロッベン負傷交代 

1: 名無しさん
no title


Highlights: SV Lippstadt 08 vs. FC Bayern | Friendly
https://youtu.be/7XH2nO06X24



【リメンバーゲッツェw】バイエルンがドイツ杯決勝の対戦前に48億円でのフンメルス移籍 合意狙う! 

1: 名無しさん 2016/05/03(火) 21:47:10.51 ID:CAP_USER9
独紙報じる ドルトムントとの頂上決戦を前に”造反移籍”が完了の見込み

フンメルス”禁断の移籍”が衝撃の決着へ バイエルンがドイツ杯決勝の対戦前に48億円で合意狙う


 バイエルン・ミュンヘンへの移籍希望を表明したドルトムントの主将DFマッツ・フンメルスの”禁断の移籍”交渉が、両クラブが激突する5月21日のDFBポカール決勝前に完了する可能性が浮上している。英地元紙「ビルト」が報じた。

 今夏の移籍が噂されていたフンメルスだが、ドルトムントは公式サイトでバイエルンへの移籍希望をクラブに伝えたと公表していた。不倶戴天のライバルへの移籍願望を公表後、最初の試合となった30日のヴォルフスブルク戦では、ウォーミングアップ時からブーイングを受け、スタンドには「船長が船を見捨てるとは」と書かれた横断幕が掲げられるなど、ドルトムントのサポーターから手荒い洗礼を受けた。

 すでにサポーターにとって完全な”裏切り者”となったフンメルス。記事ではすでに移籍交渉の事実を認めていたバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、移籍交渉を今月21日のポカール決勝前に完了させる見込みだと伝えられている。また、移籍金は4000万ユーロ(約48億円)ほどになるという。

 移籍決定後に直接対決という複雑な状況は、13年のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェのケースとよく似ている。この時はUEFAチャンピオンズリーグ決勝での直接対決が控えるなか、ゲッツェのドルトムントからバイエルンへの移籍が決定していた。そしてゲッツェは、負傷のため決勝を欠場している。

マテウス氏が歩んだ“裏切り移籍”の道

 また「ビルト」紙では1984年に起きた元ドイツ代表のレジェンド、ローター・マテウス氏の例も紹介している。当時、ボルシアMGに所属していたマテウス氏は、DFBポカール決勝でバイエルンと対戦。バイエルン移籍がすでに決定していたなかで臨んだこの試合、マテウスがPKを失敗したことでボルシアMGはタイトルを逃していた。フンメルスはゲッツェのように最後の決戦を欠場するのか、それとも、マテウスのように新天地との戦いに出場するのだろうか。

 8年半に渡り、ドルトムントで活躍してきたキャプテンは下部組織の一員としてプレーしていた古巣復帰を熱望している。世間の注目を集めたキャプテンの”裏切りの移籍”は、シーズン終了を待たずして決着の時を迎えようとしている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160502-00010016-soccermzw-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索