Samurai Goal

バイエルン


スポンサード リンク





35歳のC・ロナウドにバイエルン会長が挑発!?「歳をとり過ぎている」 

1: Egg ★ 2020/02/08(土) 13:09:23.32 ID:KCtFErlY9
バイエルン・ミュンヘンの会長ヘルベルト・ハイナーは、ここ数時間で噂されたクリスティアーノ・ロナウドとクラブを結びつけた噂について意見を述べた。ハイナーの発言は、常に素晴らしいエゴを示してきたポルトガル人FWを喜ばせるものではなかった。

「3メートルくらいに見えた」フェリックスがCR7との思い出を告白

ハイナーは、2月5日35歳を迎えたクリスティアーノは既にピークを過ぎた選手だと述べている。
「多くの名前が飛び回っている。ロナウド?彼は我々にとっては歳をとり過ぎている」と昨年11月にバイエルンの会長に就任したハイナーは皮肉を込めて主張した。

マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、ユヴェントスでリーグタイトルを獲得したクリスティアーノ・ロナウド。ブンデスリーガで4つ目のリーグ制覇を狙うという可能性は非常に低いが、万が一彼がドイツに行く準備をするとしたら、バイエルン・ミュンヘンのシャツを着ることはないだろう。

C・ロナウドは今シーズン、セリエAで19ゴールを記録し、35歳でもまだ完璧にプレーできることを示している。さらに彼は、2022年6月30日までユヴェントスと契約を結んでいる。

2/8(土) 12:57配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00010009-sportes-socc

写真
no title

バイエルン、シャルケGKニューベルの来夏加入を発表…移籍金は発生せず 

20200104-01017992-soccerk-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2020/01/04(土) 21:21:00.33 ID:7XVcuqGp9
1/4(土) 20:05配信SOCCER KING


 バイエルンは4日、シャルケのドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルが来夏から加入することを発表した。

 ニューベルは1996年生まれの23歳。2015年にシャルケへ加入。今シーズンからはキャプテンに指名され、ここまでブンデスリーガで15試合に出場していた。

 ニューベルはシャルケと来シーズンの契約を更新しないことを発表しており、バイエルンには移籍金なしで加入することとなった。また、バイエルンは同選手の来夏の加入と5年契約を締結したことを伝えている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-01017992-soccerk-socc

スパーズ解任のポチェッティーノ、次の職はバイエルン指揮官か  

1: 久太郎 ★ 2019/11/21(木) 11:47:12.10 ID:C9Tk6y0s9
マウリシオ・ポチェッティーノ氏(47)にバイエルン就任の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・メール』がドイツ『ビルト』を引用して伝えた。

2014年にサウサンプトンからステップアップする形でトッテナムの監督に就任したポチェッティーノ氏。クラブを近年のプレミアリーグでトップ4の常連にすると共に、昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導くなど躍進させてきた。しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグでプレミアリーグで3勝4敗5分けの14位と低迷。早くもトップ4フィニッシュに暗雲立ち込め、20日に解任が発表された。

そんなポチェッティーノ氏、早くもドイツ王者が注目している模様。バイエルンのスポーツディレクターを務めるハサン・サリハミジッチSDが同氏を高く評価しており、現在、ニコ・コバチ監督を解任し、空位となっている監督に招へいしたい意向のようだ。

だが、ポチェッティーノ氏はドイツ語を話すことができない。そこで、今シーズンいっぱいは、暫定的に指揮官を務めるハンジ・フリック氏の体制を継続し、ドイツ語の習得期間を与えることで、来夏に就任させることも考慮しているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00364774-usoccer-socc

レヴァンドフスキ(バイエルン)51年ぶりブンデス記録更新!開幕11試合16ゴール…公式戦無得点は2試合のみ  

1: Egg ★ 2019/11/10(日) 07:27:57.66 ID:qsdKP91m9
写真
no title


バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキが、51年ぶりにブンデスリーガ記録を更新した。

9日に行われたブンデスリーガ第11節で、ドルトムントとの「デア・クラシカー」を迎えたバイエルン。最大のライバルとの大一番だったが、本拠地で躍動するチームは17分、レヴァンドフスキのゴールで先制に成功する。後半も勢いは止まらず、47分にニャブリ、76分にレヴァンドフスキ、80分にはオウンゴールで3点を追加し、4-0でドルトムントを粉砕した。

この試合で2ゴールを挙げたレヴァンドフスキ。これでリーグ戦開幕から11試合連続得点を記録。通算得点数は「16」となり、元西ドイツ代表にしてバイエルンOBでもあるゲルト・ミュラー氏の記録(15ゴール)を51年ぶりに更新した。

なおレヴァンドフスキは、チャンピオンズリーグでも4試合で6ゴールを記録し、DFBポカールでも1得点。今季は出場18試合で得点を奪えなかった試合はたった2試合のみ(DFBポカール:ボーフム戦、DFLスーパーカップ:ドルトムント戦)であり、通算得点数は「23」にも及んでいる。キャリア最高の時を過ごす31歳ポーランド代表FWを、止める手立てはないのかもしれない。

また、この試合で2アシストを記録したMFトーマス・ミュラーは、『Opta』が統計を始めて以降、ブンデスリーガで100アシストに到達した初の選手となっている。

GOAL11/10(日) 7:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010009-goal-socc

ドイツ代表GKノイアー語る 友人・内田篤人…Jリーグ移籍…バイエルン…  

no title




1: 久太郎 ★ 2019/10/08(火) 10:06:41.29 ID:2wy9GNFE9
 バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(33)が、2日に行われたドイツ1部のバイエルン対ホッフェンハイム戦後、日本メディアの合同インタビューに応じた。日本ではかつてシャルケに所属した元日本代表DF内田篤人(31)と親交が深かったことでも知られる世界屈指のGKが、現在のチーム状況、日本人選手の印象や旧友・内田との思い出などについて語った。

 ―ホッフェンハイム戦は1―2と今季初敗北。ブンデスリーガ8連覇を目指す今季は、新加入選手(ブラジル代表MFコウチーニョなど)も加わったが、ここまでどういった印象か?

 「自分としては、もちろん勝ってこの場(インタビュー)に臨みたいと願っていました。しかし、敗北というのは試合につきものです。また、敗因は自分たちにあると思っていて、私たちのプレーが対戦相手を強くしてしまいました。ロンドンでの試合の勝利(10月1日、CLのトッテナム戦に7―2で勝利)があったので、後半戦で盛り返せるとみていました。残念ながら今日の試合ではそうはならなかった。簡単なミスでゴールを取られ、前半戦の終盤には絶好のチャンスを生かすことができませんでした。新加入選手についてですが、彼らの加入によってチームのメンバーの補強はしっかりできたんじゃないかと思います。より柔軟性に富んだチームになったと思うし、先発メンバーについてはこれからですが、まだシーズン序盤です。今シーズン私たちが最終的にどんな結果を残すことができるのか、まだ誰にも分かりません。私たちには大きな目標があり、それに向けてのやる気は十分で、どん欲に戦います」

 ―バイエルンは常に追われる立場のチームですが、王座を守る難しさとは? 個人としてチームとしてどう考えている?

 「まず、サッカーというスポーツのあり方によるところなんだと思いますが、プロ選手である以上は、常に勝利したいと思っているし、野心的であり続けます。勝利を得るためなら、全てを捧げます。今日もまた感じたと思いますが、ドイツ・チャンピオンになることは簡単なことではありません。今日のような日も必然的に伴ってきます。昨シーズンも最終的にブンデスリーガで優勝するのにかなり苦労しました。今私たちは7連覇というリーグ記録を保持しています。チームとしてはこの記録をさらに伸ばすことを目標にしています。私個人としても、さらなる優勝をどん欲に目指しています。私は、その7連覇の最初の優勝から全てを経験している選手の一人です。私以外には、トーマス・ミュラー、ダビド・アラバ、そしてジェローム・ボアテングも一緒に成し遂げてきました。もちろんそれは素晴らしいことで、このブンデスリーガ優勝記録の更新は私たちの一番の目標です」

>>2以降に続く

バイエルン会長、ドイツ代表への “ボイコット宣言“を後悔?「もうあのような発言はしない」 

20190928-00010009-goal-000-2-view[1]

正GK問題に揺れるドイツ代表…バイエルン会長は“招集拒否”でレーヴ監督に圧力 

20190925-00983091-soccerk-000-1-view[1]

背番号10はロッベンからコウチーニョへ…バイエルンが期限付き移籍加入を正式発表  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 19:15:57.64 ID:12hPl/PP9
バイエルンは19日、バルセロナのブラジル代表MFコウチーニョの期限付き移籍加入を正式発表した。契約期間は20年6月30日までとなっている。

 昨季限りで退団したFWアリエン・ロッベンが背負っていた背番号10を着けるコウチーニョは、「僕にとって、この移籍は新しい国での新たな挑戦となる。本当に楽しみにしているよ。僕にもバイエルンにも大きな目標があり、新しいチームメイトとそれができると確信しているよ」と語っている。

 なお、スペイン『アス』によると、レンタル料は850万ユーロ(約10億円)で、1億2000万ユーロ(約142億円)での買い取りオプション付きとなるようだ。

8/19(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-43470702-gekisaka-socc

写真
no title

バイエルン、コウチーニョ獲得合意を発表…1年間のレンタル、買い取りOP付き  

1: Egg ★ 2019/08/17(土) 08:00:05.51 ID:YVtoSZiD9
バイエルンが、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョの獲得で正式合意に至ったとクラブの公式メディアを通して公表した。

声明によると2020年6月までの1年契約で、バイエルンには買い取りオプションが付いているという。ミュンヘンで近日中にメディカルチェックが行われ、その後正式にサインを交わす見通し。

今回の契約についてクラブ幹部のハサン・サリハミジッチは「いくつか詳細を詰める必要があり、まだすべて決まったわけではない。だが、バイエルンにこのような素晴らしいプレーヤーを迎え入れることができたし、
バルセロナに感謝したい」とのコメントを公表している。

また、ニコ・コバチ監督も「このようなトップ選手を招くことは、バイエルンだけに限らず、ブンデスリーガ全体、そしてドイツサッカー界にとっても大きなこと。今から楽しみにしている」と述べている。
2018年1月にリヴァプールからバルセロナに加わったコウチーニョ。カタルーニャで1年半プレーし、今季はミュンヘンへと新天地を求めることが確実となった。

8/17(土) 7:45配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00010004-goal-socc

写真
no title

「俺もバルサBからオファーあった」元バイエルン宇佐美、久保のレアル移籍に持論「堅実」  

20190723-00205520-soccermzw-000-22-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/23(火) 12:13:51.10 ID:WWri/iiQ9
【インタビュー③】10代で加入した強豪バイエルン時代を回想 「そこで見られる景色のレベルは相当なものだった」

ガンバ大阪にあの男が帰ってきた。

6月24日、ドイツ1部アウクスブルクからFW宇佐美貴史が完全移籍で加入すると発表された。
そして7月20日、アウェーで行われたJ1リーグ第20節の名古屋グランパス戦(2-2)で3年ぶりにG大阪のユニフォームを着て試合に出場。
2-2で迎えた後半アディショナルタイム1分に劇的な同点ゴールを決めて、いきなり“救世主”となった。

ドイツでの戦いを終えたばかりの宇佐美は今、どんな思いを抱いて再びJリーグのピッチに立つのか。
古巣帰還が発表されて間もない頃、大阪府吹田市の万博練習場で汗を流す宇佐美を直撃。全4回で宇佐美が思い描く現在、過去、未来をお届けする。

第3回となる今回は「10代選手のビッグクラブ移籍」について――。宇佐美がJリーグ復帰を果たした同日(現地時間)、
アメリカ・ヒューストンで行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、レアル・マドリードでの“デビュー”を飾った日本代表MF久保建英についても口を開いた。

   ◇   ◇   ◇

「今、誰かに『どうやった?』と聞かれたとしても、どんなことでも全面的に話せる」

宇佐美がそうはっきり話すのは、19歳で挑戦したバイエルン・ミュンヘン時代のこと。
2011年夏、まだ10代だった「天才少年」がドイツ“絶対王者”の一員になったことは日本中で話題になった。
G大阪の下部組織で育ち、16歳でトップチームに昇格。
17歳でデビューし、2年後には世界へ――。今でこそ、18歳の久保がFC東京からレアルへ移籍し、世界を騒がせているが、宇佐美は「10代でビッグクラブ」の“第一人者”とも言える存在だろう。

「23、24、25歳になったら(ビッグクラブ移籍を)決断できひんねんやろうな、とは思った。
『今やからできる』と、その時ですら思っていた。チャンスもないと思ったし、結果、決断として失敗になったとしても、自分が長くサッカーをするなかで、
その1年を10代で経験できる人はそんなにいないと思ったし、そこで見られる景色のレベルは相当なものやと思った。
実際、相当なものがあった。成功を求めて行ったけど、(失敗したとしても良いと思って)すべて込み込みやった」

恐れずに、チャレンジすることを決めた19歳の宇佐美。踏み切れたのは、ただ「行きたかった」「挑戦したかった」という思いからだけではない。
もちろん自信はあったが、そこには“勘違い”もあったから決断することができたのだという。

「若い時は、本気の“勘違い”をできる強さがある。振舞いで間違うこともあるけど、本気で『俺ってすごい』って勘違いできることは強いから。
過度の自信ぐらいでいいと思ったし、その自信が崩れた時に知れることもある」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00205520-soccermzw-socc
7/23(火) 10:30配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索