Samurai Goal

バイエルン


スポンサード リンク





CL準々決勝のドロー決定!バルサvsナポリ勝者はバイエルンvsチェルシー勝者と…ビッグマッチ続出の可能性 

1: 2020/07/10(金) 20:43:35.88
欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、準決勝の組み合わせ抽選会を行った。

新型コロナウイルスによる影響を受け、3月から中断されていたCL。8月に一斉開催となることが決まっていたが、9日にラウンド16セカンドレグ残り4試合の詳細が決定。マンチェスター・シティはレアル・マドリーを、バイエルン・ミュンヘンはチェルシーを、バルセロナはナポリを、ユヴェントスはリヨンをそれぞれが本拠地に迎えることが決まっている。

そして10日、準々決勝以降の組み合わせ抽選会が行われた。CL準々決勝は12日から15日まで、準決勝は18日と19日、決勝は23日にポルトガルで集中開催予定。通常のホーム&アウェイ方式ではなく、一発勝負で決することになる。なお決着がつかない場合、延長戦・PK戦が行われる。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。

マンチェスター・C対レアル・マドリーの勝者 vs ユヴェントス対リヨンの勝者:1

ライプツィヒ vs アトレティコ・マドリー:2

バルセロナ対ナポリの勝者 vs バイエルン対チェルシーの勝者:3

アタランタ vs パリ・サンジェルマン:4

準決勝の組み合わせは以下の通り。

1の勝者 vs 3の勝者
2の勝者 vs 4の勝者

なお決勝戦は、2の勝者 vs 4の勝者がホーム扱いとなることが決定した。

7/10(金) 19:29 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c65bb5cf927e4d5a0f5c2ed110fa89ee74dc308

写真
no title

<バイエルン>マンチェスターCからドイツ代表リロイ・サネを完全移籍で獲得したことを発表!背番号は「10」 

leroy-sane-manchester-city-2018-19_1nv7q0ffensin1uz8q1tyhppbh




1: 2020/07/03(金) 21:26:46.20
バイエルンは3日、マンチェスター・シティからドイツ代表FWリロイ・サネ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「10」に決まり、2025年6月30日までの5年契約となる。

 昨夏からサネの獲得に興味を示していたバイエルンだったが、シーズンはじめにサネが前十字靭帯を負傷した影響もあり、交渉はまとまらず。しかし、再び獲得に向けて動き、2年越しの移籍が実現した。サネは公式サイトで次のように意気込みを語っている。

「バイエルンは大きな目標を抱く、偉大なクラブだ。彼らの目標は僕と合致しているよ。新しいチャレンジを楽しみにしているし、新たな仲間と一緒にトレーニングすることを楽しみにしている。ハンジ・フリックはU-21ドイツ代表時代から知っている。僕たちは素晴らしい関係だったんだ。バイエルンでできるだけ多くのタイトルを獲得したい。中でも、一番はチャンピオンズリーグでタイトルを獲ることだ」

7/3(金) 21:13 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/063d6d706481c3237434df60c22b69795f989d72

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggAGuQIyqX_LqhTN7s61kjDA---x640-y480-q90-exp3h-pril/amd/20200703-43481490-gekisaka-000-1-view.jpg

バイエルンのFWコマン、24歳にして個人で“8季連続9度目”のリーグ優勝 

GettyImages-1193367896-1




1: 2020/06/17(水) 11:31:32.21
41分前
By サッカーキング編集部
サッカー総合情報サイト

2020.06.17 03:30

 ドイツ王者バイエルンは、16日に行われたブンデスリーガ第32節ブレーメン戦に1-0で勝利し、前人未到の8連覇を達成。バイエルンに所属するフランス代表FWキングスレイ・コマンにとっては、個人で8シーズン連続9回目の「国内リーグ優勝」となった。
 1996年6月13日生まれのコマンは、2004年からパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織に所属。コマンは2013年2月17日、2012-13シーズンのリーグ・アン第25節ソショー戦に途中出場し、16歳と249日の若さでPSGのトップチームデビューを果たした。PSGのトップチームでの公式戦出場は4試合に留まったが、12-13、13-14シーズンのリーグ・アン優勝を経験した。
 コマンは2014年夏、フリートランスファーでイタリアの名門ユヴェントスへと移籍。加入初年度の2014-15シーズンは、リーグ戦14試合に出場し、自身初となるスクデットを獲得した。
 コマンは翌2015-16シーズン、セリエAの1試合に出場後、夏の移籍市場の期限ギリギリでバイエルンへと2年間のレンタル移籍で加入することに。すると、1年目からブンデスリーガ23試合に出場して4得点5アシストを記録し、バイエルンのリーグ優勝に貢献した。さらに同シーズンはユヴェントスもセリエAで優勝したため、同選手は1シーズンに2つの異なるリーグタイトルを獲得することになった。
 バイエルンでの2年目もリーグを制したコマンは、2017-18シーズンにドイツ王者へと完全移籍を果たし、さらに3年連続でリーグタイトルを獲得することになった。

https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20200617/1083797.html?cx_top=topix

ブンデス第32節 バイエルン、前人未到の8連覇達成! レバンドフスキの決勝点でブレーメンに1-0勝利 

20200617-00377504-footballc-000-1-view




1: 2020/06/17(水) 06:54:38.42
【ブレーメン 0-1 バイエルン ブンデスリーガ第32節】
 
 ブンデスリーガ第32節、17位ブレーメンと首位バイエルン・ミュンヘンの試合が現地時間16日に行われた。アウェイのバイエルンが1-0の勝利をおさめている。

ブレーメンに所属する大迫勇也は先発出場を果たした。43分、浮き玉のパスに反応したロベルト・レバンドフスキがDF裏に抜き出して突破し、シュートを放って先制点を決める。79分にアルフォンソ・デイビスが2枚目のイエローカードを提示されて退場し1人少ない状況となるが、リードを守り切ったバイエルンが1-0の勝利をおさめた。

 この結果、2位ドルトムントの試合結果に関係なく勝ち点差は7以上になることが決定し、残り試合で逆転される可能性がなくなったため、バイエルンのリーグ優勝が決まっている。2012/13シーズンから2019/20シーズンまで続く前人未到の8連覇達成となった。

【得点者】
43分 0-1 レバンドフスキ(バイエルン)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c350f02d3fe7651a39bc77f9ce7c277e85ba9e6b
6/17(水) 5:52配信



https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/56
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/56
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077024
試合スコア

「バイエルンは強すぎる。退屈で悲しい」ドイツ代表GKがブンデスリーガに嘆き 

20200608-00010012-goal-000-1-view

宇佐美とバイエルン時代、CL決勝で感じた“熱量差” 柿谷は意義強調「貴史以上の実績ない」 

20200531-00264267-soccermzw-000-5-view

ペップを超えたフリック監督、バイエルン強すぎで就任後25戦22勝! 

20200531-00375411-usoccer-000-1-view

5大リーグの今季のリーグ戦の優勝チーム→バルサ、マンC、ユベントス、PSG、バイエルン 

20200510-00000005-jij_afp-000-3-view




1: 2020/05/30(土) 23:45:16.95 0
過去2シーズンと全く同じ…

ハーグリーブス「ハーランドは素晴らしいが、バイエルンではレギュラーになれない」 

20200523-00010023-goal-000-1-view

宇佐美貴史、バイエルン移籍「すがすがしいくらいの失敗」に後悔なし…記者が見ていた 

20200510-05090235-sph-000-3-view




1: 2020/05/10(日) 06:03:42.52
 日本人が世界一に近づけるかもしれない―。そんな夢を見せてくれたのが、2011年にG大阪からドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンへ移籍したFW宇佐美貴史だ。17歳でプロデビューした“G大阪の至宝”は、19歳で欧州屈指のビッグクラブに引き抜かれた。

 移籍会見での言葉は、野心に満ちていた。「争いは過酷ですが、学ぶことは多い。技術は通用するんじゃないかと思っている」「最終的にはバロンドール(欧州最優秀選手賞)という目標を持っているし、バイエルンで主力になれればそういうチャンスはある」。欧州の中堅クラブからもオファーを受けたが、最も難しい挑戦を選んだ宇佐美は、可能性の塊だった。

 シーズン前の欧州の強豪クラブが集まる親善試合・アウディカップのバルセロナ戦(7月27日)。先発のチャンスを与えられると、スペイン代表MFイニエスタ(現神戸)らを擁したバルセロナ相手に、スルーパスで決定機を作り出すなどインパクトを残した。試合後にはバルサの次期司令塔と目されていた当時20歳のMFチアゴ(スペイン代表、現バイエルン)とユニホームを交換。「技術は通用した。ユニホームはイニエスタを狙っていたんですけど」と語るなど、手応えを得ているように見えた。

 だが、あるバイエルン関係者は「今日の宇佐美はすごくよかった。でも、ここはただのクラブじゃない。いくらいい選手でも簡単には成功できないんだ」と話していた。バイエルンの方言に「MIA SAN MIA」というクラブを体現する言葉がある。「自分たちは自分たち」という意味だ。ドイツで最多優勝を誇る名門には「俺たちは特別だ」という強烈な自負が随所に浸透していた。

 宇佐美はバイエルンで結果を残せなかった。その後もドイツの3クラブでプレーしたが、「(ドイツ挑戦は)すがすがしいぐらいの失敗でした。ただ、バイエルンを選んだことに後悔はない」と語っている。復帰したG大阪で、鮮やかで人を引き付ける彼のプレーを見ると、何が足りなかったのか、といつも思う。私が取材で選手に技術以上のものを探すようになったのは、彼の挑戦からだ。

 数多くの日本人選手が欧州に渡り、強豪で結果を残す選手も出てきたが、バイエルン級のビッグクラブで、エースで活躍した選手はまだいない。いつか19歳の宇佐美のようなギラつきを見せ、特別なクラブの“特別な選手”にのし上がる選手が出てくるだろう。その時が日本サッカー界にとって次の扉が開く瞬間になると思っている。(金川 誉)

 ◆宇佐美 貴史(うさみ・たかし)1992年5月6日、京都・長岡京市生まれ。28歳。G大阪ユース在籍中の2009年、当時クラブ初となる高校2年でトップ昇格。11年にドイツ1部バイエルン、12年はホッフェンハイムに期限付き移籍。13年にG大阪に復帰し、14年の国内3冠に貢献。16年に再びドイツ1部アウクスブルクに移籍。17年に同2部のデュッセルドルフへ。昨年、G大阪復帰。ドイツ1部で通算53試合3得点。J1は135試合52得点。178センチ、69キロ。

 ◆金川 誉(かながわ・たかし)1981年10月3日、兵庫県生まれ。38歳。大阪教育大から2005年入社。大阪本社でサッカーを中心に担当。

https://news.yahoo.co.jp/articles/301dc730e66af06c4845acdab1eca82f7c39f4b2
5/10(日) 6:00配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索