Samurai Goal

バイエルン


スポンサード リンク





RBライプツィヒ最新スタメン全選手紹介。バイエルンの9連覇阻止に立ち向かう、多士済々のタレント 

スクリーンショット 2020-11-16 8.39.28

「もっとゴールを決めなければ…」ハーランド、1ゴールもバイエルン戦黒星に悔しさあらわ 

スクリーンショット 2020-11-08 18.08.19

クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」 

スクリーンショット 2020-10-29 23.53.16

欧州CL鳴動 リバプール、バイエルン、レアル・マドリー、チェルシー…「大型補強と継続」に見る「CLの掟」 

スクリーンショット 2020-10-28 21.56.25

ブンデス第4節 堂安初得点のビーレフェルト、レヴァンドフスキ2発のバイエルンに4発完敗 

スクリーンショット 2020-10-18 8.55.43




1: 2020/10/18(日) 03:52:38.22 _USER9
ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、堂安律が所属するビーレフェルトとバイエルンが対戦した。堂安は3トップの左で開幕4試合連続となる先発出場を果たし、

 前節のブレーメン戦に敗れたビーレフェルトは勝ち点4ポイントで暫定12位に位置。対するバイエルンはヘルタ・ベルリン戦に劇的な勝利を収め、勝ち点6ポイントで暫定7位に位置している。昇格組のビーレフェルトが王者バイエルンをホームに迎えた。

 試合序盤から圧倒的に主導権を握るバイエルンは8分、スルーパスを受けたトーマス・ミュラーが中央へ折り返すと、一度相手ディフェンダーにカットされるが、こぼれ球を自ら押し込んで先制点を奪った。

 ビーレフェルトは堂安が前線で体を張ってボールを収めるが、なかなかバイエルンの守備を崩すことはできない。バイエルンは25分、レオン・ゴレツカのパスをゴール前で受けたロベルト・レヴァンドフスキが右足の狙いすましたシュートで2点目を奪った。

 ビーレフェルトは43分、右サイドでボールを受けた堂安がカットインから左足でシュート。しかし、GKマヌエル・ノイアーにキャッチされた。バイエルンは前半アディショナルタイム1分、ペナルティエリア内でボールを受けたレヴァンドフスキが右足のシュートで3点目を奪った。

 3点リードで後半へ折り返したバイエルンは51分、右サイドのクロスにミュラーが右足で合わせ、4点目を奪った。ビーレフェルトは58分、右サイドのペナルティエリア内に侵入した堂安がフェイントから右足を振りぬき、ゴール左にシュートを決めた。ビーレフェルトはさらに70分、ペナルティエリア手前でボールを受けた堂安が左足で強烈なシュートを放つが、ボールは枠を越えた。

 バイエルンは76分、コランタン・トリッソが危険なスライディングタックルでレッドカードを受け、一発退場となる。10人になったバイエルンはペースダウン。終盤に得点は生まれず、バイエルンがビーレフェルトを下した。バイエルンは勝ち点を9ポイントに伸ばし、暫定2位に浮上。ビーレフェルトは暫定13位に後退した。

 次節、ビーレフェルトは25日にアウェーでヴォルフスブルクと、バイエルンは24日にホームでフランクフルトと対戦する。

【スコア】
ビーレフェルト 1-4 バイエルン

【得点者】
0-1 8分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
0-2 25分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-3 45+1分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-4 51分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
1-4 58分 堂安率(ビーレフェルト)

https://news.yahoo.co.jp/articles/5953466578c7dc3f0c23ec331e12dbec763a620b
10/18(日) 3:21配信

1
この記事についてツイート
この記事についてシェア

https://youtu.be/HHm3o_gT4uE?t=373



https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20112586
試合スコア

バイエルンサポーター800人がチケット返却...UEFAスーパーカップ決勝で緊急事態 

スクリーンショット 2020-09-23 10.51.00

<リバプール>バイエルンのチアゴ・アルカンタラを4年契約!総額約31億円で“クロップの恋人”を射止める 

スクリーンショット 2020-09-19 15.20.24




1: 2020/09/19(土) 00:42:08.36 _USER9
現地時間9月18日、リバプールはバイエルン・ミュンヘンからスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを完全移籍で獲得したと発表した。

英公共放送『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約25億円)で、500万ポンド(約6億2500万円)のボーナス付き。契約期間は2024年6月30日までの4年間となっている。背番号はバイエルン時代と同じ6番を背負う。

現在29歳のチアゴはバルセロナのカンテラ(下部組織)出身。2013年に当時のジュゼッペ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)に乞われてバイエルンに移籍。7年連続のリーグタイトル獲得や昨シーズンのチャンピオン・リーグ制覇に貢献した。

そのドイツの絶対王者でも主力を担っていたが、契約が残り1年となった今夏に、新しいチャレンジを志願。かねてより獲得を熱望していたユルゲン・クロップ監督が率いるリバプールの一員となった。

卓越したテクニックとプレービジョンで攻撃を操る司令塔の加入は、どちらかといえば武闘派揃いだったレッズの中盤に、小さくないプラスをもたらすのは間違いない。

ここまで新戦力はオリンピアコスから獲得したギリシャ代表SBのコスタス・ツィミカスのみと、静かな動きに終始していたプレミア王者に、頼もしいニューカマーが加わった。

9/19(土) 0:10配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/57ed7fc7d6ef3af3f593f413fac9213e615258b1

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggnonEUQewZKIEFgbXo6893g---x640-y483-q90-exp3h-pril/amd/20200919-00079312-sdigestw-000-7-view.jpg

<バイエルンMFチアゴ・アルカンタラ>リバプール移籍が秒読みに!南野拓実の起用法に影響も 

1: 2020/09/17(木) 22:06:09.73 _USER9
停滞していた移籍交渉が一気に動き出したようだ。

9月17日、英公共放送『BBC』をはじめとする英国メディアが、バイエルン・ミュンヘンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのリバプール移籍が秒読みになったと伝えた。
現在29歳で、契約満了まで残り1年となったチアゴは、新しいチャレンジを望み、リバプールとは相思相愛だと報じられてきた。

しかし、3000万ポンド(約42億円)の支払いを要求するバイエルンとの交渉が難航。2700万ポンド(約37億8000万円)まで減額されたものの、
バルセロナが獲得を狙っているMFジョルジニオ・ヴァイナルダムを売却して資金を捻出するという手段も検討され、しばらく交渉が進展しなかった。
 
そんななか、チアゴ本人が「バイエルンを退団したいとは言っていない」と発言。残留も取り沙汰されたが、ついにリバプールが2700万ポンドを支払う決断を下したという。
バイエルンを欧州制覇に導いた司令塔の加入は、トップ下での起用が検討されている南野拓実にも影響を与えるかもしれない。

9/17(木) 18:50配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/9e4995263dfa7be792ae5ec29d0862369c1eae14

写真
no title

<バイエルンのフリック監督>ペリシッチの買取断念 昨夏、インテルから買取オプション付のレンタルで加入 

1: 2020/09/09(水) 23:24:02.38 _USER9
バイエルンのハンジ・フリック監督がクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)の買取オプションを行使しないことを明言した。ドイツ『Abdenzeitung』に語っている。
フリック監督はペリシッチの去就について「我々はオドリオソラ、コウチーニョ、ペリシッチの買取オプションをそれぞれ行使しないことを決めた」と明言。

昨夏、インテルから買取オプション付きのレンタルで加入していたペリシッチは、公式戦35試合の出場で8ゴール10アシストを記録。途中出場が多かったものの、
8月に再開したチャンピオンズリーグではチェルシー戦とリヨン戦でゴールを挙げて優勝に貢献するなど、印象的な活躍を見せていた。

そのペリシッチの買取に向け、1200万ユーロ(約15億2000万円)のオファーを提示したとも報じられたバイエルンだったが、
インテル側は少なくとも1500万ユーロ(約19億円)の移籍金を求めていたようで、合意には至っていなかった。

9/9(水) 23:00配信 超WORLDサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/108b35a508ec48b0f12473f862b1a4b1e7a6af1b

写真
no title

<バイエルン>コウチーニョのバルサ復帰を正式発表…11ゴール9アシストで3冠貢献 

1: 2020/09/02(水) 23:37:22.99 _USER9
バイエルンは2日、バルセロナから期限付き移籍で加入していたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて、レンタル期間終了に伴いバルセロナへ復帰することを発表した。

現在28歳のコウチーニョは、インテルやリヴァプールなどを経て、2018年1月にバルセロナのクラブ史上最高額となる1億6000万ユーロ(当時レートで約218億円)で加入した。

しかし、『カンプ・ノウ』では十分なインパクトを残せず、昨年8月に買い取りオプション付きの1年レンタルでバイエルンに加入した。

バイエルンでは.公式戦38試合に出場して11得点9アシストを記録し、3冠に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝でバルセロナ相手に2ゴールを決めるなどの活躍を見せ、自身のキャリアで初めてビッグイヤーを掲げた。

コウチーニョが復帰後もバルセロナに留まるかは現時点で不透明。ロナルド・クーマン新体制となるバルセロナに残留する可能性のほか、アーセナルやチェルシーへの移籍が噂されている。

9/2(水) 23:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/199c3ea510b6abed0526923fefcb63267a70dbb1

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索