Samurai Goal

バイエルン


スポンサード リンク





王者バイエルン相手にも通用した長谷部誠。37歳にして新たなる境地へ 

スクリーンショット 2021-02-22 18.24.15

バイエルン戦勝利に貢献の長谷部誠、現地メディアから「あと1シーズン続けなければ」と契約延長求める声 

スクリーンショット 2021-02-21 14.56.38




1: 2021/02/21(日) 10:28:39.83 _USER9
フランクフルトのMF長谷部誠、MF鎌田大地はバイエルン・ミュンヘン戦で現地メディアから高評価を受けている。

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第22節でバイエルンと対戦。12分に鎌田が先制点を挙げると、31分にはアミン・ユネスがスーパーゴールで追加点を奪う。フランクフルトはその後、バイエルンの反撃を1点に抑え、2-1で王者から勝ち点3をもぎ取っている。

地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』では、1ゴール1アシストの鎌田には「よくできました」の評価に。寸評では「彼は3点すべてに関わった。1点目は自ら決め、2点目はアシストし、相手のゴールの前にはボールを失った。非常に勤勉で、ときにはずさんなこともあった。アイディアが豊富でよくやっている」と記された。

フル出場の長谷部も「よくできました」という評価に。寸評では「頭脳明晰で、ボールの扱いも明晰で、思考力もある戦略家だった。彼はあと1シーズン続けなければならない」と契約延長を求める声も上がっている。

なお、チームはリーグ戦11試合負けなしと好調を維持し、4位としている。

https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/hasebe-kamada-bayern-2021-02-21/1x0q9nqddm8jhz3foadwkf0dn

「氷のようにクール」王者バイエルンを沈めた鎌田大地の“絶妙先制弾”を現地メディアが称賛! 

スクリーンショット 2021-02-21 10.36.02

6冠達成で伝説築いたバイエルン、最優秀選手レワンドフスキ「僕らのプレーぶりはいつまでも長く残り続けるだろう」 

スクリーンショット 2021-02-12 12.44.26

バイエルン、ティグレス破り2度目のクラブW杯制覇…史上2チーム目の年間6冠達成! 

スクリーンショット 2021-02-12 5.09.15




1: 2021/02/12(金) 04:56:52.91 _USER9
 FIFAクラブワールドカップ カタール 2020決勝が11日に行われ、ティグレス(メキシコ)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。

 大会初出場のティグレスは準決勝で南米王者のパルメイラスを破り、北中米カリブ海王者として初の決勝進出を果たした。一方、欧州王者のバイエルンは準決勝でアフリカ王者のアル・アハリに勝利し、7大会ぶり2度目の優勝に王手をかけた。

 なお、バイエルンは試合前日に元恋人の訃報が報じられたジェローム・ボアテングが離脱。さらに試合当日には、トーマス・ミュラーが新型コロナウイルス陽性判定を受けて離脱した。バイエルンはミュラー以外のチーム関係者が再検査を受け、全員の陰性を確認して決勝戦に臨んだ。

 試合は開始直後にティグレスが相手ゴールへ迫り、ゴール前のアンドレ・ピエール・ジニャクがクロスに頭で合わせたが、これはDFにブロックされた。バイエルンは18分、ジョシュア・キミッヒがペナルティエリア前右から強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺す。だが、これはゴール前でシュートを避けたロベルト・レヴァンドフスキのオフサイドを取られて得点を認められなかった。

 その後も主導権を握るバイエルンは25分にキングスレイ・コマンが左サイドから中央へ切り込んでミドルシュートを打ったが、これはGKナウエル・グスマンにセーブされた。34分には、エリア左のレロイ・サネがダイレクトシュートを放ったが、これはクロスバーに当たって惜しくも得点にはならなかった。

 後半もバイエルンが攻勢に出ると、59分に待望の先制点を奪う。キミッヒがエリア前右からクロスを入れると、レヴァンドフスキのヘディングはGKグスマンにブロックされたが、こぼれ球をベンジャマン・パヴァールが押し込んでゴール。一時はレヴァンドフスキのオフサイド判定となったが、VAR検証の結果、ゴールが認められて先制点となった。

 リードを得たバイエルンは64分にセルジュ・ニャブリに代えて、コランタン・トリッソを投入。73分にはサネ、コマン、レヴァンドフスキを下げる3枚替えを行い、代わりにジャマール・ムシアラ、ドウグラス・コスタ、エリック・マキシム・チュポ・モティングを送り出した。81分にはトリッソがエリア前中央からミドルシュートを放ったが、GKグスマンのセーブと左ポストに弾かれた。

 1点を追うティグレスは83分、スローインの流れからゴール前のジニャクが豪快なジャンピングボレーを狙うが、空振りでシュートを打てず。直後の84分にはティグレスのDFカルロス・サルセドが頭でバックパスを送ると、GKも前へ出ていたため、ボールは無人のゴールへ。だが、戻ったGKがライン際で止めて不運なオウンゴールを防いだ。

 バイエルンは85分にエリア右に抜けたチュポ・モティングの横パスを中央のD・コスタがダイレクトで叩いたが、決定的なシュートはGKグスマンに阻まれた。試合はこのままタイムアップを迎え、バイエルンがティグレスに勝利して2013-14シーズン以来、2度目の大会制覇を果たした。

 これでバイエルンは、2009年のバルセロナ以来、史上2チーム目の年間6冠を達成した。2019-20シーズンにブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグで優勝し、7年ぶり2度目の3冠を達成。今シーズンはすでにドイツ・スーパーリーグとUEFAスーパーリーグの2大会を制し、本来なら昨年12月に行われるはずだったクラブW杯も加えて、年間6タイトル獲得の快挙を果たした。

【スコア】
ティグレス 0-1 バイエルン

【得点者】
0-1 59分 ベンジャマン・パヴァール(バイエルン)

SOCCER KING
2/12(金) 4:53
https://news.yahoo.co.jp/articles/b674c7f8e26b7eff0bd9a1f5314adee76e4e6044

バイエルンDFボアテングの〝元カノ〟が遺体で発見 

1: 2021/02/10(水) 23:33:30.45 _USER9
2/10(水) 22:50配信
東スポWeb

ジェローム・ボアテング(ロイター)

 ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテング(32)と交際していたモデルのカシア・レンハルトさんが自宅で死亡しているのが発見された。

 英紙「サン」によると、レンハルトさんは10日にベルリン市内のアパートで死亡しているところをベルリン警察によって発見された。25歳だった。同警察は血中にアルコールが含まれていることを確認したが事件性はなく、広報担当は「昨日の午後8時30分ごろ、死亡している家人を発見した。第三者の関与の兆候はなく、自殺とみられる」と発表した。

 レンハルトさんは9年前にリアリティー番組「ドイツの次のトップモデル」に出演して有名になり、1年3か月ほど前からボアテングと交際。体にはボアテングのタトゥーを入れるなどの熱愛ぶりだったが、死亡する1週間前に破局したという。昨年末にはボアテングの〝元カノ〟にあたるドイツ人のレベッカ・シルベラさんとSNS上などで口論に発展しており、周囲からは心配の声が上がっていたようだ。

 スター選手の恋人でもある人気者の突然の訃報にドイツではショックが広がっている

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/2d05db51502886de00b8a8627fd4ec8f6fe806a2

レワンドフスキ2発のバイエルン、クラブW杯決勝進出! 2度目の大会制覇&年間6冠に王手 

スクリーンショット 2021-02-09 6.44.40




1: 2021/02/09(火) 05:12:03.13 _USER9
[2.8 クラブW杯準決勝 アルアハリ0-2バイエルン ドーハ]

 クラブワールドカップは8日、準決勝を行い、欧州王者のバイエルン(ドイツ)がアフリカ王者のアルアハリ(エジプト)に2-0で勝利した。準決勝からの登場となったバイエルンはFWロベルト・レワンドフスキが2得点を挙げ、7大会ぶり2度目の大会制覇と年間6冠に王手。11日の決勝では北中米カリブ海王者のティグレス(メキシコ)と対戦する。

 バイエルンは昨季、圧倒的な強さでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制し、ブンデスリーガ、DFBポカール(ドイツ国内杯)、UEFAスーパー杯、ドイツスーパー杯と5冠を達成。クラブW杯は2013年大会以来の出場となり、前回の優勝メンバーからはGKマヌエル・ノイアー、FWトーマス・ミュラー、DFイェロメ・ボアテング、DFダビド・アラバの4選手が参戦している。

 序盤からバイエルンが試合を支配し、前半17分に均衡を破った。PA内右からMFキングスレイ・コマンがシュート性のクロスを入れ、流れたボールをMFセルジュ・ニャブリが落とすと、反応したのはレワンドフスキ。巧みなタッチから素早い振りの右足シュートで守備陣の間を抜き、先制点を挙げた。

 1-0のまま追加点が奪えない時間帯が続いたものの、後半41分、スルーパスで抜け出したFWリロイ・サネがPA右ゴールライン際から折り返すと、ファーサイドのレワンドフスキがヘッドで押し込み、ダメ押しゴール。2-0で勝利したバイエルンは08-09シーズンのバルセロナ以来、史上2クラブ目となる年間6冠に王手をかけた。

 エジプトの名門アルアハリは3位決定戦に回り、11日に南米王者のパルメイラス(ブラジル)と対戦する。

2/9(火) 4:53
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210209-44069628-gekisaka-socc

バイエルンがクラブW杯の帯同メンバー発表! 2013年大会のV戦士は4名 

スクリーンショット 2021-02-06 11.29.31

バイエルンCEO、バルセロナの莫大な負債を知って…「ご飯が喉につまりかけた」 

スクリーンショット 2021-02-02 18.25.01

レワンドフスキがブンデス通算250得点 バイエルン勝利で首位追走 

1: 2020/12/17(木) 15:46:40.48 _USER9
【AFP=時事】20-21ドイツ・ブンデスリーガ1部は16日、第12節が行われ、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)はロベルト・レワンドフスキ(Robert Lewandowski)がリーグ通算250点目をマークするなど2得点を挙げてVfLボルフスブルク(VfL Wolfsburg)に2-1で勝利し、首位バイヤー・レバークーゼン(Bayer Leverkusen)を1ポイント差で追走した。

 17日に発表される国際サッカー連盟(FIFA)の年間最優秀選手候補にクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)、リオネル・メッシ(Lionel Messi)と共にノミネートされているレワンドフスキは、今季公式戦17試合で18得点を記録している。

 レワンドフスキは試合後、独スカイ(Sky)に対し、「それ(賞)のことは頭になかった。ただこの試合に集中していた。賞に関してはとてもリラックスしている。どうなるか見てみよう」とコメントしている。

 19日の次節にホームでバイエルンと対戦するレバークーゼンは、ケルン(1. FC Cologne)とのダービーに4-0で快勝し、王者に1ポイント差をつけて直接対決を迎えることとなった。

 また、RBライプツィヒ(RB Leipzig)は後半にユセフ・ポールセン(Yussuf Poulsen)がゴールを決めて1899ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)を1-0で下し、バイエルンと27ポイントで並ぶなど、上位争いは3チームが勝ち点1差の中にひしめく混戦となっている。

 なお、最下位シャルケ04(Schalke04)はSCフライブルク(SC Freiburg)に0-2で敗れて28試合白星から遠ざかっており、リーグ最長未勝利記録にあと三つとなった。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e1f270b6fca45ede15680fa17036822c53f2900
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索