Samurai Goal

ハンド


スポンサード リンク





「ハンド」がまた変わる!! IFABが21-22新ルール発表、Jリーグでは夏から適用へ 

スクリーンショット 2021-03-06 9.02.25

最終盤にハンド疑惑…三浦監督猛抗議「僕からみたら手に当たっていた」、イニエスタも説明求めるようなシーン 

スクリーンショット 2020-10-18 22.14.59

浦和のシュートを防いだ松岡大起はハンド?真っ向対立!原副理事長「あれをハンドにしないとハンドは無い」 

1: 2020/09/17(木) 14:38:19.38 _USER9
気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#17」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第15節の2-2の引き分けで終わった浦和レッズvsサガン鳥栖から、前半ATに関根貴大のシュートが松岡大起の腕に当たった場面を取り上げる。

【動画】ノーハンドとなった物議のシーン
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/jleague-judgereplay-20200915/1uh9uayyz4mc1183iw9igvm6cv

番組には、お馴染みとなっているJリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さん、JFA審判インストラクターの小幡真一郎氏が登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。

松岡の手に当たっていることは明らか
今回物議を醸しているのは、浦和vs鳥栖の前半ATのシーン。浦和の左CKから柏木陽介のクロスがクリアされると、こぼれ球に反応した関根がボックス手前中央からシュートを放つ。すると、ボールはボックス内の松岡の腕に当たったが、ハンドの笛は吹かれていない。

スロー映像でボールが腕に当たっていることを確認した平畠さんは、「攻撃側から言うともうハンドと言いたくなるし、ハンドと言われてもおかしくないという気がします」と率直な印象を口にする。そのうえで言い切ることができない要因として、SNS上でさまざまな意見が寄せられたことを紹介した。

「『関根のシュートの腕ストップはPKじゃないですか?身体から腕が出てて、シュートとの距離もあります』という意見もありますし、『これはボールが腕に向かってきている。故意ではないパターンだと思います』と『腕は身体から離れていますが、肩より上の位置ではありません。このような場合でもハンドの反則になるのでしょうか』とか。たぶん、色々なハンドの考え方があって、人によってそれの照らし合わせ方が違う」

ハンドの条件として、まず“意図的”にボールに手や腕で触れた場合は反則となり、その基準として「体のシルエットが不自然になっていないか」、「手がボールに寄っていっていないか」が考慮される。ユーザーの間では、その捉え方に差異が生じていたようだ。

とはいえ、原副理事長は「ハンド。あれをハンドととらなかったら(サッカーに)ハンドは無い」と強く主張。その根拠として、シュートが放たれた位置と松岡までの距離が十分なものであったとの旨を伝える。

9/15(火) 17:29 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba52a2591de648f7462362c719164d8789b2c5e1

写真
no title

<J横浜FC対鹿島>“疑惑ゴール”にJFA審判委員会が結論!「ハンドとすべき」新ルールが国内外で大きな混乱... 

スクリーンショット 2020-09-05 13.36.26




1: 2020/09/04(金) 22:26:05.96 _USER9
 日本サッカー協会(JFA)は3日、報道陣向けのレフェリーブリーフィングを開催し、J1第11節の横浜FC対鹿島アントラーズ戦で物議を醸したゴール判定について説明した。元主審で現JFA審判委員会トップレフェリーグループマネジャーの扇谷健司氏が「ハンドとすべきだと考えている」と述べ、ゴールは認められるべきではなかったという見解を示した。

 物議を醸したのは前半25分に生まれた横浜FCの先制ゴール。左サイドからの折り返しをFW一美和成が収めようとするも、鹿島DF町田浩樹がブロックしたボールが一美の手に直撃。その後、こぼれたボールをMF松尾佑介がつなぎ、最後はFW皆川佑介が押し込んだ。直後、鹿島の選手たちは一美のハンドを主張し、上田益也主審に詰め寄っていたが、ゴールは認められた。

 ここで「ハンドがあったか、なかったか」を判断する争点は主に2つ。一美の行為が「手や腕を用いて意図的にボールに触れる」ものであったか(①)、あるいはこの事象が「偶発的であっても、ボールが自分や味方競技者の手や腕に触れた直後に相手競技者のゴールに得点するか、得点の機会を作り出す」ものであったかどうか(②)だ。いずれかの要件を満たす場合、ハンドが認められてノーゴールとなる。

 JFAが今回作成した資料によると、①の要件については「ボールは後方から来ており、横浜FCの9番(一美)も予期できないものなので、偶発的に当たったと考えることができる」と“意図”を否定。一方で②の要件については「ハンドが起こってからゴールまでにボールが動く距離も短く、ハンドのあと2人の選手が関わってはいるものの、ゴールまでの時間も短いため『直後』と考えることができる」とし、ハンドにあたると判断した。

 つまり、本来であれば横浜FCの得点は認められるべきでなかったということになる。

◆混乱の背景は…
 もっともJリーグファンの間では、すでに「ハンドなし」が正しい判定だったという見解が広く共有されていることだろう。Jリーグ公式チャンネルで公開されている「Jリーグジャッジリプレイ2020」の第14回放送で、東京都審判委員長が「直後というところの解釈が難しいところ。得点の場面では『直後』ではない」「2プレー後なので得点でも良いと考えている」と見解を述べていたためだ。

https://youtu.be/J74xamEM0ys



 この食い違いはなぜ起きているのか。混乱の背景には、近年立て続けに行われてきたルール改正の影響がある。

 世界中のサッカー大会は国際サッカー評議会(IFAB)が制定する統一ルールである「競技規則」(英語では“Law of the Game”)をもとに運営されているが、IFABは2019年春、19-20シーズンに向けてハンドに関する大幅なルール改正を行った。「手や腕から相手チームのゴールに直接得点する」という事象に関し、無条件でハンドの反則を取ることで、「手や腕を用いて得点することは受け入れられない」というサッカーの競技理念を強調した形だ。

 またこれに加えて、手や腕にボールが触れた後に得点や、得点の機会が生まれた場合に関してもハンドの反則が取られる形となった。この「触れた後」にまつわる変更点が今回の混乱につながった主な要因だ。競技規則の文言は以下のとおりとなっている。


ボールが手や腕に触れた後にボールを保持して、またはコントロールして、次のことを行う。
・相手競技者のゴールに得点する。
・得点の機会を作り出す。

9/3(木) 17:45 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/04357bb7e3888621a6661210f8890cb0c137e08b

 

FC東京戦、意図的でないG大阪DFのハンドからPK。同様のケースに長谷部誠ら海外組はどう対応? 

スクリーンショット 2020-09-02 17.51.17

<MLS開幕戦>豪快ハンド!一発退場が妥当?GKの衝撃“決定機阻止”に賛否両論 

1: 2020/03/02(月) 20:46:04.98
ナッシュビルGKウィリスがペナルティーエリア外に飛び出してシュートを両手で阻止
no title


 米MLS(メジャーリーグサッカー)のナッシュビルSCに所属するアメリカ人GKジョー・ウィリスのプレーが議論を呼んでいる。果敢にペナルティーエリアから飛び出すもボールを奪えず、相手にロングシュートを放たれたなか、センターサークル付近で両手を使って阻止。イエローカードの判定に賛否両論となっている。

【動画】一発退場が妥当? ナッシュビルGKウィリスの“豪快ハンド”
https://www.football-zone.net/archives/249258/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=249258_6

 ナッシュビルは現地2月29日に行われたリーグ開幕節でアトランタ・ユナイテッドと対戦。1点ビハインドの前半28分に同点に追いつくも、その9分後に勝ち越しを許して劣勢のまま時間が経過し、迎えた後半アディショナルタイムだった。

 前がかりになったナッシュビルに対してアトランタがカウンターを仕掛けると、ナッシュビルGKのウィリスは迷わずペナルティーエリアを飛び出し、センターサークル付近のボールに向かって猛然とダッシュ。相手よりも先にボールに触れたが、こぼれ球を拾われ、相手MFエセキエル・バルコにロングシュートを放たれてしまう。

 すると、自陣のセンターサークル付近にいた31歳のアメリカ人守護神は、目の前に飛んできたシュートに対して両手を伸ばして阻止。反則覚悟のハンドに、主審からすぐさまイエローカードが提示された。

 アトランタの選手たちは決定的な得点チャンスだったとしてレッドカードが妥当だと主張したが、判定は覆らず。スコアはそのまま動かず、アトランタが2-1で逃げ切る形となった。

 衛星放送「FOXスポーツ」のサッカー専門ツイッターは「うーーん…」と綴り、疑問を呈すようにウィリスのプレー動画を公開。これには、「レッドカードでないのが信じられない」「サンデーリーグレベル」「冗談はいい加減にしてくれ」と一発退場を訴える声が上がった一方で、「彼は最後のディフェンダーではなかったからイエローだ」「正しいコールだ。ゴールを阻める選手の数は十分にいた」と、“決定的な得点チャンス”ではなかったと主張する者も少なくなかった。

3/2(月) 18:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00249258-soccermzw-socc

[超画像]サッカー漫画の主人公、ハンドで一発退場γγγγγγγγγγγγγγγγγγγγγγ  

dbiHbFW




1: 風吹けば名無し 2019/12/03(火) 13:14:59.19 ID:PSswfIzTM

首位FC東京を襲った“神の手”、長谷川監督は「若干」不服アピール!「最後の判定はどうなのかな」  

1: Egg ★ 2019/10/05(土) 23:25:43.40 ID:ugAzm2Nu9
[10.5 J1第28節 鳥栖2-1FC東京 駅スタ]

 後半41分に同点とされ、危機的な状況にあった首位FC東京にトドメを刺したのはまさかの“神の手”ゴールだった。佐藤隆治主審は副審と協議を行い、選手たちはすぐさま審判団に詰め寄ったが、判定が変わることはなかった。

 後半アディショナルタイム5分、試合の流れは完全にホームのサガン鳥栖が優勢。J1残留を争う相手の危機感に押され続けると、最後は不運な判定に屈した。MF小野裕二のFKをDF高橋秀人が頭で落とすと、中央でFW豊田陽平の手に当たって軌道が変わったボールをDF金井貢史に押し込まれた。

 Jリーグでは今年8月以降、2019-20シーズン向けの新競技規則を導入。新たなルールでは攻撃側選手の手に当たったあと、ボールがゴールに入ったり、決定機につながった場合、意図的かどうかを問わずにハンドとなる。またハンドが見逃されていたとしても、最後に押し込んだ金井はオフサイドポジションだった。

 FC東京の選手たちは一斉に協議を行う審判団に詰め寄ったが、ゴール前は混戦状態にあったため主審・副審の目からは見えなかった模様で、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は2020年から導入予定のため判定は変わらず。キックオフで再開された直後にタイムアップのホイッスルが吹かれた。

 試合後、敗れた長谷川健太監督は「簡単には受け入れられない結果。もちろん2点目取れなかったのは問題だが、最後の判定は“若干”どうなのかなと思っている」と振り返った。

10/5(土) 16:29配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-43472420-gekisaka-socc

写真
no title

鳥栖の“疑惑のゴール”が物議 判定に疑問の声噴出、海外メディア「日本でスキャンダル」  

20191005-00221688-soccermzw-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/06(日) 00:30:58.47 ID:rpsmRTm/9
FC東京戦の後半ATに劇的決勝ゴールも…オフサイドやハンドを指摘する声



J1リーグは5日、各地で第28節が行われ、前節終了時点で首位のFC東京が16位サガン鳥栖のホーム、駅前不動産スタジアムに乗り込んだ。

試合は0-0で折り返した後半4分に動き出す。
FC東京は右CKのキッカーを務めたMF三田啓貴が左足で蹴ったボールが、直接ゴールに吸い込まれ先制に成功した。

リードを奪ったことでペースを握ったFC東京だったが、追加点を奪うことはできずにゲームは終盤へと突入する。

 ここからJ1残留のために負けられない鳥栖が猛反撃を開始。
後半41分、右サイドからのクロスをFW金崎夢生がヘディングで合わせる。
このボールは相手DFに当たって跳ね返るも、こぼれ球に素早くつめたFW豊田陽平が左足ボレーで押し込み、1-1の同点に追いついた。

 そして問題のシーンが、後半アディショナルタイム5分に生まれる。
ラストプレーと言えるタイミングで、鳥栖は敵陣左サイドでFKを獲得。キッカーのFW小野裕二が右足でクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだDF高橋秀人がヘディングで折り返す。
ボールはゴール前に走り込んだ豊田を直撃。
こぼれ球をMF金井貢史が押し込み、劇的な決勝ゴールが生まれた。

だがリプレー映像を見ると、高橋秀がヘディングで折り返した時点で豊田も金井もオフサイドポジションにいたようにも見える。
さらにボールは豊田の腹部付近を直撃した後、伸ばしていた左腕に当たっていた。
今年のルール改正により、手や腕に当たってゴールが決まった場合は、それが故意かどうかにかかわらず反則となる。

映像を改めて見ると、豊田がボールに触れた瞬間にFC東京の多くの選手が手を挙げてハンドの反則を主張。
得点後には主審に詰め寄り猛抗議したが、判定は覆らなかった。

また、さらに事態を複雑にしているのが、当初は豊田とされていた得点者が、試合後に金井のゴールに訂正されたことだ。
映像を見る限り、ボールが豊田を経由した時点で金井は並走していた相手DFより前に位置していた。
そのため、Jリーグ公式ツイッターで記録訂正のツイートが流れると、返信欄では「だったらオフサイド」など疑問の声が噴出した。

海外メディアも、この疑惑の判定に注目。
ポルトガルメディア「Notícias ao Minuto」は、「日本でスキャンダル」と見出しを打って伝えるなど、波紋はさらに広がりそうだ

10/5(土) 22:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191005-00221688-soccermzw-socc

https://youtu.be/_VTEzxv6nQA


【動画】「鳥栖×FC東京」(2-1)で疑惑の決勝ゴールが生まれた一部始終

https://youtu.be/IIBP1KbB7xs


清水側にハンドはあったのか?選手目線、新競技規則の面から見る名古屋戦疑惑の2シーン 

20190917-00010021-goal-000-4-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索