Samurai Goal

ハリルホジッチ


スポンサード リンク





【激白】ハリル、心境を吐露「ひどい嫌悪感に襲われた」仏紙に話した真実とは 

20180409_vahid-halilhodzic1806
1   2018/05/19(土) 21:20:35.06 _USER9
「快挙を成し遂げるチームを作りたかっただけなんだ」
「真実は、私も知らないんだ」
 
日本代表監督の座を突如追われてから1か月半が過ぎたが、リール近郊の自宅に戻ったヴァイッド・ハリルホジッチは、いまもこの制裁を消化し切れていない。
 
「コミュニケーション不足なんて、そんなの理由になっていない!」と、怒り心頭だ。
 
日本サッカー協会の田嶋幸三会長が3月31日の会談で持ち出したのが、この「コミュニケーション不足」という表現だった。
以来ハリルホジッチは、日本の元指導部メンバーと「いっさいコンタクトを取っていない」と断言する。彼は契約解除の文書にサインすることを拒否し、東京で司法手続きを開始したという。
 
「話し合いなどしたくもない」と、ハリルホジッチは強調する。
 
「私が望んでいるのは、なぜワールドカップを戦うことを妨害されたのか、その真実を知ることなのだ。
3年間も身を粉にして働き、アジア予選(のグループ)を首位突破したにもかかわらず、肝心の本大会を戦えなくなったのだ。私はカネのために日本に行ったわけじゃなかった。

金銭面ならもっといいオファーが他にもあったのだから。私がしたかったのは、アルジェリアで実現した(2014年ブラジル・ワールドカップでベスト16に進出、
優勝国ドイツと渡り合って惜しくも敗北)のと同じような道のりを、日本代表と再現することだったのだよ」

ハリルホジッチ解任の背景を巡っては、ときにタッチライン際に残された何人かの主力――香川真司、本田圭佑、岡崎慎司――が不平不満を言ったという説や、スポンサーの圧力があったという説が囁かれている。
 
だが、「なにも知らんのだ」と、前監督はすぐさま言い返した。
 
「彼らはステータスを持つ選手たちだ。オーストラリア戦、UAE(アラブ首長国連邦)戦と、いくつか重要な試合でプレーしなかったのは事実だが、しかし我々はそこで勝ったのだぞ。
試合結果は私の判断が正しかったことを示した。何人かの選手が私を信用しなくなっていたように見えるかもしれないが、むしろ私自身が彼らを信用できなくなっていたのだよ。
私はグループリーグで快挙を成し遂げ、ベスト8決定戦に進出できるチームを作りたかっただけなんだ」
 
>>2以降につづく

フットボールチャンネル 5/19(土) 21:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00040638-sdigestw-socc

ハリル氏『金より名誉』JFAに“1円”を要求!!徹底的に戦う姿勢か 

07836681
1   2018/05/19(土) 01:37:41.21 _USER9
サッカー日本代表前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏が、契約の途中解除をめぐって、日本サッカー協会を相手取り、来週中にも東京地裁に民事訴訟を起こす方針を固めたことが18日、分かった。代理人の弁護士が明らかにした。名誉を毀損(きそん)されたとして、慰謝料1円と謝罪広告の掲載を求める。
 
日本協会に、契約解除の経緯などを求める質問状を送り、17日に回答書が届いたが、具体的な説明はなかったことから、提訴の方針を決めたとしている。 

(2018/05/18-21:48)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051801355&g=scr

【驚愕】ハリル氏の解任“まだ”だった!!「17日に理事会で改めて承認を決議」 

8a2ae923
1   2018/05/17(木) 21:46:37.73 _USER9
サッカー日本代表のハリルホジッチ前監督の解任について、
日本サッカー協会は17日、東京都内で開いた理事会で改めて承認を決議した。

日本協会は4月7日付でハリルホジッチ氏との契約を解除し、
同12日の理事会に既に報告していた。

須原清貴専務理事は「(4月の理事会で)経緯を報告し、
理事からは反論や異論がなく、事実上の承認を頂いた。念のために(決議し)明文化した」
と語り、手続きに法的な問題はないとの認識を示した。

ハリルホジッチ氏側は名誉回復と解任の真相解明を求めて日本協会を提訴する方針。【大谷津統一】

5/17(木) 19:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000047-mai-socc

「ハリルに服従しない」本田が発したその言葉の真意は? 

1   2018/05/16(水) 05:39:38.78 _USER9
■「服従」という言葉のチョイスと世間の反応に見る、日本の現状

写真 テレビ番組でハリルホジッチ氏(右)について語った本田
no title


「悔いはないです。ハリルのやるサッカーに全て服従して選ばれていく。そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っているので

 テレビ番組の中での本田圭佑の発言が、波紋を広げているようだ。見聞きした限りでは、あまり本田に好意的な意見はない。たぶん「服従」という言葉のチョイスが強すぎたのではないかと思う。ただ、そんなに目くじらを立てるような発言でもない。本田の言葉とそれに対する反応を眺めていると、大袈裟に言えば日本の現状が映し出されているような気もした。

 監督の指示に従うのは「服従」ではない。勝つための方策はいろいろあるだろうが、誰かがまとめなければチームプレーにならない。監督はそれを決めるために存在するようなものだから、監督が決めたことに選手が従うのは当たり前である。

 ただし、いざ試合が始まってみたら監督の作戦どおりでは上手くいかないこともある。したがって、そういう場合に選手の判断で作戦を変えるとか、一部変更することもよくあるわけだ。

 プレーが中断したわずかの時間に、選手が監督を捕まえて何か話している場面を時々見かける。想定外のことが起きている時の次善策を話している。

 2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のデンマーク戦、遠藤保仁は岡田武史監督に当初の守備のやり方ではダメだと伝えている。この時のデンマークは、現在で言うところの「ポジショナルプレー」を行っていて、日本はそれに上手く対処できていなかった。遠藤は変更を一応監督に通告していたわけだ。

■いくつかのプレーでイメージが異なっていただけで…

 デンマーク戦の映像を見返してみると、遠藤の修正案も根本的な解決にはなっていないのだが、それでもまだマシにはなった。試合は3-1で日本が勝っている。

 また2004年の欧州選手権では、オランダ代表のクラレンス・セードルフがディック・アドフォカート監督に「どうすんの、これ?」という調子で詰め寄っていたのを覚えている。グループリーグ第2戦のチェコ戦での出来事だ。この時は適切な修正策を出せず、オランダはチェコに2-3で敗れている。

 二つの例は、どちらも相手が想定外のことを仕掛けてきた時の対処法について、選手と監督が話していたケースだ。しかし、試合中に監督と話し合う機会など、ない場合の方が多い。そういう時は選手の判断で、修正を図る必要が出てくるわけだ。

 ベルギー遠征で本田が行ったのはポジショニングの修正ではなく、バヒド・ハリルホジッチ前監督とのサッカー観の対立とも言うべきものだった。監督の「縦に速く」という要求に反して、いくつかの場面で本田は「タメ」を作るプレーを選択していた。とはいえ、監督もなんでもかんでも「縦に速く」というわけではないだろうし、そもそも縦に速くだけなら本田を起用する意味もない。いくつかのプレーで監督と本田のイメージが違っていたというだけの話であり、「造反」と呼ぶのは大袈裟だ。

つづく

フットボールZONE 5/15(火) 21:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180515-00104067-soccermzw-socc

本田が田嶋会長に出した“メール”、これが引き金に? 

23-23-kh3-e1439135584865
1   2018/05/15(火) 12:53:55.48 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000025-nkgendai-socc

ロシアW杯開幕1カ月前の14日は「35人の予備登録選手申請のタイムリミット」である。

 あくまで「予備」ではあるが、本大会初戦(日本代表の場合は現地6月19日午後3時キックオフのコロンビア戦)の24時間前まで許されている「W杯本大会23人の登録メンバーの変更」も、今回の35人の中から行わなければならず、実質的な1次選考と言っていい。ちなみにJFA(日本サッカー協会)はリストを非公開としているが、「いずれにしてもFW本田がメンバー入りしているのは間違いない」とサッカー関係者が続ける。

「ハリル解任後に、『17年10月の欧州遠征のメンバーから外れた本田が、同じく外れたMF香川とFW岡崎、メンバー入りしたFW乾とDF吉田の名前を連ねたメールを田嶋JFA会長に送った。それは<ハリル解任を要望します>という内容だった』と一部で報道されたが、実際は本田個人が18年の年明け早々に田嶋会長にメールした――というのがサッカー界では定説になっている。ちなみに田嶋会長はメールを読むや否や、すぐに代表の日本人コーチ、チームスタッフ、JFA技術委員会メンバー、そして選手に『ハリルホジッチでW杯を戦えるのか?』とアンケートを取り始め、難しいという答えが多かったことでハリル解任の流れに傾き、4月9日の解任発表となった。本田の意見を尊重して指揮官を交代させたわけだし、W杯メンバーに本田が入らないハズがない」 

■会長宛てのメールが解任の引き金に

 しかし、本田が西野ジャパンでも存在感を発揮することで「前監督ハリルホジッチが重用した選手との間にスキマ風が吹くでしょう」とあるメディア関係者がこう言う。

「ハリルさんが高く評価していたGK川島、DFの吉田、槙野、FWの原口、宇佐美といった選手たちは『選手たちとコミュニケーションも信頼関係もなかったと田嶋会長は解任の理由を説明していたが、ハリルさんと選手同士にコミュニケーション不足はなかった。むしろ田嶋会長、後釜に座った技術委員会の西野委員長とハリルさんとのコミュニケーションが不足していた』と主張しているともっぱら。解任の引き金となった田嶋会長宛てメールを送った本田に対して不満を抱いているようです」

 日本代表は30日に横浜でガーナ代表とテストマッチを行い、翌31日にW杯本大会メンバー23人を発表する予定となっている。

 ガーナ戦メンバーの発表は18日。3日後の21日から国内合宿がスタートする。そこで本田とハリルチルドレンに「コミュニケーション不足」という問題が勃発したら――。西野ジャパンの先行きは不透明である。

日刊ゲンダイ 5/15(火) 12:00配信

〈ハリル裁判〉ハリル氏に勝ち目無し!?JFAに昇給を求めた事実は本当? 

ec6eb27a
1   2018/05/14(月) 18:48:08.02 _USER9
 W杯ロシア大会(6月14日開幕)直前にサッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が、日本サッカー協会を相手取り名誉回復を求めて、5月中に東京地裁に提訴する構えだが、勝ち目は乏しい。

 日本協会・田嶋幸三会長(60)は11日、毎回W杯直前に行う熊野本宮大社(和歌山・田辺市)での必勝祈願で、「(ハリル氏の提訴に)関係なく進んでいきます」と話した。

 ハリル氏は「一部選手とのコミュニケーション不足」を理由に解任されたことを不服とし、日本人の弁護士と契約。しかし日本協会では、「代表監督の契約解除は会長の専権事項」(幹部)であり、田嶋会長がフランスまで出向いてハリル氏に直接契約解除を伝えており瑕疵(かし)はないと自信満々。もともと、任期中の解任に伴う違約金の準備はしている。

 それどころか、ハリル氏は在任中、年俸2億5000万円(推定)が不満で、日本協会幹部に対し何度も「私は中国のクラブから年俸8億円でオファーが来ている」などとほのめかし、昇給を要求していた。

 「私を(日本国内企業の)CMに起用してほしい」とアピールしていたが、個人での出演オファーは皆無。担当記者には「いいオファーが来ている。私はW杯が終わったら日本を去ることになる」と口にし、言動は目に余るものがあった。

 田嶋会長は「今後も誠意をもって向き合っていきたい」と話す一方、国際サッカー連盟(FIFA)にハリル氏の提訴の動きを説明。FIFA側から「日本協会には何ら問題はない」とお墨付きをもらっている。

 ハリル氏はすでに弁護士を通じ日本協会へ質問状をメールで送信しており、その返答に納得しなければ提訴に踏み切る流れだが、W杯直前に不毛な争いは避けてもらいたいものだ。

夕刊フジ 5/14(月) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000016-ykf-spo

【快挙】ハリルさんに“最高勲章”母国ボスニアが栄光を讃える!! 

2c4cfa8e
1   2018/05/14(月) 13:29:52.55 _USER9
▽元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、ボスニア・ヘルツェゴビナにおける最高の賞である「欧州運動勲章」を受賞した。ボスニア・ヘルツェゴビナ『avaz』が報じた。

▽2015年から日本代表で指揮を執っていたハリルホジッチ氏は、4月7日付けで契約解除を言い渡されていた。今回ハリルホジッチ氏に贈られたのは、『オルデン・エヴロプスコグ』勲章。11日にサラエボで授与式が行われ、ボスニアを管理する国際機関OHRのヴァレンティン・インツコ上級代表が出席していた。

▽受賞したハリルホジッチ氏は「私は何年も海外にいたが、人々が忘れていなかったことを誇りに思います。私はこれまでも重要な表彰を受けてきたが、母国の賞を貰えることは素晴らしい」とコメントしている。

▽また、インツコ氏も今回の表彰についてコメント。「ボスニア・ヘルツェゴビナは、世界に多くのものを与えてきた。ハリルホジッチ氏とイビチャ・オシム氏は最高の例だ。ボスニア・ヘルツェゴビナは日本に2人の監督を派遣している。これは、ボスニア・ヘルツェゴビナ国民が成功し、世界で認められているという楽観的なメッセージだ」とコメント。ハリルホジッチ氏だけでなく、かつて日本代表を率い、ジェフユナイテッド千葉でタイトルも獲得しているオシム氏の名前も出し、日本でのボスニア・ヘルツェゴビナ人の成功を喜んだ。

▽ハリルホジッチ氏は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)のヤブラニツァで1952年に誕生。現役時代には旧ユーゴスラビア代表としても活躍。ボスニア・ヘルツェゴビナのFKヴェレジュ・モスタルやフランスのナントやパリ・サンジェルマンで活躍した。

▽引退後は、古巣のFKヴェレジュ・モスタルで監督としてのキャリアをスタート。フランスではリールやレンヌ、パリ・サンジェルマンで指揮。その他、トラブゾンシュポルやアル・イテハド、ディナモ・ザグレブなどのクラブを指揮したほか、コートジボワール代表、アルジェリア代表、そして日本代表を指揮していた。

[2018年5月14日(月)12:20]
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=313389

西野監督“脱ハリル”、対照的な方針は功を奏するのだろうか? 

1   2018/05/12(土) 17:54:57.03 _USER9
サッカー日本代表の西野朗監督(63)が、“脱ハリル”を打ち出した。

 8日に欧州視察から帰国。4カ国を巡り代表候補11人を視察したが、そのうち試合でのプレーをチェックできたのは、DF吉田(サウサンプトン)、FW宇佐美、原口(ともにデュッセルドルフ)の3人だけ。

 それでも「試合に出ていなくても、すごい競争力の中でやっていた。これまではスタメンは当然だろうと思っていたが、あそこで主力になるのは大変なこと」と理解を示した。

 前任者のハリルホジッチ氏が「欧州リーグで主力になること」を日本代表でレギュラーになる第一条件としていたのとは違い、出場機会に恵まれない選手にも門戸を広げた格好だ。

 また、日本協会の田嶋幸三会長が「(西野監督には)どんどんわがままをいってほしい」とコメントしたと聞いても、「そういう感覚に慣れていない。十分すぎるアシストをしてもらっている」と謙虚。協会のサポート体制をボヤキっぱなしだったハリル氏とは、対照的といえる。

 代表入り濃厚なFW本田(パチューカ)がすでに国内で自主トレを始めていることには、「ちらほら聞いています。さすがに見に行く予定はないけどね」と蜜月関係をうかがわせる。ハリル氏は親しい関係者に「本田の招集は3月のベルギー遠征を最後にするつもりだった。W杯本大会にメンバー入りさせるつもりはなかった」と明かしているそうで、これまた対照的だ。

 21日からキリンチャレンジ杯・ガーナ戦(30日=日産ス)に向けて国内合宿が始まる。「ハリル体制が貫いてきた非公開練習は続くのですか?」と聞くと、「そういう主義ではないので」とにっこり。新監督は何かと自分の色を出そうとするもので、西野監督もご多分に漏れない。

夕刊フジ 5/12(土) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00000005-ykf-spo

写真
no title

“場外乱闘!?”ハリル裁判がW杯期間中に行われる可能性!!どうするJFA! 

1   2018/05/12(土) 05:45:56.92 _USER9
 日本が、ワールドカップ(W杯)ロシア大会(6月14日開幕)の真っ最中に法廷でも闘う可能性が出てきた。

日本代表監督を4月7日付で解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が11日までに、名誉回復を求めて日本協会を訴える意向を固め、今月中に民事訴訟を起こす準備に入った。第1回口頭弁論期日は6~7月になる見通し。大会中に前監督との係争が始まるという、異例の場外乱闘勃発の危機に直面した。

 訴えてやる! かねて訴訟を示唆していたハリルホジッチ前監督が行動に移した。

「名誉回復につながる謝罪」「解任経緯の真相解明」を求め、日仏の資格を持つ金塚彩乃弁護士(40)ら担当者が東京地裁に提訴する準備を開始。手始めとして、10日に日本協会へ質問状を送付した。金塚氏は「田嶋会長は『専権事項』として契約解除し、理事会を通さなかった。

この手続きが適法か、複数項目で多角的にサッカー協会の見解を問う内容になっています」と説明。1週間後の17日を回答期限に設定した。

 前監督サイドは、この反応を待ってから今月末までに東京地裁へ訴状を提出する方針だ。4月20日に双方の代理人が都内で面会したが、20分ほどで終了。法務に絶対の自信がある協会側は「契約に基づいた解任」との姿勢を崩さなかった。“門前払い”され、業を煮やした前監督側が民事訴訟に踏み切る方針を固めた。

 訴訟が成立すれば、協会側は対応せざるを得ない。同月27日の会見でハリルホジッチ氏が公にできなかった根拠も、法廷では明示される可能性がある。金塚弁護士は「ハリルホジッチ氏とは(インターネット電話の)スカイプ等で連絡しており、今も『コミュニケーションには自信がある。問題などなかった』と話しておられます」。汚名返上に闘志を燃やしているという。

 問題は時期だ。金塚氏は「できれば早く」と訴状の提出を急ぐ構えで、順調に手続きが進めば、第1回の口頭弁論期日は6~7月になる見通し。「意図的ではありません」と補足も、W杯と完全にバッティングする。

 慰謝料など金銭面の要求はしないが、名誉回復への執念はすさまじく、ハリルホジッチ氏には再来日して法廷に立つ準備がある。選手の出廷は「難しい」(金塚氏)ため、どう「コミュニケーション」の有無を証明するのか注目される。日本協会は「文書(質問状)の受信を確認した。本件は弁護士に任せているためコメントは差し控えたい」。訴訟が不調に終わればFIFAの仲裁機関に訴えることも検討していく

日刊スポーツ 5/12(土) 4:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00205800-nksports-socc

写真
no title

支払い済み?JFAがハリルに払った違約金は一体幾らなのか 

img_1865e993160f50555aa36a056b2bf1bd112240_thum800
1   2018/05/11(金) 07:25:14.49 _USER9
サッカー日本代表の前監督であるバヒド・ハリルホジッチ氏が再来日し、監督の役職を解任されたことに対する記者会見を開いたのは4月27日だった。日本サッカー協会(JFA)はハリルホジッチ氏の影響力をできるだけ抑えたいためか、多くを語らない。

「これまで日本は欧米の各国から“律儀な国”というイメージでした。しかし、今回の突然の監督解任で、そのイメージも覆りそうです。影響が出るのは、6月のワールドカップロシア大会後でしょう。不可解な解任をするJFAに対して、オファーを受けた外国人監督は二の足を踏むようになるはずです」(専門誌記者)


すでに違約金を支払い済みか?

JFAはハリルホジッチ氏を招聘する際に契約解除に関する条件も設定しており、違約金は80万ユーロ(約1億400万円)といわれている。

解雇の理由は選手との信頼感、コミュニケーション不足との説明だったが、ハリルホジッチ氏の会見での主張や一部の代表選手のコメントから、それらの理由は矛盾している。

ハリルホジッチ氏は海外メディアにも「分からない」、「なぜだ」と主張していたが、日本での会見後は表立ってメディアにコメントをしていない。

「JFAがW杯に向けて新体制に集中したいとの、次の外国人監督招致のために、満額の違約金以上をハリルホジッチ氏に支払って終わりにしたのではないかと囁かれています」(別の専門誌記者)

違約金を支払う日本サッカー協会は公益財団法人だ。法人税が非課税となるなどの恩恵を受けている以上、満額といわれる違約金が適正なのか否かも含め、収支に関してはすべてつまびらかにする必要があるだろう。

まいじつ 2018.05.11 07:00
https://myjitsu.jp/archives/50887



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索