Samurai Goal

ハメス・ロドリゲス


スポンサード リンク





「ドイツ人は冷たかった」ハメス・ロドリゲスがバイエルン時代の苦悩を告白「僕はここで何を…」 

スクリーンショット 2020-08-18 17.47.24




1: 2020/08/18(火) 13:50:51.05 _USER9
ドイツの環境に馴染めなかったと語る 「素晴らしい待遇を受けていたけど…」

 レアル・マドリード所属のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、ポッドキャスト番組「Realeza del Futbol Latino」に出演し、その中で2シーズンを過ごしたバイエルン・ミュンヘンでの日々について、「ドイツ人は冷たかった」と発言するなどドイツの環境に慣れるのに苦労した経験を明かしている。

 ハメスは、2017-18シーズン開幕前にレアルから2年間のレンタル移籍でバイエルンに加入。レアル時代にも指導を受けていたカルロ・アンチェロッティ氏(現エバートン監督)の下で主力として活躍し、バイエルンのブンデスリーガ優勝に貢献。翌18-19シーズンも公式戦28試合出場7ゴールの好成績を残して、国内リーグ7連覇の原動力となった。

 ただし、十分な出場機会に恵まれてブンデスリーガ優勝も経験できたにもかかわらず、ドイツでの生活はハメスにとってあまり心地良いものではなかったようだ。同メディアの中で「朝9時に家を出て練習場に行こうとしたら、気温がマイナス28度という日もあった。『僕はここで何をしているんだろう?』と、思わず自分自身に問いかけてしまったよ」と語るなど、ドイツの冬の厳しい寒さに驚いたことを明かしている。

 また、気候だけでなくドイツ人のメンタリティーも、コロンビア出身で南欧のスペインやポルトガルでの生活が長かったハメスの目には特異に映ったようだ。ドイツ人についてハメスは、「僕自身はバイエルンで素晴らしい待遇を受けていたけれど」と前置きしたうえで、「でもドイツ人は冷たかった」とコメント。さらに、「彼らはいつも仕事のことだけを考えているんだ。まるで機械のようだった。信じられないよ。練習場に来て、トレーニングをして、終わったらさっさと帰っていく。みんな自分たちの生活があってトレーニングをしているんだ」とも語り、個人主義の風潮が強いドイツ人のライフスタイルに慣れなかったことを明かしている。

 ハメスは、昨季の公式戦出場数が14試合にとどまるなど、ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアルで“構想外”とも言える状態にある。そのため出場機会を求めて、今夏に他クラブへ移籍するかどうかに注目が集まっている。新天地候補として様々なクラブの名前がメディアで取り沙汰されているが、同選手はドイツにあまり良い印象を持っていないため、ブンデスリーガのクラブを新天地に選ぶ可能性は低いのかもしれない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/40dd3ebf54bca72d804665a36467f1d3a1555499

アーセナル、レアルで不遇のハメス(28)獲得へ…半年間のレンタル移籍か 7試合1得点 

20200127-01027284-soccerk-000-1-view[2]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/27(月) 00:49:05.01 ID:YSPZ9GM59
アーセナルはレアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得に関心を示している。
26日にイギリス紙『サン』が報じた。

J・ロドリゲスは今シーズン、レアル・マドリードにて11試合に出場しており1ゴール1アシストをマーク。
クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の元で出場機会の獲得に苦しんでおり、退団が濃厚だという。

同紙によると、以前から接触が噂されていたアーセナルが移籍先の最有力候補として挙げられていると伝えられている。
同選手はエヴァートンへの移籍も報じられていたが、財政的に獲得が不可能であったことから交渉は破談に終わったようだ。

2014年のワールドカップではコロンビア代表で活躍を繰り返し、各国の強豪クラブから注目を集めていたJ・ロドリゲス。
果たして同選手は、キャリア初となるプレミアリーグへの移籍を決意し、調子を取り戻すことができるのであろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-01027284-soccerk-socc
1/27(月) 0:17配信

アーセナル、レアルで不遇のハメス(28)獲得へ…半年間のレンタル移籍か 7試合1得点 

20200127-01027284-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/27(月) 00:49:05.01 ID:YSPZ9GM59
アーセナルはレアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得に関心を示している。
26日にイギリス紙『サン』が報じた。

J・ロドリゲスは今シーズン、レアル・マドリードにて11試合に出場しており1ゴール1アシストをマーク。
クラブを率いるジネディーヌ・ジダン監督の元で出場機会の獲得に苦しんでおり、退団が濃厚だという。

同紙によると、以前から接触が噂されていたアーセナルが移籍先の最有力候補として挙げられていると伝えられている。
同選手はエヴァートンへの移籍も報じられていたが、財政的に獲得が不可能であったことから交渉は破談に終わったようだ。

2014年のワールドカップではコロンビア代表で活躍を繰り返し、各国の強豪クラブから注目を集めていたJ・ロドリゲス。
果たして同選手は、キャリア初となるプレミアリーグへの移籍を決意し、調子を取り戻すことができるのであろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-01027284-soccerk-socc
1/27(月) 0:17配信

ハメス、練習中に左膝を負傷…現地では十字靭帯に関する深刻なものとの声も  

20191115-00010017-goal-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/15(金) 16:48:38.93 ID:tFAF9gEU9
コロンビア代表は14日、MFハメス・ロドリゲスが負傷したことを発表した。

コロンビアは15日にペルーと親善試合で対戦する。
しかし、試合前の最終トレーニングでハメスは膝を負傷。深刻なものである可能性が伝えられており、
コロンビア代表と所属先のレアル・マドリーにとって大きな打撃となりそうだ。
現地ジャーナリストによると十字靭帯に関する負傷ではないかとされている。

コロンビアサッカー連盟は、偶発的な負傷であると発表。
今後、クラブに対して検査を行う許可を取り付けるとしている。

「ハメス・ロドリゲスは左膝に違和感を訴えた。医療機関によって状況は判断され、まだ診断は保留となる。
予防策としてペルー戦は欠場する。今後数時間以内に確定した診断を発表し、クラブと共有する」

ハメスはシーズン開幕直後の8月にも負傷しており、今季2度目の離脱に。
レアル・マドリー復帰のシーズンとなっているが、難しい時間を過ごしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00010017-goal-socc
11/15(金) 16:17配信

ジダン監督が心変わり!「ベイルとハメスを100%頼りにしている」、ベイル は親善試合ローマ戦に出場  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/12(月) 13:46:22.89 ID:X+TbsYuy9
レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、これまで構想外と見られていた選手たちを戦力に含める考えを明かした。

レアル・マドリーは、今夏の移籍市場でMFエデン・アザールやFWルカ・ヨヴィッチらを獲得するなど大型補強に乗り出しており、反対にMFギャレス・ベイルやMFハメス・ロドリゲスは放出が濃厚とされてきた。

しかし、両選手ともに未だチームに在籍しており、ハメスはレアル・マドリーのトレーニングに復帰。そして、ベイルは11日の親善試合ローマ戦に途中出場している。

2-2のスコアでフルタイムを戦ってPK戦の末敗れたローマ戦後、ジダン監督は以下のように両選手についてコメントした。

「ハメスとベイルはこのチームの選手だ」

「何でも起こり得るが、彼らはどちらも(チームに)登録されている。私はレアル・マドリーのコーチとして、彼らを頼らなければならない」

「私は彼らを100%頼りにしている。ハメスは(最近の試合に)呼ばれていないが、これは変わる可能性がある。トランスファーウィンドウが閉まる前であっても、すべてが起こり得るんだ」

17日にはセルタとのリーガ・エスパニョーラ開幕戦が控えるが、その直前のタイミングでハメスとベイルをチームに含める可能性を強く示唆したジダン監督。とりわけ、ベイルは放出候補であることが以前に公言されていたが、指揮官の心変わりをきっかけに復活を遂げることができるのだろうか。

https://twitter.com/goaljp_official/status/1160773002872512512?s=21
https://www.goal.com/jp/amp/ニュース/ジダン監督が心変わりベイルとハメスを100頼りにしている/ki7qa9ff9br518vbxvpx4oj2e
no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

久保建英は何番手? ポジションを争うライバルは? レアル「最新序列」を英特集 

20190804-00208555-soccermzw-000-3-view[1]

アトレティコ、数日中にハメス獲得を実現する模様…銀河系軍団に匹敵する豪華攻撃陣が完成へ 

20190722-00010026-goal-000-2-view[1]

実現すれば今夏2人目…レアルMFハメスが禁断の移籍か 

20190627-43468719-gekisaka-000-2-view[1]

バイエルン、ハメスのレアル復帰を発表。本人の意向で買い取りOP行使せず  

20190606-00324760-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/06(木) 10:24:45.26 ID:cabWIe3B9
バイエルン・ミュンヘンは5日、同クラブに所属していたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがレンタル期間の満了によりレアル・マドリーに復帰することを発表した。

ハメスは2017年夏に2年間のレンタルでバイエルンに加入。契約には買い取りオプションが設定されていたが、
発表によればハメスからオプションを行使しないよう要請があり、クラブがそれに応じたとのことだ。

「支え続けてくれたクラブ全体とファンに心から感謝している。ミュンヘンでの2年間は僕にとって忘れられないものだった。
いつも本当に気持ち良く過ごすことができた」とハメスは退団に際してコメントしている。

ハメスはバイエルンに在籍した2年間で公式戦67試合に出場し15得点20アシストを記録。
2年連続のブンデスリーガ優勝や今季のDFBポカール(ドイツ杯)優勝、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝進出などに貢献した。

マドリーとの契約は2020年まであと1年残されているが、ジネディーヌ・ジダン監督のチームでは構想外との見方をスペインなどのメディアは伝えている。
伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』によれば、英国ブックメーカーではナポリへの移籍が最も有力と予想され、ユベントスがそれに次いでいるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00324760-footballc-socc
6/6(木) 8:21配信

バイエルンの“買い取り拒否”が濃厚なハメス、もはやマドリーにも居場所は…サポーターの評価は? 

20190503-00058048-sdigestw-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索