Samurai Goal

ハメス


スポンサード リンク





プレミア初戦で躍動のハメス、スペイン紙は指揮官を比較「ジダンが与えられなかったものは…」 

スクリーンショット 2020-09-15 8.43.07

<エヴァートン>レアル・マドリードからコロンビア代表ハメス・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表! 

1: 2020/09/08(火) 09:55:02.72 _USER9
エヴァートンは7日、レアル・マドリードからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月末までの2年間となっており、1年間の延長オプション付き。背番号は「19」を着用する。

 現在29歳のハメス・ロドリゲスは、2014年のブラジル・ワールドカップで脚光を浴びる存在となり、大会終了後にモナコからレアル・マドリードへと加入した。背番号「10」を与えられ、加入当初は主力として活躍。しかし、徐々に出場機会を失っていき、2017年夏にバイエルンへとレンタル移籍した。

 バイエルンではプレーした2シーズン合計で、ブンデスリーガ43試合に出場し14ゴール15アシストを記録。それでも、バイエルンは同選手を買い取ることなく、2019年夏に再びレアル・マドリードへ復帰した。2019-20シーズンは公式戦通算14試合の出場にとどまっていた。

 エヴァートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、レアル・マドリードとバイエルンでハメス・ロドリゲスを指導した経験がある。ナポリを率いていた当時にも獲得を画策していたと報じられるなど、同選手を高く評価している。

 ハメス・ロドリゲスは加入に際し、「偉大で、多くの歴史を持ち、そして僕のことをよく知ってくれている監督がいるクラブに加入できて、本当に、本当に幸せだよ。ここで多くのことを成し遂げることが楽しみだし、誰もが目指すものを勝ち取りたい」と喜びのコメントを残すとともに、「カルロ・アンチェロッティの存在が契約した理由の一つだよ。2つの異なるクラブで素晴らしい時間をともに過ごした。それがここに来た大きな理由だ」と、アンチェロッティ監督の存在の重要性を加入の理由として重ねて説明している。

9/8(火) 4:24 サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/eaa698c617bbe08b84505b24466216d71ed59a3d

写真no title

ハメスが“ジダン構想外”の不満をぶちまける「イライラする」「移籍したかったのに…」 

スクリーンショット 2020-08-17 23.07.05

レアルも移籍容認? ハメスが新天地探しに奔走、強豪3クラブが浮上、最有力は… 

スクリーンショット 2020-08-09 20.07.40

ハメス・ロドリゲス、”禁断の移籍”へ。約19億円でのアトレティコ移籍が近づく? 

スクリーンショット 2020-08-07 12.30.25

マンU、レアルのハメス獲得に30億円オファー準備 

スクリーンショット 2020-07-27 18.36.43

レアルで不遇のハメス、来季はプレミア移籍濃厚か “有力候補”3クラブをスペイン紙指摘 

20200715-00272260-soccermzw-000-3-view

ハメスのレアル・マドリー退団決定的に…今後プレーを拒否、移籍金は30億円とも 

20200706-00010008-goal-000-1-view

「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向。スペイン・メディア「驚異的なペースで成長」 

20200627-00075357-sdigestw-000-7-view

「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる! 

1: 2020/06/27(土) 09:11:27.59
6/27(土) 7:23
SOCCER DIGEST Web
久保復帰の障害となるのは?

「久保建英とハメスを入れ替えたい」ジダン監督の意向をスペイン・メディアが報じる!「驚異的なペースで成長」

 ピッチでの活躍とともに現地メディアを賑わしているのが、久保建英の去就だ。レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の19歳は、ラ・リーガ1年目ながら、ここまで28試合に出場して3ゴール・2アシスト。降格圏の18位に沈むチームで、明らかに違いを作り出している。


 現地時間6月24日に開催されたラ・リーガ第31節のマドリー戦でも、“保有元”を相手に“3人抜き”を披露するなど、特大のインパクトを残した。

 こうした活躍を受けて、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、「クボとハメスを“交換”できるのを喜んでいる」という見出しの記事を掲載したのが、地元メディアの『Defensa Central』だ。

 記事によれば、このフランス人指揮官とコロンビア代表MFの関係は破綻しており、今夏に袂を分かつのは確実。ジダンが21日のレアル・ソシエダ戦でラ・リーガでは約8か月ぶりにチャンスをハメスに与えたものの、そのパフォーマンスに満足できず、放出は決定的になったと綴っている。
 
 そして、そのハメスの抜けた場所に久保を組み込むというアイデアに「ジダンは賛成票を投じた」という。同メディアはこの“日本の至宝”について、「驚異的なペースでパフォーマンスが向上している」と称えている。

 ただ、それには問題があるとも指摘。「EU圏外枠」だ。ラ・リーガで登録できる「EU圏外選手」は3人だけだが、記事によると、現在登録されているディエゴ・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、そしてロドリゴのセレソン3人衆は、いずれも来季のジダンの構想に入っており(Bチームにはブラジルの逸材レイニエールもいる)、久保がその枠に入るには、ヴィニシウスがスペイン国籍を取得するしかないようだ。

 このブラジル代表FWは、次の冬にもEUパスポートを取得するとも言われている。いずれにしても、マドリーの中で久保の評価が上がっているという事実は間違いないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/7340dde1595dcd38f1bc7282f4d68b9b931c2b30
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索