Samurai Goal

ハットトリック


スポンサード リンク





<浅野拓磨(パルチザン)>絶好調!4戦連発&ハットトリック達成!開幕5試合6得点で昨季超え... 

1: 2020/08/23(日) 07:19:51.58 _USER9
写真
no title


パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、22日に行われたセルビア・スーペルリーガ第5節のインジヤ戦で4試合連続ゴールを決めた。

 先発出場した浅野は1点リードの48分、右サイドから中央に切り込み、ビブラス・ナトホとのワンツーでペナルティエリア内に進入。飛び出したGKを冷静に左足ループシュートでかわして先制点を挙げた。

 65分には味方のロングパスで浅野とウマル・サディクがエリア内に抜け出すと、サディクがGKの目前でパス。それを浅野が左足で無人のゴールに流し込んで追加点を挙げた。さらに浅野は76分、エリア中央で左サイドからのクロスを受けると、左足で押し込んでハットトリックを達成した。

 浅野はこれで4試合連続ゴールと絶好調。初のハットトリックを達成し、今シーズンのリーグ戦得点数を6ゴールに伸ばした。セルビア1年目の昨シーズンではリーグ戦23試合に出場して4ゴールを記録していたため、今シーズンは開幕5試合で昨季超えを達成した。

 パルチザンは5-0の大勝で3連勝を飾り、開幕5連勝で首位のツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)と勝ち点差3の3位につけている。浅野は開幕5試合連続の先発出場で、82分までプレーして勝利の立役者となった。

サッカーキング 8/23(日) 6:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/c07c4b08ed8ea7d958405f3cd22a8a814d886a34

「ふたり合わせて驚愕の110回!」英紙がC・ロナウドvsメッシを“ハットトリック”で徹底比較! 

20200604-00010002-sdigestw-000-3-view

メッシが今季3度目のハットトリック! バルセロナ、乾貴士先発のエイバルに5-0完勝 20試合18得点 

20200223-00363909-footballc-000-1-view[1]




1: 2020/02/23(日) 06:59:37.54
【バルセロナ 5-0 エイバル リーガエスパニョーラ第25節】

リーガエスパニョーラ第25節、バルセロナ対エイバルの試合が現地時間22日に行われた。バルセロナが5-0の勝利をおさめている。

エイバルに所属する乾貴士は先発出場を果たした。4分、クロスボールに飛び込んだエイバルのセルジ・エンリヒが頭で合わせてゴールネットを揺らすがオフサイドの判定により得点は決まらず。

反対に14分、縦パスを受け取ったリオネル・メッシがドリブルで相手を交わして自らゴールを決める。37分にも同じくメッシがドリブルからシュートを決めて追加点。
さらに40分、メッシがアントワーヌ・グリーズマンへ向けて出したパスが相手に当たって跳ね返った後、自分のもとに再びこぼれてきたボールをメッシが押し込んで3点目。
メッシが今季3度目のハットトリックを達成している。

87分にはマルティン・ブレイスワイトがゴール前に折り返したボールからメッシが得点し、
90分にはブレイスワイトが放ったシュートをエイバルのGKマルコ・ドミトロビッチが弾き、
こぼれ球をアルトゥールが押し込んでゴールが決まる。リードを守り切ったバルセロナが5-0の勝利をおさめた。

【得点者】
14分 1-0 メッシ(バルセロナ)
37分 2-0 メッシ(バルセロナ)
40分 3-0 メッシ(バルセロナ)
87分 4-0 メッシ(バルセロナ)
90分 5-0 アルトゥール(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00363909-footballc-socc
2/23(日) 2:00配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077885
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/67
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/67
得点ランキング

鎌田が日本人2人目のELハット! 大会6点目で得点ランク暫定トップタイ! ザルツブルクを撃破 

20200221-43478382-gekisaka-000-2-view[1]




1: 2020/02/21(金) 04:59:21.70
【スコア】
フランクフルト 4-1 ザルツブルク

【得点者】
1-0 12分 鎌田大地(フランクフルト)
2-0 43分 鎌田大地(フランクフルト)
3-0 53分 鎌田大地(フランクフルト)
4-0 56分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
4-1 85分 ファン・ヒチャン(PK/ザルツブルク)

[2.20 EL決勝T1回戦第1戦 フランクフルト4-1ザルツブルク]

 ヨーロッパリーグ(EL)は20日に決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、FW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでMF奥川雅也が所属するザルツブルクと対戦。鎌田が3得点を挙げ、フランクフルトが4-1で勝利を収めた。第2戦は27日に行われる。

 グループリーグを2位で通過したフランクフルトは4-3-3の布陣を敷く。鎌田は1日のブンデスリーガ第20節・デュッセルドルフ戦以来の先発出場に、長谷部は4日のDFBポカール3回戦・ライプツィヒ戦以来の先発になった。鎌田は右FW、長谷部は3センターのアンカーで起用されている。

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)でグループリーグ敗退となったザルツブルクはELへ。FWアーリング・ホーランドやFW南野拓実が海外移籍したが、公式戦2試合連続で得点を決めている奥川がトップ下で起用されている。

 試合は序盤からフランクフルト攻勢。前半12分、PA右角のDFアルマミ・トゥーレからパスを受けた鎌田が、相手GKの股間を通すシュートで先制に成功する。さらに同43分に追加点。長谷部が自陣でボールを収め、中盤に縦パスを送る。受けたMFジブリル・ソウがさらに最前線にスルーパスを送ると鎌田が反応。相手DFに追いつかれるが右足の切り返しで華麗に翻弄し、相手GKの構えも左足チップキックでかわしてゴールに流し込んだ。

 鎌田の2得点でフランクフルトは2-0で前半を折り返す。追いかけたいザルツブルクは後半から2枚のカードを切り、奥川は前半45分間で途中交代となった。

 後半に入ってもフランクフルトの勢いは留まらず。後半8分、PA手前からのMFフィリップ・コスティッチのキックは相手のブロックに遭うが、ボールはPA左ラインのDFエバン・エンディカへが拾う。すかさずPA中央に柔らかいクロスで折り返すと、最後は鎌田が頭でゴールに叩き込み、ハットトリックを達成した。

 データサイト『opta』によると、鎌田はクラブ初のELでのハットトリックを達成した選手となった。日本人選手としては2人目のELハットトリック。2018年11月8日に当時ザルツブルク所属の南野が記録して以来の偉業となった。

 また、鎌田は今大会6得点目を記録。レンジャーズ(スコットランド)のFWアルフレッド・モレロスと並び、得点ランク暫定トップタイとなった。

 フランクフルトはその4分後にダメ押し弾。中盤の鎌田が縦パスを送り、FWアンドレ・シウバが前線に運ぶ。PA左でコスティッチがラストパスを受け取ると、チーム4点目を冷静に決めた。

 4-0と点差を広げたフランクフルトだが、守備に手を抜くことはない。後半32分には自陣への進入を許すも、冷静に相手の動きを読んだ長谷部がブロック。36歳のベテラン日本人選手が貫禄の動きを見せた。

 フランクフルトは後半36分に鎌田を途中交代させると、同40分にはザルツブルクFWファン・ヒチャンにPKで失点を喫する。しかしその後はスコアが動くことなく、フランクフルトが1回戦第1戦を4-1で制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-43478382-gekisaka-socc

鎌田ハットの大活躍! ホームのフランクフルトが奥川先発のザルツブルクに快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-01037965-soccerk-socc
「何て男だ!」「言葉が出ないよ…」鎌田大地がELで“史上初”のハットトリック達成、ザルツブルクを撃破!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200221-00069962-sdigestw-socc

<途中出場のハーランド>ハットトリックの衝撃デビュー!ドルトムントが逆転勝利でアウクスブルク粉砕! 

1: Egg ★ 2020/01/19(日) 07:15:59.20 ID:dcBLtuej9
ブンデスリーガ第18節が18日に行われ、アウクスブルクとドルトムントが対戦した。今冬ザルツブルクからドルトムントに移籍したFWアーリング・ハーランドはベンチスタートとなり、移籍が噂されるFWパコ・アルカセルはメンバーから外れた。

 試合は互いにシュートまで持ち込む場面を多く作るなど、見応えのある展開となった。22分にはディフェンスラインの裏へ抜け出したフロリアン・ニーダーレヒナーのラストパスをルベン・バルガスが押し込むが、これはオフサイドの判定。先制点は奪えない。一時はドルトムントへ流れが傾きかけたが、33分に先制点を奪ったのはアウクスブルク。ペナルティエリア左脇からバルガスが入れたクロスがニアサイドの密集地帯を抜けると、ファーに飛び込んだニーダーレヒナーが合わせて先制に成功する。

 後半に入るや否や、アウクスブルクがさらにたたみかける。開始1分にマルコ・リヒターが敵陣中央から思い切りよくミドルシュートを放つと、虚を突かれたドルトムントのGKロマン・ビュルキは一歩も動けず、リードを2点に広げる。その直後に1点を返されるが、56分に再びニーダーレヒナーがゴールを奪って突き放す。

 ここで、ドルトムントはハーランドを投入し、フォーメーションを4-2-3-1に変更して巻き返しに出る。すると、そのハーランドが絶妙なタイミングでDFの裏へ抜け出すと、落ち着いて決めて移籍後初ゴールを奪取。再び1点差に迫ると、その直後にジェイドン・サンチョのゴールで同点に追いつく。ドルトムントはおろかサッカー界の未来を担う2人の活躍で一気に流れに乗ると、71分にはトルガン・アザールがGKとの1対1の決定機を迎える。すると、フォローに入ったハーランドにラストパスを送ってゴールをプレゼント。この日2点目を奪い、ついに逆転に成功する。

 さらにこの日のハーランドは止まらない。アウクスブルクの最終ラインの裏を簡単に突くと、スルーパスを受けて独走状態に。GKとの1対1を難なく流し込み、デビュー戦でハットトリックを達成。壮絶な撃ち合いは5-3でアウェイのドルトムントが逆転勝利を収めた。

 ハーランドはブンデスリーガ史上7人目のデビュー戦ハットトリック、途中出場からの同記録はリーグ史上初となり、将来有望な19歳が快挙を成し遂げた。

【スコア】
アウクスブルク 3-5 ドルトムント

【得点者】
1-0 34分 フロリアン・ニーダーレヒナー(アウクスブルク)
2-0 46分 マルコ・リヒター(アウクスブルク)
2-1 49分 ユリアン・ブラント(ドルトムント)
3-1 55分 フロリアン・ニーダーレヒナー(アウクスブルク)
3-2 59分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
3-3 61分 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
3-4 70分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
3-5 79分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

1/19(日) 1:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-01024818-soccerk-socc

写真
no title

セリエA第18節 C・ロナウドが2020年初戦ハットトリックの大暴れ。ユベントスがカリアリに完勝 

20200107-00356578-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/07(火) 05:39:10.96 ID:iY1gdWQu9
【ユベントス 4-0 カリアリ セリエA第18節】

セリエA第18節のユベントス対カリアリが現地時間6日に行われた。試合は4-0でホームのユベントスが勝利を収めている。

前半を0-0で終えたユベントスは、後半の早い時間に先制した。決めたのはクリスティアーノ・ロナウド。
相手のディフェンスラインでのパス回しが甘くなったところを見逃さずにボールを奪うと、GKをドリブルでかわしてゴールに流し込んだ。

これで一気に流れを引き寄せると、67分にはディバラが獲得したPKをC・ロナウドが決めて2点差とする。

ユベントスは81分、途中出場のイグアインが3点目を決めて勝負を決定づけると、締めの一撃はC・ロナウド。
82分にハットトリック達成となるダメ押し弾を決めた。

完勝で2020年のスタートを切ったユベントスは暫定で首位。勝ち点3差のインテルは、同日夜にナポリとの対戦を予定している。

【得点者】
49分 1-0 C・ロナウド(ユベントス)
67分 2-0 C・ロナウド(ユベントス)
81分 3-0 イグアイン(ユベントス)
82分 4-0 C・ロナウド(ユベントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00356578-footballc-socc
1/7(火) 1:10配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2020/ita/ita-20081278.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング

https://www.youtube.com/watch?v=BzigE1yqTZg


Juventus 4-0 Cagliari | CR7 scores his first Serie A hat-trick as Juve beat Cagliari | Serie A TIM

エース岩渕真奈がハットトリック!なでしこジャパン、強敵中国に快勝で優勝に王手 E-1サッカー選手権  

20191214-00353068-footballc-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/14(土) 17:50:31.96 ID:t1qQvmwH9
【日本女子代表 3-0 中国女子代表 E-1サッカー選手権第2節】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本女子代表(なでしこジャパン)対中国女子代表戦が14日に行われ、日本が3-0で勝利を収めた。

 3日前に行われた大会初戦ではチャイニーズ・タイペイ女子代表に9-0と大勝し、幸先の良いスタートを切ったなでしこジャパン。難敵中国との一戦では先発メンバーを8人入れ替え、DF南萌華、松原有沙、FW岩渕真奈の3人のみが2試合連続の先発となった。

 前半9分、なでしこジャパンは早い段階で先制点を奪うことに成功する。ペナルティーエリア手前左寄りから、籾木結花が長谷川唯とのワンツーで守備陣の間に割って入り、中央の岩渕にラストパス。岩渕が滑り込みながらのシュートで初戦に続いての先制ゴールを挙げた。

 その後は何度か中国にゴールに迫られる形もあったが、前半終了間際の良い時間帯に追加点。前線でプレスをかけてボールを奪うと、長谷川がすぐさまディフェンスの裏へスルーパスを通し、抜け出した岩渕がGKとの1対1の形からボールを浮かせる技ありループシュートを沈めた。

 54分には最初の選手交代で長谷川を下げて小林里歌子を送り出す。するとそのわずか1分後、左サイドから突破を仕掛けた小林が中央に切り込んで右足で鋭いシュート。GKが弾いたボールに岩渕が詰め、ハットトリックとなる3点目を流し込んだ。

 61分には三浦成美のシュートが惜しくも左ポストを叩くなど、さらなる追加点のチャンスは物にできなかったが、なでしこジャパンは3-0で快勝。2戦2勝で今大会の優勝に王手をかけた。

 15日に行われる韓国対チャイニーズ・タイペイ戦で韓国が勝利を逃せば、その時点で日本の優勝が決定。韓国が勝利を収めた場合、17日に行われる最終節の試合で日本と韓国が優勝を争うことになる。

【得点者】
9分 1-0 岩渕真奈(日本)
44分 2-0 岩渕真奈(日本)
55分 3-0 岩渕真奈(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00353068-footballc-socc

<米経済誌フォーブス誌>ブーイング浴びた久保建英は「レアル・マドリードとの契約を許されていない」  

32207_260_2019-12-08-




1: Egg ★ 2019/12/08(日) 18:33:57.61 ID:mdUC589p9
スペイン1部リーグの第16節が7日(日本時間8日)行われ、首位のバルセロナが本拠地カンプ・ノウでマジョルカと対戦。エースFWリオネル・メッシ(32)のハットトリックなどで5-2と大勝した。バルセロナは4連勝とし、首位の座を守った。

 レアル・マドリードからマジョルカに1年間レンタル移籍中の日本代表MF久保建英(18)もフル出場し、得点に絡むなどの活躍を見せた。久保は2011年から15年までバルセロナの下部組織でプレーしていた。

 メッシは歴代単独最多となる通算6度目の年間最優秀選手賞「バロンドール」に輝き、2日(同3日)にパリで行われた授賞式に参加したばかり。32歳のエースは1点リードの前半17分、華麗なシュートをゴール左隅に叩き込む。さらに1点を返された同41分にも左足シュートで2点目をマークすると、4-2の後半38分には駄目押しとなるこの日3本目のゴールを決めた。

 米経済誌フォーブス(電子版)はこの日「メッシ、ハットトリックでバロンドールを自ら祝福」との見出しで、「バルセロナはマジョルカをカンプ・ノウで5-2で下して、メッシの通算6度目のバロンドール受賞とスペインリーグ首位を祝った」と報じた。

 さらに同誌は久保についても触れ、「タケフサ・クボが近い将来カンプ・ノウの信者に許されることはない」との小見出しで、「この日最初の(ボールへの)タッチから試合を通してブーイングを浴びた18歳は、今年の初めにレアル・マドリードと契約したことを許されていない。ラ・マシア(バルセロナの下部組織)で4年過ごしたが、彼はFC東京で成長を遂げた後、バルセロナと激しく競り合うライバルに寝返ることを決めた」と報じた。

2019年12月8日 17時1分 サンスポ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17496338/

【サッカー】<久保建英>バルサ帰還で存在感「僕はブーイングを浴びるに値している」マジョルカ指揮官が高評価「彼の限界がわからない」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575774316/

C・ロナウド、代表9度目のハットトリックで通算98得点! “世界記録”まであと「11」  

20191115-00229160-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/15(金) 11:52:54.39 ID:DUhJg0AA9
EURO予選リトアニア戦で圧巻のゴールショー、大台まで2ゴールに迫る
 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間14日に行われた欧州選手権(EURO)グループBのリトアニア戦に先発出場し、代表では9度目となるハットトリックを決め、6-0の圧勝に貢献。代表通算得点を「98」に伸ばし、大台まであと2ゴールに迫った。

 ロナウドは前半7分にPKを成功させてゴールラッシュの号砲を鳴らすと、同22分にも立て続けにゴールを決めた。ロナウドの得点で勢いに乗ったポルトガルはその後も後半7分にMFピッツィ、同11分にFWゴンサロ・パシエンシア、同18分にMFベルナルド・シウバが追加点をゲット。そして同20分にはとどめの6点目をロナウドが挙げた。

 英公共放送「BBC」によれば、これはロナウドにとって代表通算9度目のハットトリックとなった。代表通算得点も「98」に伸び、「100」の大台も目前となった。また元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の持つ代表通算得点の世界記録である109得点にも、あと11得点に迫った。

 所属するユベントスでは直近の2試合連続で途中交代となるなど不調が囁かれていたロナウドだが、キャプテンとしてプレーするポルトガル代表ではさすがの決定力を見せつけた。

 なお大勝したポルトガルだが、連覇を狙う来年のEURO出場権獲得は最終戦に持ち越しとなった。上位2チームに出場権が与えられる今予選で、グループBは首位ウクライナが本戦出場を一足先に確定させている。ポルトガルは勝ち点14で現在2位。3位セルビアが同13でその後を追っている。ポルトガルは次節ルクセンブルク戦で勝利すれば、出場権獲得となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00229160-soccermzw-socc

レスターがプレミア初の快挙を達成…敵地で9得点&2選手がハット達成  

20191026-00992498-soccerk-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/26(土) 07:35:48.89 ID:5NWu2X0I9
レスターがプレミア初の快挙を達成…敵地で9得点&2選手がハット達成

 プレミアリーグ第10節が25日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンとレスターが対戦した。アウェイのレスターは、この試合でプレミアリーグ初の記録を達成した模様だ。

 レスターは試合開始10分にベン・チルウェルの得点で先制すると、前半の内に大量5得点を挙げる。後半に入ってもレスターはゴールを量産して、9-0でサウサンプトンに勝利を収めた。

 データサイト『OPTA』によると、プレミアリーグ1試合9ゴールを挙げたのは、1995年にイプスウィッチを下したマンチェスター・U以来2度目。敵地で9ゴールを挙げたクラブは、レスターがプレミアリーグで初だという。

『OPTA』によると、レスターの快挙はもう一つある模様だ。サウサンプトンに大勝したレスターは、ベン・チルウェルとジェイミー・ヴァーディの2選手がハットトリックを達成した。プレミアリーグにおいて1試合で2選手がハットトリックを達成したのは、2003年にアーセナルがサウサンプトン相手に達成して以来2度目となる快挙だという。

10/26(土) 7:16配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191026-00992498-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索