Samurai Goal

ノイアー


スポンサード リンク





ドイツ代表GKノイアー(34)、妻ニーナさん似の19歳の新恋人が発覚…妻とは別居中 

1: 2020/05/07(木) 22:16:23.30
バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(34)に新恋人が発覚した。

ドイツ『ブンテ』によると、ノイアーのお相手は19歳のハンドボールプレーヤーであるアニカ・ビッセルさんとのこと。長いブロンドの髪とスタイルが良く、ノイアーの妻であるニーナ・ノイアーさん[写真]と似ているとのことだ。
no title


ビッセルさんは、Kuitesというハンドボールチームでプレーし、ミュンヘンでファッションマネジメントを学んでいるとのこと。ノイアーの好みは、一貫していると報じている。

ノイアーには2017年に結婚した妻のニーナさんがいるものの、4カ月前から別居中とのこと。ニーナさんはミュンヘンとベルリンに滞在しているとのことだ。

一方、ノイアーはアニカさんとミュンヘンの豪邸で同居しているとのこと。『ブンテ』は隣人から情報を得ているようだ。

アニカさんは6月に20歳の誕生日を迎えるとのこと。すでにノイアーは母親に紹介をしているとのことだ。

なお、妻のニーナさんとはまだ離婚していないとのこと。それでも、すでに心の支えは10代の新恋人に移り変わっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00374263-usoccer-socc

ドイツ代表ノイアー、日本人選手を評価!「俊敏で器用」特に印象に残った選手にFW武藤嘉紀とFW岡崎慎司  

1: Egg ★ 2019/10/12(土) 01:04:44.35 ID:FgnhiIwg9
ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)で8連覇を目指すバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(33)が日本の報道陣のインタビューに応じた。クラブと代表で主将を務める人格者で、世界最高峰の守護神と長年称されてきたベテランが、リーグ8連覇への思い、シャルケ時代ともにプレーした元日本代表DF内田篤人(31=鹿島)、これまで対戦した日本人選手などについて語った。

 5日のホッフェンハイム戦後に行われたインタビュー。敗戦直後でも丁寧に受け答えするノイアーが一番の笑顔を見せたのは「僕の友人」と表現した元同僚・内田の質問だった。

 「僕たちは“ウチダサン”と呼んでいた。彼がドイツに来た頃、全然話せなかったドイツ語を一緒に学んだ。遠征後の飛行機の中でも。凄く楽しい思い出」と懐かしそうに振り返った。「とても優しいし、素晴らしい能力を持っていた」と高く評価していただけに「負傷してしまったのは残念。おそらく膝のケガが彼のキャリアをより大きく広げることを妨げた」と14年の右膝負傷を残念がった。

 ドイツで数多くプレーしてきた日本人選手については「対戦は本当に難しい。スピードがあり、俊敏で、両足でシュートを打てる選手もいる」と語った上で、特に印象に残った選手にFW武藤嘉紀(現ニューカッスル)とFW岡崎慎司(現スペイン2部ウエスカ)を挙げた。「武藤は凄く良い選手。岡崎がプレミアリーグ(レスター)に行ってしまったのは残念。彼もドイツで良いプレーをしていたから」とマインツでプレーした2人を高く評価。元同僚が在籍するJリーグもチェックするそうで「一緒にプレーした選手は気になる。ポルディ(元ドイツ代表FWポドルスキ)やイニエスタが神戸で何をやっているか、情報は追っている」と明かした。

 昨季チームはリーグ記録を更新する7連覇を達成。今季は第7節でホッフェンハイムに1―2で敗れてリーグ初黒星を喫し、首位から3位に転落した。「昨季もかなり苦労したし、ドイツ王者になるのは簡単ではない」とした上で「勝利を得るためなら全てをささげる。優勝記録更新が我々の一番の目標。個人としてもさらなる優勝を貪欲に目指す」と8連覇を含めたタイトル獲得への強い決意を示した。

 ◆マヌエル・ノイアー 1986年3月27日生まれ、ゲルゼンキルヘン出身の33歳。地元シャルケの下部組織育ちで06年8月に20歳でトップチーム初出場。11年にBミュンヘンに移籍し、13年の欧州CL優勝、リーグ7連覇、ドイツ杯優勝4回などに貢献。ドイツ代表通算90試合出場。14年ブラジル大会で優勝し、大会最優秀GKを受賞。国際サッカー歴史統計連盟主催の年間最優秀GKに13年から4年連続で輝いた。1メートル93、92キロ。利き足は右

10/8(火) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000116-spnannex-socc

写真no title

ドイツ代表GKノイアー語る 友人・内田篤人…Jリーグ移籍…バイエルン…  

no title




1: 久太郎 ★ 2019/10/08(火) 10:06:41.29 ID:2wy9GNFE9
 バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(33)が、2日に行われたドイツ1部のバイエルン対ホッフェンハイム戦後、日本メディアの合同インタビューに応じた。日本ではかつてシャルケに所属した元日本代表DF内田篤人(31)と親交が深かったことでも知られる世界屈指のGKが、現在のチーム状況、日本人選手の印象や旧友・内田との思い出などについて語った。

 ―ホッフェンハイム戦は1―2と今季初敗北。ブンデスリーガ8連覇を目指す今季は、新加入選手(ブラジル代表MFコウチーニョなど)も加わったが、ここまでどういった印象か?

 「自分としては、もちろん勝ってこの場(インタビュー)に臨みたいと願っていました。しかし、敗北というのは試合につきものです。また、敗因は自分たちにあると思っていて、私たちのプレーが対戦相手を強くしてしまいました。ロンドンでの試合の勝利(10月1日、CLのトッテナム戦に7―2で勝利)があったので、後半戦で盛り返せるとみていました。残念ながら今日の試合ではそうはならなかった。簡単なミスでゴールを取られ、前半戦の終盤には絶好のチャンスを生かすことができませんでした。新加入選手についてですが、彼らの加入によってチームのメンバーの補強はしっかりできたんじゃないかと思います。より柔軟性に富んだチームになったと思うし、先発メンバーについてはこれからですが、まだシーズン序盤です。今シーズン私たちが最終的にどんな結果を残すことができるのか、まだ誰にも分かりません。私たちには大きな目標があり、それに向けてのやる気は十分で、どん欲に戦います」

 ―バイエルンは常に追われる立場のチームですが、王座を守る難しさとは? 個人としてチームとしてどう考えている?

 「まず、サッカーというスポーツのあり方によるところなんだと思いますが、プロ選手である以上は、常に勝利したいと思っているし、野心的であり続けます。勝利を得るためなら、全てを捧げます。今日もまた感じたと思いますが、ドイツ・チャンピオンになることは簡単なことではありません。今日のような日も必然的に伴ってきます。昨シーズンも最終的にブンデスリーガで優勝するのにかなり苦労しました。今私たちは7連覇というリーグ記録を保持しています。チームとしてはこの記録をさらに伸ばすことを目標にしています。私個人としても、さらなる優勝をどん欲に目指しています。私は、その7連覇の最初の優勝から全てを経験している選手の一人です。私以外には、トーマス・ミュラー、ダビド・アラバ、そしてジェローム・ボアテングも一緒に成し遂げてきました。もちろんそれは素晴らしいことで、このブンデスリーガ優勝記録の更新は私たちの一番の目標です」

>>2以降に続く

正GK問題に揺れるドイツ代表…バイエルン会長は“招集拒否”でレーヴ監督に圧力 

20190925-00983091-soccerk-000-1-view[1]

ノイアーが内田篤人にエール!!「ウシダサン、ガンバッテ」ww 

no title
1   2018/05/10(木) 09:31:54.95 _USER9
18/5/10 07:48

笑顔でインタビューに答えるマヌエル・ノイアー
 アディダスは8日、ブンデスリーガ王者バイエルンの新ホームユニフォームを発表した。バイエルンの象徴である菱形が全体に散りばめられており、12日に行われるホームで行われるシュツットガルトとの最終節でお披露目する。

 同日、ミュンヘン市内でクラブ主催のイベントも開催され、新ホームユニフォームに身を包んだバイエルンの8選手が登場した。フィールドプレーヤーとは異なり、グレーのユニフォームを着用するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は「今年も赤に身を包んだ頼もしい仲間にパスをつなげることが嬉しい」と、カラーデザインが気に入ったようだ。

 イベントでは世界中から集まった各国メディアの取材にも対応したノイアー。ロシアW杯について「目標は一つ。決勝に進出すること。ドイツ代表は能力の高いチームなので、ブラジルで成し遂げたことをもう一度成し遂げることで我々の強さを示したい」と連覇に向けての意気込みを語った。

 シャルケ時代に同僚だった元日本代表DF内田篤人(鹿島)にも触れ「これを見てるかな。また会いたいよ。ロシアで会えると嬉しいな。日本と対戦出来たら素晴らしいことだ。」と再会を願っていた。さらに、怪我から復帰した内田を気遣い「僕もリハビリ中だけど、内田選手の(膝の)痛みが早くなくなることを願っています。怪我を克服し、より強くなってW杯に参加できることを祈っています。」と述べ、最後に日本語で「ウシダサン、ガンバッテ」と笑顔でメッセージを贈っていた。


https://web.gekisaka.jp/news/detail/?244398-244398-fl

【動画】ノイアーが失点シーンで腕を引っ込めたワケとは?0.1秒を争う世界最高峰の判断力!! 

1: 名無しさん 2016/09/30(金) 08:42:24.75 ID:CAP_USER9
GOAL 9月29日(木)11時53分配信

失点を許したノイアー/ Getty Images

バイエルン・ミュンヘンは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でアトレティコ・マドリーと対戦し、0-1と敗れた。試合後、GKマヌエル・ノイアーが『スカイ』の取材に応えている。

昨シーズンのCL準決勝でも相まみえた両チーム。アトレティコの前に決勝へ進むことができなかったバイエルンにとってリベンジマッチとなったが、敵地に乗り込んだ試合は昨シーズンと同じスコアでの敗戦となってしまった。ノイアーは試合について以下のように話している。

「また敗れてここから帰るのはもちろん悔しい。チャンスを作れたと思うが、僕たちにはアトレティコが僕たちと対戦するときに見せるような手強さがなかった。僕らがゴールを決めていたら、彼らも前に出てこなければいけなくなっていたので、僕たちにとっても少し楽だったかもしれない」

また、失点シーンでは腕を引っ込めたようにも見えたため、そのことに質問が及んだ。

「腕を引っ込めた?もちろんボールを通すためではなく、ゴールポストから跳ね返った場合に備えるためだよ。シュートに届かないのは分かったので、より早く立ち上がれるために手を地面につけたのさ。そうしたらグリエズマンがセカンドボールを狙っていた場合、決定的になり得た0.1秒早く反応できたかもしれないからね」

「ポストに当たるのかは予想できないが、自分がボールに手が届くか届かないかは分かる。ゴールの位置も把握しているし、非常に厳しいことは覚悟していた。ボールが跳ね戻る可能性も想定していた。なのでより早く立ち上がるために手を地面につけた。腕を伸ばしてたら、その後の状況に対応できなくなってしまうからね」

GOAL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000004-goal-socc

no title

「ドルトムントは世界トップ5に入る」 “宿敵”ノイアーがリヴァプールに警告 

1: 名無しさん 2016/04/06(水) 17:42:31.12 ID:CAP_USER*.net
バイエルンGKマヌエル・ノイアーが、“宿敵”ドルトムント(以上ドイツ)を「世界でも5本の指に入る強豪」と評価し、
ヨーロッパリーグ(以下EL)で対戦するリヴァプールに警笛を鳴らした。
英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間5日(以下現地時間)に伝えている。

 バイエルンとドルトムントは、近年ドイツ国内で覇権を争ってきたライバルで、
2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝でも激突した。
昨季はドルトムントが不振に喘いでブンデスリーガを7位で終えたが、今季はバイエルンが首位、
ドルトムントが2位と、再び優勝を争っている。

 『BT Sport』のインタビューに応じたノイアーは、欧州サッカーなどについて語り、
「ドルトムントは間違いなく欧州で、僕の意見では世界でも、5本の指に入る強豪チームの1つだ。
たとえ今季のCLに出場していなくてもね」とライバルを讃えた。

 ドルトムントがEL準々決勝で対戦するのは、昨季まで同チームで7年指揮をとった
ユルゲン・クロップ監督率いるリヴァプール。
ノイアーは同チームにとって、ドルトムントは強敵だとしている。

 ノイアーはまた、ドルトムントについて「昨季は不振に陥っていたが、
絶対に復活するだろうと、バイエルン側も認識していた。再び僕らのライバルになると、確信していたよ」と、
今季の復活は予想通りだと話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000020-ism-socc
no title

【悲報w】【画像】ノイアーが胃の不調を訴えハゲるwwwwwwwwww 

761: 名無しさん 2016/03/29(火) 07:54:59.71 ID:oqJookTK.net
キッカーjpはこんなもん
no title

ノイアー居たら女子サッカー優勝できる? 

1: 名無しさん 2016/03/07(月) 23:54:12.99 ID:VcR8YKKfM.net
チームはベトナム人とする

no title

またもノイアー劇場!CLユーヴェ戦での「ありえないポジション」が話題に 

1: 名無しさん 2016/02/24(水) 18:42:23.66 ID:CAP_USER*.net
昨シーズンの国内王者同士の対戦となった、CLのラウンド16ユヴェントス対バイエルン戦。
23日に行われた1stレグはバイエルンが2点を先制し試合を決めたかに思わたのだが、
ホームのユヴェントスがそこから意地を見せ2ゴールを奪い、ドローで終了している。

なんとか2ndレグに望みを繋いだユヴェントスだが、試合を終始優位に進めていたのはアウェイのバイエルンだった。
特に前半はバイエルンの一方的なペースであり、前半終了時の支配率は32%対68%。パス成功数はユヴェントスの
3倍近い350本を記録し、枠内シュート数も倍の4本だった。
そうなると、やはり気になるのは"あの選手”の位置取りだが…やはりこのゲームでも高いポジションを取っていたらしい。

no title


こちらは、世界最高の守護神にして超攻撃的GKとして知られるマヌエル・ノイアーだ。
これはバイエルンがユーヴェ陣内に攻め立てていた前半のシーンだが、あろうことかノイアーは
センターラインとゴールラインのほぼ中央に位置していたのだ。

最終ラインが高い位置を取る際、GKはその裏のスペースをケアするためにセオリーとしてゴールマウスから
出て高いポジションにつくものだが…これだけの大一番で流石にこれは高すぎる?!
『Opta』が提供しているデータを見てみよう。

no title


こちらは、両チームの選手たちが前半の間に平均的に取っていたポジションの分布だ。
左側がユヴェントス選手、右側がバイエルン選手のデータ。
ユヴェントスでは平均して敵陣でプレーしていたのがディバラだけであったのに対し、
バイエルンはフィールドプレーヤーのほぼ全員がユーヴェ陣内にポジションを取っていたようだ。

そうしたこともあり、ノイアーのポジションもジャンルイージ・ブッフォンと比較してやはり少し高めになっている。

http://qoly.jp/2016/02/24/manuel-neuer-positioning-vs-juventus?part=2



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索