Samurai Goal

ネーションズリーグ


スポンサード リンク





UEFAネーションズリーグ、ドイツvsスペインはガヤの土壇場同点弾で1-1ドロー 

NationsLeague_sub1




1: 2020/09/04(金) 11:24:00.58 _USER9
現地時間3日、UEFAネーションズリーグ20-21の各試合が行われた。

トップカテゴリーのリーグA、グループ4ではドイツvsスペインがシュトゥットガルトで行われ、ドイツとスペインが1-1で引き分けた。

この試合では51分、ペナルティエリア内でボールを受けたティモ・ヴェルナーがキックフェイントを交えながらシュートにつなげ、ドイツが先制。このまま終了かと思われた後半アディショナルタイム、右サイドをえぐったフェラン・トーレスがクロスを入れ、ロドリゴの落としをホセ・ルイス・ガヤが押し込み、スペインが土壇場で1-1のドローに持ち込んだ。

同じくリーグA4のウクライナvsスイスはアンドリー・ヤルモレンコ、オレクサンドル・ジンチェンコのゴールにより、2-1でウクライナが勝利を収めている。

UEFAネーションズリーグ第1節の結果
■リーグAグループ4
ドイツ 1-1 スペイン
ウクライナ 2-1 スイス

■リーグBグループ3
ロシア 3-1 セルビア
トルコ 0-1 ハンガリー

■リーグBグループ4
フィンランド 0-1 ウェールズ
ブルガリア 1-1 アイルランド

■リーグCグループ3
スロベニア 0-0 ギリシャ
モルドバ 1-1 コソボ

■リーグDグループ1
フェロー諸島 3-2 マルタ
ラトビア 0-0 アンドラ

https://news.yahoo.co.jp/articles/f825774cb9a88f481d5ba9dd7a7740bd3306116f

UEFAネーションズリーグ組み合わせ決定!王者ポルトガルはW杯覇者フランスと同組 

20200304-00010000-goal-000-1-view[1]




1: 2020/03/04(水) 14:19:01.01
現地時間3日、2020-21シーズンUEFAネーションズリーグの組み合わせ抽選会が行われた。

2018年から始まり、ポルトガル代表が初代王者に輝いたUEFAネーションズリーグ。第2回目となる2020-21シーズンは前回からフォーマットが変更となり、リーグAからリーグCまでそれぞれ16チームが4グループに分かれ、リーグDでは7チームが2グループに振り分けられることが発表されていた。

前回大会王者のポルトガルはグループA3に入り、2018年ワールドカップ覇者のフランス、ファイナリストのクロアチア、スウェーデンと同組。準優勝に終わったオランダは、イタリアらとグループA1に、リーグBへの降格を免れたドイツはスペイン、スイスらとグループA4に入る。また、グループA2に所属するイングランドはベルギーらと対戦する。

なお、2020-21シーズンのグループ開幕節は2020年9月3~5日に行われ、グループ最終節は11月15~17日、ファイナルズ(準決勝、決勝)は2021年6月2~6日に開催される予定だ。

組み合わせは以下の通り。

リーグA
グループA1:オランダ、イタリア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ポーランド
グループA2:イングランド、ベルギー、デンマーク、アイスランド
グループA3:ポルトガル、フランス、スウェーデン、クロアチア
グループA4:スイス、スペイン、ウクライナ、ドイツ

リーグB
グループB1:オーストリア、ノルウェー、北アイルランド、ルーマニア
グループB2:チェコ、スコットランド、スロバキア、イスラエル
グループB3:ロシア、セルビア、トルコ、ハンガリー
グループB4:ウェールズ、フィンランド、アイルランド、ブルガリア

リーグC
グループC1:モンテネグロ、キプロス、ルクセンブルク、アゼルバイジャン
グループC2:ジョージア、北マケドニア、エストニア、アルメニア
グループC3:ギリシャ、コソボ、スロベニア、モルドバ
グループC4:アルバニア、ベラルーシ、リトアニア、カザフスタン

リーグD
グループD1:フェロー諸島、ラトビア、アンドラ、マルタ
グループD2:ジブラルタル、リヒテンシュタイン、サンマリノ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00010000-goal-socc

ポルトガルがネーションズリーグ初代王者に! オランダは堅守光るも攻撃不発…ゲデス豪快弾に沈む  

20190610-43468070-gekisaka-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/10(月) 10:17:08.54 ID:/aPgIgAP9
[6.9 UNL決勝 ポルトガル1-0オランダ]

 UEFAネーションズリーグは9日、決勝を行った。ポルトガル代表とオランダ代表の対戦は、ポルトガルが1ー0で勝利。ネーションズリーグ初代王者に輝いた。

 今季からスタートしたネーションズリーグは、リーグAの各グループ首位4チームが決勝トーナメントに進出。準決勝ではポルトガルがスイスに、オランダがイングランドにそれぞれ勝利し、決勝へと駒を進めていた。

 ポルトガルは4-4-2の布陣。GKルイ・パトリシオ、DFネウソン・セメド、DFジョゼ・フォンテ、DFルベン・ディアス、DFラファエル・ゲレイロが後方に配置され、中盤はMFブルーノ・フェルナンデス、MFダニーロ・ペレイラ、MFウィリアム・カルバーリョが起用された。トップ下にFWベルナルド・シウバが入り、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWゴンサロ・ゲデスが前線に配置された。

 オランダは4-3-3の布陣を敷く。守備陣はGKヤスパー・シレッセン、DFダレイ・ブリント、DFフィルヒル・ファン・ダイク、DFマタイス・デ・リフト、DFデンゼル・ダンフリース。中盤にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、MFフレンキー・デ・ヨング、MFマルテン・デ・ローンが起用され、前線はFWライアン・バベル、FWメンフィス・デパイ、MFスティーブン・ベルフワインが配置された。

 前半は圧倒的なポルトガルペース。C・ロナウドやB・シウバ、B・フェルナンデスらが中心となり、PA内外からシュートを連発させる。しかしオランダもファン・ダイクやデ・リフトを中心に跳ね返し続ける。前半はポルトガルがシュート12本、オランダはシュート0本という対照的な内容となった。

 オランダは後半からバベルに代えてMFクインシー・プロメスを投入。少しずつ勢いを取り戻しつつ、さらに後半15分にはベルフワインに代えてMFドニー・ファン・デ・ベークも入れる。

 しかし先に均衡を崩したのはポルトガル。同15分に左サイドを突破し、B・シウバがPA左に進入する。体をゴール方向に向けたままノールックでPA手前に折り返すと、パスを受けたG・ゲデスが右足ミドル。コースは甘くシレッセンの左手に触れられるが、凄まじい勢いとスピードでゴールに突き刺した。

 オランダはFWルーク・デ・ヨングなどを投入し、前線からゴールを狙うも攻撃は単発に終わる。そのままポルトガルが手堅く守り切り、1-0で終了。新たな欧州大会の歴史に名を刻んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-43468070-gekisaka-socc

オランダ代表、延長の末イングランドに3-1勝利!初代王者をかけ決勝でポルトガルと対戦 ネーションズリーグ 

20190607-00324913-footballc-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/06/07(金) 10:10:32.58 ID:BqDnoSoA9
 UEFAネーションズリーグ準決勝、オランダ代表対イングランド代表の試合が現地時間6日に行われた。試合はオランダが3-1で勝利し決勝進出を果たしている。

両チームとも相手ゴール前までボールを運ぶがゴールを挙げる事が出来ず迎えた32分、デリフトがラッシュフォードをペナルティーエリア内で倒しイングランドがPKのチャンスを得ると、ラッシュフォードがゴール右下に落ち着いて決め先制する。オランダ前半アディショナルタイムに右CKからファン・ダイクがフリーでヘディングシュートもボールは枠を捉えきれず、イングランドがリードして折り返す。

 後半最初のビッグチャンスはオランダに訪れる。54分にデパイがイングランドゴール近くでボールを奪いそのままシュート、GKに弾かれたボールをボレーで狙うも空振りしてしまい同点のチャンスを逃してしまう。その後は一進一退の状況が続くも73分にオランダが同点に追いつく。右CKのチャンスからニアサイドでデリフトが頭で合わせ試合を振り出しに戻す。

 その後83分にはリンガードがスルーパスをDFラインの裏で受けGKと1対1から冷静にゴール右下に流し込みイングランドが勝ち越したかと思われたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の検証結果、オフサイドと判定され得点は取り消される。結局90分では勝負がつかず試合の行方は延長戦に持ち越された。

 延長に入った97分、イングランドゴール近くでボールを奪ったデパイが強烈なシュート、GKが弾いたボールを走り込んできたプロメスがシュート、これがウォーカーが当たり、ボールは無情にもゴールラインを越えオランダが幸運な形で逆転に成功する。

 その後114分にも追加点を加えたオランダがイングランドに勝利、9日に行われる決勝でポルトガル代表と初代王者を掛けて対戦する。

【得点者】
32分 0-1 ラッシュフォード(イングランド)
73分 1-1 デリフト(オランダ)
97分 2-1 オウンゴール(オランダ)
114分 3-1 プロメス(オランダ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00324913-footballc-socc

C・ロナウドが圧巻ハット!ポルトガルがスイス下して決勝進出、初代王者に王手  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/06(木) 09:53:26.58 ID:wpD0ZnDb9
6/6(木) 5:40配信
C・ロナウドが圧巻ハット!ポルトガルがスイス下して決勝進出、初代王者に王手

[6.5 UNL準決勝 ポルトガル3-1スイス]

 UEFAネーションズリーグは5日、準決勝を行い、ポルトガル代表がスイス代表を3-1で下し、決勝進出を決めた。決勝は9日に行われ、オランダ代表対イングランド代表の勝者と対戦する。

 ネーションズリーグは、リーグAの各グループ首位の4チームが決勝トーナメントに進出。初代王者を決定する。前回EURO王者のポルトガルは、FWクリスティアーノ・ロナウドやDFペペ、若手期待のMFジョアン・フェリックスらが先発。対するスイスはMFグラニト・ジャカやMFシェルダン・シャキリ、DFリカルド・ロドリゲスらが起用された。

 先制したのはポルトガルだった。前半25分、PA左手前でFKを獲得すると、キッカーのC・ロナウドが右足を振り抜く。壁の右を抜けたシュートがゴール右隅に吸い込まれ、ポルトガルが先手を取った。

 対するスイスは後半8分、シャキリのロングパスからMFシュテフェン・ツバーがPA内で倒され、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言があってPKを獲得。これをR・ロドリゲスがゴール右に蹴り込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 だが、ポルトガルは後半43分、ロングパスをPA右で受けたMFベルナルド・シウバがマイナスに折り返し、C・ロナウドが右足ダイレクトシュート。ゴール右隅に流し込むと、45分にはC・ロナウドが跨ぎフェイントから右足シュートを決め、ハットトリックを達成。ポルトガルが3-1で勝利した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-43467905-gekisaka-socc
no title

日本サッカー協会の田嶋幸三会長「賛成!」A代表リーグ戦・ネーションズリーグ参戦の意向示す  

9e1e8a3b-17ca-1edd-3a8a-e67596a00718




1: Egg ★ 2019/03/23(土) 13:59:36.82 ID:riq/vQpB9
日本サッカー協会の田嶋幸三会長は22日、各国・地域のA代表がホーム&アウェー方式のリーグ戦で戦うネーションズリーグ(NL)に参戦したい意向を初めて示した。

 欧州連盟が単独で先行開催しているが今後、南米、アジア、アフリカ連盟なども含めた世界規模の新たな大会になる可能性もある。「われわれとしては(NL参戦に)賛成。アジア(全体で)も決めているので、そういう方向に乗る」と語った。

2019.3.23(Sat)ディリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/03/23/0012172963.shtml

【FIFA】W杯と国別対抗戦について協議 火付け役はソフトバンク!? 

2493191_xbig-lnd
1   2018/05/01(火) 17:49:30.83 _USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は30日、6大陸連盟の代表とスイス・チューリヒのFIFA本部で会合を開き、クラブ・ワールドカップ(W杯)の刷新と各国代表チームによる国別対抗戦の新設について話し合ったと発表した。

 今後、FIFAと6大陸連盟の事務局長による作業部会で議論を深める。

 FIFAは協議内容を明らかにしていないが、4月に英米メディアが報じたところによると、現在、6大陸連盟の王者と開催国代表の7チームで毎年争われているクラブW杯は出場チームを24に拡大、開催は4年に一度にし、2021年からの開催をめざす。国別対抗戦は、「ネーションズリーグ」と呼ばれ、W杯や欧州選手権を避けて隔年で開催されることが検討されているという。

 国際的な試合日程を大きく変える改革で、実現すればクラブや各代表チームに与える影響は大きい。

 世界最高峰の大会として定着する欧州チャンピオンズリーグを毎年主催する欧州連盟、さらに選手を供出するビッグクラブからは反発が必至だ。国別対抗戦は、欧州と北中米カリブ海がすでに今秋から実施を決めていて、調整が必要だ。日本にとっては、強化のために欧州や南米の強豪国と親善試合をする頻度が減る弊害が出そうだ。

 英フィナンシャル・タイムズ紙などによると、この大胆な改革案の火付け役は世界の投資家連合。ソフトバンクをはじめ、米国、中国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の投資家たちが、250億ドル(約2兆7250億円)という破格の財務保証をFIFAに約束したという。

 投資家連合はFIFAに5月中に結論を出すよう求めているとされ、動きが加速する可能性がある。(ロンドン=稲垣康介)

2018年5月1日 10時54分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14655143/

サッカー=FIFA、クラブW杯拡大と大会新設を協議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00000036-reut-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索