Samurai Goal

ネイマール


スポンサード リンク





“ロナウドの代わりにネイマール!?”レアル・ペレス会長の諦めの悪さが露呈か 

1 2018/08/18(土) 14:50:23.25 _USER9
レアル・マドリードはユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わるエースとして、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの獲得をまだ諦めていなようだ。スペイン紙「スポルト」は、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長がネイマール獲得に史上最高額の3億ユーロ(約380億円)を投じることも厭わないと報じている。

 ペレス会長はロナウドの代役にブラジル最高のスター獲得を熱望しているという。

 今夏の移籍市場ではベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表右サイドバックのDFアルバロ・オドリオソラと守備陣に即戦力を獲得したものの、攻撃陣の補強は18歳のブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのみ。9年間で450得点を重ねたロナウドに代わるゴールゲッターの確保は実現していない。

 ネイマールは以前からレアルのトップターゲットと言われているが、交渉が進展している様子はなかった。ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触のために選手の売却が必要になると見られているPSGに対し、ペレス会長はサッカー界最高となる3億ユーロ(約380億円)という金額を出すことも厭わないようだ。

 アトレチコ・マドリードとのUEFAスーパーカップで2-4と敗れて、改めてロナウド不在の影響が色濃く出たレアル。新エースの到来が待ち望まれるなか、ネイマール獲得は実現するのだろうか。

8/18(土) 13:01配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00129208-soccermzw-socc

 no title

【質問】南米のサッカークラブ事情ってどうなってるの? 

5CF3KSmg9gZhTK61392701358_1392701380

『ネイマールにはイブラのようなカリスマ性無し』元PSGのレジェンドが辛辣なコメント 

キャプチャ
1 2018/08/10(金) 00:38:30.72 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)の伝説的GKであり、1998年フランスW杯優勝メンバーであるベルナール・ラマは、ブラジル代表FWネイマールがPSGにとっての「唯一の象徴」になることができないと主張し、2012~2016年に在籍した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチのようなカリスマ性がないと語った。

「イブラヒモヴィッチは時に過ちを犯すこともあるだろうが、少なくとも彼の強すぎる要求とキャラクターの強さが、クラブとチームメートを高みに導いていた。ネイマールの場合は違う。彼はプレーのためだけに生きているからね。そういったカリスマ性や言葉の才を持ち合わせていない」と『France Football』のインタビューで語った。

フットボール史上最も高額な選手であるネイマールは、パリにおける最初のシーズンとなった昨季、その投資額と期待にも関わらず、2月から5月の負傷離脱の間の冷めたような態度によって、クラブのファンの間に苦い後味を残していた。

“猫”の愛称で親しまれた55歳となるラマはネイマールがクラブとファン、パリの街自体にコミットしなければならないと主張した。「選手がもっと人としてのつながりを持ちたくなるように努力せねばならない。(中略)それは例えば、下部組織の若い選手や、周囲の人物に会ったり…パリにいるということ、ファンのことを思っているということを感じられるよう務めなければならない」

98年の世界王者の1人であるラマは、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘン、リヴァプール、バルセロナなどと比べ、PSGが「偉大なクラブの文化」を持っておらず、その文化が染み込んだ選手がいないことを残念がった。しかしながら、ラマはネイマールをピッチの上では“魔術師”であるとし、彼のスタイルはレオ・メッシやクリスティアーノ・ロナウドよりも興奮すると断言した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010021-sportes-socc

ネイマール率いるPSGが仏スーパー杯“6連覇達成”ASモナコに完封勝ち!! 

105107_GettyImages-826718956-500x333
1 2018/08/05(日) 15:34:26.94 _USER9
8/5(日) 15:27配信

日本時間4日21:00より中国のシェンツェンで行われたトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップは、パリ・サンジェルマン(PSG)がASモナコを4-0で下し、6連覇を達成した。
この優勝により同大会通算8回目の優勝となったPSGは、オリンピック・リヨンに並び最多タイ記録となった。

昨季※国内3冠のPSGは、大会の規則上、昨季リーグ戦2位のモナコとの対戦となった。
この試合で今季からPSGに加入したGKジャンルイジ・ブッフォンがデビューを飾った。先日合流したばかりのネイマールは後半76分から出場し、中国人ファンの前で15分間プレーした。

試合はアルゼンチン代表MFのアンヘル・ディ・マリアが2得点を挙げ、FWクリストファー・ヌクンクが1得点、そして、“リベリアの怪人”と呼ばれたジョージ・ウェアを父に持つティモシー・ウェアの1得点でPSGがモナコを4-0と圧倒した。

ちなみに、フランス代表のキリアン・エムバペとウルグアイ代表のエディンソン・カバーニは登録メンバーを外れている。

※リーグ・アン:フランスサッカーリーグ
クープ・ドゥ・ラ・リーグ:プロクラブのみが参加するカップ戦
クープ・ドゥ・フランス:アマチュアクラブも参加できるカップ戦。日本でいう天皇杯

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00010011-sportes-socc

“今こそサッカーに革命を!!”何を変えればサッカーは進化する? 

20180730_4454
1 2018/07/31(火) 22:40:04.91 _USER9
現在、フリーとなっている指揮官フランチェスコ・グイドリン氏が、30日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、現代サッカーの将来を危惧した。

■代表監督への転身に意欲

グイドリン氏は過去に、パレルモやウディネーゼ、モナコ、スウォンジー・シティなど各国リーグで指揮官を歴任してきた。2016年10月以降は無所属となっているが、代表監督への就任を希望している。

「ここ数カ月、複数のオファーを受け取ったが、断りを入れた。傲慢なつもりはなく、ただ真剣なプロジェクトを望んでいるんだ。例えば、ポーランドサッカーが好きだったので、ポーランドを指揮してみたかった。(最終的にイェジー・ブジェンチェクが新監督に就任)」

「私は62歳だが、かつてないほど若返ったように感じていて、新たな挑戦をしてみたい。例えば代表監督などね。私が監督業をやめたがっているとの情報を耳にしたが、真実ではない。むしろやりたいよ」

■ロシアW杯を観戦し、危機感

またグイドリン氏は、ロシア・ワールドカップを観戦し、現代サッカーに危機感を感じている。

「2018年ロシアW杯を見て、ますます確信した。サッカーはこれからの10年間で、何かを変えなければならない。今のままであれば、退屈で受け身なスポーツになってしまうだろう。どのチームも、ピッチ全体を完璧にカバーできるようになったが、失点しないようにという気持ちが強いのか、退屈で活気のない試合を目にした」

■C・ロナウド派?メッシ派?

また近年、バロンドール争いを続けてきたFWクリスティアーノ・ロナウドおよびFWリオネル・メッシについて、自身の見解を示した。

「C・ロナウド派かメッシ派?私の場合、変わる。クリスティアーノが1番だと思うことがあっても、その後、メッシを見ると、逆転する。チームについても同じかな。私は(ジョゼップ)グアルディオラのマンチェスター・シティも(ユルゲン)クロップのリヴァプールもどちらとも好きだ。どちらかにつく必要もないよね?」

■スターのいない伊代表にも希望

最後にグイドリン氏は、ロシアW杯出場を逃し、再建中のイタリア代表について語った。

「私は楽観視している。(ロベルト)マンチーニは素晴らしい指揮官だからね。謙虚に再出発するべきだ。(マッティア)カルダーラ、(ダニエレ)ルガーニ、(ロレンツォ)ペッレグリーニ、(マッテオ)ポリターノなど面白い若手がいる。ただスターがいない。フオリクラッセ(規格外の選手)が出てこないのはなぜだろう。こういう時期なのかな」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000017-goal-socc

ネイマール、“コロコロ”転がる大袈裟な演技を遂に認める!!! 

b62aa50328ac88a41f8e6279d22b2b6b_1532996682_l
1 2018/07/31(火) 09:21:21.75 _USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でわざと倒れるなどの行動が批判されていたブラジル代表FWネイマールは、大げさな演技をしていたことを認めた。

ネイマールは自身のスポンサー、ジレット社のために制作された90秒のビデオ映像で「ふくらはぎをスパイクで踏まれたり、背中に膝蹴りを受けたり、足を踏みつけられたりすることもある」とコメント。

「誇張していると思われるかもしれないし、実際、誇張することもある。しかしピッチ上で苦しんでいることは事実」と述べた。

さらに「私には未熟な部分がある。世界を魅了できることもあれば、いら立たせてしまうこともある」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000019-reut-spo

FIFA“年間最優秀選手”候補者10名を発表!ネイマールはあえなく落選に...!! 

1 2018/07/25(水) 11:55:23.68 _USER9
7/25(水) 11:48配信
FIFA“ザ・ベスト”候補者10名を発表、まさかの落選者は...。

FIFA年間最優秀選手“ザ・ベスト”2018の候補者10人を発表している。

過去2回の受賞者であるクリスティアーノ・ロナウドとレオ・メッシが最有力候補である一方で、ネイマールの落選が大きなサプライズとなっている。

ザ・ベストの投票は、7月24日から始まり、9月24日にロンドンで授賞式が行われる。
これまでと違いFIFAは、23人の候補者ではなく、10人のみの候補者を発表している。

候補者は、フットボール界のレジェンドであるロナウド・ナザーリオ、ドログバ、カカ、ファビオ・カペッロ、フランク・ランパードなどによって選出されている。また、女子部門は、ミア・ハム、ソン・ウェン、メイヤ・ジャックマンらによって選出されている。

候補者の選出にあたっては、2017年7月3日から2018年7月15日までのパフォーマンスが評価されており、最終候補者3名は後日再び発表されることになる。

なお今回、ファンの投票もキャプテンや監督、ジャーナリストというグループの投票と同様の価値を持つことになる。

■FIFA年間最優秀選手“ザ・ベスト”2018候補者10名
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)- レアル・マドリード※
ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー)- マンチェスター・シティ
アントワーヌ・グリーズマン(フランス)- アトレティコ・マドリード
エデン・アザール(ベルギー)- チェルシー
ハリー・ケイン(イングランド)- トッテナム・ホットスパーズ
キリアン・エムバペ(フランス)- パリ・サンジェルマン(PSG)
リオネル・メッシ(アルゼンチン)- FCバルセロナ
ルカ・モドリッチ(クロアチア)- レアル・マドリード
モハメド・サラー(エジプト)- リヴァプール
ラファエル・ヴァラン(フランス)- レアル・マドリード
※対象期間での所属クラブ

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00010005-sportes-socc
no title

ネイマール“ガチ反論”開始!!「分かる?マジで痛いんだって!」 

201807150001-spnavi_2018071500001_view
1 2018/07/22(日) 07:42:04.54 _USER9
2018年7月22日 7時12分
「分かる? マジで痛いんだって!」ネイマールがついに“過剰演技”への批判に弁明&反論!

 ブラジルの至宝ネイマールが、ついにみずからの言葉で“風潮”に反論した。

 ロシア・ワールドカップの準々決勝ベルギー戦でブラジルは1-2の惜敗を喫し、ネイマールにとって2度目の檜舞台は幕を閉じた。悲嘆に暮れたスーパースターは試合後のミックスゾーンをスルーし、その後はブラジルでテレビのインタビュー取材には応じたものの、公の場にはいっさい姿を見せていない。

 そんななか、現地7月19日にサンパウロで開催されたイベントに登場。自身が代表を務める財団のチャリティーイベントで、思いの丈を語ったのである。

 沈黙を守っている間、巷ではSNSを中心に“ネイマールチャレンジ”が大流行。「ネイマール!」と言われたら倒れ込んで痛がる素振りを見せるリアクションで、世界中に拡散している。実はネイマ―ルはイベント前日に自身のインスタグラムで、子どもたちと“ネイマールチャレンジ”で楽しむ様子を投稿した。まさに自虐ネタだったが、こう考えていたようだ。

「ずっとそうやって茶化されているのは見ていたし、あれ自体はひとつのユーモアだと捉えている。昨日も子どもたちとふざけ合っているところを投稿したくらいだしね。まあそれはそれとして、僕のスタイルっていうのは、あくまでドリブルで仕掛けるところにある。対峙する相手にどんどん勝負を挑むんだ。これは昔から変わらないし、いっさいの妥協がない。彼らの前に立って、『おっとごめんよ、ゴールを決めたいからそこを通してくれないかい?』とお願いして通してくれる? そんなわけはないよね。みんな必死で止めにくるよ。反則してでも止めにくる。たいていの場合、僕は彼らより速いし軽やかだからね。で、レフェリーはなにをしてくれるのか。彼らはジャッジするためにいるんじゃないのかい?」

 では、痛がりすぎだ、オーバージェスチャーだと揶揄されていることについては?

「あのね、分かる? だれが好き好んでタックルに顔を歪めてばかりいる? マジで痛いし、実際に怪我を負わされるんだよ! だいたいゲームのあと、アイシングをして4、5時間はじっとしているくらいさ。まあいろいろと複雑な想いはあるけど、こればかりは経験しないと分かってもらえないのかもしれないな」

 常にブラジル代表のエースとして特大の重圧を受けている点については、「そこはさすがにもう慣れたよ。負けたらすべての責任は僕にある、そんな自覚を持って取り組んできたからね。かなり精神的に鍛えられたかもしれない」とクールに答えた。

 今夏のレアル・マドリー行きが盛んに噂されてきたが、そのイベントでもパリ・サンジェルマン残留を明言。ワールドカップから続いていたネガティブな空気を一掃しようと、努めて明るく振る舞っていた印象だ。

 新シーズンではさらにバージョンアップしたネイマールが見られるか。注目されるところだ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15046752/

“ネイマール擁護”『批判は弱虫の武器』同僚のアウベスが言及!! 

1 2018/07/21(土) 21:59:18.97 _USER9
●W杯8強敗退のブラジル、ネイマールは“演技”で注目の的に…

ロシア・ワールドカップ(W杯)では数々のニュースターが生まれた一方で、評判を大きく落としたのがブラジル代表FWネイマールだ。ファウルを受けた後の転がりぶりが“ネイマール・チャレンジ”として世界中で拡散しているが、パリ・サンジェルマン(PSG)で同僚のDFダニエウ・アウベスが「批判は弱虫の武器だ」と擁護したと、スペイン紙「AS」が報じている。

 ブラジルは優勝候補筆頭に挙げられながら、準々決勝でベルギーに1-2で敗れベスト8で敗退。そのため心証が悪くなったものの、ネイマールはW杯で2ゴールを決めるなど、決してピッチ内で沈黙し続けたわけではなかった。W杯開幕直前に負った大怪我によりセレソン入りが叶わなかったアウベスは、ネイマール主催のオークションイベントでこのように話している。

「ネイマールがニュースに取り沙汰されると、感情的になって批判を受けることになる。もし彼が髪を別の色に染めただけでも、批判対象になるんだから。俺は彼らに対して、ネイマールの立ち位置を分かってほしいと思うね」

 ロシアの地でネイマールとともに戦えず、なおかつ批判からの盾になれなかったことを悔しく思っているのだろう。そしてアウベスはこのように続ける。

ネイマール&コウチーニョはW杯最多のチャンスメイク数

「批判なんてものは弱虫にとっての武器だ。サッカー選手は常にチーム、チームメイトのために全力を尽くそうとしている。ネイマールを知っている人なら、アイツの凄いクオリティー、特別さを知っているんだから。ネイマールやそのレベルにいる選手を批判するのは簡単だけど、彼らがやっていることは難しいんだからな」

 データ会社「オプタ」調べのデータによると、今回のW杯でもっともチャンスを創出したコンビはネイマールとコウチーニョの9回で、3位決定戦まで戦ったMFキリアン・トリッピアーとDFハリー・マグワイア(イングランド)の7回、MFケビン・デ・ブライネとFWエデン・アザール(ベルギー)の6回を優に超えている。ネイマールの貢献度の高さを知るからこそ、アウベスとしてみれば今の批判的な風潮は許せないものなのだろう。

ZONE 7/21(土) 12:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00123410-soccermzw-socc

写真
no title

ネイマールがロナウドを絶賛!!『サッカーの伝説、天才』 

1 2018/07/21(土) 14:46:47.90 _USER9
7/21(土) 14:01配信
ネイマール、C・ロナウドを褒めちぎる「サッカーの伝説、天才」

 パリ・サンジェルマンに所属するネイマールが、ユヴェントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを褒めちぎった。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に伝えている。

 バロンドールを5度受賞している世界最高の選手の一人、C・ロナウドは今夏9年間過ごしたレアル・マドリードを離れ、ユヴェントスに移籍することを決めた。ネイマールはイタリアへの挑戦を決断したC・ロナウドが、セリエAに大きな影響を与えることを確信している。

「クリスティアーノ・ロナウドがイタリアのサッカーを変えるだろう。彼は素晴らしい選手だからね。僕が子供のころに見たイタリアのサッカーに戻るだろう」

「彼はサッカーの伝説、天才だ」

「彼の決断を僕はうれしく思う。簡単な決断ではなかったはずだからね。彼の幸運を祈っているよ。ただ、パリ・サンジェルマンとの試合では勘弁してほしいね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00797040-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索