Samurai Goal

ネイマール


スポンサード リンク





ネイマールのバルセロナ復帰に現実味?電撃移籍が可能な3つの要素とは… 

GettyImages-835995936_a-800x533

ネイマール&エムバペ、カバーニを仲間はずれに 

psg_1819_home_bnr

ネイマール、大ショック!!マネから受けた屈辱が大きく拡散 

GettyImages-1024622746-800x533

移籍は大失敗!?ネイマールはPSGでは才能の持ち腐れ? 

GettyImages-835995936_a-800x533

クロップ監督「正常な反応」大げさ演技のネイマールを擁護 

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-5-728x485

PSGがレアルに“忠告!?”ネイマール移籍説に会長が言及! 

キャプチャ

ネイマールの“ダイビング”通用せず!カードを出されるも主審に抗議!! 

キャプチャ
1 2018/09/13(木) 09:24:02.80 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する26歳のブラジル代表FWネイマールが、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルーフォ氏を批判した。12日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

現地時間11日に親善試合が行われ、ブラジル代表はエルサルバドルと対戦し5-0の勝利をおさめた。
ネイマールは1ゴール3アシストの活躍を見せている。だが、この試合で主審を務めたマルーフォ氏に不満を募らせているようだ。

試合開始して44分、ネイマールは自らドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。
そこで相手に足をひっかけられたとして、大きくダイビングし倒れ込んだ。
しかし、審判を欺くシミュレーションだと判断したマルーフォ主審はネイマールにイエローカードを提示している。

これに対しネイマールは「敬意を欠いている」としてマルーフォ主審を批判。
続けて「もし、PKを与えたくないのであれば、それで良い。しかし、イエローカードは不要だろ」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289280-footballc-socc
9/13(木) 8:40配信

“賛否両論?”ブラジル代表の新キャプテンにネイマールが就任!! 

20170803115008
 W杯ロシア大会でベスト8に終わったブラジル代表の新主将に、エースのFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)が就任した。

7日、親善試合米国戦(8日、イーストラザフォード)の前日会見で、チチ監督(57)が発表した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000159-spnannex-socc

“天才か挑発か”ネイマールのヒールリフトパスに賛否両論の声! 

GettyImages-826383016-800x533
1 2018/08/27(月) 13:28:34.74 _USER9
■アンジェ戦の試合終盤に立ちはだかるマーカーを足技一つで打開

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、シーズン序盤からエンジン全開だ。25日のリーグ第3節アンジェ戦(3-1)で開幕から3戦連続ゴールをマーク。さらに試合終盤には魅惑のヒールリフトパスを繰り出し、「ファンタジーの代名詞」「レインボー・フリック」と反響を呼んでいる。

 前半12分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、後半6分にフランス代表FWキリアン・ムバッペがゴールを決めてリードを奪ったPSGは、同21分にフランス代表MFアドリアン・ラビオを起点にムバッペ経由でネイマールがネットを揺らし、強力3トップが揃い踏みとなった。

 3-1と勝利を確実なものとして迎えた後半アディショナルタイムに、ネイマールが魅せる。左サイドでムバッペからショートコーナーを受けると、マーカー二人が行く手を塞いだ瞬間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜く「ヒールリフト」を決め、ペナルティーエリア内のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーへ鮮やかにパスを通してみせた。

 ペルーメディア「Depor.com」は、「ネイマールがファンタスティックな“バイシクルパス”を披露」と特集。「ネイマールはサッカー界におけるファンタジーの代名詞。YouTubeを通じてネイマールが主演する煌びやかなアクションが拡散」とネット上で“バズる”様子を伝えている。

■「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」

 また、イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」は「素晴らしいレインボー・フリック」と称し、「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」と称賛。一方、スペイン紙「AS」は、試合の大勢が決まったなかでのプレーだっただけに、「挑発、それとも天才?」と疑問を投げかけるような見出しで報じている。

 好プレーでも厳しい目を向けられるのは、もはやスーパースターの宿命。開幕3連勝とリーグ連覇に向けて好スタートを切ったPSGの中心には、今季もネイマールがいるのは間違いない。

(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web2018年8月27日11時50分
https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_131270/

“ロナウドの代わりにネイマール!?”レアル・ペレス会長の諦めの悪さが露呈か 

1 2018/08/18(土) 14:50:23.25 _USER9
レアル・マドリードはユベントスへ移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わるエースとして、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの獲得をまだ諦めていなようだ。スペイン紙「スポルト」は、レアルのフロレンティーノ・ペレス会長がネイマール獲得に史上最高額の3億ユーロ(約380億円)を投じることも厭わないと報じている。

 ペレス会長はロナウドの代役にブラジル最高のスター獲得を熱望しているという。

 今夏の移籍市場ではベルギー代表GKティボー・クルトワ、スペイン代表右サイドバックのDFアルバロ・オドリオソラと守備陣に即戦力を獲得したものの、攻撃陣の補強は18歳のブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのみ。9年間で450得点を重ねたロナウドに代わるゴールゲッターの確保は実現していない。

 ネイマールは以前からレアルのトップターゲットと言われているが、交渉が進展している様子はなかった。ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触のために選手の売却が必要になると見られているPSGに対し、ペレス会長はサッカー界最高となる3億ユーロ(約380億円)という金額を出すことも厭わないようだ。

 アトレチコ・マドリードとのUEFAスーパーカップで2-4と敗れて、改めてロナウド不在の影響が色濃く出たレアル。新エースの到来が待ち望まれるなか、ネイマール獲得は実現するのだろうか。

8/18(土) 13:01配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00129208-soccermzw-socc

 no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索