Samurai Goal

ネイマール


スポンサード リンク





PSG、ネイマール後釜はグリーズマン ? 

GettyImages-835995936_a-800x533




1: 2018/10/19(金) 10:54:49.16 _USER9
ネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)からの退団の可能性を模索しているという噂が再び広まっている。
現在、フランスメディアはネイマールが移籍した場合の後釜まで報道し始めている。

その後釜として挙げられているのがアントワーヌ・グリーズマンの名前である。
フランスメディアの報道によると、PSGはこのアトレティコ・マドリーのストライカーに高い関心を抱いている。

グリーズマンは2018年のバロンドール有力候補の1人であり、彼の価値は今後さらに高騰していくと思われる。
フランスではPSGがグリーズマン獲得に移籍金1億5,000万ユーロ(約193億円)を支払うつもりがあると報じている。

PSGはそのためにネイマール売却を受け入れる可能性があるが、2億ユーロ(約260億円)以下での売却を受け入れる気はない。

ネイマールは最近数日、バルサ復帰やレアル・マドリー移籍など様々な噂が飛び交っているが、それ以外にも多くのビッグクラブが彼の獲得に関心を持つと思われる。ネイマールの退団はグリーズマン獲得のための資金を保証する事となる。

アトレティコがバルサに扉を閉ざしたようにPSGに対しても同様の対応をするのか今後の動向に注目しよう。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010003-sportes-socc

ネイマールのバルセロナ復帰に現実味?電撃移籍が可能な3つの要素とは… 

GettyImages-835995936_a-800x533

ネイマール&エムバペ、カバーニを仲間はずれに 

psg_1819_home_bnr

ネイマール、大ショック!!マネから受けた屈辱が大きく拡散 

GettyImages-1024622746-800x533

移籍は大失敗!?ネイマールはPSGでは才能の持ち腐れ? 

GettyImages-835995936_a-800x533

クロップ監督「正常な反応」大げさ演技のネイマールを擁護 

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-5-728x485

PSGがレアルに“忠告!?”ネイマール移籍説に会長が言及! 

キャプチャ

ネイマールの“ダイビング”通用せず!カードを出されるも主審に抗議!! 

キャプチャ
1 2018/09/13(木) 09:24:02.80 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する26歳のブラジル代表FWネイマールが、エルサルバドル戦で主審を務めたジャイル・マルーフォ氏を批判した。12日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

現地時間11日に親善試合が行われ、ブラジル代表はエルサルバドルと対戦し5-0の勝利をおさめた。
ネイマールは1ゴール3アシストの活躍を見せている。だが、この試合で主審を務めたマルーフォ氏に不満を募らせているようだ。

試合開始して44分、ネイマールは自らドリブルで仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。
そこで相手に足をひっかけられたとして、大きくダイビングし倒れ込んだ。
しかし、審判を欺くシミュレーションだと判断したマルーフォ主審はネイマールにイエローカードを提示している。

これに対しネイマールは「敬意を欠いている」としてマルーフォ主審を批判。
続けて「もし、PKを与えたくないのであれば、それで良い。しかし、イエローカードは不要だろ」とコメントしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289280-footballc-socc
9/13(木) 8:40配信

“賛否両論?”ブラジル代表の新キャプテンにネイマールが就任!! 

20170803115008
 W杯ロシア大会でベスト8に終わったブラジル代表の新主将に、エースのFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)が就任した。

7日、親善試合米国戦(8日、イーストラザフォード)の前日会見で、チチ監督(57)が発表した。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000159-spnannex-socc

“天才か挑発か”ネイマールのヒールリフトパスに賛否両論の声! 

GettyImages-826383016-800x533
1 2018/08/27(月) 13:28:34.74 _USER9
■アンジェ戦の試合終盤に立ちはだかるマーカーを足技一つで打開

 パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、シーズン序盤からエンジン全開だ。25日のリーグ第3節アンジェ戦(3-1)で開幕から3戦連続ゴールをマーク。さらに試合終盤には魅惑のヒールリフトパスを繰り出し、「ファンタジーの代名詞」「レインボー・フリック」と反響を呼んでいる。

 前半12分にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ、後半6分にフランス代表FWキリアン・ムバッペがゴールを決めてリードを奪ったPSGは、同21分にフランス代表MFアドリアン・ラビオを起点にムバッペ経由でネイマールがネットを揺らし、強力3トップが揃い踏みとなった。

 3-1と勝利を確実なものとして迎えた後半アディショナルタイムに、ネイマールが魅せる。左サイドでムバッペからショートコーナーを受けると、マーカー二人が行く手を塞いだ瞬間、ボールを両足で挟み込み、かかとで蹴り上げて相手の頭上を抜く「ヒールリフト」を決め、ペナルティーエリア内のドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーへ鮮やかにパスを通してみせた。

 ペルーメディア「Depor.com」は、「ネイマールがファンタスティックな“バイシクルパス”を披露」と特集。「ネイマールはサッカー界におけるファンタジーの代名詞。YouTubeを通じてネイマールが主演する煌びやかなアクションが拡散」とネット上で“バズる”様子を伝えている。

■「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」

 また、イングランドのスポーツ文化情報サイト「JOE」は「素晴らしいレインボー・フリック」と称し、「ネイマールはダイブするだけの選手ではない」と称賛。一方、スペイン紙「AS」は、試合の大勢が決まったなかでのプレーだっただけに、「挑発、それとも天才?」と疑問を投げかけるような見出しで報じている。

 好プレーでも厳しい目を向けられるのは、もはやスーパースターの宿命。開幕3連勝とリーグ連覇に向けて好スタートを切ったPSGの中心には、今季もネイマールがいるのは間違いない。

(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web2018年8月27日11時50分
https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_131270/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索