Samurai Goal

ネイマール


スポンサード リンク





“ポスト・ペレ”の世論調査を海外メディア実施!ネイマールはトップ10外、ジーコは4位!栄えある1位は?  

1: Egg ★ 2019/02/19(火) 19:20:47.02 ID:7M6QdW8Q9
 “サッカーの王様”ペレは、ブラジルの英雄として語り継がれている。スポーツ専門テレビ局「ESPN」ブラジル版は、「ポスト・ペレは誰か」という世論調査を実施。16万票が集まった結果、1位には“フェノメノ”(怪物)の異名を取った元ブラジル代表FWロナウドが輝き、現代表で10番を背負うFWネイマール(パリ・サンジェルマン/PSG)は11位に終わった。

 ネイマールは先日、キャリア10周年を記念するブラジル雑誌「プラカール」によって、“ペレ以来最高のブラジル選手”と称された。雑誌の発刊後、「ESPN」ブラジル版は「ポスト・ペレは誰か」と題して世論調査を行っている。

 最終的に16万票が集まったなか、1位にはバルセロナやインテルで活躍したロナウドが選出。2位は自慢のテクニックを生かしたドリブルでサポーターを沸かせたFWロナウジーニョ、3位は“世界最高のストライカー”とも呼ばれるFWロマーリオが入った。

 また、かつてJリーグでプレーし、現在はJ1鹿島アントラーズのテクニカルディレクターを務めるMFジーコが4位。日韓ワールドカップ(W杯)でロナウド、ロナウジーニョとともに“3R”を形成したMFリバウド(5位)、ミランで輝きを放った“貴公子”ことMFカカ(7位)らが続いた。

 注目のネイマールは、8位の“その他”を上回れず11位止まり。近年のW杯で大きなインパクトを残せず、批判の対象になっている影響もあって厳しい結果となってしまった。

 ESPNブラジル版が行った「ポスト・ペレは誰か」の投票結果は以下の通り。

1位:ロナウド(FW)
2位:ロナウジーニョ(MF)
3位:ロマーリオ(FW)
4位:ジーコ(MF)
5位:リバウド(FW)
6位:ソクラテス(MF)
7位:カカ(MF)
8位:その他(カフー/DF、ベベット/FW、ロベルト・カルロス/DF)
9位:ファルカン(MF)
10位:カレカ(FW)
11位:ネイマール(FW)

2/19(火) 15:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00171137-soccermzw-socc

写真 no title

<レアル・マドリード>「ネイマール」獲得を確信!?年俸35億円超アップの破格オファーを提示!英紙報じる...  

1: Egg ★ 2019/02/18(月) 18:26:36.47 ID:hNsywLFn9
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、去就についてさまざまな憶測が飛び交っている。常に有力候補に挙げられてきたレアル・マドリードだが、今夏にブラジルの至宝を獲得できると確信しているようだ。英紙「サンデー・タイムズ」が報じた。

 ネイマールは現地時間1月23日のクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)ラウンド32・ストラスブール戦(2-0)で負傷交代。検査の結果、右足第5中足骨骨折と診断され、10週間の離脱が伝えられている。とはいえPSGは12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦でマンチェスター・ユナイテッドに2-0で勝利。ネイマール不在を感じさせない内容で白星を手にした。

 レアルは現在の純給与が年間2500万ポンド(約35億6000万円)以上増加することで報奨金が支払われるオファーを提示し、今季終了後のネイマール獲得に集中しているという。PSGとしても、ネイマール放出でフランス代表FWキリアン・ムバッペの成長を促進できると考えており、さらにファイナンシャル・フェアプレーの規則違反を回避するためにも、退団を容認する可能性があるようだ。

 また、この移籍次第ではレアルがチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールの獲得から手を引くとも報じられており、ネイマールの去就は移籍市場に大きな波を巻き起こすことになるだろう。

2/18(月) 8:40配信 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/171010

写真
no title

ムバッペが後方からのボールを半端ないボレー! 2大エース欠くパリSGは虎の子の1点守る 

20190218-29741753-gekisaka-000-2-view

ネイマール、右足負傷で10週間離脱 CLマンU戦は欠場 

20190130-00000154-spnannex-000-4-view

<バルセロナ>給料支払い約695億円!..1番価値のある選手はネイマールで約283億円、エムバペが約266億円  

20180908_neymar666




1: 2019/01/16(水) 20:40:57.03
『KPMG』の報告によると、FCバルセロナは最初に500億円使ったクラブと言われている。

メッシの巨大な愛犬が再びSNSの主役に

リーガ首位を走るFCバルセロナは500億円を給料として使ったと言われており、『KPMG』の『Football Benchmark』の調査で明らかになったように、ヨーロッパの上位8つの各リーグのチャンピオンを調べた結果、2017年の数字から42%上昇している。

バルサは2018年の1月に、フィリペ・コウチーニョを獲得し、約160億円を使っている。

そしてまた8月に加入したウスマン・デンベレやレオ・メッシを含む多くのプレイヤーの契約を更新した。

バルサは年間約695億円を給料として支払っている。
『KPMG』の調査によると、PSGが2位で、約410億5,000万円の給料を支払った。これは前年比で20%の増加となる。マンチェスター・シティは膨大な資金力を持っているチームだが、前年比より5%下がっている。

一番価値のある選手はPSG所属のネイマールで約283億円、続けて同じくPSG所属のキリアン・エムバペが約266億円、3位につけるのがバルサのレオ・メッシで約251億円になる。

バルサは現在更なる選手獲得を狙っており、アルバロ・モラタの名も挙がっている。また指揮官バルベルデはオリヴィエ・ジルーの獲得を熱望している。今後の動きに注目が集まる。

1/16(水) 19:39配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00010010-sportes-socc

「パリ移籍は間違い、後悔している…」バルサ復帰を懇願するネイマール、すでに5回も連絡を? 

20190111-00052588-sdigestw-000-5-view

ネイマールの食事、収入、車、家、親友…。その型破りな私生活 

20190109-00010003-sportiva-000-1-view

<ネイマール>バルサへの復帰の可能性を模索!復帰の可能性について協議  

1: 2019/01/08(火) 19:28:42.48
数ヶ月前にムンドデポルティーボが報じたように、ネイマールはバルサへの復帰の可能性を模索している。
このブラジル人選手は来夏スペインに戻るためにクラブへアピールを続け、一方のバルサもそれが適切な復帰になるかどうかを再検討しているようだ。

昨夜の『Catalunya Radio』によると、バルサのスカウトであるアンドレ・カリーがクリスマス前にネイマールと接触し、帰国の可能性について話し合ったという。
同ラジオは、その後カリーが代理人ピニ・サハビ、ネイマールの親友アルバロ・コスタらと会談したことも報じている。

ネイマールがたびたびバルサのドレッシングルームを訪問しているのは、復帰について元チームメイトの反応を確認するためだと言われていた。
様々な論争を呼んだパリ・サンジェルマン移籍について、ネイマール本人はこれが間違いだったことを理解しているというのが一般的な見解だ。

1/8(火) 17:26配信 ムンド・デポルティーボ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00010002-mdjp-socc

写真
no title

ファイナンシャル・フェアプレー規則違反により危機的なPSG、ネイマールはレアルに売却 エムバペは残留?  

20180908_neymar666




1: 2018/12/29(土) 16:07:00.84 _USER9
スペイン紙『AS』によるとファイナンシャル・フェアプレー規則違反により、パリ・サンジェルマン(PSG)は9,000万ユーロ(約113億円)の収益を得る必要がある。

PSG、ネイマールかエムバペの売却が必須?

その場合、PSGは主要選手のうち何人かを売却しなければならなくなるだろう。

そこで売却先としてレアル・マドリーの名前が浮上してくる。

もしPSGがネイマールかエムバペを手放さなくてはならない場合、おそらくフランス代表のエムバペをキープし、バロンドール欲しさに移籍してきたネイマールを売却するだろう。

バルセロナ時代にメッシの陰になっていたネイマールは、主役の座を求めてPSGへと移籍した。しかし皮肉なことにPSGでもエムバペに人々の注目が集まり、ネイマールは脇役に転じかけている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00010003-sportes-socc

パリ・サンジェルマン、ネイマールかエムバペの売却が必須?  

e900f9dfe7ae8934fb74a84125dea470




1: 2018/12/24(月) 22:57:39.22 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)は、収益バランスを取る必要がある。

UEFAとFIFAは、PSGがファイナンシャル・フェアプレーを遵守できるかどうか目を光らせている。

フランス紙『Le Figaro』によれば、PSGは、スター選手一人の売却が必須であり、もしそれが行えなければ、UEFAによる処罰が下ることになる。

PSGは、ファイナンシャル・フェアプレーという問題に直面しており、解決策を見出す必要があり、1億7,000万ユーロ(約215億円)を捻出しなければならない。

それゆえに、『Le Figaro』は、PSGがスター選手売却の報道をしており、ファイナンシャル・フェアプレーを遵守するためにもネイマールかキリアン・エムバペのどちらかを売却しなければならないとしている。

もし、チャンピオンズリーグで戦い続けたければ、それが可能な解決策である。

現在、PSGは仲裁裁判所の決定を待っている状況であり、UEFAがカタールからのスポンサー収入を認めない中、フランス王者は収入源を見つけなければならない。

そのような背景から約1億7,000万ユーロ(約215億円)捻出するためにその額での選手売却が必要である。

そして、現状の移籍マーケットで最も欲されている選手がネイマールであり、レアル・マドリーの獲得候補に上がっている。

また、PSGがその将来性を高く評価し、ファンからもより愛されているエムバペ売却という可能性もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00010016-sportes-socc
12/24(月) 20:55配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/france/data/ranking/
得点ランキング



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索