Samurai Goal

ネイマール


スポンサード リンク





今までネイマールを擁護も…ペレ氏がついに非難へ「これ以上彼を守ることは難しい」 

20181206-00010014-goal-000-1-view

ネイマール、プレミア移籍を示唆「偉大な選手ならプレーしなければ」今シーズン18試合15得点7アシスト  

GettyImages-826383016-800x533




1: 2018/12/06(木) 12:44:25.00 _USER9
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、将来的なプレミアリーグ移籍を示唆した。

史上最高に“ダサい”のは?歴代最悪のユニフォームトップ21

昨年の夏、史上最高額の2億2200万ユーロ(現在のレートで約284億円)でバルセロナからPSGに移籍したネイマール。フランスの地でも輝きを放つ26歳に対しては、レアル・マドリーを筆頭に、マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍のうわさも伝えられてきた。

そのネイマールが、『YouTube』で様々な質問に応じる企画の際、マンチェスター・CのDFバンジャマン・メンディから「いつかプレミアリーグでプレーするのか?」と尋ねられると、以下のように話して将来的な移籍願望があることを示唆した。

「プレミアリーグは大きなコンペティションだ。世界でも最も大きなものの一つだね。僕たちは明日のことなんてわからないものだけど、あらゆる偉大な選手は、少なくともいつかはプレミアリーグでプレーしなければならないと思っている」

今シーズンも、PSGで公式戦18試合15得点7アシストとインパクトを残しているネイマール。プレミアリーグで、その躍動する姿を見ることができる日は来るのだろうか。

12/6(木) 12:11配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-goal-socc

バルサ幹部 ネイマールの“意味のない移籍”に疑問 

20181129-00010009-sportes-000-1-view

最も稼ぐ30歳未満のセレブ 3位ネイマール、首位は21歳 年収190億円! 

1: 2018/11/28(水) 21:00:30.59 _USER9
上位10名

1. カイリー・ジェンナー
年収:1億6650万ドル(約190億円)
職業:パーソナリティ

2. エド・シーラン
年収:1億1000万ドル
職業:ミュージシャン

3. ネイマール
年収:9000万ドル
職業:サッカー選手

4. テイラー・スウィフト
年収:8000万ドル
職業:ミュージシャン

5. ザ・ウィークエンド
年収:5700万ドル
職業:ミュージシャン

6. ジェームズ・ハーデン
年収:4640万ドル
職業:バスケットボール選手

7. アンドリュー・タガート(ザ・チェインスモーカーズ)
年収:4550万ドル
職業:ミュージシャン

8. カネロ・アルバレス
年収:4450万ドル
職業:ボクシング選手

9. デレック・カー
年収:4210万ドル
職業:アメリカンフットボール選手

10. ジョーダン・スピース
年収:4120万ドル
職業:プロゴルフ選手

リアリティ番組の「カーダシアンファミリー」の末っ子として知られるカイリー・ジェンナーは、今年7月のフォーブスの「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ランキングに、弱冠20歳で登場した。

現在21歳の彼女はわずか2年前に、コスメブランド「Kylie Cosmetics」を設立し、30歳未満のセレブリティとしては最多の年収を稼ぎ出す存在となった。ジェンナーは2017年6月1日からの1年間で1億6650万ドル(約190億円)の収入を得て、
今年のフォーブスの「世界で最も稼ぐ30歳未満のセレブリティ」ランキングで1位に立った。

つづく
11/28(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181128-00024132-forbes-ent

写真
no title

<パリSG>ネイマールの退団を257億円で容認へ! バルサへの電撃復帰にも進展が? 

GettyImages-835995936_a-800x533




1: 2018/11/27(火) 20:06:51.77 _USER9
セレソンの至宝の、古巣バルセロナへの復帰の動きが騒がしくなっている。

 パリ・サンジェルマンは、所属するブラジル代表FWネイマールの放出を、条件付きで容認するようだ。スペインTV局『Beteve』が報じている。

 昨夏、契約解除金2億2200万ユーロ(約284億円)でバルセロナからパリSGに移籍したネイマール。その実力は、フランスのリーグ・アンでは群を抜いており、今シーズンも、ここまでの公式戦16試合で13ゴール・7アシストの活躍を披露している。

 パリSGで絶対的地位を獲得したネイマールだが、パリの地元紙『Le Parisien』などによれば、クラブがファイナンシャル・フェアプレー違反による処罰を回避すべく、来夏の移籍市場での売却が画策されている。

 そうした状況を加味して『Beteve』が伝えたのが、ネイマールのバルサ電撃復帰が濃厚となっているというニュースだ。同メディアは、「パリSGは2億ユーロ(約257億円)でネイマールがラ・リーガのクラブへ移籍することで暫定的に合意した」とレポートし、その移籍先の有力候補がバルサであると報じた。

 同メディアはさらにその詳報もレポートしており、それによれば、バルサの交渉担当であるアンドレ・キュリー氏は先週ロンドンで、代理人を務めるネイマールの父親と会い、交渉をスタートさせたようだ。

 また、ネイマール本人もサントスから欧州初上陸を果たしてから約4年間在籍し、合計7個のタイトルを手にするなど、愛着のあるバルサ復帰を最優先事項として考えているという。

 しかし、2億ユーロという法外な移籍金は、言うまでもなくネックになっており、バルサは、ネイマール売却時にドルトムントから総額1億4500万ユーロ(約188億円)で引き抜いたフランス代表FWのウスマンヌ・デンベレを含めたオペレーションを画策しているという。

 仮に実現すれば、昨夏以上にサッカー界を大きく賑わす電撃的な移籍となることは必至。果たして、セレソンの至宝は古巣へ舞い戻るのか? それとも――。

11/27(火) 19:38 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00050804-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50804_ext_04_0_1543314229.webp?v=1543315435

今、価値のある世界のサッカー選手は?スイス調査機関が発表!「推定市場価格トップ10」  

1: 2018/11/07(水) 08:51:33.12 _USER9
C・ロナウドがランク外、1位は世界が注目する19歳神童FWムバッペ
no title

(左から)ネイマール、ムバッペ、ケイン

スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」(CIES)が、世界のサッカー選手の最新推定市場価格トップ10を発表。パリ・サンジェルマン(PSG)所属のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、1億8930万ポンド(約278億円)で最高額を記録した。

 CIESは、パフォーマンス、年齢、市場性、現行の契約期間などから各選手の推定市場価格を算出。ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でゴールを挙げるなど、世界が注目する19歳の神童ムバッペが1位に輝いた。

 2位はW杯最多得点でゴールデンブーツ賞を獲得したイングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)で、1億7250万ポンド(約254億円)。2016年に世界最高額の移籍金でPSGに加入したブラジル代表FWネイマールが3位の1億7220万ポンド(約253億円)となった。

 4位は、昨季プレミアリーグで1シーズンの最多得点記録を塗り替え、リバプール移籍1年目にして、32ゴールでリーグ得点王に輝いたエジプト代表FWモハメド・サラーで、1億5120万ポンド(約222億円)となっている。

 5位は1億4980万ポンド(約220億円)のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)。6位は、31歳となった今でも世界最高選手と謳われるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)で、コウチーニョよりわずかに劣る1億4920万ポンド(約219億円)だった。

 7位は1億4390万ポンド(約212億円)のイングランド代表FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)、8位は1億4370万ポンド(約211億円)のベルギー代表FWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、9位は1億4290万ポンド(約210億円)のイングランド代表MFデレ・アリ(トットナム)、10位は1億3790万ポンド(約203億円)のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)となっている。

 30代でランクインしたのはメッシのみ。過去10年間のバロンドールを分かち合ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)はランク外という結果だった。

つづく

11/6(火) 19:30 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00146092-soccermzw-socc

ネイマール、バルサ復帰を熱望? 

20181106-00010011-sportes-000-1-view

ネイマールに「最長禁錮6年の可能性」、バルサ移籍時の不正疑惑で 

20181101-00000025-jij_afp-000-2-view

レアルはネイマール獲得諦めず?元会長「執着している。夏には446億円を用意したが…」 

20181027-00000015-goal-000-3-view

PSG、ネイマール後釜はグリーズマン ? 

GettyImages-835995936_a-800x533




1: 2018/10/19(金) 10:54:49.16 _USER9
ネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)からの退団の可能性を模索しているという噂が再び広まっている。
現在、フランスメディアはネイマールが移籍した場合の後釜まで報道し始めている。

その後釜として挙げられているのがアントワーヌ・グリーズマンの名前である。
フランスメディアの報道によると、PSGはこのアトレティコ・マドリーのストライカーに高い関心を抱いている。

グリーズマンは2018年のバロンドール有力候補の1人であり、彼の価値は今後さらに高騰していくと思われる。
フランスではPSGがグリーズマン獲得に移籍金1億5,000万ユーロ(約193億円)を支払うつもりがあると報じている。

PSGはそのためにネイマール売却を受け入れる可能性があるが、2億ユーロ(約260億円)以下での売却を受け入れる気はない。

ネイマールは最近数日、バルサ復帰やレアル・マドリー移籍など様々な噂が飛び交っているが、それ以外にも多くのビッグクラブが彼の獲得に関心を持つと思われる。ネイマールの退団はグリーズマン獲得のための資金を保証する事となる。

アトレティコがバルサに扉を閉ざしたようにPSGに対しても同様の対応をするのか今後の動向に注目しよう。

(文:SPORT)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010003-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索