Samurai Goal

ニューカッスル


スポンサード リンク





<香川真司>イングランド・プレミアリーグのニューカッスル移籍の可能性!地元メディアが報じる... 

1: 2020/12/08(火) 16:54:29.37 _USER9
英メディアが、現在フリーとなっている元日本代表MF香川真司(31)のイングランド・プレミアリーグのニューカッスル移籍の可能性を報じた。

 10月上旬にスペイン2部サラゴサを退団した香川は無所属のまま移籍先が決まらない状態が続いている。そんな中、英メディア「ニューカッスルトゥーンズ」は来年1月の移籍市場で現在リーグ戦で13位と低迷するニューカッスルが再建策として獲得の可能性がある選手を特集し、香川の名を挙げた。

「ニューカッスルはゲームメーカーを必要としており、1月にフリーで獲得可能な一人が元マンチェスター・ユナイテッド、ドルトムントのシンジカガワだ」と同メディアは〝推薦〟。欧州屈指の強豪である両クラブで58ゴール53アシストを記録した実績を紹介しながら「ドイツとイングランドのゲームメーカーとして名をはせた」と、その実力を高く評価した。

 ニューカッスルは中盤の司令塔が補強ポイントになっているため「香川という労働力を確保することは賢明な動きになる。彼は信頼できるオプションになる」とすぐにチームにフィットする点を強調。

そのうえで「チームが求めることができる最高の掘り出し物だ。ニューカッスルは創造性と経験を必要としており、香川はその基準に合致する」と獲得を猛プッシュした。

 注目される新天地はイングランド再上陸となるのか――。少なくとも需要はありそうだ。

12/8(火) 14:11 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/315d2565c93f39fffcb7ab8d90e91454c85cf441

写真
no title

「いまだゴールなく…」ニューカッスル地元紙がレンタル中の武藤嘉紀を酷評!「今のままでは悲惨な契約に」 

81883_ext_04_0




1: 2020/11/12(木) 21:00:48.90 _USER9
今夏に出場機会を求めて、スペインへと渡ったサムライ戦士がもがいている。

 開幕前にプレミアリーグの古豪ニューカッスルからラ・リーガのエイバルへとレンタルで移籍した日本代表FWの武藤嘉紀は、
開幕から9試合中6試合に出場してプレー機会は得ているものの、いまだゴールなしと何よりも欲しい結果を残せずにいる。

レンタル先で苦闘する日本代表FWの現状を、保有元のニューカッスルの地元メディアも危惧している。
地元紙『Chronicle』は「ヨシノリ・ムトウのレンタルは悪夢の始まりを迎えた」と見出しを打ち、次のように綴った。

「ヨシノリ・ムトウは、スティーブ・ブルースとの戦いに苦労した後に、キャリアを再生させるためにスペインに飛んだ。
しかし、いまだゴールがなく、新クラブでもレギュラー格からは後退している」

さらに記事では、エイバルのフラン・ガルガラサSDが「ニューカッスルには移籍金を払うかどうかだと何度も突き返されたが、
最終的に私たちが最初に彼らに伝えていた金額でやってきた」と語ったことに触れ、
「今のままではムトウに支払った移籍金は回収できない」とクラブが厳しい状況にあるとした。

「現状のムトウのパフォーマンスでは、マグパイズ(ニューカッスルの愛称)がマインツに支払った950万ポンド(約13億3000万円)を回収するのは難しくなる。
そして、このままエイバルがレンタル契約を打ち切った場合、彼らは再び週給5万4000ポンド(約756万円)を支払うことを余儀なくされ、クラブにとっては悲惨な契約になる」

古巣クラブの贔屓紙からバッサリと断じられてしまった武藤。ここから周囲を見返す活躍を期待したいが……。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=81883

<武藤嘉紀>ドイツ1部の2クラブがレンタルでの獲得望むも…ニューカッスルは「完全移籍」希望 

1: 2020/09/13(日) 22:16:51.25 _USER9
イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀(28)について、
ドイツ1部のケルンとアウクスブルクが期限付き移籍での獲得を希望していると、12日付の英紙イブニング・クロニクル(電子版)が報じた。

ケルンとアウクスブルクの2クラブは、レンタルでの武藤獲得を希望。一方で、ニューカッスルは移籍金が発生する完全移籍での放出を望んでおり、交渉はまとまっていないという。
また、武藤の古巣マインツのルーベン・シュレーダーSD(44=スポーツディレクター)は獲得の可能性を否定しているものの「マインツも移籍先の候補に挙がっている」と伝えた。
さらに、ドイツメディアではMF堂安律(22)が加入したビーレフェルトも候補に挙がっている。

ニューカッスルは既に武藤に対して戦力外を通告。スティーブ・ブルース監督は(59)は、
11日の会見で「どこかに移籍してプレーする必要がある。試合に関われないのは健全ではない」と構想外であることを認め、移籍期間が終了する10月5日までに移籍すべきと語っていた。

武藤は2018年7月に移籍金950万ポンド(約13億円)でドイツ1部マインツから4年契約で加入。2シーズン目となった昨季はリーグ戦8試合(先発2試合)無得点、公式戦10試合1得点に終わっていた。
ニューカッスルは12日、プレミアリーグの2020~21年シーズンの開幕戦となるウェストハム戦で2―0で勝利。武藤はベンチ外だった。

9/13(日) 19:52配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a77295a3556578f52d16310059a3beb3743f9c0a

写真
no title

<武藤嘉紀>ニューカッスル構想外!スティーブ・ブルース監督が明言「移籍してプレーする必要がある」 

1: 2020/09/12(土) 06:47:33.82 _USER9
日本代表FW武藤嘉紀は、今季ニューカッスルのプランに含まれていないようだ。スティーブ・ブルース監督が明言している。

2018年に憧れであったプレミアリーグ挑戦を始めた武藤。しかし、2年間で公式戦のゴールは2つのみ。特にブルース監督が就任した昨季はほとんど出番を得られず、1月以降のリーグ戦ではたった54分の出場に留まっていた。

今夏にも退団が噂されていた武藤だが、指揮官も構想外であることを認めている。12日の2020-21シーズン開幕戦を前に会見に臨んだブルース監督は、28歳FWの姿勢を高く評価しつつも、移籍を勧めている。

「ヨシは素晴らしい男。彼にとっては望んだようにいかなかったが、究極のプロフェッショナルだ」

「どこかへ移籍してプレーする必要があるだろう。彼が参加できないのは健全なことではない」

今夏の退団が決定的となった武藤。有力な移籍先としてかつてプレーしたブンデスリーガの複数クラブが挙がっており、『fussballtransfers.com』はケルンやアウクスブルク、堂安律がレンタルで加わったアルミニア・ビーレフェルトがレンタルでの獲得を狙っていると報じている。

9/12(土) 6:41 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/8605d841d2177c5444ae0f6d008a2f4f310bdf56

写真
no title

<FW武藤嘉紀(ニューカッスル)>背番号13→27、戦力外扱い反映 移籍先候補の独マインツSDは獲得否定 

1: 2020/09/10(木) 21:50:27.07 _USER9
イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは9日、クラブ公式サイトで2020~21シーズンの背番号を発表した。
FW武藤嘉紀(28)は、2018年の加入時から付けていた13番から、27番に変更となった。

地元メディアによると、武藤はクラブから移籍期間が終了する10月5日までに移籍先を探すよう伝えられており、
戦力外扱いが背番号にも反映されたとみられる。武藤が付けていた13番は、ボーンマスから新加入したイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)が着用する。

ドイツメディアでは、移籍先候補に古巣マインツのほか、ケルン、ビーレフェルト、アウクスブルクなどが挙がっていたが、
その後マインツのシュレーダーSD(スポーツディレクター)は獲得の可能性を否定していた。

武藤は2018年7月に移籍金950万ポンド(約13億円)でドイツ1部マインツから4年契約で加入
2シーズン目となった昨季はリーグ戦出場は8試合(先発2試合)、FA杯とリーグ杯を入れても公式戦10試合の出場に終わった。

プレミアリーグの2020~21年シーズンは12日に開幕。ニューカッスルは同日にアウェーでウェストハムと対戦する。

9/10(木) 20:46配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/a9726c5cb3c671cefff5b19246b4421e3def5610

写真
no title

<FW武藤嘉紀(ニューカッスル)>ドイツ移籍か!?古巣マインツや堂安加入のビーレフェルトなどが候補.. 

1: 2020/09/07(月) 20:09:26.40 _USER9
イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する元日本代表FW武藤嘉紀(28)の周辺が慌ただしくなってきた。

 2015年夏にFC東京からドイツ1部マインツへ加入し、18年夏からはニューカッスルでプレー。契約は22年6月まで残っているものの、構想外となったことで出場機会が激減している。

 そんな中、ドイツメディア「リーガインサイダー」は、レンタルでの放出を検討していると報じた。さらに、同メディアによると、複数のドイツクラブが関心を示しており、古巣のマインツ、ケルン、アウクスブルク、日本代表MF堂安律(22)が期限付き移籍したビーレフェルトの4クラブが獲得に動いているという。

 古巣への復帰か、それとも堂安との日本人コンビの結成か。いずれにしてもニューカッスルでは出場機会を得られる可能性は低いだけに、今後の動向が注目される。

9/7(月) 18:31 東スポ
https://news.yahoo.co.jp/articles/62485b59044a185a882870ba41b3f7db1fa75938

写真
no title

<武藤嘉紀>ニューカッスルから戦力外通告か…移籍先候補は独、スペイン 地元紙報道 

1: 2020/08/29(土) 00:22:31.64 _USER9
イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀(28)が、クラブから戦力外通告を受けたと、27日付の地元紙イブニング・クロニクル(電子版)が報じた。

武藤の代理人が、クラブから今夏の移籍期間が終了する10月5日までに新天地を探すよう通達されたという。ニューカッスルは9月12日のウェストハム戦で新シーズン開幕戦を迎えるが、武藤はプレシーズンの練習にも参加していない。

ニューカッスルに在籍するFW4人の中で、武藤の序列は4番目で、スティーブ・ブルース監督(59)の構想から外れた。

移籍先候補には、かつてプレーしたドイツ、現在交渉を行っているスペインが挙がっているという。

武藤は2018年7月に移籍金950万ポンド(約13億円)でドイツ1部マインツから4年契約でニューカッスルに加入。昨季リーグ戦出場はわずか8試合(先発2試合)、FA杯とリーグ杯を入れても公式戦10試合の出場に終わっていた。

8/28(金) 23:04配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/294d233e6550e1af11bc078195c182eda834c686

写真
no title

ニューカッスル買収グループがCロナウドの獲得画策 「すでに本人にコンタクト」武藤との共闘なるか 

スクリーンショット 2020-08-19 21.22.26




1: 2020/08/19(水) 16:56:59.08 _USER9
 FW武藤嘉紀(28)が所属する、イングランド・プレミアリーグ、ニューカッスルの買収に乗り出したシンガポールの投資会社ベラグラフノバ(BN)グループが、ユベントス(イタリア)のFWでポルトガル代表主将のクリスティアーノ・ロナウド(35)の獲得を計画していることが17日、分かった。英国高級紙テレグラフによると、同社のグローバル・マーケティングの責任者で、IR(投資家向け広報)担当役員のネレデス・デブルボンさんが「すでにロナウド本人に直接、コンタクトした」と取材で答えたという。

中略

買収交渉はBNグループが、実際に資金力があるかが焦点になる。アシュリーさんの代理人も現在、このBNグループの実態を調査。同グループに対し、資金力を証明するよう求めていると見られる。

 夢のような、ロナウドと武藤の2トップ。実現するには、まだまだ越えなければならないハードルが山ほどある。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/12623dad2aec56f7a6dcf7a716a9dacb3dce04ac

<ニューカッスル>買収交渉が破談…サウジ政府系企業が撤退を表明 

1: 2020/07/31(金) 06:32:50.16 _USER9
以前から現オーナーのマイク・アシュリー氏によってクラブ売却が進められていると報道されてきたニューカッスルだが、
交渉は破談に終わったようだ。30日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

ニューカッスルにはサウジアラビア政府系企業であるPCPキャピタルパートナーズが興味を示しており、アシュリー氏との間で具体的な取り引きが行われていると報じられてきた。
同企業は260億ポンド(約3兆5600億円)の資産を持つとも伝えられ、新指揮官として前トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ氏や前ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ氏の招へい、
新戦力としてフィリペ・コウチーニョ(バイエルン)やギャレス・ベイル(レアル・マドリード)らの獲得が噂されるなど積極的なチーム強化に動くと予想されていた。

5月には買収成立が目前と報道されていたが、以降はサウジアラビアの海賊版放送をめぐる政治的争いなども絡み、プレミアリーグからの承認を待ち続ける状態に。
そして今回『スカイスポーツ』が報じたところによると、PCPキャピタルパートナーズは声明を発表し、「ニューカッスル買収への関心を取り下げる」と表明。
買収プロセスからの完全撤退を明らかにしたという。声明ではさらに以下のように語られている。

「我々はニューカッスルの街が誇るフットボールクラブに投資することに喜びを感じ、買収を実現させるために全力を尽くしていた。歴史と伝統のあるクラブを、
サポーターが求める競争力を持つ姿に戻すことができると確信していた。このような結末となって残念だ」

PCPキャピタルパートナーズは、最終的に買収成立に至らなかった理由として、新型コロナウイルス感染拡大の影響を示唆している。

「予測できないほど長引いた交渉プロセスのなかで、我々の投資方針を維持することが困難となった。特に、新シーズンが始まる際の状況や、
試合・トレーニングその他のチーム活動に対する新たなルールが明確になっていないなかで、投資するという決断を維持することは到底不可能だった」

7/31(金) 0:58配信  サッカーキング
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4eef44c713e25aec97883dd178cd3481675965e

写真
no title


サウジ政府企業、交渉決裂でニューカッスル買収から撤退
https://news.yahoo.co.jp/articles/78e576d8c73d7c60840b94aaafa5e17ab46876d8

中東マネーのニューカッスル買収劇が破談! 世界が注目した“3億ポンド狂騒曲”はなぜ幕引きに?
https://news.yahoo.co.jp/articles/bac084066d3bebe8effb0b8b90d16a90e9bb7757

ニューカッスル監督、武藤嘉紀の残留示唆「話をする。彼と何も問題はない」 

スクリーンショット 2020-07-22 15.50.32のコピー


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索