Samurai Goal

ナント


スポンサード リンク





なんとビックリ!ナント・ハリル監督、原口と宇佐美を獲る!?  

20190415-00000038-tospoweb-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/15(月) 16:54:29.21 ID:ZVNiRA9e9
元日本代表指揮官でフランス1部ナントを指揮するバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が欧州でプレーする日本人選手の獲得に乗り出すことになった。昨年10月にナントと2020年6月までの契約を結んだ同氏は今オフに大型補強を検討しており、かつて“ハリルチルドレン”と呼ばれたMF原口元気(27=ハノーバー)、MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)らをリストアップしているという。

 欧州事情に詳しい代理人は「ハリルはチーム再建策の一つとして、日本人選手の獲得を考えているようだ。自分が高く評価している選手や、現在の所属チームで出場機会に恵まれない選手などを中心に狙うのではないか」と明かす。

 ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を電撃解任された後、同10月に選手時代にプレーした古巣のフランス1部ナントの監督に就任した。それまで2部降格圏の19位に沈んでいたチームで公式戦4連勝をマークするなど奮闘を見せるも、現在15位と上位進出を果たせずにいる。契約最終年となる来季に向けてチームの強化が急務の状況だ。

 そこで白羽の矢を立てたのが、日本代表監督時代に抜てきした“チルドレン”だ。同代理人は「(日本人選手が所属する)ハノーバーと(同1部)ニュルンベルクは降格の可能性が高くなってきている。このまま落ちれば選手側は移籍先を探すだろうし、勝手知ったる指揮官のもとでプレーできるなら(選手も)行きやすい」と指摘する。

 最下位で2部降格が濃厚なハノーバーのMF原口はハードワークを武器に攻守両面で活躍が見込めるハリルホジッチ氏の“大本命”。アーセナル(イングランド)からレンタル移籍中で、買い取り条件を満たさないよう“起用禁止令”が出た同クラブのFW浅野拓磨(24)、ニュルンベルクのFW久保裕也(25)も候補だろう。また、かつてハリルホジッチ氏が寵愛した潜在能力の高いMF宇佐美も有力候補としてリストアップ済みとみられる。

 あえて日本人選手を狙うのは、指揮官がパフォーマンスを熟知していることに加え、ナントのチーム事情もかかわっている。1月にイングランド・プレミアリーグのカーディフへの移籍が決定後、エースのFWエミリアーノ・サラが飛行機事故で急逝。その移籍金の支払いを求めてナントが国際サッカー連盟(FIFA)に提訴し係争中で、資金繰りに苦労しており、獲得資金が比較的安価な日本人選手がターゲットになったわけだ。

 ハリルホジッチ氏は、ロシアW杯前の解任を巡る日本サッカー協会との裁判も自ら訴えを取り下げ、日本選手と仕事をするうえで“障壁”もなくなった。来季も続投となれば、ナントが“ハリルジャパン”と化すかもしれない。

4/15(月) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000038-tospoweb-socc

<亡くなったサラの移籍金問題は平行線>カーディフが直接協議提案もナント返答せず  

20190404-00316367-footballc-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/04(木) 09:02:40.37 ID:Pp1oKJgP9
飛行機墜落で亡くなったFWエミリアーノ・サラの移籍金について、カーディフ・シティがナントとの直接協議を求めているようだ。3日に英メディア『BBC』が報じている。

 サラは1月の移籍市場でナントからカーディフへ完全移籍することが決定。しかし、同選手を乗せて英国へ向かった小型機が消息を絶った。その後、英仏海峡海底から引き上げられた機体の中にあった遺体がサラのものであることが確認されている。

 結果的にサラのカーディフ加入は実現しなかったが、ナント側は当初の合意どおりに移籍金を支払うことを要求。しかし、カーディフ側は未だにクラブ史上最高額の移籍金1700万ユーロ(約21億4000万円)を支払うことに応じていない。

 分割払いの第1回目となる600万ユーロ(約7億6000万円)の支払いは2月20日が期限とされていたが、両クラブの合意により1週間延長。だが1週間が経過した2月27日になってもカーディフは支払いを実行しなかった。そのため、ナントは国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを起こしている。

 ナント側の言い分としては、必要な全ての事務処理は完了しており、移籍金は発生するというもの。それに対し、カーディフ側はサラの移籍金について「法的拘束力がない」とし支払いを拒否した。移籍が成立するには、ウェールズサッカー協会とフランス・プロサッカーリーグ機構、プレミアリーグの登録。さらに国際移籍証明書が必要になると主張。そのため、その根拠を示す証拠の提出をFIFAに求められることになった。

 同メディアによると、当初の期限は現地時間3日までだったが、現地時間15日まで返答期限が延長されたという。それに加え、FIFAの要請に沿って、直接協議することをカーディフ側が提案。だが、ナント側からの返答はまだないという。亡くなったサラの移籍金問題、平行線をたどったままだが、果たして両者納得いく形で終えることは出来るのだろうか。

4/4(木) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316367-footballc-socc

亡くなったサラの移籍金問題…終結せず。契約無効主張のカーディフが支払い拒否  

emiliano-sala-super-169




1: 久太郎 ★ 2019/03/26(火) 11:44:54.25 ID:UcKuF+3D9
飛行機墜落で亡くなった26歳FWエミリアーノ・サラの移籍金について、カーディフ・シティは支払うつもりがないようだ。拒否する構えを見せていると、25日に英メディア『BBC』が報じている。

 サラは1月の移籍市場でナントからカーディフへ完全移籍することが決定。しかし、同選手を乗せて英国へ向かう小型機が消息を絶ち、その後英仏海峡海底から引き上げられた機体の中にあった遺体がサラのものであることが確認された。

 1700万ユーロ(約21億4000万円)はカーディフにとってクラブ史上最高額の移籍金となる。ナント側は当初の合意どおりに支払うことを要求したが、カーディフ側は代理人により不当に移籍金が釣り上げられた疑いがあることなど、調査が完了するまでは支払いを実行することを拒否する姿勢を取っていた。

 分割払いの第1回目となる600万ユーロ(約7億6000万円)の支払いは2月20日が期限とされていたが、両クラブの合意により1週間延長。だが1週間が経過した2月27日になってもカーディフは支払いを実行しなかった。そのため、ナントは国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを起こしている。

 同メディアによると、カーディフ側はサラの移籍金について「法的拘束力がない」とし、支払いを拒否しているという。移籍が成立するには、ウェールズサッカー協会とフランス・プロサッカーリーグ機構、プレミアリーグの登録。さらに国際移籍証明書が必要になる。

 ナント側は必要な事務処理は完了していたと主張するが、カーディフ側は全て完了していなかったため契約は無効になるとFIFAに通達したというのだ。亡くなったサラの移籍金問題、果たして両者納得いく形で終えることは出来るのだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190326-00315014-footballc-socc

亡くなったサラの移籍金問題、支払い遅延で合意。期限を1週間延長 

20190221-00310349-footballc-000-3-view

サラ搭乗機の操縦士、商用免許未取得か カーディフ、過失問う構え 

20190218-00000001-jij_afp-000-6-view

ハリルホジッチ監督、サラ選手の死に涙 ナントは背番号を永久欠番へ 

20190209-00000006-jij_afp-000-5-view

サラの飛行機事故、友人が言及「彼はあの夜、あの飛行機に乗ることを強制された」 

20190207-00010006-goal-000-2-view

消息不明のFWサラに移籍金問題…古巣ナントは法的措置も 

20190207-25985103-gekisaka-000-4-view

消息不明のFWサラ、古巣ナントが試合を1分間中断 涙のハリル監督、選手らが敬意の拍手 

20190131-00167256-soccermzw-000-5-view

ハリルホジッチ監督悲痛、サラ選手の消息不明に「打ちのめされた」 

20190125-00000011-jij_afp-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索